名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

武田良太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武田良太のプロフィール

武田良太、たけだ・りょうた。日本の政治家。福岡県出身。早稲田大学文学部卒業、早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程修了。亀井静香議員秘書を経て衆議院議員選挙に当選。防衛副大臣、衆議院安全保障委員長、防衛大臣政務官、幹事長特別補佐などを務めた。

武田良太の名言 一覧

力がある者が「俺が、俺が」ではまとまらない。一番後ろに回らなければならない。


リーダーが決断する場合、どちらに決めても必ず批判される。決断というのは大変なこと。ただ、決めるときに、自分と考え方の違う、決断する内容と異なる意見を持つ人たちの意見も分かる、声を上げていない人たちの声も分かった上で決断することが重要。リーダーに求めるとすればそこですね。


「これは現行法ではもうできません」と役所から突っぱねられた問題でも、いろんな角度、いろんな解釈、いろんなものを組み合わせて、少しでも声を上げない人たちのために、その法律を近づけようと努力をするのが政治家だと思います。


政治家というのは学者でも評論家でも役人でもない。時あらばマックス・ウェーバーが言ったように、それが善を生むためなら悪魔とでも手を握れということだと私は思っています。


政治家が絶対忘れてはならないのは、声を上げない人の声を聞くことですね。声の大きい人、利益団体の話ばかりを聞いて、大局を見失うということを一番恐れていかなくちゃならない。


今までのような価値観ではだめだということも共通認識として持たなければならない。公平に何かをやるという戦後日本の一つのパターンは踏襲せずに、みんなで考えて、本当に必要なものに集中投下していくという時代だと思います。あくまでも限られた予算を集中投下するということです。


まず、土俵をつくるというところが、今の日本は大事なわけであって、じゃあ土俵をつくるためにはまず対話だと、協議だと。その中で両首脳が同じテーブルについたときには、日本は日本でしっかりとした要求をする。北朝鮮も何を日本に求めるかを言ってくるでしょうから。その中にある答えを見いだすことが重要じゃないかと思いますね。


外交こそ国会議員しかできないことだと思います。外交と親善交流の何が違うのかといえば、外交は戦いなんですね。同じテーブルのなかで各国首脳が集まったときに笑顔で写真に納まっていますがあれはパフォーマンスであって、実際の会議に入ったら凄い世界ですね。それぞれが自国への100%の利益誘導を求めるわけで、そこでいろんな議論を重ねながら、こっちの要求も呑ませて行く非常にハードな世界です。


強い地域を作ればいいと思います。強い地域を作って弱い地域を守るという形です。そうすることによって大きな政府、大きな予算も小さくなってきますしね。足りないものすべてを地方交付税という形で守っていくのではなく、強い地域や強い産業から、弱い地域や弱い産業へとお金や人や活気などが流れて行くようなイメージです。


過去を見てください。利用客も少ない、発着便も少ない、使い物にならない地方空港がほとんどですよ。だったら早く全国に高速道路を網羅して、拠点、拠点に思い切った物流拠点を作ればよかった。私はそう主張してきました。安物買いの銭失いで突っ走ってきた。それが一番お金の無駄使いだったんです。考えて集中的に投下することによって、トータルでいけば安くあがる。一つの事業で見れば大きなお金になるけれど、バラバラに投下していったもののトータルに比べれば安いケースもある。そこのところを見極めなきゃいけないと思いますね。今特区制度などがありますが、産業特区を作るのもいいし、地方特区もいい、とにかく街、産業、企業、そうしたところをしっかり抽出しながら思い切った投資をすべきで、中途半端なことはもうしてはいけません。


経済政策では、プライマリーバランスだ、財政赤字だといって財政出動することを恐れていますが、私の考えはちょっと違います。前提として政府が明確なビジョンを持った上でのことですが、将来に対する投資をどんどんと計画すべきだと思います。財政出動というのは悪いことばかりではなくて、急所というか、本当に必要な分野に資源を思い切って集中投下する。そうすることで多大なる付加価値というものが生まれてくる、将来に対する産業が生まれてくる、経済が活性化する、それに伴って税収が増える。均一的に、こまごまとしたことに振り分けながらお金を使うのではなく、国家戦略を持った資源の集中投下をする。これをどの分野にするかということを明確に示すことが大事だと思います。


