名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

水谷佑毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水谷佑毅のプロフィール

水谷佑毅、みずたに・ゆうき。日本の経営者。「DYM」社長。東京都出身。杏林大学医学部卒業、医師免許取得。DYMを設立。

水谷佑毅の名言 一覧

企業である以上、売り上げ目標を掲げるのは当然のことですが、それ以上に地域や社会と共に歩み続けることが重要です。これからも社会貢献性の高い事業分野で成長し続けていきます。


営業力の源となるのが、やる気のある人材です。営業力自体は技術云々には関係なく、会社のことを好きかどうかに依存すると思っています。


生まれてきたからには、何かを成し遂げたい。「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョン通り、世界レベルの会社を作って、いずれは孫に自慢できるような偉大な経営者になることが一番の目標。


医療事業の分野で強力な営業力を持つところはあまり見当たらないので、この分野でも当社の営業力は大きなアドバンテージになります。


研修はしっかりやっていますが、会社が好きで競争意識の高い人材同士が争っているからこそ、桁違いの新規アカウント獲得につながっているのだと思います。


新卒人材紹介事業を通じて、日本経済の復活に貢献したい。マーケットリーダーとして市場の拡大に努めていきたい。


最近の若者は競争を好まないと言われていますが、当社には逆に競うことが大好きな人材が集まっています。そんな会社になることができたというのが結果的には良かった。悪い意味での安定志向の人材が入ってくると、会社は弱くなります。


当社のように、若手社員に裁量を与えて大きな仕事を任せる企業が増えています。成長企業で新たな仕事に挑戦する方がずっと楽しい。そういった環境に学生が身を置けるようにサポートすることにやりがいがあります。


企業の好不調を景気や環境のせいにするのは、好きではありません。従業員にとっての幸福な職場環境を整備するために、いつまでも弾けないバブルを社内に生み出したい。そう考えると自ずとやるべきことは見えてきます。


当社は「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンを掲げ、様々な新規事業に取り組みながら社会に貢献したいと考えています。この「社会貢献」というキーワードが学生に刺さるとともに「世界一」を目指すという大志を持った人材、上昇志向がある優秀な人材が集まりやすい環境が、学生に支持されているのだと考えています。


医療と新卒紹介に関しては、現在メーンとして取り組んでいるものから派生する枝葉を事業化し育てていくフェーズになると考えています。たとえば紹介であれば、既にスタートしている第二新卒・中途人材紹介をより大きな事業としていく。また、医療であればクラウドサービスを事業化していくなど、既に様々な枝葉の検討に入っています。


当社は元気な営業の会社というイメージが強いですが、実はバックヤードを支えている人材に優秀な人間を揃えているのが特長です。特に技術者は優秀で、当社のマーケティングには新たに開発されたAIプログラムが組み込まれています。業界内でも進んでいると自負するこの技術を活用し、顧客のニーズに的確かつ迅速に応えることで、受注数も扱い額も右肩上がりで増えています。


当社が掲げる「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンに共感してくれる学生がとても多く、優秀な人材が多く集まってきています。しかし、これまでは優秀なプレーヤーこそ多いもののマネジメント層が薄いという課題がありました。そこで幹部育成に力を注いだ結果、すべての部署に優秀な幹部が育ってきました。マネジメント層が確立してきたことで成熟した組織になりつつあり、今ではどの事業部門も人が増えればその分だけ確実に売り上げが伸びる、という環境が整っています。


水谷佑毅の経歴・略歴

水谷佑毅、みずたに・ゆうき。日本の経営者。「DYM」社長。東京都出身。杏林大学医学部卒業、医師免許取得。DYMを設立。

他の記事も読んでみる

佐々木かをり

逆境を打破するために必要なのは、良い仕事をし続けて、仕事の成果で評価されること。そして、倫理的に正しい姿勢を貫くこと。それでこそ信頼を保つことができる。


羽鳥兼市

実は私ね、子供のころから、何かしら商売の真似ごとのようなことはやっていたんです。例えば、知り合いから納豆を格安で仕入れて、別の場所でそれを売ると当然利益が出るわけです。普通の子供ならそれを小遣いとして使ってしまうことが多いと思いますが、私はそれをしませんでした。別に高尚な考えがあったわけではありません。「このお金を元手にすれば、倍の納豆を仕入れられるじゃないか」。つまり、自分が行動することによって、モノがおもしろいように売れていくことが、ただひたすらに楽しかったのです。いわばゲーム感覚とでも言えるかもしれませんね。


