名言DB

9412 人 / 110637 名言

水野敬也の名言

twitter Facebook はてブ

水野敬也のプロフィール

水野敬也、みずの・けいや。日本の作家。慶應義塾大学経済学部卒。多くのベストセラーを企画・執筆した。著書に『ウケる技術』『夢をかなえるゾウ』『人生はワンチャンス!』『人生はニャンとかなる!』『BAD LUCK』『LOVE理論』ほか。

水野敬也の名言 一覧

僕は自分の才能も常に疑っています。だから、ひたすら考えるのです。


本の主人公は著者ではなく読者だと僕は思っています。「自分を見てくれ」ということが本をつくる目的ではありません。


お客さんは常に意外性を求めています。いい意味で期待を裏切ってくれるようなもの、新しいもの、すごいものを見せて驚かせてもらいたがっている。


僕は自分を殺してでも読者を喜ばせたいと思っています。ただし、著者が好きなことを生き生きと書いていると基本的には読者も喜びますよね。楽しく歌っている歌手のほうが見ていて爽快なのと同じです。だから手段として「好きなこと」を選んで書いています。


僕はアシスタントたちとのブレストでも書記は自分でやっています。弁当や菓子を買ってきて配ることもあります。先輩後輩の関係にありがちな「いじり」は一切やりません。むしろ僕が、アシスタントたちからなめられるぐらいがいい。萎縮させずに自由に楽しくアイデアを出してもらうことが大事だと思っています。「最近の若者は打たれ弱い。もっと鍛えるべきだ」なんていう言説は、アイデア出しのためにはマイナスでしかありませんよ。


僕のように自分だけでは言葉を出しきれない人は、他の人からアイデアや意見をもらえる空気づくりも大切だと思います。95%までは頭がヘロヘロになるまで自分で考えたとしても、残りの5%は他の人が自分の知らない言葉を持っているかもしれないからです。


言葉を考えることをビンゴに例えると、3つの穴を効率よくあけるのではなく、すべてをあけていって気づいたら「ビンゴしていた!」となるのが僕のやり方です。正解となる言葉はどこかにあると確信しています。疑う余地がなくなるまで言葉を出し尽くして、他人の意見も聞いたうえで、「これしかない」という言葉を採用するのです。


発想法の本などで、「意外性のあるAとBを組み合わせることで画期的なアイデアが生まれる」などと書かれていることがありますが、間違っていると僕は思います。僕たちの本は「犬の写真」と「名言」を単純に組み合わせたわけではありません。「大事な言葉を身近なところに置きたい」というコンセプトを全力で言い換えた結果に過ぎません。結果として組み合わせたように見えるだけです。


僕は自分が好きな言葉を書いて壁に貼っているのですが、人が来ると外してしまいます。でも、大事な夢や目標を恥ずかしく感じるなんて矛盾していますよね。何とかしたい、何とかすべきだ、と考えました。共著者の長沼直樹と試行錯誤をして至ったのが、誰が見てもかわいらしい犬や猫の写真あって、それに合った言葉を付けた本です。
【覚え書き|ベストセラー『人生はワンチャンス!』『人生はニャンとかなる!』を企画したきっかけについて語った言葉】


僕が本作りを好むのは、時間を捧げれば実力以上のものが出せるからです。即興での僕の実力は80だったとしても、みんなでアイデアを出しまくって推敲すれば20を積み増しして100にできる。しんどい作業ですが、読者に喜んでもらって褒められたい気持ちが勝ちますね。


水野敬也の経歴・略歴

水野敬也、みずの・けいや。日本の作家。慶應義塾大学経済学部卒。多くのベストセラーを企画・執筆した。著書に『ウケる技術』『夢をかなえるゾウ』『人生はワンチャンス!』『人生はニャンとかなる!』『BAD LUCK』『LOVE理論』ほか。

他の記事も読んでみる

村上太一

長期的にはニッチでなく、やるからには世の中にしっかりと影響を与え、存在価値が提供できるような領域でもっと事業を拡大していきたい。


箭内道彦

会社の中で優等生にしていると、周囲から引っ張りだこで都合よく使われ、自分が本当にやりたい面白い仕事にありつけなくなります。それはどうしても避けたかった。


ジョン・メリウェザー

すでにあるものを回すことには、それほど高い価値はない。今までにないものを作り上げていかなければいけない。


小松俊明

パフォーマンスの悪い部下を持ってしまったとき、効果があるのは丸投げをせず、なるべく具体的な指示をすること。具体的に指示すれば、部下もよりスピーディに動いてくれます。


大塚寿

大きな問題を大きいままだと決めきれないので、小分けして自分の決断ができるサイズにする。この小分けして考えるというのは心理学もベースにした判断法です。リーダーシップを発揮すべき立場にある人は、統計学や意思決定力に関する著作を読んだり、心理学への造詣を深めたりして、それらをビジネスの現場に生かしていくといいのではないでしょうか。


遠藤宏治

当社は包丁、カミソリ、爪切り、女性用のビューティケア製品、工業用刃物、医療用刃物など、毎年約1000アイテムの新商品を投入しています。大切にしていることは「野鍛冶の精神」です。お客様に寄り添ってモノづくりをしていこうという考え方です。


佐々木常夫

リーダーには「こうあらねばならない」という型は存在しません。前任者が部下を従わせるスタイルだったからといって、同じことをしなくてもいいのです。自分を変えようとしたり、格好をつけたりする必要はまったくありません。地のままの自分でやればいいのです。


安永竜夫

既に7月は海外3つ、国内2つの出張が入っていましたからスケジュールが空いていたのは海の日の3連休だけでした。土曜に出て海の日の月曜日に帰ってくる強行軍でした。社長の人使いが荒いほうが普通なのですが、当社は社長使いが荒い(笑)。


永井浩二(経営者)

動かす組織がいかに大きくなっても、その基盤は個別のコミュニケーション。


山崎元

会社は自分を絶対に守ってくれる存在ではない。仕事に困らないためには、自分自身が持っている価値しか頼れないと自覚すべき。


木梨憲武

おかげさまで、20年描きためた絵で個展をやらせてもらったり、歌手をさせてもらっているけど、専業のプロじゃないってことはいつも意識してますね。


高田明(ジャパネットたかた)

エンターテイメント性がお客様の心を動かす。


岡田武史

うちはまだ社員数が少ないから、「失敗してもそこから学べ」というところがあります。これは僕のサッカーの指導方針でもあるんだけど、ときどき複雑な訳の分からない練習をする。そのときは分からなくても、後々の気づきが教えられるよりも深いんです。


窪田良

過去に様々な研究者を見てきましたが、仮説自体が間違っているというより、自身の仮説を信じることができないために諦めてしまう場合が少なくありません。


佐瀬守男

キッシュやアイスクリーム、コーヒーについてはフラグシップ店を絞って、そこで得たブランドを活用し、市販品(冷凍食品など)の展開という方向に舵を切りました。今後、飲食店は人不足が深刻になりますので、舵の切り方としてはこれがいいと。13年に出したクロワッサンたい焼は一大ブームとなり、皆さんの記憶に残っています。スーパーやコンビニでも売れるのではないかと、新しい製造ラインを作り売り出そうと考えています。今の時代、地代、建築費、人件費を考えると出店は大変です。(冷凍)たこ焼はカラオケ店や映画館でも売れますし、おやつや夜食にも食べていただける。市場は無限にあるのではないかと期待しています。