名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

水野和也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水野和也のプロフィール

水野和也、みずの・かずや。日本の経営者。「中央化学」社長。東京大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。執行役員、興人ホールディングス社長などを経て中央化学社長に就任。

水野和也の名言 一覧

ライフスタイルの変化は、新しい需要となる。市場の変化、需要に対応していかなければならない。


常に新しい製品を開発し続けなければ商売にならない。


容器だけではなく、容器を活用したメニューの提案、売り方の提案も行っています。


新たな製品にも2通りの考え方があります。まず、容器の形状やデザイン。もう1つが素材です。つまり、見せ方と機能の両面の視点が必要。


水野和也の経歴・略歴

水野和也、みずの・かずや。日本の経営者。「中央化学」社長。東京大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。執行役員、興人ホールディングス社長などを経て中央化学社長に就任。

他の記事も読んでみる

平井伯昌

「いい成績を取りたい」というチャレンジャーの時よりも、「いい成績を残さなければいけない」という立場になった時ほど、プレッシャーを受けやすくなる。コーチはそれを見逃さず、話を聞き、解決策を見いだすなどのフォローが大事です。


桜井博志

中小企業の場合、会社の破綻が社長個人の破滅に直結します。だから折れるわけにはいきません。折れたり、損得でものを考える人は、経営者としてやっていけません。従業員がかわいそうです。


孫正義

事業は30年しか続かないが組織は300年続く。


ヴォルテール

立派にやり遂げたことに対する最大の報酬は、それをやり遂げたことそのものにある。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

睡眠は未来への投資の役割も果たす。質の良い睡眠を取ることで翌日のパフォーマンスが上がり、それを続けることで、元気に働き続けられる身体を維持できるからです。


石川康晴

05年以降、倒産の危機こそありませんが、実は09年頃の社内は決していい状態ではありませんでした。中間管理職が動かなくなったんですよ。あくまで例ですが、現場の店長から相談のメールが来たのに、一向に返事をしないとか。店舗のスタッフにはお客様、経営陣には株主やマスコミの視線があり、適度な緊張感があります。それがない中間管理職は、気が一番緩みやすいのかもしれません。そこであえて荒療治をしました。社長室から各店長にアンケートを直接送ったんです。「問題解決の早い中間管理職と遅い中間管理職の名前を3人ずつ、それぞれ3つの理由とともに答えてくれ」と。200以上の店舗から集まった回答の集計結果は、「ワースト1位は○○氏」という具合に会議で発表しました。このアンケートは「毒薬」だったと思いますが、1人も辞めさせないという決意で実施に踏み切りましたね。おかげで結果発表後は、現場にいる店長や店舗スタッフの不満はぐっと減りましたよ。


谷川一也

サービスができ上がって自治体や医師会にプレゼンすると、「分けのわからない者が縄張りに入り込もうとしている」と反発されました。諦めず自治体を回り続けるうちに、「拾う神」が出現。すると、隣の自治体も採用してくれるといったように、徐々に広めることができました。現在、約100自治体に採用されています。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

リーダーはカリスマでなくてもよいと思っている。しかしそれは魅力的に見える人物になることを放棄しろということではない。あなたがリーダーとして成し遂げてきたことがあるなら、人の心をとろかすような立ち居振る舞いを努力で身につけろ。あなたは人をひきつけるような表情や空気を震わす動作というのをいままでどれほど意識してきただろうか。もっと深く、より濃密に、人と通じ合っていこうとする努力。その努力を怠らなかったものであってこそ、はじめて魅力的なリーダーへと成長していける


宮嶋宏幸

プライベートブランドはファブレスでやるのも、メーカーと組んでやるのもいいですし、いろいろなパターンがあり得るでしょう。ただ、色が違うだけだとか、同等機種がメーカー品でも出ているようでは意味がありません。やるなら特徴があり、なおかつ価格競争力のあるものを見定めていく必要があります。


三浦正臣(飲食店プロデューサー)

私達はこれからも、飲食店プロデュース集団として、常に世界にも目を向けながら「誰も見たこともないようなお店」をつくり続けていきたい。


永守重信

現在の日本の偏差値一辺倒の教育には問題がある。大学名やブランドなど関係ない。人は教育次第でいくらでも良くすることが出来る。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どんなに有能なビジネススキルを持っていても、会社の業績に貢献していても、「挑まない社員」はいらない。困難は必ず解決できる。社員は「挑む」プロセスを楽しんでほしいし、そこで成長してほしい。会社も結果ではなくプロセスを見ている。