名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

武藤貴宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武藤貴宏のプロフィール

武藤貴宏、むとう・たかひろ。「我武者羅應援團」團長。東京出身。ネバダ大学ラスベガス校卒業。高校時代、憧れの応援団に入団するも2週間で挫折。その時の後悔を長年引きずる。その後、30代突入間近になり一念発起し応援団を立ち上げることを決断。「我武者羅應援團」を設立し、熱い応援活動を行った。

武藤貴宏の名言 一覧

行動しなければ、何も起こらない。行動すれば、何かが起きます。


僕は、自分に遠慮するのをやめたら、人生がものすごく面白くなりました。不安もプレッシャーも、失敗の経験すらも楽しめる。それは「やらない後悔」をしなくなったからです。


自分のためにどれだけ一所懸命になれるか、それが人を動かす力になる。


葛藤が強いからこそ、自分が何をしたらいいかという軸が培われていく。


海外で応援をやると言葉以外のところで伝わっている感じが強くしますね。面白いもので、「伝わらないんじゃないかな」と不安を感じながらやっていると、ほんとに伝わりにくい。「絶対に通じる」と思ってやっていると、向こうも笑顔でリアクションしてくれるんです。


いはまだその肩書きにふさわしい自分になれていなかったとしても、「この肩書に恥じない人間になろう」と思うことで頑張れる。自分をもっと信じるため、自分をもっと大きく見積もるための発奮のスイッチにできる。これも、その人への応援なんだと思います。


僕らは「我武者羅應援團」と名乗っていますが、ガムシャラな人間の集まりではなくて、「ガムシャラになりたい人間」の集まりなんです。これを名乗り、この姿をして、エネルギッシュじゃなかったり中途半端なぬるいことやったりしていたら、この名に対して恥ずかしい。ですから、「我武者羅應援團」という名前自体が、僕らの生き方を支え、応援してくれるものになっているのです。


応援って何だろうと考えるとき、意外と身のまわりに自分を応援してくれているものがあることに気づきます。たとえば名前。親がつけてくれる名前は、「こういう人間になってほしい」という人生最初の応援じゃないですか。


高校のとき、憧れていた応援団に入ったんですが、2週間で逃げ出してしまったんです。それを悔やみ、大人になってからも引きずっていました。「なんであのとき続けなかったんだろう」とか、「生まれ変わったら絶対に応援団をやる」とか。そしてある日、その思いがついに沸点を超えたんです。「もうこれ以上、命の火をくすぶらせて生きていたくない。誰が何と言おうと、おれはやる。逃げ出した自分にリベンジするんだ。もう自分に遠慮しない。今からこの命、ガムシャラに燃やす」、そう肚をくくったんです。


たとえば、スポーツ選手が全力投球してプレーするのは誰か他人のためにやっているわけではなく、まず自分の命を燃やしている、そこに「すごい!」と心が動かされるわけじゃないですか。僕らの場合は、それが応援なんです。


援団というと、人のためにやっていると思われるんですが、実はそれだけではありません。むしろ自分たちが本気で熱くなっている姿を見ていただき、そこから何かを感じてもらえたら、それが一番の応援になるんじゃないかと思うんです。


武藤貴宏の経歴・略歴

武藤貴宏、むとう・たかひろ。「我武者羅應援團」團長。東京出身。ネバダ大学ラスベガス校卒業。高校時代、憧れの応援団に入団するも2週間で挫折。その時の後悔を長年引きずる。その後、30代突入間近になり一念発起し応援団を立ち上げることを決断。「我武者羅應援團」を設立し、熱い応援活動を行った。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

どんなに正しいことを言っても、定着しないと意味がない。毎日たばこを吸っていた人に、「明日からは一切やめろ」と命令しても、陰で吸うでしょう。これと同じで、悪弊を急にやめさせようとすると、禁断症状が表れます。つまり、社員のモチベーションが低下するなど、混乱が起こります。それを避けるため、時間をかけて文化を変えていきます。


内藤大助

僕はいじめられっ子でした。だから自分を支えてくれる人、応援してくれる人がいるのがものすごく嬉しいんです。だからファイトマネーなんか二の次。嬉しくって嬉しくって。世界チャンピオンになってからだって、天狗になるなんてホント、意味わかんないですから。


森川亮

ユーザーは、いいか悪いかをロジカルに判断するのではなく、好きか嫌いかで判断する。


枡野俊明

最近は「以心伝心」という言葉もあまり使われなくなりました。心を以て、心に伝える。もともとは禅語で、言葉を介さなくても、思っていることが相手に伝わり、お互いに理解し合えるという意味です。本当に親しい人とは、会話しなくても気持ちが通じ合える、わかり合えると思いたいのが人間です。少なくとも家族の間ではそうありたいと誰もが願うはずです。しかし家族でも、一足飛びに以心伝心の関係になるのは難しいことです。親子でもそうですし、もともと違う環境で育った夫婦はなおさらです。だから、日々の会話が大切なのです。


矢野博丈

私が経営コンサルタントをあまり信用してないのも、頭でっかちな傾向が強いから。コンサルタントには2種類いて、「頭はいいが実務をたいして経験してない人」「実務をやりながらセミナーなどをやっている人」。後者はまだいいが、前者はダメ。自分で体験してない人の言葉は、軽くて心に響かない。


鉢嶺登

社長業をひと言で表現するなら、自分でビジョンや夢をイメージして、それをみんなに伝えて共感を得て、それを一緒に目指すこと。


小林大地(経営者)

変化を目指す一方で「いいものをつくる」精神は、変わらず我が社に受け継がれています。「象が踏んでもこわれない」のキャッチフレーズで一世を風靡した「アーム筆入」は、1960年代当時としては高価であったため「売れない」、また丈夫であったため「買い替え需要を減少させる」と社内から批判の声がありました。それでも販売にこぎつけ、ヒットを記録したのは、お客様を笑顔にする「いいもの」をつくりたいという想いがあったからこそです。


永守重信

以前はそれほど優秀な人材が集まらなかったので、倍働いて時間で勝負していました。しかし今は優秀な人材が入ってくるので、今度は生産性を上げていきます。残業ゼロばかりが注目されますが、残業ゼロは手段であって、あくまで目的は「生産性2倍」なのです。


樋口健夫

最も重要なのはアイデアを「ノートに書く」ということ。アイデアを頭に思い浮かべただけではすぐに忘れてしまい、実行に移せません。


辻村直也

毎日最大限頑張ろうと、人の10倍の努力と勉強を自分に課してきた。


山尾幸弘

リーマンショック時、従業員に対しては「解雇しない」「賃下げをしない」と宣言し、結束力を高めました。その代わり、人材紹介以外でも仕事がある分野への配置転換を行いました。


おちまさと

会議が上手くいかないのは、目的とルール、この2つがわかっていないのが原因でしょう。サッカーの試合での目的は、相手のゴールにシュートを叩きこんで勝つことです。だけど、守らなくちゃいけないルールがあります。手を使っちゃいけないとか、個人プレーをして試合を壊さないなんていうのもひとつのルールと言えます。会議もまったく同じで、そういう基本的なことを理解していない人が活躍できるわけがないんです。