名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

武井浩三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

武井浩三のプロフィール

武井浩三、たけい・こうぞう。日本の経営者。「ダイヤモンドメディア」社長。ホワイト企業大賞受賞を受賞。著書に『会社からルールをなくして社長も投票で決める会社をやってみた。 人を大事にするホラクラシー経営とは?』。

武井浩三の名言 一覧

人材の新陳代謝は非常にいいと思います。会社というのは離職率が低ければいいわけではなく、相性の問題が大きいため、結果的に自社に合う人材が残るのは、極めて自然な状況でしょう。


給料とは本来、非常に難しいものだと思います。その人が会社にもたらす価値は絶対的なものではなく、タイミングや環境によって変わります。それでも金額を決めなければならないなら、全員でオープンに話し合って決めるのが最もフェアではないでしょうか。


会社を立ち上げる際、事業内容よりも先に、どういう組織であるべきかを考えました。何をやるかは二の次だったので、とりあえずどんなビジネスでも対応できるように、定款には様々な事業を片っ端から羅列しておいたんです(笑)。


バンドは個人事業主の集まりのようなもの。活動を続けるうちにメンバー間の役割が明確になり、やがてリーダーが自然発生します。何より、皆、音楽が好きで自発的にやっている。肌に合わなければ、無理して続ける必要はありません。仕事も本来そうあるべきで、そういう働き方ができる会社をつくりたいと考えたんです。


武井浩三の経歴・略歴

武井浩三、たけい・こうぞう。日本の経営者。「ダイヤモンドメディア」社長。ホワイト企業大賞受賞を受賞。著書に『会社からルールをなくして社長も投票で決める会社をやってみた。 人を大事にするホラクラシー経営とは?』。

他の記事も読んでみる

石黒不二代

留学したのは、日本では子育てをしながら理想の働き方を追求するのが難しいと考えたからです。現に日本で外資系企業に勤めていると18時に子供を迎えに行くのは困難ですが、シリコンバレーではみんな仕事を終わらせて迎えに行きます。上司も定時に帰るので、帰り際に仕事を依頼されることもありません。子育てに対する社会のサポートが手厚いんですね。働く母親としてはストレスもなく最高の環境でした。


三谷宏幸

GEでは「失敗の中から仕事を学ぶ」ことを重視しています。「失敗を仕組む」とまでは言わないまでも、その人に失敗をなるべく多く体験させようとします。成功体験しか持たない人は一度つまずくと立ち直れないことが多いからです。


苅野進

理解してほしいのは、「ロジカルシンキングは、いつでも誰にでも通用する答えを出してくれる魔法の道具ではない」ということ。その場にいる全員で「前提」を確認し、共有していなければ、考えた結論に対して納得感を得ることはできませんし、論理的に導き出した案も実際にうまくいくかどうかは未知数なので、ほぼ確実に修正が必要になります。


新将命

今、世界を覆っている潮流はグローバル化と多様化であり、同じ会社の中で宗教や価値観の異なる人々が働いています。日常業務には多様なやり方があってかまいませんが、根源となる理念は全員が一つの方向を向かなければなりません。皆の心を一つに束ねる企業理念があると、組織に求心力が働きます。


井出健義

小売事業で最も重要なのは、「いかに社員に元気に働いてもらえるか」なんです。例えば夜20時頃、セールスがお客様のところから帰ってきて、そこから4~5本、お客様に電話を入れるとか、サービスアドバイザーが、お客様にサービス入庫の勧誘電話をかけるかといったところで商売は決まってしまうんです。


松井道夫

ビジネスモデルが陳腐化すると、価格競争が激化しがち。安売りは業界全体の衰退を誘う。


小笹芳央

「自分はできる」という自惚れと、周囲の「使えないヤツ」という評価。そのギャップを放置すると、信頼を失ってしまう。「つもりの自分」と、同僚の目に映る自分のギャップを埋めることが、ビジネスパーソンとしての成長につながります。


冨山和彦

世の中の不確実性やリスクが高い時こそ原理原則に立ち戻る。


安達一彦

企業は人。とくにIT系の会社は人に尽きる。


岡田祥吾

マッキンゼーで多くのクライアントさんと仕事をする中で、英語がネックになってビジネスができない、または出遅れる場面を何度も見て来ました。スキルもあって、頭もいいのに、英語ができないから海外のプロジェクトに入れない。「たかが手段」の英語によって損をしてる人がすごく多いことを目の当たりにしました。僕も英語ができなかったところからできるようになったし、やり方も自分としてはわかっている。これをシェアすることは日本の世の中のためになるし、自分としても実現できるのかなと思ったんです。


福井正憲

やって良かったし、やらなくても良かったかもしれない。どちらも一緒です。成功するまでやればいい。


吉井雄一

すごく大事なのは、日々何を思っているかということ。毎日お客さんに対応していく中で、小さなことでもお客さんを喜ばせられるよう、思い続けていく。その積み重ねが一人ひとりに届いているんだと思います。