名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

武藤敏郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武藤敏郎のプロフィール

武藤敏郎、むとう・としろう。日本の財務官僚、経済学者。埼玉県出身。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に国家公務員試験上級職甲種(法律職)試験と司法試験に合格。卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。関税局企画課係長、彦根税務署長、銀行局特別金融課課長補佐、銀行局総務課課長補佐、在米国日本国大使館二等書記官・一等書記官、主計局主計官補佐、石川県商工労働部長、石川県総務部長、主計局主計官、銀行局中小金融課長、大臣官房秘書課長、主計局次長、大臣官房長、大臣官房総務審議官、主計局長、大蔵事務次官などを歴任したのち退官。そのほか日本銀行副総裁、大和総研理事長、開成学園理事長・学園長、東京五輪・パラリンピック組織委員会事務総長などを務めた。

武藤敏郎の名言 一覧

上司からの指示をただ単に下に降ろすだけでは物事は実現しません。現実を見定め、できることと、できないことをきちんと分別することの難しさを思い知らされた。


リーダーたる者、「困難の度合いを見極める賢さ」を持っていなくてはならない。何を変え、何を変えないのか。何を優先し、何を劣後させるのか。分別する賢さというものです。


武藤敏郎の経歴・略歴

武藤敏郎、むとう・としろう。日本の財務官僚、経済学者。埼玉県出身。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に国家公務員試験上級職甲種(法律職)試験と司法試験に合格。卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。関税局企画課係長、彦根税務署長、銀行局特別金融課課長補佐、銀行局総務課課長補佐、在米国日本国大使館二等書記官・一等書記官、主計局主計官補佐、石川県商工労働部長、石川県総務部長、主計局主計官、銀行局中小金融課長、大臣官房秘書課長、主計局次長、大臣官房長、大臣官房総務審議官、主計局長、大蔵事務次官などを歴任したのち退官。そのほか日本銀行副総裁、大和総研理事長、開成学園理事長・学園長、東京五輪・パラリンピック組織委員会事務総長などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉田忠裕

カリスマ創業者の言葉だけを真似ても、人の心は動かせない――。 考えてみたら当たり前のことですよね。でも、その当たり前のことになかなか気づくことができないのも人間です。


葛西敬之

最近の経営者の中には、即戦力を採用すべきだという考え方もありますが、何かに精通しているということは、大学で学んだだけではできません。大学や大学院でやるべきことは、現実の世界であらゆる事態に順応していけるような基礎の知識を十分に身につけることです。鉄道の世界でも、大学院を出たら何でもできるような技術者にすぐなれるなどということはありません。彼らが十分な基礎を学んでいれば、それを土台にして何年かの実務や体験を通じて、世界一の鉄道技師になることができます。


杉山金太郎

いったい「豆かす」という言葉は非常に聞こえの良くないものである。こういう言葉遣いは日本だけで、中国では豆餅と言い、欧米ではビーンケーキとかビーンミールとか言って、耳触りの良い言葉になっている。そういう名称なら、ちょっと口に入れてみたくもなるが、なにしろ、カスという表現はよくないものだ。
【覚書き|大豆から油をとったあとの「豆かす」には大量のたんぱく質が残っており様々な用途に使え、大きな可能性を持つことについて語った言葉】


泉谷しげる

親の苦労なんて家の中でグチャグチャ聞かせてもムダ。一回、外から見せなきゃダメ。貧しい生活も経験させることが出来て一石二鳥よ。


張本邦雄

私はもともと保守的な経営者ですから、そう簡単に目標を上積みしたりはできません(笑)。営業出身の割には臆病で、数字はある程度の論拠を組み立ててからつくらないと気が済まない性格です。そうでなければ、経営者のコミットメントとは言えません。だから目標の数字はシビアに検討したうえで出す予定です。


東英弥

本人のいる環境や経験、生き方の中から潜在的なものをどう引き出すか、現存の事業や企業に何を付加するのかを考えることから事業構想は始まる。


山田邦雄

病院向け医薬品は扱わず得意分野に集中する戦略は、それはそれで有効ではあったのですが、いかんせん企業規模が大きくならない。ロートとパンシロンだけでは会社も変わり映えしないし、社員も刺激がありません。そこで経営の柱を増やそうと、父が、米メンソレータムの皮膚用薬のライセンス販売を1975年に始め、88年には同社を買収しました。これがスキンケア関連に進出した第一歩です。


森口博子

歌手デビュー後、鳴かず飛ばずでスケジュール帳は真っ白。高校卒業時には、早くも事務所からリストラ宣告です。私は「何でもしますから、福岡に帰さないでください!」と懇願……。「何でもします」と言った私はホントに何でもやりました(笑)。バラエティ番組で宙吊りにされたり、滝に打たれたり。雄のロバを口説いたこともありますよ。結果的に「バラドル」と呼ばれ、仕事がどんどん増えました。


村瀬治男

毎朝、7時30分には出社し、8時30分までは自分の時間と決めています。必要な決裁はすべて行い、メールをはじめ、返答が必要なものには答え、保留する場合はその理由といつまでに答えるかを通知しました。始業時間の時点で仕事が滞っていたり、宙に浮いている状態をつくりたくないからです。


飯野修一(経営者)

これだと思ったことは「徹底的に」やること。自分の得意分野を突き詰めれば、それが周囲からはみ出していても怖くありません、自信がありますから。自分なりの指針で自身をジャッジすることも大事。


町田精孝

かつての製品は、カスタム仕様の部品をそろえ、組み合わせて作っていました。このため、開発期間が長く、製品開発サイクルも10年間前後でした。ところが最近の製品は、汎用技術の採用が増え、製品開発サイクルが3~4年間と短くなっています。汎用部品を上手に組み合わせ、そこに独自の付加価値を載せていく開発力が重要です。


大橋未歩

食べるものが今の自分の身体を作っていると考えれば、口にするものにもっと意識を向ける必要があると思うようになりました。この点、以前は認識が甘かったと自分でも思いますね。