名言DB

9413 人 / 110706 名言

水谷佑毅の名言

twitter Facebook はてブ

水谷佑毅のプロフィール

水谷佑毅、みずたに・ゆうき。日本の経営者。「DYM」社長。東京都出身。杏林大学医学部卒業、医師免許取得。DYMを設立。

水谷佑毅の名言 一覧

企業である以上、売り上げ目標を掲げるのは当然のことですが、それ以上に地域や社会と共に歩み続けることが重要です。これからも社会貢献性の高い事業分野で成長し続けていきます。


営業力の源となるのが、やる気のある人材です。営業力自体は技術云々には関係なく、会社のことを好きかどうかに依存すると思っています。


生まれてきたからには、何かを成し遂げたい。「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョン通り、世界レベルの会社を作って、いずれは孫に自慢できるような偉大な経営者になることが一番の目標。


医療事業の分野で強力な営業力を持つところはあまり見当たらないので、この分野でも当社の営業力は大きなアドバンテージになります。


研修はしっかりやっていますが、会社が好きで競争意識の高い人材同士が争っているからこそ、桁違いの新規アカウント獲得につながっているのだと思います。


新卒人材紹介事業を通じて、日本経済の復活に貢献したい。マーケットリーダーとして市場の拡大に努めていきたい。


最近の若者は競争を好まないと言われていますが、当社には逆に競うことが大好きな人材が集まっています。そんな会社になることができたというのが結果的には良かった。悪い意味での安定志向の人材が入ってくると、会社は弱くなります。


当社のように、若手社員に裁量を与えて大きな仕事を任せる企業が増えています。成長企業で新たな仕事に挑戦する方がずっと楽しい。そういった環境に学生が身を置けるようにサポートすることにやりがいがあります。


企業の好不調を景気や環境のせいにするのは、好きではありません。従業員にとっての幸福な職場環境を整備するために、いつまでも弾けないバブルを社内に生み出したい。そう考えると自ずとやるべきことは見えてきます。


当社は「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンを掲げ、様々な新規事業に取り組みながら社会に貢献したいと考えています。この「社会貢献」というキーワードが学生に刺さるとともに「世界一」を目指すという大志を持った人材、上昇志向がある優秀な人材が集まりやすい環境が、学生に支持されているのだと考えています。


医療と新卒紹介に関しては、現在メーンとして取り組んでいるものから派生する枝葉を事業化し育てていくフェーズになると考えています。たとえば紹介であれば、既にスタートしている第二新卒・中途人材紹介をより大きな事業としていく。また、医療であればクラウドサービスを事業化していくなど、既に様々な枝葉の検討に入っています。


当社は元気な営業の会社というイメージが強いですが、実はバックヤードを支えている人材に優秀な人間を揃えているのが特長です。特に技術者は優秀で、当社のマーケティングには新たに開発されたAIプログラムが組み込まれています。業界内でも進んでいると自負するこの技術を活用し、顧客のニーズに的確かつ迅速に応えることで、受注数も扱い額も右肩上がりで増えています。


当社が掲げる「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンに共感してくれる学生がとても多く、優秀な人材が多く集まってきています。しかし、これまでは優秀なプレーヤーこそ多いもののマネジメント層が薄いという課題がありました。そこで幹部育成に力を注いだ結果、すべての部署に優秀な幹部が育ってきました。マネジメント層が確立してきたことで成熟した組織になりつつあり、今ではどの事業部門も人が増えればその分だけ確実に売り上げが伸びる、という環境が整っています。


水谷佑毅の経歴・略歴

水谷佑毅、みずたに・ゆうき。日本の経営者。「DYM」社長。東京都出身。杏林大学医学部卒業、医師免許取得。DYMを設立。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

失敗や挫折はあくまで行為であって人格を否定するものではない。切り離して考える必要がある。過剰に自分を追い込む人は、そこが分けられず「自分はダメだ」「どうせオレは」と自己否定する。それではいつまでたっても断ち切れない。


松岡修造

「あいつ、おかしいんじゃないの?」と思われるくらい、とにかく自分を褒めまくれば、最高に緊張したときでも、普段と同じパフォーマンスが可能になります。肝心なのは特別なプレーではなく、どんなときでも、いつもと同じプレーができることなのです。


鈴木修

私には、会社経営について、ひとつの確信があります。企業は一時的に順調でも、いつまでも順風満帆で成長していけるものではないということです。周期的に危機がやってきて、それを克服できれば、よりたくましくなりますが、その波に飲まれると成長が止まってしまう。最悪の場合は倒産してしまうこともあります。その周期の長さは、だいたい25年くらいではないでしょうか。


河合隼雄

真に理解するということは、こちらの命をかけて向き合わぬと出来ない。自分の根っこをぐらつかせずに、他人を理解しようとするのは甘すぎる。


寺本克弘

スイスの自動ドアメーカー・ギルゲンが売りに出るようだとの情報を察知した私は、いても立ってもいられず、少人数で欧州に飛びました。雰囲気を知るため、スイスの同社工場を外からでも一目見ようと思ったのです。最寄駅で待っていたのは、タクシーではなく羊の群れ。あまりに牧歌的な風景に一抹の不安を抱きつつ、羊を眺めながら徒歩で工場へと向かいました。周辺から隠密裏に「偵察」したつもりでしたが、後から聞くと、ギルゲンの幹部に発見されていたそうです。買収に応札した企業の中で、わざわざ現地まで見に来たのはナブテスコだけだったそうです。期せずして誠意が伝わった面もあるかもしれません。買収後の統合作業の立案や、企業文化の違いを認めつつどう折り合いをつけるかなど、一連の実務がスムーズに進んだ背景はそこにあるのでしょう。


金子博人

イノベーションは、失敗の山の中から生まれるので、失敗は次の成功の糧になればよいという文化が必須。


了徳寺健二

成功や事業の成否は運が9割。その運も知力を磨く努力によって切り開かれる。


中山幸市

高等小学校2年のとき、とても家から小遣いがもらえないとわかったとき、私は自分の小遣いは、自分で儲けてやろうと考えついた。これが私の変わった人生の始まりである。


キャロライン・ケネディ

私は、父が体現していた理想を堅持する責任があることを自覚しています。その理想とは、公務に専心し、より公正な米国とより平和な世界の実現に献身的に取り組むことです。


堀義人

起業で重要な要素は「ヒト、カネ、チエ」。


今井むつみ

新しい知識を得ることは、情報について熟慮を重ねながら吟味し、自分のなかにある知識や経験の蓄積とリンクさせていく。例えば資料を読むなら、読みながらマーカーで色を付けるだけではなく、自分で問いを発し、それに答えられるかどうか確認するような読み方が有効。


安藤百福

事業構造とは一歩ずつ積み重ねた結果である。踏み固めた基礎がないと砂上の楼閣となり、またたく間に瓦解してしまう。中小企業は何から何まで自分で工夫しなければならない。余計な資金がないから一歩ずつ着実に踏みしめる健全性がある。そういう小さな大企業になりたい。


相原孝夫

「評価」は出世の必要条件、「評判」は十分条件ですね。地位が上がるほど、評判のウエイトが大きくなっていきます。


広川恵

私自身が「こんな商品があったらいいな」と思うものを凝縮した商品をつくることはできないだろうか? と考えたことが、MY AUDREYという会社を設立して化粧品事業に取り組んだきっかけです。


松岡修造

意外と思われるかもしれませんが、僕自身、ネガティブ思考なので、現役時代に数々のメンタルトレーニングを試し、自分に合ったものを選んできました。