名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

武藤正幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武藤正幸のプロフィール

武藤正幸、むとう・まさゆき。「我武者羅應援團」総監督。兄・貴宏が設立した我武者羅應援團の立ち上げに参加。以降、応援の執筆、構成、演出、音楽、書籍の執筆などクリエイティブ全般を担当。熱い応援活動を行った。

武藤正幸の名言 一覧

「おれたちは社会を変えられる」「世界を熱くできる」なんて、究極の勘違いでしょう。でも、そう信じていない人には決して変えられない。変えられると思う人だけが変えられるんです。


兄(我武者羅應援團團長)を見ていると、「好きだからこその思いの深さ」「揺るぎない強さ」を感じます。一方僕のように、もともと好きじゃなくても、本気でやっていたら好きになれる。どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、両方ありなんですよね。


メンバーの中で、志願でなくやっているのは僕ぐらいです。でも今になってみると、それが逆によかったのかもしれないと思っています。そんな人間でも7年間本気でやっていれば好きになれることが分かったからです。


僕らはどんな役職を名乗ってもいいことにしています。僕は今「総監督」です。監督もいないのに(笑)。たった一人の新人も「新人隊長」。でも「隊長」という肩書を背負ったら、自分は新人を代表しているという気になるじゃないですか。責任や役割意識を自覚するのに役に立つと思うので、あえて肩書は立派なのをみずから名乗っています。


僕らがやっていることは、バカとしか言いようがありません。いい年をした大人が、学ラン着て、頭をテカテカのオールバックにして、大声を張り上げて……。でも、大の大人がこんなことを懸命にやっているのを見て、笑って、「ああ、こんな生き方もありなんだ」と思い、「自分にもまだまだ可能性がある」という気持ちになってもらえたら、それが応援になるんじゃないですかね。


武藤正幸の経歴・略歴

武藤正幸、むとう・まさゆき。「我武者羅應援團」総監督。兄・貴宏が設立した我武者羅應援團の立ち上げに参加。以降、応援の執筆、構成、演出、音楽、書籍の執筆などクリエイティブ全般を担当。熱い応援活動を行った。

他の記事も読んでみる

並木昭憲(経営者)

お客さんに感動を与えられれば、きっと応援団としてお店を強力にサポートしてくれるはず。


中原淳

組織が安定・安泰であるなら、それでもいいのでしょうが、惰性を獲得し、世間感覚を失った状態というのはリスクです。だから僕は、マネジャー以上の人に対して、積極的に社外へ越境して学ぶことを勧めています。


橘玲

じつは競争の仕方と、その結果に対する反応は、男女で大きな違いがあります。スタンフォード大学の経済学者が行った実験では、男女2名ずつ4人一組で算数の計算問題を解かせ、それぞれが正解した数に応じて報酬を受け取る方式と、4人のうち一番正解数が多い者が報酬を総取りできる方式のどちらかを選ばせました。すると男性は73%が総取り方式を選択したのに、女性はわずか35%だったのです。また別の実験では、女性は自分が勝てる見込みが20%以上なければ勝負しないのに対し、男性は勝率が低くても勝負したがる傾向が見られました。これは女性が臆病だからではなく、リスクを正しく把握しているからです。ウォール街の金融アナリストの成績は男性より女性のほうが7.3%正確だという調査結果もあります。男性は勝負に対して楽観的で、根拠のない自信を持っているから、失敗する確率も向くなるのです。


武井俊文

我が社は大企業病にかかっているのではないか。そんな危機感を抱きながら、石川島播磨重工業の社長になった年から6年間、毎年全国の事務所をまわって、部長級の幹部社員のほか、若手社員や、製造現場の取りまとめ役である職長と話し合い、彼らの悩みに耳を傾けてきました。


宮内義彦

我々が参入していない未知の地域、分野はまだまだある。


中野信子

いきなり大変なことからやるのではなく、なるべくやりやすいことから始めるのも、すぐに取りかかるコツです。たとえば会議の資料づくりなら、まずはパワーポイントを立ち上げ、ページ番号を打つことから始めるなどです。


徳重徹

私は本をかなり読むほうですが、「読んで感動した」というだけの読書では、意味がないと思っています。どんなに印象に残ったことでも、単なる知識では2週間もしたら忘れてしまうからです。私は本を読むときは、折り目をつけ、黄色マーカーで線を引きます。大事なところは2カ所、折り目をつけ、ときどき読み返します。それだけでなく、読んだことを書き出し、それをどのような行動に移すかを決め、実行するようにしているのです。


井上陽介

未来を予見しても、それで終わってしまっては何も生み出されない。未来への予見を形にして、そこに価値をもたらすのが今日の「行動」。小さくてもいいから、今この瞬間に一歩を踏み出すことにこそ大きな意味がある。


杉本勇次

我々はとにかくビジネスに関する議論をするのが大好き。たとえば新規案件発掘のために会社を訪問すると、多くの社長から好感を持ってもらえる。「外から見ると、ここをこう変えたらもっとビジネスはよくなる」と提案すると、どんどん会話が続き「次も会おう」と言われる。単に会社をいくらで売る・買うといった話はしないので、信頼関係を築くのが早い。これがベインの強み。


茂木克祐

原点回帰で、不動産などの余計な資産を持たず、とにかく、お客様の幸せな1日だけを考えようと。特に我々は「お祝い産業」なので、社員が幸せで楽しく働くことができないと、お客様に幸せを提供することはできない。そう考えて、何とかここまで来ることができました。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

試験は運の要素も強い。ゲーム感覚で挑むぐらいの気軽さも大切。


益本康男

会社って本当にいいところですよ。好きなことをして、お金も出してくれる。失敗しても給料をくれる。社長もそうだ。決断する仕事は面白い。「しまった」と思っても、そこから違う方向に走ればいい。一番、楽しんでいますよ。社長がシンドイなんて、あり得ない。