名言DB

9412 人 / 110637 名言

水野和也の名言

twitter Facebook はてブ

水野和也のプロフィール

水野和也、みずの・かずや。日本の経営者。「中央化学」社長。東京大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。執行役員、興人ホールディングス社長などを経て中央化学社長に就任。

水野和也の名言 一覧

ライフスタイルの変化は、新しい需要となる。市場の変化、需要に対応していかなければならない。


常に新しい製品を開発し続けなければ商売にならない。


容器だけではなく、容器を活用したメニューの提案、売り方の提案も行っています。


新たな製品にも2通りの考え方があります。まず、容器の形状やデザイン。もう1つが素材です。つまり、見せ方と機能の両面の視点が必要。


水野和也の経歴・略歴

水野和也、みずの・かずや。日本の経営者。「中央化学」社長。東京大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。執行役員、興人ホールディングス社長などを経て中央化学社長に就任。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

論文の「質」で目標設定を行っていたときは肩に力が入ってなかなか前に進めませんでした。しかし、「量」での目標設定に変えてみると、リラックスして取りかかれ、最後まで書きとおすことができました。完ぺきを求めるあまり完成に至らないという事態から、ようやく抜け出すことができたのです。


安斎隆

管理職になってからは、部下の能力をいかに引き出すかをテーマに仕事をしてきました。


大坪清

働き方改革を進めようとする場合、ネックになるのがわが国の誇る「ジャストインタイム」である。これまでは優れた生産システムとして機能してきたが、働き方改革を本気で進めようと思えば、その一方で、「リードタイム」の考え方を導入する必要がある。すなわち、「ジャストインタイムwithリードタイム」として、部分最適ではなく社会全体の全体最適を考えることが重要となる。


安倍昭恵

政策に対しても、疑問に感じたら主人に伝えています。主人にとっては耳が痛いこともあるでしょうが、私がさまざまな活動で出会う人たちの意見も含めて、いろいろな意見に耳を傾けてもらうことが大事だと思っているんです。「家庭内野党」と自分で言っているんですが、それも私の役割の一つかなと。


ポール・ビソネット

ある程度強く指示・命令をするときは、より強い意味の単語を選択するのではなく、できるだけ、丁寧かつやさしい表現にしたうえで、そうしてほしい「理由」を添えることで相手に適度なプレッシャーをかけることができます。日本のビジネスパーソンはこの理由を付けることを失念するか軽視することが多いように思います。丁寧さとプレッシャーを両立させる英文メールこそが人を自在に動かすのです。


大島武(学者)

指導はメンバーや部下の裁量に任せる部分が必要となる。最初に内容や期限などを明確に示し、そこに至る筋道はある程度、メンバーに任せる。裁量の範囲はメンバーの熟練度に応じて段階的に決めるのが理想です。


上田渉

NPOとIT企業立ち上げの失敗から学んだのは、「ロマンとそろばん」の両輪の必要性です。今後もそろばんを弾きながら、「聞き入る文化の創造」というロマンを追っていきたい。


宗次徳二

ライバル店を観察するより、「自らが現場におもむき、自分の店を厳しくチェックする」のが私の考え方です。では、どこを見ればいいのか。商品よりも接客をチェックします。なぜなら、接客ができていない店はたいてい、売上が落ちているからです。私が会長をやっていた時代、800店まで出店しました。そのうち、閉めたのはわずか2店です。どんな店でも、トップが現場におもむき、厳しい目でチェックすれば持ち直すと思います。


伊藤直彦

かけっこは遅くても絵は上手だという子はいくらでもいます。人間には持って生まれた個性があり、得手、不得手があるのはごく自然です。良い意味での競争は子供たちの健全な成長のために、むしろ必要なこと。


堀場厚

誰かの真似をしたり、「やらされている」といった感覚があると、独創的でユニークなものを開発しにくくなる。「おもしろおかしく」なければ、アイデアが湧き出るような感覚は生まれにくい。


松本洋(コンサルタント)

上司が放任していたために失敗をしてしまうような事は避けなければなりません。失敗を糧に成長することもありますが、成長の道筋は上司が描くべきです。マネジメントとは何らかの目標達成するために必要な要素を分析して、そのための施策を、従業員を介して行うことです。更に、その人の現状の能力をそのまま使うのではなく、アドバイスをして能力を引き出していくことなのです。


江幡哲也

リクルート時代、営業に移って先輩からまず言われたのが、「話しすぎるな」ということでした。営業の基本はヒアリング、つまり相手の抱えている問題について聞くことだと。商談は自分が話すから続くのではなく、お客様にたくさん話してもらうから続くわけです。それは常に心がけるようにしていました。


樋口泰行

経営は「サイエンス」ではありません。2つとして同じ条件はないし、教科書が通用するわけでもない。人という生き物をマネージする「アート」に近いと思います。


ロバート・キヨサキ

商品やサービスがどんなにすばらしくても、それだけではビジネスは成功しない。ビジネスが成功するかどうかは、「ビジネスの基礎的条件」を整えることにどれだけ注意を払うかにかかっている。当たり前に聞こえるこのことを、あなたはどれだけ実行できているだろうか。


朝倉千恵子

わが社名を「新規開拓」にした理由は「営業の新規開拓では誰にも負けない優秀な“人財”を育てます。そういう教育をすることをお約束します」という気持ちからです。自分たちの目指すことを社名に託して世の中に宣言したからには、やらなきゃいけない。だから必死になってやるんです。