名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

水野健次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水野健次郎のプロフィール

水野健次郎、みずの・けんじろう。美津濃(現:ミズノ)社長・会長。大阪大学卒。創業者の息子。二代目ミズノ社長

水野健次郎の名言 一覧

外国を知ることは難しい。異論はあるだろうが、私はいくら書物を読んでも、人の話を聞いても、本物ではないと思う。一度でもその地を踏んでこそ、知識は生き生きしてくる。


普通、オーナーはいいなと思われるが、本当はつらい。従業員、株主、お客さんに対して無限責任を負っているから。
【覚書き:上記発言は父から受け継いだ会社をスポーツ用品のトップメーカーに成長させた経験を振り返っての発言。発言時期は会長時。法的にはオーナーが出資額以上の責任(無限責任)を負うことはない。しかし道義上どこまでも責任を負っていると忘れてはいけないという経営者の覚悟を語った言葉】


失敗はしない方がいいが、私は失敗の質を叱る。悪意と怠慢と無知による失敗を。しかし、過失や勇み足は交通事故のようなものです。


水野健次郎の経歴・略歴

水野健次郎、みずの・けんじろう。美津濃(現:ミズノ)社長・会長。大阪大学卒。創業者の息子。二代目ミズノ社長

他の記事も読んでみる

清宮克幸

サントリー時代、担当している店では、自社のビールの売上をその店のNo.1にするのが、僕が「営業マン清宮」に課した目標でした。でも、僕にはラグビーの練習があるので、ほかの営業マンほど仕事に時間は割けません。だから、必然的に要領よくやるよりほかなかったのです。


木村惠司(木村恵司)

いまはある意味で、平時ではなく有事ですから、潜んでいるリスクも大きいと思います。それが現実のものとなったときにどう対処すべきかもよく考え、シミュレーションしておかなければなりません。それをみんなで一体感を持ってやりたいというのが、私の考えです。


牛場靖彦

大盛況に思わぬ落とし穴が大きく口を拡げつつあることを見逃してはならない。人気の上にあぐらをかいていると、いつしか箍(たが)がゆるみ、規律も乱れ始める。


津賀一宏

本社部門を改革し、今年からはドメイン制を廃止し、事業部制をスタートするとともに、カンパニーという枠組みへと再編しました。また、49事業部のすべての数字を月次で明らかにしています。これまではドメインという単位で数字を見ていたわけですが、このなかにはいい事業もあれば、悪い事業もある。それらをひっくるめて、ドメインという単位の「どんぶり」で数字を見ていたわけです。ドメインでは1兆円単位という「どんぶり」でしたが、事業部制に移行してからは、大きくても4000億円規模。その結果、いままでよりも早く課題が見え、改善に向けて早く取り組みはじめた。


北畑稔

いまのアパレル業界は決していい状況ではありませんが、実はこれはチャンスです。なぜアパレルが不振なのかというと、それは需要と供給の間にズレがあるからです。つまり、お客様が求めているものを、我々メーカーがお届けできていないということに原因があります。であれば、お客様が求めているものを早くお届けできた企業なりブランドなりが利益を勝ち取ることができる。そこにチャンスがあるのです。


井上陽介

今ではすっかり見慣れてしまったコンビニ銀行最大手の「セブン銀行」。「コンビニエンスストアに銀行機能があればお客さんは喜ぶに違いない」という予見にもとづいた画期的なビジネスモデルイノベーションの実現は、長野県内の、たった1店舗での実験から始まりました。実験店での小規模な実践と検討を重ねて、はじめて事業化へとつながっていったのです。


村上綾一

私は日頃から、パソコンやスマホに頼らず、なるべくメモを取るようにしています。パソコンで文字を打つとき、実は脳は活性化していません。いまの時代、文字を書くのは少々面倒かもしれませんが、その面倒が脳の活性化を促すのです。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

仕事はとても面白くてやりがいがありましたが、「自分のキャリアを、どんどん次に進めたい」という考えから、オファーを引き受けることにしました。
【覚え書き|ツイッターに移籍したことについて】


東哲郎

将来に向かって夢や活力を持っていないと、やっていけませんよ。


いつか(エッセイスト)

叔母がアメリカに住んでいたので、20歳でアメリカに渡り、そこで日本のシステムにとらわれていては駄目だと気づきました。日本では他人と同調するのが美徳だとされますが、アメリカでは自己主張し、他人の意見も尊重します。これまでに50か国以上を訪れ、世界中の人々のモノの見方や考え方を知ることができたのは財産です。


ジャック・ウェルチ

顧客の至上性についての伝統的な考え方がかえって有害で、拒否すること、場合によっては決別することが賢明な策である状況がいくつかあります。

  1. 顧客の値引き要求がこちらの儲けをなくしてしまう場合。その要求を飲んだ場合、業界の価格設定に混乱を招く恐れがある場合。
  2. 顧客が一回限りの製品を要求し、しかもそれがこちらの研究開発グループを会社の戦略目標や財務目標から外れた脇道に追いやるような製品の場合。
  3. 顧客がこちらの社員に横柄な態度で対応する場合。

把瑠都(カイド・ホーヴェルソン)

苦しい顔は人に見せたくない。「大変だ」って顔をしてると、自分の心も苦しくなってしまいますから。十分に努力できているなら、本番は笑顔で楽しむだけ。