名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

毛沢東の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

毛沢東のプロフィール

毛沢東、もう・たくとう。中華人民共和国の政治家、軍人、思想家。中華人民共和国初代国家主席。湖南省出身。中華人民共和国建国の父と称された。中国革命の指導者。

毛沢東の名言 一覧

小さな火花も荒野を焼き尽くす。


量の蓄積が質を規定する。


批判は事が行われているときにすべきである。いつでも事が済んでから批判する癖をつけてはいけない。


私の戦略は、一をもって十に対抗することである。私の戦術は、一の敵に対して十をもって撃破することである。


毛沢東の経歴・略歴

毛沢東、もう・たくとう。中華人民共和国の政治家、軍人、思想家。中華人民共和国初代国家主席。湖南省出身。中華人民共和国建国の父と称された。中国革命の指導者。

他の記事も読んでみる

大前研一

イスラエル出身者が世界中で活躍しているのは周知の事実。また、シリコンバレーには多くの「チャイニーズ」の起業家がいるが、実はそのほとんどは大陸ではなく台湾出身。両国ともIT教育や英語教育に力を入れているが、それよりも大きいのは「危機感」だ。イスラエルは周辺諸国と常に敵対関係にあり、台湾も大陸中国がいつ攻め込んでくるかわからない。だからこそ彼らはいつでも逃げられるように必死に英語やITなど、どこでも使えるスキルを磨くのだ。危機感と21世紀を見据えた施策が、グローバルで活躍する優秀な人材を輩出する理由なのだ。


野坂英吾

私自身もこれまで無意識に出来たと思っていたことも、よく考えてみると先輩経営者から教えてもらった話を自分流に取り入れたものだと気付きました。ですので、私たちよりも若い世代の人たちが、「野坂さんの事例を参考にして、会社が成長しました」と言って貰えたら幸いです。


武内勇

汗水たらして働くことや世の中に役立つものを作ることを馬鹿にするような風潮がまかり通っていることは非常に残念です。汗をかかず涼しい顔をして、やすやすと金儲けをする人をスマートでかっこいいと評価する。そもそも汗と知恵を別物とする考えは間違っています。汗と知恵がそろってはじめて、本当の価値が生まれる。肥沃な大地をつくることに手をかけずに、おいしい実のなる木が育つわけがない。


大山健太郎

私は仕事ばかりしていたので、子供の教育にはあまり関わってきませんでした。それでも、子供に言い聞かせてきたことがあります。それは、「今を知る」ことの重要性です。今は時代の変化がとてつもなく速い。昔だったら100年くらいの変化が10年くらいで起きています。AI(人工知能)が普及していくと、社会はもっと劇的に変わるでしょう。そのような時代に、過去の経験則はあまり役に立ちません。だからこそ、今起きていることを報じるニュースやその解説をしっかり読んで、過去よりも今、そして未来と向き合うことが何よりも重要だと教えてきました。


入山章栄

経営学で、リーダーに必要な素養とされるのが「トランスフォーメーショナル・リーダーシップ」です。ビジョンを掲げ、社員に明確に伝え、巻き込むリーダーです。


石川康晴

セレクトショップからSPA(製販一体型)に変化したこと、そして起業に向けて本当に不安なこともたくさんあったのですが、「裸で生まれてきたので、裸になってもいいじゃないか」という胆力、会社をつくるぞという一歩によって、いまのクロスカンパニーがあるのではないかと思います。


豊臣秀吉

天下を治める上から、掟を厳正に定めてほしい。そして、その掟に少しでもそむく者がでてきたら、決してえこひいきなく道理にかなっていること道理にかなっていないことをさばき、たとえそれが兄弟や親族であろうとも、罪のある者は処罰せねばならない。


小川善美

もし自分でビジネスを起こしてみたいなら、まずは第一歩を踏み出すことです。失敗しても、命を失うわけではありません。失敗を怖れずに、まずチャレンジすることが、結果的には成功への第一歩だと思います。踏み出さないことには何も始まりません。


知識賢治

改善への期待感を言葉の中に込めるのも重要です。たとえば改善を求めるときに、「君ならできるはずだ」、あるいは「もっとこうすればパフォーマンスがこれだけ良くなるはずだぞ」と一言付け加えるのです。部下を叱るときも、「何で君ほど優れた人間が、こんなこともできないのか」と期待感をにじませる叱り方をすれば、部下の心に改善へのモチベーションが生まれます。


西山昭彦

できる上司に部下はついていきますが、単なるイエスマンでは部下の支持は得られません。部下がいる人は、勇気をもって会社や顧客の観点から上役に過ちを指摘することは重要なことなのです。


佐藤琢磨

カリキュラムが終わった後に隣接するテクニカルセンターに入れてもらって、夜遅くまでデータを分析してました。例えば1周のラップタイムでは僕が勝っていても、僕のほうが遅い区間とか場所が必ずある。まだ詰められる余地があるんですよ。それを細かく洗い出して、次の走行のときには少なくとも同じスピードに乗せるっていう作業をずっとやっていました。

【覚え書き|鈴鹿サーキットレーシングスクール時代を振り返って】


宇都宮恒久

乗務員には、売上のノルマを課していない。それでも2013年9月期の売上高は15億1200万円で、長野県のタクシー会社ではダントツのトップだ。また、地方タクシーは赤字経営が珍しくないが、当社は黒字経営を続けている。お客さまに尽くせば、結果がついてくることを実証できていると思う。