名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

武藤敏郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武藤敏郎のプロフィール

武藤敏郎、むとう・としろう。日本の財務官僚、経済学者。埼玉県出身。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に国家公務員試験上級職甲種(法律職)試験と司法試験に合格。卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。関税局企画課係長、彦根税務署長、銀行局特別金融課課長補佐、銀行局総務課課長補佐、在米国日本国大使館二等書記官・一等書記官、主計局主計官補佐、石川県商工労働部長、石川県総務部長、主計局主計官、銀行局中小金融課長、大臣官房秘書課長、主計局次長、大臣官房長、大臣官房総務審議官、主計局長、大蔵事務次官などを歴任したのち退官。そのほか日本銀行副総裁、大和総研理事長、開成学園理事長・学園長、東京五輪・パラリンピック組織委員会事務総長などを務めた。

武藤敏郎の名言 一覧

上司からの指示をただ単に下に降ろすだけでは物事は実現しません。現実を見定め、できることと、できないことをきちんと分別することの難しさを思い知らされた。


リーダーたる者、「困難の度合いを見極める賢さ」を持っていなくてはならない。何を変え、何を変えないのか。何を優先し、何を劣後させるのか。分別する賢さというものです。


武藤敏郎の経歴・略歴

武藤敏郎、むとう・としろう。日本の財務官僚、経済学者。埼玉県出身。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に国家公務員試験上級職甲種(法律職)試験と司法試験に合格。卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。関税局企画課係長、彦根税務署長、銀行局特別金融課課長補佐、銀行局総務課課長補佐、在米国日本国大使館二等書記官・一等書記官、主計局主計官補佐、石川県商工労働部長、石川県総務部長、主計局主計官、銀行局中小金融課長、大臣官房秘書課長、主計局次長、大臣官房長、大臣官房総務審議官、主計局長、大蔵事務次官などを歴任したのち退官。そのほか日本銀行副総裁、大和総研理事長、開成学園理事長・学園長、東京五輪・パラリンピック組織委員会事務総長などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

私の場合、体を鍛えるのではなく、整えることを重視しました。健康であれば、それで十分だと思います。仕事に忙殺されて体調が優れないという人は、一度真剣に体調管理の方法を見直してみてはいかがでしょう。


金児昭

いまの時代の社長は、経理財務担当役員の視点や力量を持たないといけなくなっているし、逆に経理財務担当役員も経営者の視点が必要になっていると思います。他のレベルでも同じです。専門分野を分担して経営にあたる時代は過ぎたのではないでしょうか。


中村維夫

私、社長に就任したとき、何度も言ったんです。「この会社は傲慢だ」と。社員たちが敗北というものをひとつも知らないわけです。うちにおいでになる各社のお客様への対応ひとつひとつとってもそうです。社員たちが廊下の真ん中を歩いていて、「ゲスト」という胸札を付けたお客様が端に避けている。「おまえら、何かおかしいんじゃないか」と、ずいぶん言ったんです。勝ち続けるというのは、いろんな意味で、あんまり良くないことです。


根本裕幸

社会人として働いていれば、誰でも愚痴のひとつは吐きたくなるもの。ひと昔前は、スナックのママなど「夜の街」で生きる人たちが上手な「聞き役」を担っていました。愚痴を他人に受け入れてもらえず、自分の心の内側に留めてしまうのはメンタルヘルスによくないので、愚痴を聞いてくれる「聞き役」をきちんとサーチして、環境を整えておくことが社会人生活では大切です。


粟津恭一郎

質問の技術で大事なのは、「話の流れに合わせて考える」こと。事前に用意できる「誰にとっても良い質問」は存在しない。「良い質問」は会話の流れの中でしか生まれません。


三浦展

いまの若者は自分に必要な知識や経験を得られるような場所を歓迎するのではないかと思います。向こう5年間で自分がどれだけ成長できるか、それに資する場所を喜ぶわけです。自らを成長させてくれる会社にこそ、ロイヤルティーを感じるものです。


施崇棠(ジョニー・シー)

いまの時代に必要なのは、理性と感性の両方を持ち合わせた発想であり、右脳と左脳のバランスのとれた製品づくり。


内藤由治

カリスマ創業者がいる会社の社員は、次もカリスマ性のあるトップを望むものです。自分はただ付いていくほうが楽だからです。カリスマ性のない僕の場合は、誰でも参画でき、組織として機能する会社を目指しました。従って、常に目線と姿勢を現場社員と同じレベルに合わせることに努めました。飲み会に参加する。出来るだけ多くの人との懇談の機会を設ける。常に自由に意見を言えるような雰囲気をつくる等々です。


西室泰三

構造改革を断行するだけでは、社内のモチベーションが大きく下がりかねません。いままで一緒に仕事をしていた人たちが相当数辞めさせられたり、辞めたりするということが目の前で起こったら、誰でも動揺するはずです。リストラを進めるうえでは、この危機は乗り越えられる危機なんだと、将来のビジョンを明確に打ち出す必要があります。そのためにはまず、会社の状況を包み隠さず従業員にオープンにすることが欠かせません。


ジャック・マー(馬雲)

自分は不細工だが世界を変えた。人生に困難が待ち構えているからこそ、努力を重ね、大人物になったのだ。


冨安徳久

どんなに洗練された教育でも、現場に配属させた後、もうやらないのでは意味がありません。


橘玲

戦略は人それぞれ。人的資本、金融資本、社会資本3つの資本のうちどれを中心に据えるのか。いまから考えておくだけでも、人生は大きく変わってくるのではないでしょうか。