名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

水野哲也(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水野哲也(経営者)のプロフィール

水野哲也、みずの・てつや。日本の経営者。「ジャパン・エクスプレス・チャイナ」社長。福井県出身。産業能率短期大学卒業後、ソフトウェア開発会社を設立。その後、ジャパン・エクスプレス・チャイナを設立。

水野哲也(経営者)の名言 一覧

戦争が起きるのは人や物や情報の交流が不足しているから。


人や物が行き来をし、国と国を繋ぐ。つまり、貿易業は世界平和のための活動だと思っています。


誰が偉いということではなく、社員が主人公となり、みんなが一丸となって生き生きと働ける環境を作りたい。


大学に行った友人らに負けてたまるかという一心で勉強に明け暮れました。学校を卒業する頃、取得したいくつもの資格を眺めて「ああ、頑張ったな」と感慨にふけったものです。


日本も昔は、地域ごとに藩があり、お互いに争っていましたが、今は、争いがありません。それは交流を通じて国としての一体感が生まれたからであると思います。他国の人との交流関係が貿易を通じて広がったならば、地球人としての仲間意識を持ち、世界中から戦争がなくなる日がくるはずです。


最初から質を求める、収支を高める経営方法もあり、そちらのほうがリスクは少ないかもしれません。ただ、当社はまだまだ発展途上の会社であり、その考えは現段階では馴染みません。質を求めるためにも、まずは仲間を集め、ワークグループをするなどしていろいろなアイディアを出し合い、私の知識・経験を全員に教えて、人材を社内で育て安定した地盤を築く必要があると考えています。


日本の優良な中小企業の商品を発掘して海外に輸出し、その結果、日本の地方経済の活性化に貢献できれば、日本人としてそれほど嬉しいことはありません。


貿易とは人、物、金、情報、これらが国境を越えて動くことを意味します。その貿易のすべてに精通しているエキスパートが日本にどれだけいるでしょうか。商品を海外で売るためには貿易法務をはじめ、厄介な手続きやトラブルが発生するものです。中小企業、特に地方のお客様からは貿易事業に関するすべての相談に対応できる当社のワンストップサービスが非常に喜ばれています。


20歳で起業した当初は理念なんてありませんでしたが、今の会社は理念の塊みたいなものです。


水野哲也(経営者)の経歴・略歴

水野哲也、みずの・てつや。日本の経営者。「ジャパン・エクスプレス・チャイナ」社長。福井県出身。産業能率短期大学卒業後、ソフトウェア開発会社を設立。その後、ジャパン・エクスプレス・チャイナを設立。

他の記事も読んでみる

鈴木貴子(経営者)

「社内のすごいではなく、世界のすごいを目指そう」と言っていますので、外の空気に触れる時間を大胆に作り出さなければいけません。


延岡健太郎

モノづくりは、顧客にとっての価値をつくりだすことでもあります。メーカー側が顧客をよく理解し、顧客にとっての価値を提案するところまでできなければなりません。


松岡修造

話してみると第一印象とかなり違うということはよくあります。初対面での印象や、ちょっとした不愉快な出来事ですべてを決めつけてしまうのは、かなり危険なことでしょう。


前川正

やみくもに拡大を目指すつもりはありません。製造業の原点に立って、お客様が求めるモノを作り続けていけば、自然と規模は拡大すると信じています。


江崎利一

私は工場を死に場所と考えている。現在の用地を買収するときも、農民に襲われるほどの命がけの交渉を行ってきた。ほかにも生命の危機にさらされたことは、これまで3度もある。命が惜しいとは思わぬ。今度建ててやられたら、もう一度建てる。力の続く限り何度でも建てるつもりでいる。だから今の場所に工場を再建し、決死の覚悟で操業を続けたい。
【覚書き|太平洋戦争当時、工場を爆撃で破壊された直後、「他の場所に移るように」と軍から命令されたときの発言】


小林昇太郎(コンサルタント)

明確な使命感、ビジョンのある企業が不況を生き残れる。そして情熱を持って仕事に打ち込める人こそ、会社に残っても、新しい職場に移っても、充実感を持って働くことができる。


奥野宣之

一般的に「つかみ」と呼ばれる冒頭は、「興味を引けなければ、そこで終わり」と考えてください。その後の展開で挽回しようと思っても、うまくいきません。逆に言えば、「つかみ」さえ成功すれば、大抵の場合、後はこちらの狙い通りになります。


大谷翔平

プロの世界で毎年戦っていく中で1年1年の勝負が厳しいことを実感しています。だからまず目の前のひとつひとつを確実に勝ち、前より良くしていく。その中で、自然と先にある目標やビジョンが見えてくるのかなと言う気がします。


松本晃(経営者)

カルビーは随分と変わった。女性管理職比率は24.3%になり、政府が定めた2020年30%目標も射程圏内に入った。カルビーにとってダイバーシティは「やめられない、とまらない!」取り組みになった。


佐藤優

ライフプランをしっかり立てることが大切。生涯に必要になるお金、入ってくるお金をしっかり計算し、どういう生活をしていくか計画を立てる。そうでないと、経済的に破たんしたり、お金がないことでチャンスや機会を逃したりしてしまうことにもつながりかねない。


奥村綱雄

ダイヤモンドはいろんな面が相寄って燦然たる光を放っているが、同時によく見ると真ん中の頂上にひとつの大きい面がある。この面はよく見ないとちょっと気が付かない。けれどこの長上の面が大きいほどダイヤモンドが2カラットから3カラット、数カラットと大きくなる。ダイヤモンド経営は集中体だと一般の常識では言うが、もうひとつ掘り下げると、この頂上の中心面が社長なんだ。私はダイヤモンド経営を打ち出すとともに、この真ん中の中心面になり、目立たぬ中に大きいものになろうと努めてきた。


矢ヶ﨑健一郎(矢ヶ崎健一郎)

小売りのイロハは全て会長(創業者・本田昌也)から教わった。会長は子会社の運営するプールに行っても、着替えやロッカーは一般客と同じで、公私混同しない姿に感動しました。