名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

水谷佑毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水谷佑毅のプロフィール

水谷佑毅、みずたに・ゆうき。日本の経営者。「DYM」社長。東京都出身。杏林大学医学部卒業、医師免許取得。DYMを設立。

水谷佑毅の名言 一覧

企業である以上、売り上げ目標を掲げるのは当然のことですが、それ以上に地域や社会と共に歩み続けることが重要です。これからも社会貢献性の高い事業分野で成長し続けていきます。


営業力の源となるのが、やる気のある人材です。営業力自体は技術云々には関係なく、会社のことを好きかどうかに依存すると思っています。


生まれてきたからには、何かを成し遂げたい。「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョン通り、世界レベルの会社を作って、いずれは孫に自慢できるような偉大な経営者になることが一番の目標。


医療事業の分野で強力な営業力を持つところはあまり見当たらないので、この分野でも当社の営業力は大きなアドバンテージになります。


研修はしっかりやっていますが、会社が好きで競争意識の高い人材同士が争っているからこそ、桁違いの新規アカウント獲得につながっているのだと思います。


新卒人材紹介事業を通じて、日本経済の復活に貢献したい。マーケットリーダーとして市場の拡大に努めていきたい。


最近の若者は競争を好まないと言われていますが、当社には逆に競うことが大好きな人材が集まっています。そんな会社になることができたというのが結果的には良かった。悪い意味での安定志向の人材が入ってくると、会社は弱くなります。


当社のように、若手社員に裁量を与えて大きな仕事を任せる企業が増えています。成長企業で新たな仕事に挑戦する方がずっと楽しい。そういった環境に学生が身を置けるようにサポートすることにやりがいがあります。


企業の好不調を景気や環境のせいにするのは、好きではありません。従業員にとっての幸福な職場環境を整備するために、いつまでも弾けないバブルを社内に生み出したい。そう考えると自ずとやるべきことは見えてきます。


当社は「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンを掲げ、様々な新規事業に取り組みながら社会に貢献したいと考えています。この「社会貢献」というキーワードが学生に刺さるとともに「世界一」を目指すという大志を持った人材、上昇志向がある優秀な人材が集まりやすい環境が、学生に支持されているのだと考えています。


医療と新卒紹介に関しては、現在メーンとして取り組んでいるものから派生する枝葉を事業化し育てていくフェーズになると考えています。たとえば紹介であれば、既にスタートしている第二新卒・中途人材紹介をより大きな事業としていく。また、医療であればクラウドサービスを事業化していくなど、既に様々な枝葉の検討に入っています。


当社は元気な営業の会社というイメージが強いですが、実はバックヤードを支えている人材に優秀な人間を揃えているのが特長です。特に技術者は優秀で、当社のマーケティングには新たに開発されたAIプログラムが組み込まれています。業界内でも進んでいると自負するこの技術を活用し、顧客のニーズに的確かつ迅速に応えることで、受注数も扱い額も右肩上がりで増えています。


当社が掲げる「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンに共感してくれる学生がとても多く、優秀な人材が多く集まってきています。しかし、これまでは優秀なプレーヤーこそ多いもののマネジメント層が薄いという課題がありました。そこで幹部育成に力を注いだ結果、すべての部署に優秀な幹部が育ってきました。マネジメント層が確立してきたことで成熟した組織になりつつあり、今ではどの事業部門も人が増えればその分だけ確実に売り上げが伸びる、という環境が整っています。


水谷佑毅の経歴・略歴

水谷佑毅、みずたに・ゆうき。日本の経営者。「DYM」社長。東京都出身。杏林大学医学部卒業、医師免許取得。DYMを設立。

他の記事も読んでみる

山崎浩一(コラムニスト)

伝統芸能はもともと、歌舞伎にしてもポップカルチャーだったわけですよ。だけど市川海老蔵のスキャンダルを見ていると、歌舞伎がハイカルチャーなのかポップカルチャーなのか分からなくなる。あれは完全に、ポップカルチャーの文脈で面白がられているわけです。そう考えると、ひっくり返ったものがまた、ひっくり返ったりしてぐるぐる回っている感じがします。ビートルズにしても今ではシューベルトやバッハと一緒に教科書に載っている。それは誰が決めているかというと、大衆が決めている。文化庁が「オペラはハイカルチャーでミュージカルはポップカルチャー」と決めているわけじゃない。そういう意味で、すべてのものはポップカルチャーだと言ってもいいんですよね。


やましたひでこ

自分の力だけではどうしようもないこともあります。でも、自分が冷静な状態で判断できる状態にすることは、自力でできます。


平岡昭良

島田精一(社長)さんからは、自分が分からないから否定するのではなく、認めてやらせてみる大切さを学びました。


太田光代

人の魅力は、顔や容姿だけでは決まらない。前向きな気持ち、立ち振る舞い、姿勢、笑顔、そして苦労した経験もまた、魅力を増す要素の1つ。あらゆることが関係するんです。


津田秀晴

売れる営業マンに共通するのは、自分が売りたいからという「自分都合」の理由ではなく、あくまでも顧客のためを思う「顧客都合」の視点から営業しているということである。これは、たんなるきれいごとの話ではない。どんな場面であれ、相手の気持ちを考えられる人が好印象をもたれ、信頼されるのは当然のことだ。


遠山正道

ある意味、ビジネスもアートと同じです。アートは、まずは「これを表現したい」という自分なりの想いがあって、それを世の中にぶつけます。とはいえ、独りよがりではダメです。世の中の文脈にそれを位置付け、評価されて初めて価値が生まれます。ビジネスも、まず自分の「やりたいこと」が最初にあって、それを周囲の人たちに評価されて初めてビジネスとして成立します。


高田旭人

世の中に埋もれている良い商品を発掘することが私たちの存在価値。


荒木飛呂彦

自分も若いころは、読者アンケートの票数にライバル心を抱くことはありました。だけど、人を倒したいなんて思っても駄目なんですよね。そのうち徹夜で締め切りに追い詰められると、そんなことは言っていられなくなって、結局、自分との戦いになるんです。むしろ、他の作家さんたちを尊敬するスタンスでやっている方が、いい漫画を描けるような気がします。


吉田忠雄

私は、自分で創立し、ここまで育ててきた。そしてその間、自分のものを、価値のあるものを社員に分配してきたんです。他人は私のことを、人使いがうまいとかなんとかいうが、「それじゃ、5万でも10万でも、自分のものを分けてあげてごらんなさい」というんですよ。


出雲充

この後も失敗をたくさんするかもしれない。しかし、何回失敗しても諦めない。諦めたら、本当に無駄になる。今、経営規模も大きくなってきましたが、やることは変わらない。絶対に諦めない。この精神で臨みます。


中原淳

どうにも合わない仕事、どうにもならない職場は世の中には確実に存在します。倒れてしまうくらいなら、積極的に逃走する。そういう潔さも、時には必要です。


井上裕之

成功している人は、上のステージを目指して環境やつき合う人を意識的に変えています。自分でチャンスのステージを上げているのです。そして成功者のステージまで上がれば、何もせずにどんどん豊かになっていく。かたやステージが変わらない人は、努力してもいっこうに豊かになりません。