名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

武宮正樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武宮正樹のプロフィール

武宮正樹、たけみや・まさき、せいじゅ。日本の囲碁プロ棋士。11歳のとき日本棋院院生になる。13歳でプロ試験に合格。その後、多くの記録を残した。

武宮正樹の名言 一覧

どんなに実力があってもチャンスを逃す人はプロの世界でトップになれない。


碁は人生の大切なことを教えてくれる。


結果に拘り過ぎると平常心でいられなくなり、本来の実力が出ない。そんな時は「今、やるべきこと」に集中することだ。


最もいけないのは、臆病になることだ。失敗を恐れ、打ちたい手をやめてしまうのは良くない。自信のない石は、相手にも伝わるものだ。


碁にも「定石」があるが、場合によっては最善の手であるとは限らない。変化を感じ取り、頭を柔軟にして対応しなければならない。


人から何を言われようと「自分の打ちたい手を打つこと」、「信念を持つこと」を信条としている。


プロ棋士でも大事なタイトル戦などでは、プレッシャーから力んでしまうことがある。しかし、そんな時こそ、自然体で向き合うことが大切だど知った。


相手の力み具合を見て、攻めを受けたり、かわしたり一瞬で判断しなければならない。そのため、どんな些細な情報でも入ってくるように心をオープンにしておくことが重要だ。


そのときは損しても、後々のための投資が出来るかどうかが肝要。


利己的になり、目先の利益に心を奪われると、盤全体が見えなくなり、弱い石があることに気付かず、後に形勢を逆転され負けてしまうことがある。


相手が自分より格下と油断すると心に隙が生まれ、良い石は打てない。碁は相手と交互に石を打つ、真剣勝負。だからこそ相手に尊敬の念を持ち、謙虚さが必要だ。


碁もビジネスの世界もまだまだ分からないことだらけである。未来には無限の可能性があるので、世の中の人が喜ぶような商品がまだまだ出てくるはず。人類の知恵はこんなものではない。企業家は、人が喜ぶような新しいサービスを発見して欲しい。


師匠や先人から学ぶことも有益だろう。しかし、操り人形であってはならない。あくまで助言として参考にして、自分の信念を持たないと、先人やコーチ以上に強くはなれない。


対局中は自分一人で判断し、自分で着手しなければならない。誰にも相談できない。だから「勇気」が必要だ。一寸先は分からないので、不安との戦いでもある。


自分が打ちたい手を素直に打つ。これがなかなかできない。はじめの頃は自分の思う打ち手があるのに、見栄や傍目を気にして「よそ行き」の手を打ってしまう。これ、一番いけないことなんです。自分の打ちたい手を打てば、たとえ間違っていても反省材料になるし、自分でも納得がいく。


武宮正樹の経歴・略歴

武宮正樹、たけみや・まさき、せいじゅ。日本の囲碁プロ棋士。11歳のとき日本棋院院生になる。13歳でプロ試験に合格。その後、多くの記録を残した。

他の記事も読んでみる

チャック・ジョーンズ(経営者)

日本の官民連合がオーストラリア向け潜水艦を受注できなかった件は残念だが、交渉力を高めるのに必要な多くのことを学べたはずだ。日本勢は非常に複雑なレッスン内容を習得しようとしている。失敗を恥じることはない。今後大きな案件を受注する可能性は十二分にある。


岡本太郎

才能のあるなしに関わらず、自分として純粋に生きることが、人間の本当の生き方だ。頭がいいとか、体がいいとか、また才能があるなんてことは逆に生きていくうえで、マイナスを背負うことだと思った方がいいくらいだ。


吉村崇

30歳過ぎてからようやく、「天才」なんて「ただの言葉なんだな」って気づいた。そんな言葉なんかに縛られるんじゃなくて、自分の身の丈にあったことを自由にやったほうがラクで、楽しいじゃないって。


田中辰巳

いまの時代は法律の条文を眺めていただけでは危機管理はできない。大きな社会の流れを見ておく必要がある。キーワードは「公平・公正・安心・安全」。社会が成熟し、民主主義が浸透すればするほど「公平・公正・安心・安全」の確保が求められるようになる。


新宅祐太郎

当社の利益率は日本企業としてはまずまずの水準だと思いますが、私は満足していません。もっと利益を上げられるし、そうでなくてはならない。日本企業は長い間、規模の拡大を重視し、利益はそれについてくると考えてきた面があります。しかし、欧米の超大企業は徹底して利益にこだわります。高い利益を上げて、それを次の巨額投資に使い、さらに大きくなる。そう動くわけです。


松本秀幸

「TOEICテストで使われる表現は70%が再利用される」という説があります。それに例えば、メールで使う表現や契約書の文面などは、ビジネスにも即役立ちます。「マークシートを塗りつぶすこと」を目的にTOEICの教材を使うのではなく表現集として使えば、本物の英語力が身につきます。そう思えば「覚えよう」というモチベーションも上がりませんか?


吉田穂波

長女が喘息で入院したことが人の力を借りるきっかけになりました。最低限の仕事すらまともにこなせなくなり、最初は抵抗があったのですが、思い切ってシッターさんを頼んでみたところ、これが大正解。とてもいい方に巡り会え、金銭的な負担も思ったほどではなく、私の負担は大いに減るといいことづくめ。「子育てを人に頼るなんてとんでもない」というプライドがいかに自分を縛っていたかを思い知らされました。


田辺昇一

人間に「徳の人」と「才の人」とがある。徳の人は大将の器です。才の人は補佐役になるべきです。リーダーとして地位が高ければ高いほど、技量的能力よりも徳の方を要求されます。


楠木建

ミドル世代が部下を巻き込んで仕事をしていくには、自分の意思決定を部下に説明し、納得してもらう必要があります。そのためには自分の価値基準を持ち、言語化することが不可欠。部下にとっても、上司の価値基準への共感や尊敬があるから、「この上司について行こう」と思うのではないでしょうか。


間寛平

走ると嫌なことも忘れる。僕も借金から逃げずに、死なずにやってこられたのも、やっぱり走ってたからかなあ。


黒川博昭

これからの若者にはπ(パイ)型人間になることを意識してほしいですね。パイには二本の脚がありますが、一本は誰にも共通して必要な人間力で、必要なことをきちんと伝えるコミュニケーション能力も含まれます。もう一本が情報系の力で、問題を正確にとらえ、それを解決するために必要なICT(情報通信技術)の利用技術などの知識です。


隅田浩

僕はマーケットは常に正しいという考え方を支持します。ファンダメンタルズ分析とマーケットを比較して、両者のズレを考えるのが僕のファンダメンタルズ分析です。