名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

武内勇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武内勇のプロフィール

武内勇、たけうち・いさむ。大阪の製品表面加工技術・バイオ・ナノテクノロジーなどの研究企業ミレニアムゲートテクノロジー社長。同社は世界シェアトップの技術を多数保有している

武内勇の名言 一覧

金属の疲労破壊は表層から始まりますから、表層にナノレベルでコントロールされたレイヤー(層)を貼れば、ほとんど破壊は防げる。そのレイヤーはメッキ技術の応用でいけるわけです。理論的には鉄鋼材料でいえば、母材の百倍の強度アップが可能になりますから、理想郷度まであげられる。自動車や航空機の軽量化に繋がりますし、燃焼の配管強度がアップできれば、原子力の供給安定も可能にしてくれるんです。夢の素材と言っていいと思います。


我々はメッキの液の開発から前工程、後工程の必要なプロセスの開発を全部やります。それらをやらないとモノにならないですから。それから、メッキで構造体をつくり上げる技術も持っていますから、立体構造も作れるんです。加えて、常温で接合する技術を使って非常に強固な結合を可能にしていて、用途に向けた開発の可能性が広がっています。


いままではメッキを厚みとか析出する粒子単位でコントロールする技術がないし、またその発想すらなかった。言ってみれば、いわゆるメッキ屋さんはメッキ技術を使っているのではなくて、メッキ作業をしているだけなんです。メッキ液も、薬品メーカーさんが開発したものを買ってきて、機械も機械屋さんから買ってきて使っているだけ。どういうメカニズムで機械が成り立ち、どういうことが可能なのかほとんど理解されていない。熟練キャリアがあると言っても、ただ作業に熟練しているだけで、メッキの持つ技術的なポテンシャルを何も理解していない。


メッキというのは非常に面白いんです。みなさん、メッキと言うと、ローテクの代表みたいに思われて、単なる表面の修飾技術だと思っていますけど、そうではありません。メッキはボトムアップ型のナノテクノロジーそのものなんです。金属原子を一つ一つ積み上げていくということで、まさにオングストローム(1オングストローム=0.1ナノメートル)単位の作業ですから、ナノテクを超えたスーパーナノテクなんです。


汗水たらして働くことや世の中に役立つものを作ることを馬鹿にするような風潮がまかり通っていることは非常に残念です。汗をかかず涼しい顔をして、やすやすと金儲けをする人をスマートでかっこいいと評価する。そもそも汗と知恵を別物とする考えは間違っています。汗と知恵がそろってはじめて、本当の価値が生まれる。肥沃な大地をつくることに手をかけずに、おいしい実のなる木が育つわけがない。


武内勇の経歴・略歴

武内勇、たけうち・いさむ。大阪の製品表面加工技術・バイオ・ナノテクノロジーなどの研究企業ミレニアムゲートテクノロジー社長。同社は世界シェアトップの技術を多数保有している

他の記事も読んでみる

浦沢直樹

物語を面白くするためにはどんな努力でもします。面白いと納得するまで妥協はしません。もともと仕事ではなく、遊びで始めた漫画です。遊びに妥協なんてありませんよ。


堀場雅夫

日本企業を元気づけるには、60歳以上の人をみんな会社から外してしまえばいいんです。そうすれば1年以内に平均株価は倍になりますよ。あらゆる執行部門のトップは体力、知力、経験の面で40代が一番いいですね。社長は還暦が限界ですよ。私自身は53歳で社長を譲りました。


熊切直美

何か特別な方法や秘策があるわけではありません。当たり前のことを、まさに現場で実践できるかどうかが差になって現れるのです。


野坂英吾

なぜ上手く行ったのか、その本質を理解しないで安易に次に進むと、予想もしない大きな失敗をしてしまうことがあります。何か結果が出たということは、必ず理由があります。出来れば一つではなく複数の理由を挙げられることが理想です。その要因を分解していけば、何か再現できるポイントが見つかるかもしれません。再現出来ることが分かれば、それは継続することが可能になりますので、「再現性」と「継続性」は最も意識してきたポイントです。


ティム・コラー

考え方次第では見える景色が変わる。過去30年の黄金期と比較すれば、今後の見通しはひどく悪く見えるだろう。しかし、比較の対象を過去百年に広げれば、さほど悪くは感じられないはずだ。かつてのノーマルな水準に戻るだけなのだから。


小松万希子

公差(こうさ。図面上の数値と測定値の間で許容される誤差の範囲)も、より小さい値を求められます。人の命にかかわる分野ですから厳しいのは当然ですが、これをクリアするのは大変でした。でも、この難題のおかげで、当社の技術がまた一段階進化しました。

【覚え書き|血管内治療器具に使う超精密ばね開発・製造に挑戦したことを振り返って】


國分利治

目標を掲げたうえで、毎日の仕事を○か×かで採点する。△はナシ。白黒ハッキリさせると「×の仕事を明日、○にするにはどうしたらいいか」と考える癖がつく。


クラウゼヴィッツ

軍の戦力は、これを指揮する将帥の精神によって決まる。


梅原誠

「机上で考える前に手で考えろ」。大学の教授からの言葉でいまも記憶に残っている。理論武装する前に手で触れ、考えろ。ものづくりの基本です。


藤田恭嗣

人生の最後の場面で「自分は幸せだった」と言い切りたい。


俣野成敏

私も会社員時代には、3回ほど異動をしたことがあります。正直行きたい部署ではありませんでした。でも、ある人にこう言われました。「富士山は、登山道がいくつかあるけど、頂上は1つ。だから上を目指す人には、どんな部署から登りつめていこうと関係ない」と。そんな言葉を胸に、慣れない部署でも腐らず一生懸命やっているうちに、自分でも気づかなかった適性が見えてきました。


柳川範之

40代がまずやるべきことは、自分の持っている「スキルの棚卸し」をすること。自分はどんなスキルを持っていて、社外でも通用するのかどうか。それを客観的に整理することが一番大切です。40代まで仕事をしてきたビジネスマンなら、ほとんどの人はそれなりのスキルや技術を持っているはずです。ただ、それが社外でどう活かせるのか考えたことがなく、整理できていないのが問題。だから、まずは棚卸しをするべきなのです。