名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

武田良太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武田良太のプロフィール

武田良太、たけだ・りょうた。日本の政治家。福岡県出身。早稲田大学文学部卒業、早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程修了。亀井静香議員秘書を経て衆議院議員選挙に当選。防衛副大臣、衆議院安全保障委員長、防衛大臣政務官、幹事長特別補佐などを務めた。

武田良太の名言 一覧

力がある者が「俺が、俺が」ではまとまらない。一番後ろに回らなければならない。


リーダーが決断する場合、どちらに決めても必ず批判される。決断というのは大変なこと。ただ、決めるときに、自分と考え方の違う、決断する内容と異なる意見を持つ人たちの意見も分かる、声を上げていない人たちの声も分かった上で決断することが重要。リーダーに求めるとすればそこですね。


「これは現行法ではもうできません」と役所から突っぱねられた問題でも、いろんな角度、いろんな解釈、いろんなものを組み合わせて、少しでも声を上げない人たちのために、その法律を近づけようと努力をするのが政治家だと思います。


政治家というのは学者でも評論家でも役人でもない。時あらばマックス・ウェーバーが言ったように、それが善を生むためなら悪魔とでも手を握れということだと私は思っています。


政治家が絶対忘れてはならないのは、声を上げない人の声を聞くことですね。声の大きい人、利益団体の話ばかりを聞いて、大局を見失うということを一番恐れていかなくちゃならない。


今までのような価値観ではだめだということも共通認識として持たなければならない。公平に何かをやるという戦後日本の一つのパターンは踏襲せずに、みんなで考えて、本当に必要なものに集中投下していくという時代だと思います。あくまでも限られた予算を集中投下するということです。


まず、土俵をつくるというところが、今の日本は大事なわけであって、じゃあ土俵をつくるためにはまず対話だと、協議だと。その中で両首脳が同じテーブルについたときには、日本は日本でしっかりとした要求をする。北朝鮮も何を日本に求めるかを言ってくるでしょうから。その中にある答えを見いだすことが重要じゃないかと思いますね。


外交こそ国会議員しかできないことだと思います。外交と親善交流の何が違うのかといえば、外交は戦いなんですね。同じテーブルのなかで各国首脳が集まったときに笑顔で写真に納まっていますがあれはパフォーマンスであって、実際の会議に入ったら凄い世界ですね。それぞれが自国への100%の利益誘導を求めるわけで、そこでいろんな議論を重ねながら、こっちの要求も呑ませて行く非常にハードな世界です。


強い地域を作ればいいと思います。強い地域を作って弱い地域を守るという形です。そうすることによって大きな政府、大きな予算も小さくなってきますしね。足りないものすべてを地方交付税という形で守っていくのではなく、強い地域や強い産業から、弱い地域や弱い産業へとお金や人や活気などが流れて行くようなイメージです。


過去を見てください。利用客も少ない、発着便も少ない、使い物にならない地方空港がほとんどですよ。だったら早く全国に高速道路を網羅して、拠点、拠点に思い切った物流拠点を作ればよかった。私はそう主張してきました。安物買いの銭失いで突っ走ってきた。それが一番お金の無駄使いだったんです。考えて集中的に投下することによって、トータルでいけば安くあがる。一つの事業で見れば大きなお金になるけれど、バラバラに投下していったもののトータルに比べれば安いケースもある。そこのところを見極めなきゃいけないと思いますね。今特区制度などがありますが、産業特区を作るのもいいし、地方特区もいい、とにかく街、産業、企業、そうしたところをしっかり抽出しながら思い切った投資をすべきで、中途半端なことはもうしてはいけません。


経済政策では、プライマリーバランスだ、財政赤字だといって財政出動することを恐れていますが、私の考えはちょっと違います。前提として政府が明確なビジョンを持った上でのことですが、将来に対する投資をどんどんと計画すべきだと思います。財政出動というのは悪いことばかりではなくて、急所というか、本当に必要な分野に資源を思い切って集中投下する。そうすることで多大なる付加価値というものが生まれてくる、将来に対する産業が生まれてくる、経済が活性化する、それに伴って税収が増える。均一的に、こまごまとしたことに振り分けながらお金を使うのではなく、国家戦略を持った資源の集中投下をする。これをどの分野にするかということを明確に示すことが大事だと思います。


