名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

武藤敏郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武藤敏郎のプロフィール

武藤敏郎、むとう・としろう。日本の財務官僚、経済学者。埼玉県出身。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に国家公務員試験上級職甲種(法律職)試験と司法試験に合格。卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。関税局企画課係長、彦根税務署長、銀行局特別金融課課長補佐、銀行局総務課課長補佐、在米国日本国大使館二等書記官・一等書記官、主計局主計官補佐、石川県商工労働部長、石川県総務部長、主計局主計官、銀行局中小金融課長、大臣官房秘書課長、主計局次長、大臣官房長、大臣官房総務審議官、主計局長、大蔵事務次官などを歴任したのち退官。そのほか日本銀行副総裁、大和総研理事長、開成学園理事長・学園長、東京五輪・パラリンピック組織委員会事務総長などを務めた。

武藤敏郎の名言 一覧

上司からの指示をただ単に下に降ろすだけでは物事は実現しません。現実を見定め、できることと、できないことをきちんと分別することの難しさを思い知らされた。


リーダーたる者、「困難の度合いを見極める賢さ」を持っていなくてはならない。何を変え、何を変えないのか。何を優先し、何を劣後させるのか。分別する賢さというものです。


武藤敏郎の経歴・略歴

武藤敏郎、むとう・としろう。日本の財務官僚、経済学者。埼玉県出身。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に国家公務員試験上級職甲種(法律職)試験と司法試験に合格。卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。関税局企画課係長、彦根税務署長、銀行局特別金融課課長補佐、銀行局総務課課長補佐、在米国日本国大使館二等書記官・一等書記官、主計局主計官補佐、石川県商工労働部長、石川県総務部長、主計局主計官、銀行局中小金融課長、大臣官房秘書課長、主計局次長、大臣官房長、大臣官房総務審議官、主計局長、大蔵事務次官などを歴任したのち退官。そのほか日本銀行副総裁、大和総研理事長、開成学園理事長・学園長、東京五輪・パラリンピック組織委員会事務総長などを務めた。

他の記事も読んでみる

元谷外志雄

現在、既にオーバーホテル現象が起きています。2、3年前は1泊当たりの宿泊費が高騰した時期もありましたが、最近はそれも落ち着きました。ただ、決して業界の将来を悲観しているわけではありません。私は世界中のデータを分析しながら戦略を練っていますが、過去にオリンピックが行われた都市には共通する特徴があります。それは、オリンピック時に海外からの旅行者数がピークを迎え、翌年は若干下がるものの、2年目からはまた上がり始めるというところです。オリンピックを通してその都市の名前が世界中に知れ渡ることで、結果としてオーバーホテル現象は長期的に見て解消されていきます。


奥田碩

これまでの日本はあまりにも価値観やライフスタイルの画一化が目立ちました。その意味で、人が最後をどう迎えるかについても、改めて考えなければいけないと思います。私たちはこれまで死の問題を直視することを避けてきたところがある。膨大な費用のかかる終末期医療に対しても、戦後の物質的価値への偏重の中で技術的な議論が先行しがちです。死そのものへの本質的な議論がなされているとは思えない。楢山節考のおりんさんは、最後、山に死ににいきます。そこには、貧困の中での人間の尊厳があります。人が死ぬということの尊厳について、今一度考えなければいけないのではないか。


岡素之

私もキリウ(買収したブレーキ部品メーカー)の足利市の工場に見学に行きましたが、素晴らしい経営の考え方、現場のオペレーションに感心しました。当社の役員に「ぜひ行って勉強させてもらいなさい」と言ったほどです。それくらい経営を任すことができるパートナーがしっかりしていれば、商社もバリューチェーンのライン上で必要に応じて製造の分野に入っていけばいいと思います。


関本忠弘

今日の問題をどちらかにするかというのは皆の意見を聞けばいい。しかし、新しいことや将来のことの決断は、「感じて信じて行動する」ことが大切。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

私は、疲労のマネジメントでまず重要なのは肝臓を守ることだと考えています。疲れたら肝臓を労わること。つまり、血流を良くして、十分な水分と良質なタンパク質を摂取することが基本です。


古森重隆

人材育成はスパルタかな。やはりビシバシ鍛えないとダメです。気をつけるのは、決して突き放さないことです。「お前に期待している。だから頑張れよ」という気持ちをこっちが持っていれば、相手は応えてくれます。


マーク・トウェイン

人生で必要なものは無知と信頼だ。これらがあれば成功は保証される。


平川昌紀

店舗を巡回するときに私が背広を着ていくと、年若い社員やパートナー(アルバイト)が身構えてしまうこともあるため、あえてラフな服装で訪ねるようにしています。そうして和やかな雰囲気をつくりながら、企業理念の浸透を図るとともに、スタッフたちと密接なコミュニケーションを交わすのです。


馬越嘉彦

新しい作品をやるたびに、それまでの自分がやった作品を忘れて参加するみたいなところがあるんです。巡り合わせというか、面白いことに、何本かに一本はああいう感じの作品をやることになるんですよ。『どれみ』みたいなのをやってても、必ずゴツゴツしたやつが入ってくるんです。自分でも、どっちかだけになっちゃうと、あんまり良くないような気がして。
【覚書き:おジャ魔女どれみのような可愛らしい感じの作品と、ベルセルクやグラップラー刃牙のような筋肉質な作品に交互に関わっていることについての発言】


田岡信夫

ナンバーワンとはどういうことか。具体的な戦略としては、ナンバーワンの「地域」をいかにつくるか。ナンバーワンの「得意先」をいかに持つか。ナンバーワンの「商品」をいかにつくるか。私は企業の体質というものは、この3つの条件を満たしているかどうかにかかっていると思う。


加藤進(住友商事)

ローカル採用、本社採用という言い方をしているうちは駄目だろう。弊社の中国支店には、たとえば北京大学を卒業したような優秀な人材も多数勤務している。周囲も認める人材が日本の本社に来る。あるいは国境を越えて異動する。そうしてステップアップした海外の人材が、いずれ枢要な地位に就くだろう。部門、事業間の壁や本社、ローカルの壁をなくし、グローバルな人材の育成と配置を推進していくことが最も重要であり、当社のグローバル化だと考えている。


孫正義

鮭は数千個の卵を産むが、帰ってくるのは2匹。