武内勇の名言

武内勇のプロフィール

武内勇、たけうち・いさむ。大阪の製品表面加工技術・バイオ・ナノテクノロジーなどの研究企業ミレニアムゲートテクノロジー社長。同社は世界シェアトップの技術を多数保有している

武内勇の名言 一覧

金属の疲労破壊は表層から始まりますから、表層にナノレベルでコントロールされたレイヤー(層)を貼れば、ほとんど破壊は防げる。そのレイヤーはメッキ技術の応用でいけるわけです。理論的には鉄鋼材料でいえば、母材の百倍の強度アップが可能になりますから、理想郷度まであげられる。自動車や航空機の軽量化に繋がりますし、燃焼の配管強度がアップできれば、原子力の供給安定も可能にしてくれるんです。夢の素材と言っていいと思います。


我々はメッキの液の開発から前工程、後工程の必要なプロセスの開発を全部やります。それらをやらないとモノにならないですから。それから、メッキで構造体をつくり上げる技術も持っていますから、立体構造も作れるんです。加えて、常温で接合する技術を使って非常に強固な結合を可能にしていて、用途に向けた開発の可能性が広がっています。


いままではメッキを厚みとか析出する粒子単位でコントロールする技術がないし、またその発想すらなかった。言ってみれば、いわゆるメッキ屋さんはメッキ技術を使っているのではなくて、メッキ作業をしているだけなんです。メッキ液も、薬品メーカーさんが開発したものを買ってきて、機械も機械屋さんから買ってきて使っているだけ。どういうメカニズムで機械が成り立ち、どういうことが可能なのかほとんど理解されていない。熟練キャリアがあると言っても、ただ作業に熟練しているだけで、メッキの持つ技術的なポテンシャルを何も理解していない。


メッキというのは非常に面白いんです。みなさん、メッキと言うと、ローテクの代表みたいに思われて、単なる表面の修飾技術だと思っていますけど、そうではありません。メッキはボトムアップ型のナノテクノロジーそのものなんです。金属原子を一つ一つ積み上げていくということで、まさにオングストローム(1オングストローム=0.1ナノメートル)単位の作業ですから、ナノテクを超えたスーパーナノテクなんです。


汗水たらして働くことや世の中に役立つものを作ることを馬鹿にするような風潮がまかり通っていることは非常に残念です。汗をかかず涼しい顔をして、やすやすと金儲けをする人をスマートでかっこいいと評価する。そもそも汗と知恵を別物とする考えは間違っています。汗と知恵がそろってはじめて、本当の価値が生まれる。肥沃な大地をつくることに手をかけずに、おいしい実のなる木が育つわけがない。


武内勇の経歴・略歴

武内勇、たけうち・いさむ。大阪の製品表面加工技術・バイオ・ナノテクノロジーなどの研究企業ミレニアムゲートテクノロジー社長。同社は世界シェアトップの技術を多数保有している

他の記事も読んでみる

村上和徳

シリコンバレーの非公式なスローガンは「早く、たくさん前のめりに失敗する」こと。世界の最先端もまた、失敗することに大きな価値を見出している。


御手洗冨士夫

戦略的にBtoBを強化しています。BtoCの製品は多かれ少なかれファッション性が求められます。従ってはやり廃りの回転がとても速い。過当競争になってしまえば、研究開発費を回収する前に次のトレンドへと移ってしまいます。市場を独占できる製品は別かもしれませんが、BtoCの製品は回転が速く当たり外れが大きいので経営が安定しないという面があります。


本田直之

計画は逆算でやるのが鉄則。「アレをやってから次をやろう」と、積み上げ式の計画ではどんどん先延ばしになってしまう。


佐々木常夫

部下にもいろいろなタイプがいる。何も言わなくてもどんどん仕事をする人もいれば、性格的にひねくれた人もいる。どうしてもウマが合わないタイプもいるだろう。だがどんな部下でも、一人ひとりが貴重な戦力である。


仲暁子

ネットの世界では、7~10年に1回の頻度で大きな波が来て、何もかもがリセットされると言われています。当時はスマートフォンやSNSが普及する直前で、「巨大な波がもうすぐ来る」と言われていた。「やるなら今しかない!」と、フェイスブックを半年で辞め、実名制のQ&Aサイトを立ち上げたのが、当社の出発点です。


午堂登紀雄

気が散って仕方がないときには、オフィスを飛び出し、「仕事をひとつだけ持って、電車に乗ること」をお勧めします。集中力を強制的によみがえらせるコツは、邪魔が入らない環境をつくりだすこと。「会議室にこもる」のはそのひとつですが、何度もやっていると、慣れてきてしまいます。そこで、電車を活用するのです。ひとつしか仕事を持ってこなければ、他にやることがありませんから、その仕事に没頭しやすくなります。また、電車の中は、適度に他人の視線があるので、自分しかいない部屋に比べて緊張感を保ちやすいのです。


齋藤孝(教育学者)

雑談にはオチをつける必要はありません。雑談は雑な話だからこそ雑談。まとめようとした時点でゲームは強制終了。広がりがありません。時間がきてタイムオーバーくらいがちょうどいい。


小林作都子

正しい言葉や敬語が使える人は、教養や品性があるように見えますし、「親のしつけができている」「きちんとした人間だ」などと人間としての内面性も高く評価されます。その結果、相手との信頼関係をほかの人より早く構築することができます。


神田昌典

一流の経営者ほど歴史本をよく読むといいますが、彼らは決して事実を追うだけではなく、「歴史の激動の中で、人はどのようにものを考えるのか」「リーダーはどのように部下をまとめ、困難を打開したのか」に注目します。それが人心掌握やリーダーシップに大いに役立つのです。


滝一夫

我々のビジネスはBtoBです。アパレルメーカーへのODMや専門量販店などに商品を納めています。その商品が売れなければ、次の取引はありません。量販店は商品の在庫回転率が命ですから、絶対に売れると自信の持てる商品ニーズをいち早くつかみ、製品化しなければいけません。つまり、店頭で消化できるヒット商品をどれだけ生み出せるかがタキヒヨーの存在価値だと考えています。


前田新造

BC(美容部員)は、一人一日数十名のお客様を接客しているわけですから、年間で見れば何千名、何万名というお客様に接しているわけです。彼女たちは誰よりもお客様が求めているものを肌で感じ取っています。この宝の山を掘り起こし、商品開発や販売促進、広告宣伝といった具体的な施策として実現することが私たちの仕事です。


川邊健太郎

ネットビジネスの世界では、新サービスを一早く市場に投入した者が勝つことが多いのは事実。製造業や実店舗を持つ小売業などと比べると、スピードの価値が特に高い業界と言えます。


末木紳也

スペシャリストというのはさまざまな経験を通じ、仕事の専門性を身につけているだけではなく、その分野を論理的に語れる知識も持つ人です。本来、スペシャリストはコンサルタント的視点も持っています。企業はその視点を求めているのです。


沢庵宗彭(沢庵和尚)

人の良し悪しを知らんと思わば、その愛し用いられている臣下、または親しみ交わる友達をもって知れ。


平尾誠二

話が伝わらないのは自分の話に説得力が足りないからだと考えてしまう。でも、いまのように個々の価値観も違えば、理解力にも差がある時代に、誰に対しても説得力のある話し方があるのなら、私が教えて欲しいくらいです。


ページの先頭へ