水口弘一の名言

水口弘一のプロフィール

水口弘一、みずぐち・こういち。野村総合研究所社長。大学卒業後野村証券に入社、秘書室長、引受部長、常務、専務を経て副社長。その後、野村総研に移り社長、相談役、顧問。中小企業金融公庫総裁、経済同友会副代表幹事兼専務理事。東京大学経済学部卒

水口弘一の名言 一覧

リスクがないところには、チャンスがない。チャンスがあるところには、必ずリスクがあると言ってもいい。もちろん、リスクヘッジ(危機回避)について考えなければいけないのですが、いつも石橋を叩いてばかりいて渡らないのでは、展望は開けないのです。


旧野村財閥の創始者・野村徳七が昭和16年に日本で初めて投資信託を手がけた時も、役員会では全員が反対しました。そのとき、野村徳七は「新しい事業はみんなが賛成してはうまくいかない。少なくとも八割が反対するくらいの事業に価値がある。もし、元本保証ということが引っ掛かるのなら、私財を投じて保証する」と言い切って、投資信託に乗り出しました。この気概と度量が大切なのではないでしょうか。


水口弘一の経歴・略歴

水口弘一、みずぐち・こういち。野村総合研究所社長。大学卒業後野村証券に入社、秘書室長、引受部長、常務、専務を経て副社長。その後、野村総研に移り社長、相談役、顧問。中小企業金融公庫総裁、経済同友会副代表幹事兼専務理事。東京大学経済学部卒

他の記事も読んでみる

赤羽雄二

資料作りとは、単純に体裁を整える作業ではありません。資料作成に与えられた時間の90%は、本質的な課題の見極めとその解決に費やすべきでしょう。


田中優子(江戸文化研究者)

多様性のある社会では、その場で素早く判断する力が求められます。今自分がいる場所で、自分は社会に何を貢献できるかを瞬時に判断する知性が必要になります。ある人が就職していきなりアフリカに赴任することになれば、英語だけではなくフランス語も必要になるかもしれません。これまでにない事態に直面した時には、学校で学んだような既存の知識では間に合いません。どんな状況でも、自分に自信を持って、失敗を恐れず判断する力を育てることが必要なのです。


栗原幹雄

みなさんは職場で与えられた仕事や自分のやるべき仕事を、目標を立ててやっていると思いますが、私にとってそれは仕事の段取りであって、目標ではありません。私の言う目標とは、もう少し長期的な視点で見たビジョンのことです。夢と言い換えてもいいかもしれません。そういう前提で話すと、私は目標を明確に設定して、仕事に取り組んできたわけではありません。


柄澤康喜

私が上司の立場になって意識して行ったのは、難しい案件はあえて一番忙しい部下に託すことだった。忙しい人間ほど、限られた時間内に多くの案件を処理するスピードが要求され、決断力が研ぎ澄まされているからだ。


小嶋淳司

問題に真正面から向き合って乗り越えることができたら、その時はものすごく大きな経験になっている。それまで考えられなかったような力を与えてくれる。乗り越える壁があることほど、ありがたいものはありません。


藤田恭嗣

私が経営から離れてもシステムが稼働し続けて、良質な本が読者に読み続けられる、そんなテクノロジーが安定して運用できる世界を作るのが夢。


田原総一朗

僕は政治家や経営者によくインタビューしていますが、何よりも最初の質問が肝心です。最初の質問が普通だと、「この程度のやつか」と思われて適当にあしらわれる。だから最初からみんなが知らないことを質問して、「おっ、こいつはまともに相手しなきゃいけないな」と思わせる。それが僕の商売の大事なところです。


加藤智治

スポーツの世界で一定以上の成績を収めた人には間違いなく高い知性があります。知性がないと勝負に勝てないからです。それから自己管理能力に優れており、リーダーシップも必要な要素ですからチームをまとめ上げることもできます。例えば、当社にインカレや全日本選手権で活躍した元競歩の選手がいます。個人競技ですが、チーム活動でリーダーの資質が磨かれており、現在は店長として活躍しています。


井上和幸(ヘッドハンター)

大企業の中間管理職に多いのは、上にも下にもいい顔をしたい風見鶏タイプです。目的は成果を上げることなのに、好かれることが目的化している。こういう人は、右に行くのか左に行くのかの決断を求められているのに、相手に合わせて別々のことを言ってしまう。これでは駄目です。


川原秀仁

新規事業の創出をはじめ事業戦略を一緒に考えてほしいという要望が増えています。新規事業ですから建物も従来の発想では駄目で、金融ならフィンテック、メディアならネット配信などに対応する施設の在り方や事業戦略も提案しています。


孫正義

挑戦する者にのみ未来は拓かれる。


吉山勇樹

リマインドメール(お知らせのメール)に事前に1分の手間をかけることによって、1時間のロス=ムダ時間を軽減することができます。


鎌田實

30代は戦いの時代でしたね。自分の感覚を信じて、制度がないならつくればいい、と。『頑張らない』なんて本を書いた本人が、ガムシャラで猛烈な仕事中毒。担当の患者さんが集中治療室に入ると、人に任せられなくて付きっきり。夜、容態が安定したら、ボランティアに出て行く。そんな毎日で、サトさん(奥様)に当時のことを聞くと、「2週間ぐらい家に帰らないこともしょっちゅうだったね」と言われます。家族には迷惑をかけました。でも、あったかな病院が形作られていくことが面白くて仕方なかった。


間塚道義

ITはヒューマン・セントリック、すなわち人を中心にあるべきだと考えています。人がつながる、夢が形になる。そんなネットワーク社会の創造をお手伝いしていきたい。


小路明善

私は、「意思決定のスピード化と最適化」「課題解決型営業」を営業部隊に掲げています。特に、今年1月、店頭販促を行うアサヒフィールドマーケティングの酒類部門をアサヒに統合しました。量販チェーンなどお客様のニーズを我々経営層まで素早く汲み上げ、一方で本社の決定を瞬時に現場へ伝えるためです。


ページの先頭へ