武藤貴宏の名言

武藤貴宏のプロフィール

武藤貴宏、むとう・たかひろ。「我武者羅應援團」團長。東京出身。ネバダ大学ラスベガス校卒業。高校時代、憧れの応援団に入団するも2週間で挫折。その時の後悔を長年引きずる。その後、30代突入間近になり一念発起し応援団を立ち上げることを決断。「我武者羅應援團」を設立し、熱い応援活動を行った。

武藤貴宏の名言 一覧

行動しなければ、何も起こらない。行動すれば、何かが起きます。


僕は、自分に遠慮するのをやめたら、人生がものすごく面白くなりました。不安もプレッシャーも、失敗の経験すらも楽しめる。それは「やらない後悔」をしなくなったからです。


自分のためにどれだけ一所懸命になれるか、それが人を動かす力になる。


葛藤が強いからこそ、自分が何をしたらいいかという軸が培われていく。


海外で応援をやると言葉以外のところで伝わっている感じが強くしますね。面白いもので、「伝わらないんじゃないかな」と不安を感じながらやっていると、ほんとに伝わりにくい。「絶対に通じる」と思ってやっていると、向こうも笑顔でリアクションしてくれるんです。


いはまだその肩書きにふさわしい自分になれていなかったとしても、「この肩書に恥じない人間になろう」と思うことで頑張れる。自分をもっと信じるため、自分をもっと大きく見積もるための発奮のスイッチにできる。これも、その人への応援なんだと思います。


僕らは「我武者羅應援團」と名乗っていますが、ガムシャラな人間の集まりではなくて、「ガムシャラになりたい人間」の集まりなんです。これを名乗り、この姿をして、エネルギッシュじゃなかったり中途半端なぬるいことやったりしていたら、この名に対して恥ずかしい。ですから、「我武者羅應援團」という名前自体が、僕らの生き方を支え、応援してくれるものになっているのです。


応援って何だろうと考えるとき、意外と身のまわりに自分を応援してくれているものがあることに気づきます。たとえば名前。親がつけてくれる名前は、「こういう人間になってほしい」という人生最初の応援じゃないですか。


援団というと、人のためにやっていると思われるんですが、実はそれだけではありません。むしろ自分たちが本気で熱くなっている姿を見ていただき、そこから何かを感じてもらえたら、それが一番の応援になるんじゃないかと思うんです。


高校のとき、憧れていた応援団に入ったんですが、2週間で逃げ出してしまったんです。それを悔やみ、大人になってからも引きずっていました。「なんであのとき続けなかったんだろう」とか、「生まれ変わったら絶対に応援団をやる」とか。そしてある日、その思いがついに沸点を超えたんです。「もうこれ以上、命の火をくすぶらせて生きていたくない。誰が何と言おうと、おれはやる。逃げ出した自分にリベンジするんだ。もう自分に遠慮しない。今からこの命、ガムシャラに燃やす」、そう肚をくくったんです。


たとえば、スポーツ選手が全力投球してプレーするのは誰か他人のためにやっているわけではなく、まず自分の命を燃やしている、そこに「すごい!」と心が動かされるわけじゃないですか。僕らの場合は、それが応援なんです。


武藤貴宏の経歴・略歴

武藤貴宏、むとう・たかひろ。「我武者羅應援團」團長。東京出身。ネバダ大学ラスベガス校卒業。高校時代、憧れの応援団に入団するも2週間で挫折。その時の後悔を長年引きずる。その後、30代突入間近になり一念発起し応援団を立ち上げることを決断。「我武者羅應援團」を設立し、熱い応援活動を行った。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

私は社員に常に言っていましたね。「伝えろ。伝えろ。伝えろ」と。会社経営はこのことに尽きます。日本には今、コミュニケーションが足りないと思います。コミュニケーション欠乏症です。


新田信昭

百貨店はチェーンストアのように、大量にモノを売る業態ではありません。ひとつひとつのモノを売る小売であり、対面販売の世界です。だから、そのプロセスの中で、人がいかに付加価値がつけられるかが大事となります。


福嶋宏盛

営業した相手が価格以外で渋っている場合、直接聞いてもなかなか教えてくれません。このようなときは単刀直入に質問するのではなく、相手に話をさせながら原因を探っていくことになります。


溝口勇児

私自身、知識や知恵が足りないことは自覚していたので、何でも吸収してやろうという思いも強かった。手前味噌ですが、おかげで成長は速かったと思います。


石川直樹

何かについて知ったつもりになると、人はもうそれに関心を持たなくなるものです。でも、新鮮な気持ちでありのままに見ることができれば、実際に手で触れたり、いろんな角度から眺めたりもできます。そのようにものごとを「見切らない」ことが、驚きや感動、新しい出会いにつながるのだと思います。


桜井博志

経営危機のときに、自問自答を重ねました。「私はなにをやりたいのか」。答えは明らかでした。「いい酒を造りたい」。これからは杜氏(とうじ)に遠慮せず、思う通りにやってみよう。そこで社員と相談して酒造りに挑むことにしました。


小林陽太郎

社長に就任してまもなく、デミング賞(品質管理に関して優秀な企業に与えられる賞)にチャレンジするかどうか迷ったことがありました。全社的に品質管理に取り組んでおり、さらなる前進に向けて気持ちが高揚していた時期です。様々なことを考えた末、雑念を捨てて踏み出すことに決め、授賞に至りました。


高橋温

社員から出てきた具体的な仮説は、結果として成功例より失敗例の方が強く印象に残っています。しかし、ナノテクの分野に注目してはどうかとか、新しい形態の農業経営を支援すべきではないかなど、積極的なアイデアが生まれる環境を築けたことは、会社の財産になっていると実感しています。


柳井正

一直線に成功ということはほとんどありえないと思う。成功の陰には必ず失敗がある。


村上崇

企画書を書く時間、メールを返信する時間、会議に費やす時間を計ることで時間の見積もりの精度が高まります。実際にタイマーで計ってもいいですし、ネットやスマホにある高機能のタイマーアプリで計測してもいいでしょう。またついでに、非生産時間がどれくらいあるかを知ると、スキマ時間発見のきっかけになります。


鈴木満(サッカー)

海外で活躍しているOBが、今いる若い選手たちと交流することで、チームの歴史や哲学が自然と伝わっていく。


原田泳幸

ものごとの順番は大切です。QSC(クオリティ、サービス、クリンリネス)を固める前に多くのお客様が訪れたら、いくら安くても不満を感じて、リピーターにはなってくれませんから。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

グズな人は、プロジェクトは計画通りにいくものと信じています。危機感が足りないので、本当にお尻に火がつくまでやる気が出ない。


森山眞弓

様々な役割を「重圧」とは受け止めず、新たな体験やポストを面白がりながら仕事をこなしていく。そうした姿勢が「森山になら任せられる」との評価につながっていったのではないでしょうか。


阿部智里

書きたいことは私の本能が目指していることで、この職につきたいと思った根源的な部分。


ページの先頭へ