名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

武田信玄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武田信玄のプロフィール

武田信玄、たけだ・しんげん。戦国時代の戦国大名。甲斐武田氏19代当主。父信虎が平定した甲斐を引き継ぎ、信濃・駿河・西上野・遠江と領土を広げた人物。軍略のみならず領国経営にも秀で、各地で治水事業と新田開発を行った。

武田信玄の名言 一覧

弓矢の儀、取様(とりよう)の事、40歳より内は勝つように、40歳より後は負けざるように。
【覚え書き|弓矢の儀とは合戦のこと】


100人のうち99人に誉められる者は、決していい人物ではない。


およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。


渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。
【覚書き|渋柿は干せば干し柿として甘くなる。自国の弱みや、嫌な部下も使い方によっては良くも悪くもなるという趣旨の発言】


晴信の弓矢は欲のためではなく、民百姓を安楽にするためだと民に知らせれば、わしが軍を進めるのを待ち望むようになる。
【覚書き|武田晴信は信玄の諱。弓矢は戦や武力・武術のこと】


成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき


負けることのない戦いに負け、滅ぶことのない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、みなそのやり方が悪いためであると思う。常々やり方をよくしておれば、負けることはあるまい。


六分七分の勝ちは十分の勝ちといっていい。八分の勝ちは危険の兆候。九分十分の勝ちは味方大敗の下地になる。


武田信玄の経歴・略歴

武田信玄、たけだ・しんげん。戦国時代の戦国大名。甲斐武田氏19代当主。父信虎が平定した甲斐を引き継ぎ、信濃・駿河・西上野・遠江と領土を広げた人物。軍略のみならず領国経営にも秀で、各地で治水事業と新田開発を行った。

他の記事も読んでみる

鈴木桂治

このまま現役にしがみついていていいのかと悩んだ時期もあった。でも、優勝の瞬間は、諦めなくて良かったと心から思いました。


遠藤功

すごいチャンスだと思うのは、否が応でも海外に日本企業は進出し、富を生み出していかなければならない時代になりました。ということは、若い人をどんどん海外に出して、新しいことに挑戦させる絶好のチャンスが目の前にあるわけです。


小倉広

ビジネスの場における緊急ではない重要事項には、業務改善、マニュアル化、社内外のコミュニケーション強化、人材育成、自己啓発などがあるでしょう。これらは「未来への投資活動」と「問題を未然に防ぐ予防活動」と言い換えることができます。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

サッカーでも野球でも、一流選手は自分のスタイルを持ちながらも、監督や戦術によって柔軟にプレイを変えられます。もし「あの監督の下では……」と言い訳してたら、使ってもらえず、技術が落ちていきますよ。


横澤夏子

私は地元でOLをやっている同級生たちに負けたくないという意識がとても強いんです。地元では市役所の職員さんみたいな、ちゃんとした職業に就いている人が一番評価されます。同級生でコスメショップの副店長になった子がいるので、芸人として、それに匹敵するような活躍をしなければと思っています。地元のOLには負けません!


田中仁(経営者)

私はもともと物事を先延ばしするタイプではありませんでしたが、決断がより速くなったのは、2009年ごろからです。それ以前は業績が思うように伸びず、苦しい時期もありました。ちょうどそのころ、柳井正さん(ファーストリティリング会長兼社長)にお目にかかる機会があったのです。「あなたの志は何ですか」と問われて、すぐに答えられない自分に愕然としました。このひと言をきっかけに、自分の仕事を振り返り、改めて志を定めました。「私たちがめざすのは、メガネを通して新しい価値を提供し、お客様に喜んでもらうこと」だと。こうして改めて会社の進むべき方向が明確になると、判断基準がよりシンプルになり、それまで以上に物事を先延ばししなくなりました。


江上治

稼げない人には、自分の行動を数値化して分析するという習慣がありません。たとえば、アフター5は英語を勉強すると決めていたのに、思うように進んでいないとします。自分の行動を数値化して分析する習慣がない人は、毎日をただ何となく過ごしてしまうので、稼ぐ人との差はますます広がっていきます。


佐瀬守男

私のやる気の源は、お客様や従業員を含め、みんなが喜んでくれることです。


飯村久美

家計簿をつけるだけで毎月の収支を把握していると思い込んで、実際には役にも立っていないケースが実に多いんです。かわりに現金払いで家計を「見える化」することをお薦めします。やり方は簡単。まず1か月分の給料を全額現金に換えます。口座引き落としにしている分だけ入金し、その月は現金だけで過ごすのです。クレジットカードや電子マネー払いは一切なし。最初の札束からどれだけ減っているか、毎日目で確認できます。食費、お小遣い、貯蓄分など、袋分けにしておくとよりわかりやすいですね。いざ現金を手にすると、お金のありがたみを肌で感じることに。支払うたびに目の前のお金が減っていくのがわかるので、お金を大事に使おうという意識も湧いてきます。


田中イデア

以前、上手に喋る人を観察して気づいたのですが、その会場で決定権を持っている人の顔を見ながら話していたのです。聴衆がたくさんいる中で、一番偉い社長だけに話しかけている。それ以外の聴衆は木みたいなものです。あたかも森の中で社長と二人っきりのつもりで話せばいいのです。一番偉い人が誰だかわからなければ、最初に笑ってくれた人に向かって話せばいいのです。一番ウケている人を相手にすれば、緊張感がほぐれてきたときに少しずつ視界が広がっていきます。


古森重隆

「製品が悪い」「工場が悪い」と不満を言うのではなく、大事なのは自分で何をやったか。問題があってもそれを他人のせいにするのではなく、自分で他へ働きかけながら解決すること、何でも自分の責任と考えて動くことが大切です。


三浦知良

人間いいことばかりじゃない。良くないときも頑張ろうと、自分自身に負けないように言い聞かせてきました。確かにワールドカップに出場できなかったのはバネになったけど、それだけじゃない。いまとなってはワールドカップもJ2の横浜で試合に出られないのも、僕の中では一緒。両方とも悔しいです。