武田良太の経歴・略歴

武田良太、たけだ・りょうた。日本の政治家。福岡県出身。早稲田大学文学部卒業、早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程修了。亀井静香議員秘書を経て衆議院議員選挙に当選。防衛副大臣、衆議院安全保障委員長、防衛大臣政務官、幹事長特別補佐などを務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木茂晴

かつてのような株式の売買手数料中心から、どれだけお金を預けていただくかに、証券会社のビジネスモデルは大きく変わっています。そこでは顧客の立場になってものごとをとらえられる人間性豊かな社員が、粘り強く信頼関係を築き上げていくことが重要になります。ですから、そうした人材を育てて大切にしていく働き方にシフトするのは、当然のことなのです。


中原淳

政府が「女性活躍」を推進しているから、「うちも何かやらなくては」という会社は多いのではないでしょうか。「スローガンの新たなインストール」は、たいてい、ただちに進みますが、「人間の意識のアンインストール」には時間がかかるものです。管理職手前の女性だけを集めて研修やワークショップを行なう企業も多いですが、効果は疑わしいと思います。人材マネジメントの観点からすれば、女性活躍推進は「入社後ただちに」です。女性にも男性同様に、入社時からフェアに仕事の機会を与えて、きっちりフィードバックをしていくことです。急に管理職手前の女性だけに研修をするのは、意味がないとは言いませんが、「とってつけた施策」のようにも感じます。


小山勝弘(経営者)

チャンスに出会ったら全身全霊で取り組むもうというのが僕の生き方。思いもしなかった新しい世界がどんどん広がる。こんな贅沢なことは無いと思う。


安本隆晴

会社がどのような規模であってもその時点で組織図をきっちり作れば、どの機能がどの程度足りないかが分かります。


詹國良(ボブ・セン)

法人向け市場で重要なキーワードは「生産性」。お客様は高機能で効率の高いマシンを求めておられます。


原田泳幸

社長就任当初、「QSC(クオリティ、サービス、クリンリネス)以外はやるな」と明言していました。業績不振はQSCを疎かにしていたことによると分析していたからです。


孫潔(ジェーン・スン)

旅行は違う国や地域の人々が互いを理解するとても良い方法です。政府だけでなく、民間も人々の理解を促進し、世界の平和に貢献すべきです。これはシートリップのミッションでもあります。


大嶋啓介

「上から目線」の人って損ですよね。相手を敬わないので人の話を聞かない。それは多くを吸収し、人間関係を築く機会を捨てているようなものです。それに気づいた契機は、20代のときに行った講演会。聞く気のない聴衆が多く、「さすがに失礼」と終始相づちを打っていたら、「聞く姿勢が良い」と言われ、その後多くを教わりました。以来、年長者との会話は聞き役に徹しています。聞くメリットを体感すれば「上から目線」はなくなるのではないでしょうか。


塚越寛

社員にも「人に迷惑をかけないのは当たり前。少しでも感謝されることをやろう」と言っています。朝の通勤時間帯、マイカーで会社の敷地内に進入する際には、右折しないように指導しています。右折が渋滞を引き起こし、迷惑をかけるからです。こういった心掛けが、渋滞解消につながるのではないでしょうか。できることからきちんとやろう、ということを教育しています。そういった心配りは、回りまわって自分に返ってきます。


岩名泰介

不動産仲介は情報のビジネスだと考えます。売り手と買い手のマッチングサービスができれば良いのです。しかし、日本の不動産はサービス業のイメージが強く、情報に力を入れている会社が少ないのが現状です。不動産屋こそ究極のIT屋でなければいけない。


古屋大貴

私はほぼ毎日、音楽業界や飲食業界、アーティストや塾の先生などと飲んでいます。おもちゃ業界以外の人と会うことで、様々な角度からの情報が自然に入るんです。


國貞克則

勉強の目的は、何も知識を増やして視野を広げるだけではありません。勉強することの最大の効用は論理性を高めることです。論理性がないと、コミュニケーション能力が向上しません。また、世の中や仕事の複雑な仕組みも理解できないのです。