名言DB

9412 人 / 110637 名言

水谷佑毅の名言

twitter Facebook はてブ

水谷佑毅のプロフィール

水谷佑毅、みずたに・ゆうき。日本の経営者。「DYM」社長。東京都出身。杏林大学医学部卒業、医師免許取得。DYMを設立。

水谷佑毅の名言 一覧

企業である以上、売り上げ目標を掲げるのは当然のことですが、それ以上に地域や社会と共に歩み続けることが重要です。これからも社会貢献性の高い事業分野で成長し続けていきます。


営業力の源となるのが、やる気のある人材です。営業力自体は技術云々には関係なく、会社のことを好きかどうかに依存すると思っています。


生まれてきたからには、何かを成し遂げたい。「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョン通り、世界レベルの会社を作って、いずれは孫に自慢できるような偉大な経営者になることが一番の目標。


医療事業の分野で強力な営業力を持つところはあまり見当たらないので、この分野でも当社の営業力は大きなアドバンテージになります。


研修はしっかりやっていますが、会社が好きで競争意識の高い人材同士が争っているからこそ、桁違いの新規アカウント獲得につながっているのだと思います。


新卒人材紹介事業を通じて、日本経済の復活に貢献したい。マーケットリーダーとして市場の拡大に努めていきたい。


最近の若者は競争を好まないと言われていますが、当社には逆に競うことが大好きな人材が集まっています。そんな会社になることができたというのが結果的には良かった。悪い意味での安定志向の人材が入ってくると、会社は弱くなります。


当社のように、若手社員に裁量を与えて大きな仕事を任せる企業が増えています。成長企業で新たな仕事に挑戦する方がずっと楽しい。そういった環境に学生が身を置けるようにサポートすることにやりがいがあります。


企業の好不調を景気や環境のせいにするのは、好きではありません。従業員にとっての幸福な職場環境を整備するために、いつまでも弾けないバブルを社内に生み出したい。そう考えると自ずとやるべきことは見えてきます。


当社は「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンを掲げ、様々な新規事業に取り組みながら社会に貢献したいと考えています。この「社会貢献」というキーワードが学生に刺さるとともに「世界一」を目指すという大志を持った人材、上昇志向がある優秀な人材が集まりやすい環境が、学生に支持されているのだと考えています。


医療と新卒紹介に関しては、現在メーンとして取り組んでいるものから派生する枝葉を事業化し育てていくフェーズになると考えています。たとえば紹介であれば、既にスタートしている第二新卒・中途人材紹介をより大きな事業としていく。また、医療であればクラウドサービスを事業化していくなど、既に様々な枝葉の検討に入っています。


当社は元気な営業の会社というイメージが強いですが、実はバックヤードを支えている人材に優秀な人間を揃えているのが特長です。特に技術者は優秀で、当社のマーケティングには新たに開発されたAIプログラムが組み込まれています。業界内でも進んでいると自負するこの技術を活用し、顧客のニーズに的確かつ迅速に応えることで、受注数も扱い額も右肩上がりで増えています。


当社が掲げる「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンに共感してくれる学生がとても多く、優秀な人材が多く集まってきています。しかし、これまでは優秀なプレーヤーこそ多いもののマネジメント層が薄いという課題がありました。そこで幹部育成に力を注いだ結果、すべての部署に優秀な幹部が育ってきました。マネジメント層が確立してきたことで成熟した組織になりつつあり、今ではどの事業部門も人が増えればその分だけ確実に売り上げが伸びる、という環境が整っています。


水谷佑毅の経歴・略歴

水谷佑毅、みずたに・ゆうき。日本の経営者。「DYM」社長。東京都出身。杏林大学医学部卒業、医師免許取得。DYMを設立。

他の記事も読んでみる

ゲーテ

権威は真理と同様に誤りを伴うものである。それは、個々のもとのして消滅すべきものを永遠に伝え、堅く保持させるべきものを拒み消滅させる。こうして権威は往々に人類をして一歩も先へ歩かせぬようにする原因となる。


加藤俊徳

記憶する時には意味のない言葉の羅列よりも、思考系部位を刺激する「ストーリーとして理解できる情報」や、感情系部位を刺激する「これは面白い、共感できるといった感情を伴う情報」が定着しやすい。覚えた内容を人に話すなど、コミュニケーションを伴うアウトプットができればなおいい。


小田禎彦

従業員が働く上で障害となっている問題を取り除くのは、長く働いてもらうためにも必要不可欠なこと。


松井忠三

上司は部下を選べるが、部下は上司を選べないのはサラリーマンの宿命だ。上司とウマが合わなくても、目の前の仕事を真面目に一生懸命にやらなければいけない。


堺屋太一

我々の若いころは、感情論で話をすることは恥ずかしいことでした。たとえば会議で同僚から「君の意見は感情的だ」と言われると「違います、データがあります」なんて言い訳をしたものです。ところが80年代以降は、「あなたの言っていることは単なる数字。住民感情はそんなもんじゃない」と言われたら一発で負けなんです。主観や感情が科学的数字に勝つようになってしまった。


広岡達朗

人間は本来保守的である。ある状況に慣れると、とくに強い動機がない限りそこから抜け出そうとしない。それが安楽であればあるほどその状況に固執しようとする傾向がある。


東和浩

これから10年の新しい金融サービス業のモデルを考えないといけません。それには銀行にこだわらない新しい発想が必要です。


鈴木敏文

一番良くないのが、過去の成功体験で物事を考えるということです。実際、おにぎりやカップラーメンなど、新しくて付加価値の高い商品は、既存の商品よりも高い価格設定でも売れました。


小林昇太郎(コンサルタント)

私はいま、ビリオネアな人達とその人達をお客様にしたビジネスを展開して成功している人達を研究しているのですが、ビリオネアは欲しい物はすでに何でも持っているわけですね。では、その市場で物を売るにはどうしたらいいか。彼らは豊かさや幸せを感じるものにお金を出すわけです。


サシン・シャー

最終的に目指しているのは、すべてのステークホルダーに対してより多くの価値を長期的に創造していくこと。多岐にわたる変化に対応すべく、当社は変革を推進しています。


野田一夫

松下(幸之助)さんが何度も危機を打開できたのは、その指導力もさることながら、日ごろから周囲の人たちとの結束が固かったからだと信じています。


ピーター・リンチ

誰もが株式市場を理解する知力を持っている。小学校5年生までの算数をやり遂げていれば、あなたにも絶対できる。自分の知っているものに投資することだ。個人投資家はもっと株式から、ファンドマネージャーよりもお金を儲けることができる。


鍵山秀三郎

自分の損得や経済第一ではなく、使命感を持って大事なことを守ろうとする人たちが健在である限り、日本は大丈夫。


栗原博

営業マンは売り上げが大きいお客様を優遇しがちです。でも、このお客様は自分のプラスになる、あっちのお客様は付き合っても仕方がないという態度でいると、お客様のほうから見放されます。直近の売り上げがどうであろうと、すべてのお客様は見込み客。目先の利益を超えて深いところで好きになってこそ、信頼関係が構築されます。


島正博

危機を突破する秘訣は、目標を持って一生懸命やること。何を何時までにやり遂げるかというプランニングが大切です。それを自分の心に焼き付けて、目的に向かってやり遂げる「気」が無いと。フィンランドには不屈の精神でやり遂げるという意味の「sisu(シス)」という言葉があります。それを日本人から学んだと言いますが、今の日本人には無くなって向こうで生きている。