名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

武藤光一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武藤光一のプロフィール

武藤光一、むとう・こういち。日本の経営者。「商船三井」社長。愛知県出身。名古屋大学経済学部卒業後、大阪商船三井船舶(のちの商船三井)に入社。欧州法人出向、商船三井不定期船部長、経営企画部長、常務、専務などを経て社長に就任。

武藤光一の名言 一覧

教育の原点は、興味、好奇心から始まり、夢、志につながる自立の精神を持つ個人を作り上げることにある。


必ず業界トップになるというこだわりは持ち続けなくてはいけません。


より良い暮らしが手に入るというのが大きな動機付けの一つではあるが、将来の明るいキャリアパスのイメージをより具体的に示してやることが必要である。


ヤマル(ロシア)のLNG(液化天然ガス)開発プロジェクトでは北極海航路を通ります。冬は24時間真っ暗でマイナス40度から50度の中を分厚い氷を上から押さえつけて叩き割りながら進んでいくわけです。もう船は震度3くらいの振動がずっと続くわけです。こうした過酷な運航を強いられるなか、荷主のニーズに応えられるようにリスクを一つひとつ洗い出していく。例えばここで船が停電したら全員凍え死んでしまう。そうならないように人材も含めたプロジェクト全体のリスクコントロールが海運経営の肝です。


我々がLNG(液化天然ガス)の長期輸送契約を結んでいるのは石油メジャー、大手商社など極めて優良な荷主企業です。長期輸送契約は20~30年先まであらかじめ運賃と輸送量を取り決めます。確かに利幅はそう大きくはないかもしれませんが、長期にわたり安定的に利益を積み上げることができる。こうした輸送契約を決めてから船を造船所に発注しますから、積み荷がなくなって船が浮くようなことはありません。ギリシャなどでは輸送契約が固まらないまま投機的に船を先行発注するところもあるようです。今後、荷動きや運賃次第で彼らは右往左往するかもしれませんが、我々はそういう世界とは一線を画しているのです。


運業界はこの10年ほどの間、荒波にもまれてきました。2000年代半ばは中国で「爆食経済」と呼ばれる、経済成長に伴う穀物や資源の急激な輸送需要の拡大がありました。当時は荷動きの伸びに船の供給が追い付かず、2008年秋のリーマンショックまで海運は非常な好況を博したわけです。ただ「好事魔多し」の通り、中国や韓国で造船設備の新設・増強が相次ぎ、リーマンショックと相まって2011年以降、船が余る状況が顕在化しました。2015、16年も新しい船が出てきてしまうので、荷動きが思うように伸びないと海上運賃の落ち込みは長引くでしょう。


武藤光一の経歴・略歴

武藤光一、むとう・こういち。日本の経営者。「商船三井」社長。愛知県出身。名古屋大学経済学部卒業後、大阪商船三井船舶(のちの商船三井)に入社。欧州法人出向、商船三井不定期船部長、経営企画部長、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

仮に10のセグメント、箱があったとします。そのうちの1つが大きな問題を起こして大変になっていて、反対に思いもかけずワーッと伸びているところも1つある。CEOの仕事とはこの一番大事なところを見ることなんです。問題があるところは血止めして、伸びているところはもっと伸ばす。2番目に重要なところからはすべて任せると。


豊臣秀吉

信長公は勇将であるが良将ではない。剛を持って柔に勝つことを知ってはおられたが、柔が剛を制することをご存じなかった。ひとたび敵対した者に対しては、怒りがいつまでも解けず、ことごとく根を断ち葉を枯らそうとされた。だから降伏する者をも誅殺した。これは人物器量が狭いためである。人には敬遠され、衆から愛されることはない。


澤上篤人

長期投資はお金の増え方もすごく健全なのよ。世の中や社会から喜ばれて、「ありがとう」という言葉とともにお金が増えて戻ってくるんだ。一般的な投資だと、「儲けてやろう」「稼いでやろう」で、皆が目を血走らせる。そこはバクチ場と似たりよったりで、お金を取るか取られるか。いかに自分だけいい思いをするかしか考えない。「ありがとう」なんて誰も言ってくれない。ところが長期投資だと、お金が優しく働いてくれる。世の中のためとか、社会に良かれといった、青臭い言葉が平気で飛び交う。それが、長期投資の世界なのよ。


森下一喜

ゲームの企画を生み出すときに大切なのは「原体験」。木に蜜を塗ってカブトムシを取るとか、スキーが滑れるようになるとか、人間が面白がる要素は、原体験の中にたくさん転がっている。それをゲームに転用することで、琴線に触れられる。


デーモン閣下(デーモン小暮)

たとえば、男女や、企業、国同士などで揉め事が起きる。そのニュースを聞いた時、誰でも直感的にどちらか側に立って、こうかなあって感じると思うのね。吾輩も最初はそう。でも、その段階だけで終わらせずに、必ず吾輩は「反対側」にも回って、その件を見直すようにする。視点を変えるだけで、じつに多くの発見ができる。


立花陽三

球団社長就任1年目で優勝という成果を上げることができ、黒字化も達成できそうな状況です。ただ、これは私の力というより、その前の8年間で行なってきたチーム作りが正しかったからです。1年間だけ何かやったところで、優勝できるはずがありません。


平塚俊樹

「身に覚えがない。俺は正しい」ではなく、「いざ訴えられたら勝てるか否か」から発想をスタートさせないと、大怪我をする危険がある。


佐藤章(経営者)

キリンらしさが何かをもう一度考えて、それを取り戻す。


遠藤憲一

常に物足りないです。たしかに(仕事の)本数はいただけるようになりましたが、自分の満足のいく表現ができていない。たぶん、一生ないかもしれませんね。


エルマー・デゲンハート

IT企業やインターネット企業は自動車産業の外側から入ろうとしています。反対に、自動車業界の企業はITの世界に出ていこうと模索しています。最終的に、そのどちらがパワーを持つかということですが、今はどちらの可能性もある。要は、どちらが賢いかということでしょう。


西田公昭

相手を説得する方法には、一面提示と両面提示という2つの方法があります。一面提示とはメリットになる情報だけを相手に教える方法。両面提示とはメリットだけでなく、リスクも教えたうえで説得する方法です。相手を騙すということは、リスクを正しく伝えないわけですから、一面提示での説得です。相手の商品知識が浅い場合にはこれは売りやすい方法ですが、もし商品に欠陥があるなどトラブルが起きたときには、一気に信頼を失います。


大江英樹

行動を起こすにあたって、専門家などのアドバイスを聞くのもいいでしょう。ただし、自分の判断を最優先することを決して忘れてはいけません。私も、資産運用関迎のセミナーで講師を務めることがありますが、最後に「結局、何を買えば儲かるの」という主旨の質問をされる方がいます。これでは思考停止しているのと同じ。仮に何らかのアドバイスを得て、成功しても次につながりません。ぜひ、自ら考え、判断し、自分に合った資産形成の方法を見つけてほしいと思います。