水野幸男の名言

水野幸男のプロフィール

水野幸男、みずの・ゆきお。日本のソフトウェア技術者、経営者。NEC副社長。東京工業大学卒業後、日本電気(NEC)に入社。NEAC-2200シリーズの基本ソフトウェアおよびアプリケーションソフトウェア、FORTRAN-D、COBOL-DおよびMODI-TR など当時先端的な基本ソフトウェア、日本初の我が国最初期のTSS(タイムシェアリングシステム。一台のコンピュータCPUの処理時間をユーザー単位に分け、複数のユーザーが同時にコンピュータを利用できるようにしたシステム)である阪大TSSを完成。COBOL言語のJIS化の委員長としてJIS COBOLの制定を行い、界最初の構造化プログラミング言語であるCOBOL-S、 FORTRAN-Sとそのコンパイラを開発。情報処理学会会長なども務めた。

水野幸男の名言 一覧

日本人の技術者に創造性がないわけではありません。システムを構築する論理的思考能力も、それをやり遂げる熱意もあるのです。ただ、それを発揮する場を与えられていないだけであり、それは経営の責任だと思います。


「創造的なソフトウェア開発は日本人には無理だ」。そういう見方には、声を大にして「それは違う」と叫びたくなります。


仲間と力を合わせて、世界初の新しい技術を生み出したときの喜び。それはお金には代えられないものだと思います。いま、技術者への報酬を巡る議論が盛んですが、燃える現場はお金では作れないというのが私の持論です。会社への膨大な貢献をした人にはきちんと報いるべきだと思いますが、開発や発明への報酬を引き上げれば、一生懸命仕事をするかというと、そうではないと思うのです。


ソフトウェアの基本構造の設計者であるアーキテクトを育成し、官民挙げて支援する仕組みを作る。そして、若い技術者がチャレンジできる環境を整える。日本のソフトウェア産業の復活は、燃える現場を作れるかどうかにかかっていると思います。縮み志向からは何も生まれません。


外国から評価の安定したソフトウェアを買ってくる手法は、確かに手軽で安上がりです。しかし、そればかりでは独自技術は育ちませんし、現場の意欲が高まるはずもありません。


私がPC98や大型OSの開発責任者だったとき、開発チームの思いはただひとつ「日本語の使えるパソコンを作りたい」ということでした。半年近く、自宅に帰らず、泊まり込みで開発を続けましたが、文句を言う技術者はいませんでした。苦しい作業でしたが「世界初」の夢を実現させようと、皆、憑かれたように開発に打ち込みました。ソフトウェアが完成したときは、手を取り合って喜んだものです。


日本の若い技術者はチャレンジ精神を失っていると言う人もいますが、私はそうは思いません。技術者というのは、前例のない挑戦に立ち向かうとき、奮い立ち、寝食を忘れて没頭するものなのです。若い技術者にチャンスを与えてやってほしいと思います。


現在コンピュータのOSは米国に席巻されており、日本はこれに全面的に追随しているのが現状です。新しいOS開発は、リスクが高い事業です。経営陣が二の足を踏む気持ちもわからないではありません。しかし、新しいことにチャレンジしなければ、日本は永遠に米国の追随者で終わってしまうでしょう。いまこそ、日本は総力を挙げて、新しいOS開発に取り組むべきではないでしょうか。
【覚書き|2002年末の発言】


水野幸男の経歴・略歴

水野幸男、みずの・ゆきお。日本のソフトウェア技術者、経営者。NEC副社長。東京工業大学卒業後、日本電気(NEC)に入社。NEAC-2200シリーズの基本ソフトウェアおよびアプリケーションソフトウェア、FORTRAN-D、COBOL-DおよびMODI-TR など当時先端的な基本ソフトウェア、日本初の我が国最初期のTSS(タイムシェアリングシステム。一台のコンピュータCPUの処理時間をユーザー単位に分け、複数のユーザーが同時にコンピュータを利用できるようにしたシステム)である阪大TSSを完成。COBOL言語のJIS化の委員長としてJIS COBOLの制定を行い、界最初の構造化プログラミング言語であるCOBOL-S、 FORTRAN-Sとそのコンパイラを開発。情報処理学会会長なども務めた。

他の記事も読んでみる

小倉広

「人生でやりたいこと」とは、多くの場合、いますぐ手をつけなければならない緊急事項ではないでしょう。しかし、仕事で多忙を極めているはずの高年収者ほどそのための時間を意識して生み出し、努力してスケジュール化しています。