永井孝尚

朝時間を確保するためには、まず早く帰宅しよう。とはいえ、上司や同僚の目が気になるかもしれない。しかしそこで留まっていては朝時間の確保はできない。そこで仕事の見える化を行うのだ。「今日の仕事はこの通り、全部終わりました。明日の仕事はこれこれで、いつまでに終わらせる予定です」と示しておけば、誰も文句は言わない。漫然と残業する人間が評価される時代はすでに終わったのだ。私自身、普段から部下の誰よりも早く帰ることにしている。


関家一馬

普通の会社は、こういうルールだからとか、命令されたからとかの「外的動機」で動きますが、ディスコはそれを、事細かくどうしようではなく、ディスコバリューズという原則を作ることで、自分で考えて決められるようにしました。そうすることで皆が内的動機で自分で判断して動いても、会社としての方向性は間違わない仕組みです。


金子豊久

日本の産業界を人体にたとえると、自動車や家電などを製造し社会に送り出す産業は動脈産業といえます。私たちは社会で役目を終えた金属製品や設備を、再び産業の心臓に戻す役割を担っています。自分たちでは「静脈産業」といっていますが、動脈・静脈が揃わなければ人間は生きていけません。社会もこれと同じです。循環型社会の実現に力を注いでいくことが、私たちの使命なのです。


吉山勇樹

スケジュールやタスク管理において、ムダな仕事を省くのは必須です。ただ、その前にやるべきことがあります。それは「ムダの定義」です。同じ立ち話でも、ある人は「人間関係を円滑にするコミュニケーション」と定義し、ある人は「ムダ話」と定義する。この認識がズレていたら、組織内のムダはなくなりません。まずは自分のチームだけでもいいので、「ムダの定義」を明確にしましょう。立ち話でも「15分以上はムダ」と決めれば、客観的な目安ができて、全員がそれを削減しようと意識します。


山名昌衛

これだけ目まぐるしい時代の変化に対応するためには、日本人が日本で考えて海外に持っていくというやり方では遅い。最初から海外のことは海外で戦略を考えるべきですし、それがいち早く時代の変化に対応するということ。


中西勝則

事業性評価を行ったうえでお金を貸した場合でも、倒産したり廃業したりするケースがあります。サラリーマンである銀行員個人にはそのリスクは取りにくいもの。事業性評価で融資を行うには、それなりのバックアップ体制が必要です。静岡銀行が整えたバックアップ体制の1つが「企業サポート部」の発足です。企業内容を調査する「調査グループ」、経営改善を支援する「企業経営サポートグループ」、臨終に至ってしまう企業に最も良い終わり方をサポートする「融資管理グループ」という3つのグループから成ります。こうした体制を整えたことで、我々は業績が悪くても将来性のある企業を助ける努力を継続できています。


永野毅

どこまで行っても、経営は「人」。特に我々の保険商品の場合は「ピープルズビジネス」と言われ、目に見える形の商品ではありません。「人」と「人」がつくる信用、これが全て。この「人」のレベルをいかに高めていけるかが重要。


辻野晃一郎

思いどおりにいかないときでも、課題を克服するための地道な努力を怠らないこと。そうやって一つずつ克服していけば、その成功体験が自信につながり、心を強くしていくことができるはずです。


山田満(経営者)

有言実行。宣言し実行するのが人の生き方。
不言実行。実行しても何も言わぬは責任逃れ。
不言不実行。有言不実行よりはマシ。その程度。
有言不実行。ただのアホ。有言実行と隣り合わせ。


山本梁介

25歳で父親から繊維会社の家業を継いだ際に計数管理のトップダウンの経営を試みましたが、社員の反感にあい失敗しました。それに自分も楽しくありませんでした。社員がイキイキとした姿で働いていた方が、私も嬉しいし、それで社業が伸びていくのが経営の醍醐味だと思います。社員の共感を得られなければ会社は上手く行きません。ピンチはチャンスです。一度ではなく何度か失敗を繰り返し、社員への感謝の気持ちを忘れてはいけないと心に刻みました。