名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

水野仁輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水野仁輔のプロフィール

水野仁輔、みずの・じんすけ。日本のカレー研究家。「エアスパイス」社長、出張料理ユニット「東京カリ~番長」調理主任。静岡県出身。小学1年でカレーに魅了される。明治大学卒業後、広告代理店アサツーディ・ケイを経て出張料理ユニット「東京カリ~番長」を設立。カレーに特化したプロジェクトを多数立ち上げ、カレーの伝道師として活躍。

水野仁輔の名言 一覧

カレーに関する活動を続けてきて思うのは、「カレーはコミュニケーションツール」だということです。「カレーを作るからおいでよ」と人を誘うと、集まるし盛り上がる。「東京カリ~番長」の出張イベントを続けているのも、カレーを通じて来場者とコミュニケーションが生まれるのが、楽しいからです。


僕はつい最近までサラリーマンでもあったのですが、僕が目指したのは、「部下に仕事を頼む時に、目的や背景まで伝える」ようなことです。そうやって作業の目的や背景を知れば、もっといい仕事をしょう、と部下も考えるでしょう。


大半のレシピ本では、「玉ねぎはアメ色になるまで炒める」としか書いていませんが、本書(『一番おいしい家カレーをつくる』)では、「なぜアメ色なのか」について説明しています。これがわかると、玉ねぎを自分好みの甘みやうま味に調節できます。


やりたかったのは、「僕の最高のレシピをそのまま作って」ということではありません。読者の方に、普通のカレーが驚くほどおいしくなるテクニックを伝え、それぞれの人が「最もおいしい」と思うカレーを作ってもらうことです。


小学1年生の頃に、地元浜松の「ボンベイ」というカレー屋に出会ったのが、カレーにハマるきっかけでした。高校卒業まで通いつめ、大学進学で上京した後もボンベイの味を求め、インド料理店でのバイトと食べ歩きをする日々。さらにカレーが好きになり、就職後も「東京カリ~番長」という出張料理集団を作って、公園やクラブで出張カレーイベントをしていました。これが注目され、料理教室の講師やレシピ本の執筆など想定外の展開に。とことんハマると、声がかかるのですね。


水野仁輔の経歴・略歴

水野仁輔、みずの・じんすけ。日本のカレー研究家。「エアスパイス」社長、出張料理ユニット「東京カリ~番長」調理主任。静岡県出身。小学1年でカレーに魅了される。明治大学卒業後、広告代理店アサツーディ・ケイを経て出張料理ユニット「東京カリ~番長」を設立。カレーに特化したプロジェクトを多数立ち上げ、カレーの伝道師として活躍。

他の記事も読んでみる

ジョン・トッド

前もって立てた計画に従って過ごした充実した一日は、無計画に過ごした1週間に相当する。


西水美恵子

日本に在留する期間は短いですが、メル友たちが全国にいっぱいいます。インターネットで検索して、ブログなどに私の本の感想を書いている方を見つけるとメールを出します。社会人は変な遠慮が出るようですが、高校生や大学生はじゃんじゃんメールを返してくれます。中には小学6年生もいます。日本人は何を考えているのか、ネットエージャーから感触を得ることができます。


加藤丈夫

かつてのような没個性的なベクトル合わせは必要ないでしょうが、価値観を共有することはとても大事です。それには対話が欠かせません。新入社員には、対話で価値観を共有しようと訴えました。


久保利英明

社員が問題を指摘してくれたら、よく通報してくれたと褒めてあげられる組織にしないといけません。会社は皆さんの味方ですよというメッセージを出していければ、その会社は伸びていくと思うし、逆に通報した社員をさらし者にして左遷するような会社は伸びません。いずれつまずきます。


鈴木茂晴

女性が活躍できるかどうかは、会社が本気かどうかに尽きる。肝は時間管理だ。長時間労働が前提の会社では、女性が働き続けることはできない。


吉永泰之

自動車産業全体で見れば、スバルのような個性ある会社が存在した方が面白いはずです。クルマというのはファッション産業に近いところがあります。いろいろなブランドや個性的な商品がある中で比較し、選択できるから、愉しんでいただける。同質競争と寡占が進み、例えば世界に自動車メーカーが4社になってしまったらどうなるでしょうか。既成の制服しか選択肢がなくなれば、消費者は服そのものへの興味を失ってしまうでしょう。


邱永漢

よく稼ぐ人でもほとんどの人がお金を半製品で終わらせてしまいます。私に言わせると、お金は使って初めて完成品になるのに、大抵の人が親子二代でこれをやるのです。僕は一代で完成品にしようと主張してきました。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

悪の葉っぱに斧を向ける者は1000人いても、根っこに斧を向ける者は1人しかいない。


倉重英樹

楽しく仕事をしていたら社員の顔が明るいはずです。外部の方が来られて「社員の顔が明るいね」と言っていただけることが、私は一番嬉しい。


藤山愛一郎

発明家と組んだふたつの事業(染料会社の池田化学と日本金銭登録機)の経験で、私は発明家と一緒に事業をしてはならないことを学んだ。万一、発明家と一緒に事業をしなければならないような場合には、事業経営に一切口出しさせてはならないと悟った。発明家を専務とか常務にしたのでは伸びるべき事業も伸びない。発明を事業に生かす道は特許権を買うか、またはその使用量を払って発明家に報いればいいのである。
【覚書き|ふたつの事業はともに発明家のこだわりが強すぎて経営に口出ししてきたためあまり振わなかった】


紀平正幸

まずは家計を「必要なもの」と「欲しいもの」に分けましょう。必要なものは削れませんが、欲しいものは削れる。家計を見ると必要なものが7割、欲しいものが3割という比率が一般的。この「欲しいもの」の半分を削れば、全体で15%の削減ができることになる。


アルフレッド・アドラー

理不尽な上司や学校の先生に無理矢理認めてもらう必要はない。市場価値の高い人になればいい。より大きな共同体で考えればいいのだ。