水野明人の名言

水野明人のプロフィール

水野明人、みずの・あきと。イリノイ州ウエスレイアン大学経営学部、関西学院大学商学部卒。スポーツ用品メーカー大手のミズノ社長。兵庫県出身

水野明人の名言 一覧

選手たちと話をすると、ここは残しながら、ここはこうしてほしいとかそういう話はしょっちゅうです。無理難題を克服すると、他との差別化できる一段階上の商品ができる。それは難しいことだけれど、いい商品を作るためには必要な部分です。


二律背反の中にビジネスチャンスがあると思います。一つのことをクリアするというのであれば、ちまたにあふれている商品と同じものしかできない。これをやったらこっちが立たず、これを立てればこちらが立たずというものはたくさんある。とりわけ、スポーツ品にはそういうものがいっぱいある。


水野明人の経歴・略歴

水野明人、みずの・あきと。イリノイ州ウエスレイアン大学経営学部、関西学院大学商学部卒。スポーツ用品メーカー大手のミズノ社長。兵庫県出身

他の記事も読んでみる

金田一秀穂

今の学生を見ていて、少し気になるのが、やたらと自虐的な言葉を使うこと。「どうせ、バカなんで」とか「僕らはゆとり世代ですから」とかね。成績が悪い訳でもない学生が、そんな言葉を使うのはやめなさい、と僕は注意します。なぜなら「言葉は人を縛る」からです。「俺はバカだから」なんて言っていると、本当にバカになってしまう。昔からこれを「言霊」なんて言うわけです。


朝倉千恵子

100年続いている老舗を見ると、やっぱり人を大事にしています。人を育てて、社員を含め縁あるすべての人や企業から、「あの社長と仕事ができてよかった」「あの会社に自分のすべてをかけてよかった」と言われる企業こそが長く続くのであり、私はそういう会社をつくりたいと思うのです。


村口和孝

シェイクスピア劇からは、多くの学びがあった。自分で人生を選択することと、選択せざるを得ない事象は、起こることである。人間はすべての人生がドラマチックである。没落か、繁栄か。人生は実に不思議だ。人生の中には、失敗や事故や試行錯誤や、刹那の歓喜や苦痛や、ユーモアや冗談は日常のことで、それらは皆の人生に共通だ。ただその結果が大きく異なるのを、みんな知っている。人間の人生は同じ人でも、失敗や事故を乗り越えて充実した喜劇的人生もあれば、うまく誤魔化せると思った巧妙で浅はかな工作が、結局とんでもない悲劇的人生をもたらす場合もある。人生の違いはどこから、なぜ生まれるのか。シェイクスピア劇が発する人生への根本的な問いかけである。起業家がゼロから起こすベンチャーやスタートアップ経営の栄枯盛衰も、人間の活動である以上、同じはずだ。


井筒和幸(映画監督)

人間は体を動かさないと脳が衰えるだけやし、周囲3メートルの小さな世界で生きてるだけやと、考え方もオカシくなってくる。


富岡賢治

国からの交付金をあてにして、横並び意識の強い自治体は多いです。これも結局は市民から追いつめられた時に、首長さんが「国が言っているから仕方ない」と言い訳できるというのが一番なのではないでしょうか。


佐々木かをり

ビジネスパーソンとして重要なことは、常に自分の状態を安定させて、成果を出すこと。


澤上篤人

どうして「買いも売りも早め早めで」か、その意味分かる? 実は、それが相場というものなのよ。「この辺りが底だろう」という読みは大体一致する。そして、その価格近辺で買おうとする差し値注文が分厚くなっていく。買い注文が分厚くなると、その少し上で買おうという注文が必ず入ってくる。すると、さらにその一歩手前で買おうといった動きも出てくる。そうした「せめぎ合い」が下げ相場で重ねられているうちに、どこかで株価は底を打つ。結果的には、皆が読んでいた底値よりずっと手前で底を打つなんて、よくあること。これは多くの投資家が少しでも安く買いたい、されど買い逃したくはないと願うが故の相場模様である。天井圏で売ろうとするのも同じこと。いや、もっと瞬間的である。どの投資家も売りそびれたくないから、上昇相場が下げに転じたとみるや、すさまじい売りが殺到する。それを見てから、ノコノコと売りに行っても遅いのだ。


御手洗冨士夫

うちは役員食堂もないですから。私もみんなと同じ食堂を使っていますが、私が並んでいても、誰も順番を譲ってくれない(笑)。


飯沼一元

会社を設立する前、米国カリフォルニア州のシリコンバレーでベンチャー企業の経営者たちと付き合う機会に恵まれました。現地では20歳代の起業家が少なくありません。中高年はどうしているかと言うと、エンジェル投資家として有望な若者に資金の供給や助言、ノウハウの提供などを行っているわけです。エンジェルたちはシニアになっても、自分の培った経験を生かして事業を支援しています。ひいては、国力の強化にも貢献できる、非常にスケールの大きな取り組みです。エンジェルの取り組みを目の当たりにして大変刺激を受け、定年後の人生設計を考えるようになりました。


岩波貴士

世の中が細分化すればするだけ、新しい市場が増える。ビジネスは例えれば円のようなもので、その数が増えたとしても、その分だけ円と円との隙間は増え、決してなくならない。


ルディー和子

単純に値段を下げてしまうと、経営者の弱気が消費者に伝わるんです。そしてさらにもっとさげるだろうと消費者は考えます。安い値段をありがたがらなくなります。


山本忠人

私の経験から言えば、こと技術者というのは、自身の技術の練磨に力を注ぐあまり、後進を育てることに無関心な人が多いのです。組織として考えた場合、これは大いにマイナスです。ある程度権限を譲渡することによって部下は育つのです。


棚橋弘至

プロレスの応援をしている時ってね、実は体力を使っているんですよ。試合終了後には、心地よい疲労感が残っているはずです。この、心地よい疲労感って、充実した仕事をした時の状態に近いんだそうですよ……。脳の深いところにアプローチしているんですよ、僕らは(笑)。


山口真由

本を読むことが辛いと感じるのは、「理解しなくては」と思っているからです。「わからなくてもいい」と思いながら読めば苦痛はほとんどありません。


齋藤孝(教育学者)

数字やデータを見せるとき、最もやってはいけないのが、表などの外部資料をそのまま貼り付けることです。表やグラフは、その読み取り方自体が試験問題として出題されるケースもあるように、読んで消化するためには頭を使う必要があります。その手間を省きたいから、上司は部下に資料の作成を依頼するのです。それにもかかわらず生のデータをそのまま見せてしまうのは、上司の要求を理解していないことと同義といえます。


ページの先頭へ