名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

水谷弘隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水谷弘隆のプロフィール

水谷弘隆、みずたに・ひろたか。岐阜出身。北海道大学卒業後、旭化成に入社。住宅事業部門で資材調達業務に携わる。30代初めに勉強に取り組みはじめ、TOEIC920点、中小企業診断士一発合格、英国University of SouthamptonでMBA取得などを達成。その後、大手外資系医療機器会社へ転職。また、自身の勉強法をビジネスマンに対して教えている。著書に『33歳からの勉強のルール』『今からでも余裕で間に合う30歳からの英語マル得勉強法』ほか。

水谷弘隆の名言 一覧

語学の教材を使いこなすポイントは、「少数の音源を繰り返して聴く」「日本語訳は一切見ない」「英語の文字情報は最後の段階で使う」の3つです。半年程度続けると、いままで聴き取れなかった英語のニュースやドラマがわかるようになってきました。リスニングで身についた語彙力は、読み書きの力に結びつきます。聴く力がつけば、相乗効果で話す力も向上するでしょう。


英語を聴くトレーニングは、たいていの人が学校英語で欠落している部分です。自分も圧倒的に弱かったので、最初に強化しました。


ビジネスパーソンとして生き残っていくには、日本に閉じこもっていてはダメだと思ったのです。そこで、英語コンプレックスを早めに解消しておこうと考えました。
【覚書き|30代になってから英語を本格的に取り組み始めたことについて語った言葉】


矛盾するような言い方ですが、英会話スクールに行くといきなり外国人と話さなくてはならないでしょう。最初はやっぱり躊躇すると思うんです。それで通うのが面倒になってしまうくらいなら、独力で実力をつけた方がいい。少しでも進歩が実感できるようになってきます。すると、最初は外国人と話すことに戸惑いを覚えていた人でも、学んだ英語をどう使うかを考えるようになるんです。それが学習する楽しさにつながっていくと思います。


英語に限らず、どんな勉強でも成功するかどうかはモチベーション維持がカギです。TOEICはスコアによって現在の英語力や目標までどの程度不足しているかが明確にわかります。年8回と受験機会も多いので、いいリズムを保ちながら勉強が続けられます。


英語力がついたことで職業の選択肢も広がり、人生の自由度が高まりました。


水谷弘隆の経歴・略歴

水谷弘隆、みずたに・ひろたか。岐阜出身。北海道大学卒業後、旭化成に入社。住宅事業部門で資材調達業務に携わる。30代初めに勉強に取り組みはじめ、TOEIC920点、中小企業診断士一発合格、英国University of SouthamptonでMBA取得などを達成。その後、大手外資系医療機器会社へ転職。また、自身の勉強法をビジネスマンに対して教えている。著書に『33歳からの勉強のルール』『今からでも余裕で間に合う30歳からの英語マル得勉強法』ほか。

他の記事も読んでみる

藤沢武夫

80%の国内二輪市場のシェアを得たころ、私は各工場の技術者を一週間缶詰にして、経営について勉強してもらったことがあります。バランスシートや売上と在庫の関係、増産による利益などについて、技術者は部分的には勉強しているけれども、それがどういう結果を生じているかということまでは知らない。しかし、生産企業で働いているからには、それがわからなかったら仕事ができない、というのが私の建て前なんです。


田中良和(GREE)

社員を採用するとき、この人と一緒に働きたいかどうかが大事です。とくに会社が厳しいときや上手くいっていないときでもそう思えるかは、能力やスキルといったスペック的な基準よりも明らかに重要な採用基準です。それは、自分たちと同じ価値観を持っている人と言い換えてもいいかもしれません。


佐山展生

私はいつも(スカイマークの)時刻表を持ち歩いて皆さんにお見せするのですが、ほとんどの人が「こんなに飛んでいるんですか?」と驚くんです。知らないから乗らないというのが大半なんですね。


本田有明

上司の資質に疑問を覚えない部下は、いつしか上司の物言いや態度、仕事への姿勢を映し取ってしまいます。良い面だけ似ればいいのですが、人は悪い部分ほどよく学び取ってしまうもの。なぜなら、悪い部分を真似るのは良い面を真似るよりもはるかにラクだからです。


藤田晋

仕事では相手に対して気遣いのある対応ができているのに、家族にはできていないという人がいます。これは「自分のことを分かってくれている」という甘えが、「気遣いをしなくていい」という行動につながっているのではないかと思います。どんな人であっても「立場や価値観が違う」ことを前提に接し、気遣うことが大切。


加藤進(住友商事)

従業員との直接対話を年間50回ほど、各職場を訪ねる形で積み重ねています。その場でも、できる限り、みんなの意見を聞くように努めているのです。私としては、自分が一方的にしゃべるほうが楽ですが、会社の方針や自分の考え方を理解してもらうには、まず、相手の話を聞くことだと思っています。


高橋忠仁

未曽有のピンチを通じて新たな事業領域をも開拓し、さらなる成長の機会を得られた当社ですが、もし「目先の数字がすべて」という経営をしていたら、こう上手くいかなかったと思います。常日頃から物心両面の充実を図っていくことが、困難な事態を乗り切る力になるのです。


山口多賀司(経営者)

バブル崩壊の頃、当社の資格を持った社員に対して、大企業からものすごい引き抜き攻勢がありました。ですが、この時、社員は誰一人辞めなかった。おそらく給料も当社よりずっと良かったと思うんですが、それでも辞めなかった。これは今でも私の自慢です。私は勧誘があった社員たちを知っていますから、後から何人かを呼んで、なぜ大企業にいかなかったのかを聞いたんです。そうしたら「社長、よくそんなことを言いますね」と言うんです。「そんなに僕のことを信用していないんですか」と言って怒るんですよ(笑)。つまり、彼らは「当たり前じゃないですか」と言うんです。「私たちは非破壊検査で技術を学んで、世の中の高度技術社会の安全を確保して、維持して、人の命を守るために頑張ってきました。そういう信念を社長が私たちにたたき込んだじゃないですか。私たちは全員そういう気でいます。もしも大企業にいったら、歯車の一つの刃にしかすぎません。だから、私たちは大企業にいく気はこれっぽっちもないですし、社長は私たちを信用していないんですか」と。そうやって怒られたんです(笑)。本当に嬉しかったですね。


朝倉千恵子

一番大事なのは、何が社員のためになるかです。


池森賢二

防腐剤を入れず、短期間に使い切れるように小さな容器で無添加化粧品を世に送り出したのも、「高いから効く」などという健康食品の以前のいかがわしい常識を壊してメジャーな業界にしたのも、もとは素人の私が体で知った経験からなんです。


ショーペンハウエル

人間は、金を貸すことを断ることによって友人を失わず、金を貸すことによってたやすく友人を失う。


古賀信行

インターネット全盛のいまは、誰かに尋ねるよりも、クリック一つである程度の知識、データを比較的簡単に得ることができます。かつて、書物や資料を探して、目的項目を見つけるという作業では、かなりの時間が必要でしたが、インターネットの普及で時間の問題は解決しました。半面、人に聞くことの効用まで奪ってしまいました。私もインターネットを利用しますが、主に統計データなどを探す程度にしています。やはり、わからないことはできるだけ人に聞くようにしています。