名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

武藤光一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武藤光一のプロフィール

武藤光一、むとう・こういち。日本の経営者。「商船三井」社長。愛知県出身。名古屋大学経済学部卒業後、大阪商船三井船舶(のちの商船三井)に入社。欧州法人出向、商船三井不定期船部長、経営企画部長、常務、専務などを経て社長に就任。

武藤光一の名言 一覧

教育の原点は、興味、好奇心から始まり、夢、志につながる自立の精神を持つ個人を作り上げることにある。


必ず業界トップになるというこだわりは持ち続けなくてはいけません。


より良い暮らしが手に入るというのが大きな動機付けの一つではあるが、将来の明るいキャリアパスのイメージをより具体的に示してやることが必要である。


ヤマル(ロシア)のLNG(液化天然ガス)開発プロジェクトでは北極海航路を通ります。冬は24時間真っ暗でマイナス40度から50度の中を分厚い氷を上から押さえつけて叩き割りながら進んでいくわけです。もう船は震度3くらいの振動がずっと続くわけです。こうした過酷な運航を強いられるなか、荷主のニーズに応えられるようにリスクを一つひとつ洗い出していく。例えばここで船が停電したら全員凍え死んでしまう。そうならないように人材も含めたプロジェクト全体のリスクコントロールが海運経営の肝です。


我々がLNG(液化天然ガス)の長期輸送契約を結んでいるのは石油メジャー、大手商社など極めて優良な荷主企業です。長期輸送契約は20~30年先まであらかじめ運賃と輸送量を取り決めます。確かに利幅はそう大きくはないかもしれませんが、長期にわたり安定的に利益を積み上げることができる。こうした輸送契約を決めてから船を造船所に発注しますから、積み荷がなくなって船が浮くようなことはありません。ギリシャなどでは輸送契約が固まらないまま投機的に船を先行発注するところもあるようです。今後、荷動きや運賃次第で彼らは右往左往するかもしれませんが、我々はそういう世界とは一線を画しているのです。


運業界はこの10年ほどの間、荒波にもまれてきました。2000年代半ばは中国で「爆食経済」と呼ばれる、経済成長に伴う穀物や資源の急激な輸送需要の拡大がありました。当時は荷動きの伸びに船の供給が追い付かず、2008年秋のリーマンショックまで海運は非常な好況を博したわけです。ただ「好事魔多し」の通り、中国や韓国で造船設備の新設・増強が相次ぎ、リーマンショックと相まって2011年以降、船が余る状況が顕在化しました。2015、16年も新しい船が出てきてしまうので、荷動きが思うように伸びないと海上運賃の落ち込みは長引くでしょう。


武藤光一の経歴・略歴

武藤光一、むとう・こういち。日本の経営者。「商船三井」社長。愛知県出身。名古屋大学経済学部卒業後、大阪商船三井船舶(のちの商船三井)に入社。欧州法人出向、商船三井不定期船部長、経営企画部長、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

坂之上洋子

相手が本当に望んでいるものは何か、それは本当に必要なのか。どうすればベストなのかを考え抜くことが大切です。


鑄方貞了(鋳方貞了)

普段あまり注目されない花形以外の部門の人たちが、どのような気持ちで働いているのかも知っておかなくてはなりません。社員一人ひとりをよく知ることが、将来社長になった時に、自分を支えてくれる組織をつくる上で役立つ。


松井道夫

ネット証券ビジネスを立ち上げ、業界に革新をもたらしました。しかし、10年以上経った現在、過当競争でビジネスモデルが陳腐化したため、創造的破壊により新しい事業概念を確立します。


冨田和成

チームでPDCAを回す仕組みを作るといいでしょう。当社では3日に一度「半週ミーティング」を開き、専用の進捗管理シートで全員の行動計画を共有しています。こうしたフレーム(枠組み)を日常に組み込んでしまえば、いちいち考えなくても無意識レベルでPDCAが回るようになります。「何も考えなくてもPDCAが回っている」、これが理想の状態です。


松下幸之助

ただ単に自分に与えられた仕事のみをやっていればよいと考えて毎日を過ごしていたら、あまり楽しさを感じることもできないでしょうし、ものごとを見る視野も限られてしまうと思います。


湊かなえ

居心地のいい場所、素の自分でいられる場所を探して、あちらこちらの集団をさまよっている人は、現実にもきっとたくさんいると思います。でも、100%満たされる場所なんてそうそう見つけられるものではないんですよね。「ここではないどこか」はどこにもないかもしれないし、青い鳥ではないですが、理想郷は実は今いる場所なのかもしれない。でも、そうしたことに気づけず、ずっと探し続けるのが人というものなのかもしれません。


安田弘

「Not Invented Here syndrome(NIH症候群)」という言葉があります。どういう意味かというと、自分が発案したことは一生懸命やるけれども、人から言われたことはやらないということ。


ハワード・シュルツ

自分のアイデアを話しているうちに、いま何をなすべきかがわかってきた。いまが絶好のチャンスなのだ。このチャンスをつかまずに、現状に甘えてリスクを避け、いたずらに時を過ごしていたらチャンスは二度と戻ってこないだろう。このチャンスをつかまなかったら一生後悔することになると私は思った。結果がどうなろうとやらなければならない。
【覚書き:当時コーヒー豆販売だけだったスターバックスを退社し、上質の豆を使ったコーヒースタンドを開業しようと決意した時を振り返っての発言】


尾崎元規

仮説を考えてから現場におもむくからこそ、現場に落ちている問題点や解決のヒントに気が付くのです。


安渕聖司

大きな危機的状況を経験するほど、想定の幅が広がります。


槇原稔(槙原稔)

さまざまな角度や尺度から、会社全体の状況を判断し、つねに先を見て改革に取り組むべきです。三年先、五年先を展望し、組織をどう変えていくか、あるいは人事制度をどう変えていくか、どういう新規分野を切り開いていくか、責任体制をどう敷いていくかなどを議論していくときに来ていると思います。そのために、海外の多様な経営手法を学ぶのも一つの方法でしょう。ただし、海外の手法をそのまま取り入れるのではなく、日本の風土や習慣とどう噛み合わせていくかを考えることが大切です。


竹内敬介

もはや手計算や手作業による設計の時代に時計の針を戻すことはできません。それでも頭の中で絶えず原理原則を理解して、コンピューターを活用する人材の育成が欠かせません。コンピューターが導いた結果に誤りがあれば、何かそこに違和感を感じ取れる。そんな直感力が必要だと心から思います。