名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

水口通夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水口通夫のプロフィール

水口通夫、みずぐち・みちお。日本の経営者。「バリューゴルフ」社長。東京都出身。早稲田大学教育学部卒業後、日本リクルートセンター(のちのリクルートホールディングス)を経てバリューゴルフを設立。同社を東証マザーズに上場させた。

水口通夫の名言 一覧

東証マザーズに上場したことで、ゴルフ場からの信用度も高まり、会社としての知名度も高まりました。営業マンがこれまで会えなかった人にも会えるようになりました。


世の中の「したい」を具現化し、生活を豊かにする情報を発信し続けるリーディングカンパニーを目指し、ゴルフ業界、引いては高齢者市場を成長させていく一助になりたい。


中高年にとっての娯楽の代表格であるゴルフ。ゴルフ業界も人口減少、少子高齢化の影響を受け、関連市場は緩やかに縮小の一途を辿っており、4人1組のゴルフ人員を揃えるにも一苦労の状況になっています。そんな中で当社の提供する「1人予約ランド」が伸びています。「ゴルフ仲間が減った」「仲間同士のスケジュール調整が大変」といったゴルファーの悩みをインターネット上で一緒にプレーする仲間を募るゴルフ仲間のSNS機能によって解決したと思っています。


水口通夫の経歴・略歴

水口通夫、みずぐち・みちお。日本の経営者。「バリューゴルフ」社長。東京都出身。早稲田大学教育学部卒業後、日本リクルートセンター(のちのリクルートホールディングス)を経てバリューゴルフを設立。同社を東証マザーズに上場させた。

他の記事も読んでみる

小山甚一

ほとんどの社員は真剣に働き、よく頑張っています。そこにフォーカスを当てるべきであり、怠けている社員に目を向けてはいけない。


松井順一

前例のないことに挑戦するとき、誰も知識や経験を持っていません。だから必ずミスをします。しかし失敗することで、目の前になんらかの「事実」が現われる。その事実を捉え、原因を把握し、改善すれば、最終的には成功する。


浜田宏

課題が複数あれば、「最も重要で、なおかつ不得手なもの」からあえて取り組んでいます。やりやすいものから始めて勢いをつける方法もありますが、苦手なものを克服するにはどうしても時間がかかり、目標達成に間に合わなくなる可能性もあります。それを避けるために、いま欠けているものをすべて洗い出し、プライオリティー(優先順位)の高いものからとりかかるべきでしょう。得意なものは、放っておいても要領よく率先してこなすのが人間ですから。


山折哲雄

「和」は誤解されやすい言葉です。集団における和を重視し、構成員すべての意見を「調整」しようとするあまり、結局「微調整」しかできないということにもなる。そういう失敗例は多くの組織で見られます。


亀山敬司

商人(あきんど)は表現者じゃなくて実行者。


上野和典

「必ずウケる」との決めつけは、発想を縮小させる元にもなる。「昨日良かったから今日も、明日もいいだろう」と考えてしまうと必ず失敗する。


永守重信

トップに必要なのは「泣かない」「言い訳しない」「他責にしない」。


鈴木敏文

変化はチャンス。変化するからいろいろな仕事が出てくる。


北尾吉孝

SBIグループが急成長できたのは、時流に乗ること、そしてCS(顧客満足)を高めることを徹底してきたからです。


茂木健一郎

市場は常にオリジナリティを望んでいる。もちろん、オリジナリティがあるだけでは足りない。その独創性が、人間の普遍的な感情、価値観に訴えかけたとき、大きなヒットにつながる。


源氏鶏太

働くということには、不平や不満がつきまとうように運命づけられている。その宿命に簡単に負けたのではおしまいである。自分を不幸にするだけだ。あえてその宿命に挑戦する気になったら、そして、それによって自分という人間の真の値打ちを知ろうと努力する気になったら暗闇の中に一条の光明を発見できるかもわからないのである。そのためには勇気が必要である。


橘玲

大いなる誤解の一つに、「抑圧された感情は発散させるべきだ」という考え方があります。フロイトは感情の過剰な抑圧が神経症を誘発するとして、抑圧を発散することが大切だと主張しました。怒りを別の形で発散させたら、怒りを抑えることができるのでしょうか? 近年の行動科学の研究からは、それが間違いであることがわかっています。ある実験で、自分の書いた文章を散々けなされた被験者たちを2つに分け、片方はけなした相手の写真を見ながらサンドバッグを叩き、もう一方は部屋で2分間静かに瞑想させました。するとサンドバッグを叩いたほうはますます怒りが強まり、瞑想していたほうは、はるかに怒りが収まったのです。