名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

水原茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

水原茂のプロフィール

水原茂、みずはら・しげる。日本のプロ野球選手、監督。読売巨人軍監督。香川県出身。旧制高松商業学校(のちの香川県立高松商業高等学校)で甲子園に出場し、2回の全国優勝に貢献。慶應義塾大学に進み、六大学野球で活躍。東京巨人軍(のちの読売ジャイアンツ)に入団し活躍。引退後に監督としても才能を発揮し、巨人軍監督として在任11年で8度のリーグ優勝、4度の日本一を達成した。

水原茂の名言 一覧

問題があるときに必要とされるのは、利口者ではなく信頼できる人。


水原茂の経歴・略歴

水原茂、みずはら・しげる。日本のプロ野球選手、監督。読売巨人軍監督。香川県出身。旧制高松商業学校(のちの香川県立高松商業高等学校)で甲子園に出場し、2回の全国優勝に貢献。慶應義塾大学に進み、六大学野球で活躍。東京巨人軍(のちの読売ジャイアンツ)に入団し活躍。引退後に監督としても才能を発揮し、巨人軍監督として在任11年で8度のリーグ優勝、4度の日本一を達成した。

他の記事も読んでみる

岡野雅行(岡野工業)

社員や部下の力をどうやって伸ばせばいいか、思い悩んでいる人が多いって話をよく聞く。俺に言わせりゃそんなの簡単だよ。褒めりゃいいんだ。いつも社員を怒鳴りつけてるような印象があるかもしれないけど、俺は絶対に仕事で社員を怒鳴りつけたり、けなしたりしない。褒めに徹する仏の岡野なんだ。経験があればわかると思うけど、怒鳴ったり、けなしたりした方は、案外簡単にそのことを忘れても、されたほうはいつまでだって覚えてるもんなんだ。第一、褒められたら気分がいいし、仕事のやる気も出る。やる気があれば、多少不器用だって伸びていくもんだよ。


中村隆介

実は中学生の頃からやんちゃだったため、高校には進学せず、建設会社で働き始めました。24歳で現場責任者を任され、その後、縁あって別の建設会社を譲り受けて独立。経営者になりました。その会社を十分に利益が出るようにしたのですが、下請けはどこまでいっても下請け。そんな建設業界で、会社を大きくしていくモチベーションを失っていました。同時に、自分の力で未来を切り拓ける新しい事業を考えるようになりました。それが飲食業だったのは、私自身、気に入った飲食店が少なく、自分が行きたくなる店を作りたいと思ったからです。


鈴木博之(経営者)

ベンチャーが求めるものといえば資金や販路が中心になると思われがちですが、精神的なサポートを必要としている起業家が想定よりも多いことにも気付きました。そこで、グランフロントの「大阪イノベーションハブ」と連携し、2か月に1回のメンタリングを実施しています。


入山章栄

最近の経営学では、リーダーに必要な素養の一つが「トランザクティブ・リーダーシップ」だとされています。要するに「よくできたら褒め、失敗したらきちんとペナルティーを科す」というものです。しかし実践しようとすると部下を一人ひとりきちんと見ないといけないのでとても難しい。


東田大志

物事を順序立てて考える「演繹法」は業務を正確に成し遂げる思考回路であり、言ってしまえば世の中は演繹法で溢れています。ただし、業務を正しく遂行する演繹法だけではイノベーションは起きません。そこで「帰納法」が必要になってくるのです。帰納法とは、繰り返し起きた現象から法則を発見する考え方です。たとえば、自らの経験から売れる法則、交渉で勝つ法則などを見出す思考力は帰納法によるもの。いわゆる仕事がデキる人は、帰納法の思考がよく働いているのです。


黒川光博

老舗の場合は特に、「昔から変わらない」「ずっと守られてきた味」という点に評価を頂きます。しかし実際のところ、味は時代によって変わるものだと思います。私は社員にも「味は変えていい」と言っています。味は不変ではないのです。


村田昭治

社長は経営ビジョンを科学的に、たくましく、美しいロマンをもって示し、その存在のアイデンティティーをしっかり示そう。


久保田一美

長い人生とライフイベントを見据えながらも、5年、10年という節目を意識的に作り、その節目ごとに、今自分が手にしているキャリアや環境、年齢などと照らし合わせて、次の5年、10年は、どのようにより良い人生を送りたいのかと、自分の「生き方」を先に考える時間を作っていただきたい。これは、若い世代にかぎらず、どの世代であっても実践することをお勧めします。


西野裕

人員削減は、単に何人減らしたから人件費をその分削減できるという数字の足し引き算段ではありません。できるだけ早く会社の再生をするために、必要な組織をつくり、そのためには誰がどういう役割を果たすのかを明確にしなければいけません。コア人材には会社のこれからのビジョンを語り、本人に求めたい役割をしっかり伝えることです。


玉塚元一

経営者の仕事というのは、修羅場や厳しい状況などをどれだけ突破してきたか、経験値が大事。


やましたひでこ

モノを溜め込むクセがある人は、「これはいずれ使うかもしれないからとっておこう」と先の心配をしてしまいがち。でも、いまの自分に必要かだけを考えて分類しましょう。机の上のスペースも広がり、潔さと思い切りのよさが身についてくるはずです。繰り返しモノと向き合っていくうちに、おのずと判断力が磨かれ、直感的に選択決断していけます。


ムーギー・キム(金武貴)

人は、リーダーが公的な大きなビジョンがなく、単に権力欲しかないと察知したとき、離れていくものです。また、年齢が若いからと言って意思決定に参加させず、決めたことを押しつけているだけでは、今時の優秀な若い人は一緒に働いてくれません。時代遅れのリーダーシップスタイルの失敗からは、多くを学ぶことができると思います。