名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

武藤正幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武藤正幸のプロフィール

武藤正幸、むとう・まさゆき。「我武者羅應援團」総監督。兄・貴宏が設立した我武者羅應援團の立ち上げに参加。以降、応援の執筆、構成、演出、音楽、書籍の執筆などクリエイティブ全般を担当。熱い応援活動を行った。

武藤正幸の名言 一覧

「おれたちは社会を変えられる」「世界を熱くできる」なんて、究極の勘違いでしょう。でも、そう信じていない人には決して変えられない。変えられると思う人だけが変えられるんです。


兄(我武者羅應援團團長)を見ていると、「好きだからこその思いの深さ」「揺るぎない強さ」を感じます。一方僕のように、もともと好きじゃなくても、本気でやっていたら好きになれる。どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、両方ありなんですよね。


メンバーの中で、志願でなくやっているのは僕ぐらいです。でも今になってみると、それが逆によかったのかもしれないと思っています。そんな人間でも7年間本気でやっていれば好きになれることが分かったからです。


僕らはどんな役職を名乗ってもいいことにしています。僕は今「総監督」です。監督もいないのに(笑)。たった一人の新人も「新人隊長」。でも「隊長」という肩書を背負ったら、自分は新人を代表しているという気になるじゃないですか。責任や役割意識を自覚するのに役に立つと思うので、あえて肩書は立派なのをみずから名乗っています。


僕らがやっていることは、バカとしか言いようがありません。いい年をした大人が、学ラン着て、頭をテカテカのオールバックにして、大声を張り上げて……。でも、大の大人がこんなことを懸命にやっているのを見て、笑って、「ああ、こんな生き方もありなんだ」と思い、「自分にもまだまだ可能性がある」という気持ちになってもらえたら、それが応援になるんじゃないですかね。


武藤正幸の経歴・略歴

武藤正幸、むとう・まさゆき。「我武者羅應援團」総監督。兄・貴宏が設立した我武者羅應援團の立ち上げに参加。以降、応援の執筆、構成、演出、音楽、書籍の執筆などクリエイティブ全般を担当。熱い応援活動を行った。

他の記事も読んでみる

安岡正篤

人間が浅はかで無力であると、いわゆる「宿命」になる。人間が本当に磨かれてくると「運命」になる。すなわち、自分で自分の「命」を創造することができるようになる。


鉢嶺登

心の底から何がやりたいのかを決めることができたら、8割9割は勝ちだと思います。目標設定したら、後はどうやって実現するかだけですから。


松井忠三

私の経営者としての出発点は逆境への挑戦だった。「良品計画」の社長に就任した際、会社は38億円の赤字で経営危機に瀕していた。改革に思いをめぐらすときに、常にかたわらにあったのがこの本(『経営は「実行」』)だ。本書では実行こそが会社を成長させる最大の原動力で、それを鈍らすのは企業文化だと指摘する。


山下勇

運転士も人間だ。運転士がたとえ居眠りしても事故を防ぐことができる、そういうシステムを持たなければならない。


中井紀之

まずは見直しはせずにスピードを優先して「ひとまず完成」の状態に持っていきます。それを後半で徹底的に見直して完成度を高める。途中で振り返りながら積み上げていくよりも、いったん完成させたものを手直ししていく方が、気分もラクだし、時間も短縮できます。


北尾吉孝

自分の浅はかな思慮だけで十分などと考えないで、書物に学び、他人の意見を聞くことが欠かせません。自分の意見に反対する人がいれば、なぜそう思うのか、よく聞いてください。他人の意見を聞くことは、他人の視点でものを考えるきっかけになります。他人の意見を聞かなければ、視野が広がりません。多くの違った意見を聞いて、そのうえで、自分はどう考えるのか。これが、本当に「自分で考える」ということではないでしょうか。


堀之内九一郎

あまりに早くスタートしても、その人の人間性が備わるまでは、なかなか成功しません。一時的に成功しても、途中で人の嫉妬などのマイナス感情を受けて、どこかでつまずいてしまいます。商売とは、人が集まって初めて成り立つものですから、まわりの人に悪感情を持たれると、そのほころびは、どんどん大きくなっていくのです


似鳥昭雄

我々は来客数を増やす為に、たとえ自分たちにとって損でも、お客様に満足していただけるサービスを提供してきました。つまり、損して得を取れです。


深田和範

出世競争から降りた場合、ふたつの道があります。会社にとどまってリストラを避けるという選択と、転職あるいは独立を目指す方法です。乾坤一擲、独立起業するのなら、社会的な力をつけることが最優先です。スキルを磨き、公的資格を取得するのはもちろんのこと、ボランティアにも意欲的にかかわり、社会に対する見識と人脈を広げるのもいいでしょう。


池谷裕二

発想は料理のようなものです。料理は未知の食材をつくり出すものではなく、すでにある食材を巧みに組み合わせるもの。発想するということはそれに近いのです。


依田平

定年で辞めなくてもいいとなると甘える社員も出てくるでしょう。でも、それでかまわないのです。甘えることができる会社が存在し、そのなかで優秀な社員の存在も際立ってくるはずです。


松橋良紀

初対面のお客様に対し、雑談をすることなく、いきなり本題に入る営業マンがいます。そんなとき、私は「この人は売れない営業マンだな」と判断します。なぜなら、雑談をしない人は、「人が物を買うメカニズム」を理解していないからです。初対面のお客様は、営業マンに少なからず警戒心を抱いています。この状態のまま説明を始めては、いくら良い商品でも、聞く耳を持ってくれません。しかし、親しくなると一転、ロクに説明しなくても買ってくれたりします。