武田良太の経歴・略歴

武田良太、たけだ・りょうた。日本の政治家。福岡県出身。早稲田大学文学部卒業、早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程修了。亀井静香議員秘書を経て衆議院議員選挙に当選。防衛副大臣、衆議院安全保障委員長、防衛大臣政務官、幹事長特別補佐などを務めた。

他の記事も読んでみる

太田道灌

不驕者又不久(驕らざる者もまた久しからず)。
【覚え書き|父・資清が道灌を戒めるために贈った「驕者不久(驕れる者、久しからず)」の書に書き加えた言葉】


柳井正

規模が大きくなってもやることは変わらない。同じことをやって、より多くの人を幸せにできて、社会に貢献できる。利益を伴っている限り、成長するほどいい。


千本倖生

DDIを立ち上げるというお話をしたとき、松下翁(パナソニック創業者・松下幸之助氏、当時90歳前後)は「やめたらあきまへんで」と言われました。やめたときに、事業は初めて失敗する。この言葉に支えられました。いったん始めたら、どんなにつまらないことであっても、目の前にあることをひとつひとつ確実にやっていくこと。それが、私が諦めることなくやってこられた理由です。


高岡浩三

本質的な深い考え方をビジネスに生かすということですね。ネスレのように150か国以上の国や地域で展開していると、各国、宗教や文化の違いがあり、独特のやり方が生まれている。多国籍企業というのはそれを常に理解しようとするクセがついています。昔は良くても、今は価値を生まなくなったらなぜ変えないのか考える。それは常に叩き込まれてきました。


茂木友三郎

とくに重要なことは、需要がないから縮こまるのではなく、需要は創り出すものだということです。


大西実(大西實)

経営者自らが高度な需要分析に入り込んだり、精緻な技術分野に終始しても、効果が乏しいばかりか、スピードに負けてしまいます。だからこそ経営者には、自社の現在位置と目標との距離感をつかむ、精度の高い目測の力が問われるのです。


塚越寛

成熟社会における企業は、急成長を戒め、「ゆるやかな成長」を継続させることに注力するべきです。前年よりほんのわずかでも売上や利益が上がれば、少しずつでも社員の給料を上げることができます。「去年よりも必ず少しよくなる」という末広がりの状態が続くことによって、社員は安心して働けるようになります。不安がなく、仕事にやりがいが感じられて、給料もきちんともらえたら、社員は日々幸せを感じるはずです。


中村貞裕

アーティストや建築家は二番煎じを否定、ゼロから1を作る。だから事務所がストイックな雰囲気になる。トレンドを作るときはもっと活き活きとしていることが必要。だからゼロからではなく、1を沢山つくってそこから大きくするという発想が大切です。


西浦三郎

私が考えていることを伝えるために、40歳以下の若手社員と定期的に話をする機会を持ちますし、毎月初めに社員全員に私からメールを配信して、方向感を共有しています。


クリス・ベンハム

変化の激しい昨今、3時間のタイムラグが非常に大きな違いを生む。ビジネスでは未来を見通して準備をすることがとても大事になる。


小山薫堂

喜びや感動は、周囲に伝染します。人が喜ぶ姿を見るのは、誰でも嬉しいものです。見ず知らずの人が感動する姿に接して、思わず自分も感動してしまうということがあると思います。「もらい泣き」という言葉がありますが、いわば「もらい感動」ですね。これは、人間の本能的な性質なのかもしれません。


家入レオ

これまでは、何かを楽しめば楽しむほど、どこか罪悪感があったんです。でも、武道館でたくさんのお客さんを目の前にしたときに、苦しい事を積み重ねて、楽しいことを手にいれるという精神心理を捨てようと決めたんです、楽しさがあるからこそ、いろんなことを頑張れる。楽しい瞬間に罪悪感は必要ないということを、一人の女性として発信していきたいと思ったんです。