山本梁介

一人ひとりの社員に自分の夢を描く機会を持たせるようにしています。社員は皆、必ず上司と部下の関係にあります。課長であっても、自分の下には部下がおり、部長と言う上司が存在します。当社では、上司と部下のコミュニケーションは「話し込み」と呼び、対話する時間が設けられています。上司は部下が自分の夢を書く「チャレンジシート」と行動計画を記した「ランクアップノート」というツールを使っています。部下の長所を知り、目標を明確化し、自分の目標と会社の目標をどのように近づけていくか考えるようにサポートします。


小川淳司

人によって野球観は違うので、ほかの方がどう考えているのかわかりませんが、私は監督で勝つ試合はないと思っています。プレーするのはあくまで選手ですから、監督のミスで負けた試合はあっても、監督の采配で勝ったという試合はまずないのではないでしょうか。


福原義春

会社というのはある意味でいうと、人間がたくさんいる工場みたいなものでして、大変苦労することがあると思うんです。だけどその中で、自分を見失わないようにしていく。あるいは自分がほかの人と一緒であればいいかなというそんな甘い考えを持たないで、自分は自分なのだ、自分はこれをする使命があるのだ、自分はこれをしたいのだ、ということをはっきりしていけばいいんです。


石角友愛

多くの日本企業は全く危機感が足りない。ビジネスパーソンも5年後には自分の仕事の内容が激変するかもしれない。そういう意識があれば、もっと学ぶはずです。


吉田松陰

士は過ちなきを貴しとせず、過ちを改むるを貴しとなす。


南雲吉則

ストレスとは、実際のところ、自分の中で勝手に作り出している「妄想」にすぎない。


伊藤明(伊東屋)

言葉で到達点やイメージを共有しようと思っても、上手く伝わらないことは多い。たとえ意味的には正しい言葉を使ったところで、一つの言葉が受け手によっていろんな意味に変換され、齟齬か生じることもあります。この前も、成田空港にオープンした新店舗を説明する資料に、「愚直にアナログに」と書かれていたので、資料の担当者に「愚直」はいらないと注意しました。本人は「ザ・日本の文房具」という新店舗のコンセプトを言い表すために、「真面目に取り組んでいる」という意味で「愚直」を使ったようです。でも私にとっての「愚直」は、「愚か」という言葉にあるように、「前に進んでいない」マイナスの意味に感じられました。


正垣泰彦

自分たちの信念に向かっている途上では、客数が減った、売上が減ったなど、プラスとマイナスは必ず出てきます。思い描いていたのとは逆の結果が出たときは、自分たちの考え方を修正していく必要があります。考え方を変えたり反省したりすることを失敗というなら、失敗したほうが結果的には成功するんです。「上手くいくことがいいことだ」とみなは言うけれど、そうじゃない。マイナスがないと、もっとプラスにはなりません。


小野寺佑太

思えば、10代にして建設会社を起こしたのは、妻子を養っていく強い責任感からでした。家庭を持ち独立した選択には、微塵の後悔もありません。むしろ建設業での経験が、今日の仕事に生きています。ただ、建設業そのものが好きというわけではなかった。だから不況が来てストレスやプレッシャーが何倍も増したんでしょう。


水野雄介

大学を会場にするのは、子供たちに非日常空間を提供したいから。キャンプの4~5日間で子供たちの人生がガラリと変わるかもしれない。そんな可能性を秘めたキャンプですから、ディズニーランドにいくみたいにワクワクした気持ちできてほしい。実際に大学を見て、「こんなところで研究したい」と思ってくれたら大成功です。


澤田秀雄

現在ハウステンボスでいろいろな専門の病院を誘致しており、だいぶ育ってきました。いずれハウステンボスは医療観光の一大拠点になると思います。


中島武

私は国内市場でも十分に出店余力があると考えています。そもそも国内市場はパイの争奪戦で、常に競争しながら生き残るところと閉店に追い込まれるところの2通りに分かれています。生き残る店舗がある以上、日本の外食マーケットが飽和するなんていうことはありません。経営者が駄目なだけです。


出口治明

行動するには心の底から納得する「腹落ち」が必要です。頭でわかった気になったくらいでは、行動にはつながらないのです。


松本晃(経営者)

本社移転を機に、個人のデスクをなくしました。毎朝、出勤すると、その都度、コンピュータがランダムに座る席を指定します。その席に座っていられるのも最長で5時間。それを過ぎると移動しなくてはならないシステムです。すると、どうしたって書類を置く場所がない。必然的に書類が減るわけです。書類のみならず、余計なモノはいっさい置けない環境ですから、オフィスは常にキレイな状態。整理された空間では思考も活発になる。これも、仕事を速くするのに役立っています。


ページの先頭へ