歌田勝弘の名言

歌田勝弘のプロフィール

歌田勝弘、うただ・かつひろ、味の素第7代社長。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、味の素に入社。大阪支店長、取締役、専務、副社長を経て社長。JR東日本取締役、経団連副会長、富国生命社外取締役、日本インベスター・リレーションズ協議会会長、バイオインダストリー協会理事長などを務めた経営者

歌田勝弘の名言 一覧

企業理念の確立は、トップ・マネジメントの仕事。
【覚書き:社長は企業文化を作ることに腐心しなければいけないという自信の経営哲学を語った言葉】


幹部間のコミュニケーションは良くしておかないといけません。首脳陣に意見の違いがあると部下にいろんな弊害が出ます。


歌田勝弘の経歴・略歴

歌田勝弘、うただ・かつひろ、味の素第7代社長。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、味の素に入社。大阪支店長、取締役、専務、副社長を経て社長。JR東日本取締役、経団連副会長、富国生命社外取締役、日本インベスター・リレーションズ協議会会長、バイオインダストリー協会理事長などを務めた経営者

他の記事も読んでみる

能作克治

地元の人から「能作はいいね」と言ってもらえるのが一番ですね。県外にもうちの商品を持っていってくれて、「能作は富山県なんだ」と宣伝してくれる。タクシーの運転手さんも、お客様から「能作までお願いします」と言われると、高岡駅から当社に着くまでのあいだに、能作についてひととおり語ってくれる。そうなると、うちは営業が要りません。


マーニー・レヴィーン

インスタグラムというプラットフォームによって、世界中の人々が経験を共有できるようになりました。人間だけをつなぐのではなく、場所やサービス、モノ、そしてビジネスのつながりも生まれています。例えば京都・清水寺のインスタグラム公式アカウントは約16万人のフォロワーがいます。美しい写真をSNSで見るだけでなく、実際に多くの人が現地を訪れるようになりました。ユーザーの75%が、投稿に触発されて検索したり商品を買ったりするという調査結果もあります。


柳井正

いったん海外に出ていくと、日本にいる時と全く違う環境が待っています。日本ではユニクロと名乗るだけで、ひょっとしたら商品が売れるかもしれない。しかし、海外ではそういうことはあり得ない。ゼロから自分の力を試される。けれども、そういった未体験の環境で、店長として活躍することができれば、その人にとっては大きなキャリアになる。日本のスタイルを単純に持ち込むのではなく、自分の頭で判断して、現地の店長になってほしい。


石破茂

政治家は常に選挙区に帰って地元の会合で「皆さんこうじゃないですか」と語り合うことが大事だと私は思う。何となく、最近は永田町と霞ヶ関とメディアの中だけで政治が完結しちゃっているような気がするんですよ。


佐渡島庸平

新人作家でも、アイデアのレベルが高く、「最高」と評価される漫画を1話なら書けるかもしれない。でも、天才は違う。その「最高」に満足せずに、もっと上、もっと上の「最高」を次々とクリアしていく。


千林紀子

業績を何とかしたいと自分1人が頑張ってもどうにもならない状況があると知りました。そこで力になってくれたのが仲間たちです。だからこそ組織の力を信じ、組織の力で物事を変えていきたいんです。


ドナルド・トランプ

ミケランジェロやベートーヴェンのような人々が大変な苦難に見舞われたのは誰もが知るところだろう。だが彼らは打ち克ち、数百年後の今もその名は生き永らえている。他の人々が目標の達成までにどんな苦労をしたかを知ると気が楽になる。


大橋洋治

攻めの経営への具体策はグループ社員が一丸となって新しい全日空を作ることに尽きます。言ってみれば、いまほど危機感を抱えているときはないわけで、みんな緊張していますから、一丸となって危機を乗り越えるチャンスだと言っています。「ピンチはチャンス」全員が企業家精神を持ち、危機に立ち向かって競争力をつけていかなければいけない。


御手洗瑞子

やらないと判断していることはたくさんあります。私が商品不足だと話すと、「人気があるなら、もっと値上げしてもいいんじゃない?」と言う人がいます。でも、これはしません。商品の価値は変わらないのに、今売れているからといって値段を上げるのは、お客様に対して誠実な態度ではないと思うからです。関係を短期的に考えているともいえるでしょう。いいものをつくり、自分たちがまっとうだと思う価格で販売する。そこがブレると、信頼は得られないと思うのです。


稲盛和夫

リーダーは、常に謙虚でなければならない。謙虚なリーダーだけが、協調性のある集団を築き、その集団を調和のとれた永続する成功に導くことができる。


藤波克之

私は20代の折は通信関連の会社で働いていましたが、入社して外部の視点から見たおしぼり業界は保守的で、成長性が見込めないように感じていました。そこで私は既成概念を打破するために、香りやオシャレなイメージといった付加価値をつけ、女性をターゲットに据えた新しいおしぼりを考えました。提案した当初は、食前のおしぼりに香りなどいらないという声もありましたが、女性のお客様からの要望も多くあったことが後押しになりました。


新田信行

東日本大震災当時、私はコンプライアンス部長を務めており、トラブル処理は私の担当部署で行っていたのです。官庁、お客様、弁護士、マスコミなど、外部の目にさらされ続けてきましたから、外部に対する説明責任を持っていなければなりません。例えば外部の方々から「なぜ貸し渋りをするのか」と言われた時に「格付け、担保はこうなっています」という言葉は通用しません。ですが「預金者保護です」、「中小企業を守るためにやっています」という言葉は言えます。自分で考え、外に対して説明する責任を常に負っていましたから、訓練になったかもしれません。


葛西敬之

リーダーは達成すべき目標を定めて、それに向かって動く人間でなければなりません。動いているときというのは、人の気持ちはひとつにまとまります。だから、常に受動ではなく、能動であれということです。


加藤昌史

お客さんの心をつかむために重要なのは「声」。第一声から消え入りそうな声だったら、心はつかめない。最初の10秒は全員に届くように、高めの大きな声から入る。私は「バズーカー砲を撃つ声」と呼んでいます。


岩田弘三

私がいま創業したとしても、おそらくこれほど業績を伸ばすことはできないでしょう。その意味で私は恵まれていました。


ページの先頭へ