名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

次原悦子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

次原悦子のプロフィール

次原悦子、つぎはら・えつこ。日本の経営者。PR会社のサニーサイドアップ社長。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。大手企業の商品、書籍の広告宣伝活動や、水泳の北島康介、サッカー選手の中田英寿、陸上の為末大、ゴルフの上田桃子などプロスポーツ選手のマネジメントも手掛け同社を大きく成長させた。

次原悦子の名言 一覧

商品が出来上がってから広告宣伝を考えるのは遅いのです。商品の企画段階から手を打っておくともっと効果的です。たとえば、当社が商品開発からお手伝いした、東ハトの「暴君ハバネロ」は、PRを念頭に置いて「とにかく世界一辛いお菓子をつくろう」というアイデアから始めました。世界一ですからギネスにも認定され、マスコミがどんどん取り上げてくれて、広告宣伝費もほとんど使わずに済みました。


当社の仕事で、「吹きこぼれない鍋の蓋」のPRの仕事がありました。鍋の蓋を持ってメディアを回っても、誰も相手にしてくれません。そこで思いついたのが、他社のキッチン便利グッズを買いそろえて回るというやり方です。鍋の蓋だけでは記事になりませんが、たとえば「イチゴのへた取り器」などの便利グッズを揃えれば記事になります。それを買い込んで「これで料理便利グッズ特集はどうですか」と、女性誌の編集部に企画を持ち込み、特集記事にしてもらいました。


PRの切り口は様々です。「そんな宣伝はうちのイメージに合わない!」と硬く考えず、商品やサービスのイメージを膨らませると、効率のいいPRにつながります。


まったく新しいサービスで、日本にまだ市場がなく、認知度が低いものを売り出すときは、先行して話題の種をまいておくことも大切です。


PRは常識にとらわれなくていいんです。街を歩いたりネットを見たりしながら、「PRで使えないかな」という意識を持つことが大事です。面白いと思ったら、それはPRのアイデアにつながります。


広告宣伝というと、スポットCMを打ったり、大規模なイベントを開かないと効果が出ないと思っていませんか。実はそうとは限らないんです。私は高校生のときから母の手伝いでこの仕事をやってきましたが、当初は無名のPR会社でお金もなかったので、いかにお金をかけずに商品をPRするかに腐心しました。


次原悦子の経歴・略歴

次原悦子、つぎはら・えつこ。日本の経営者。PR会社のサニーサイドアップ社長。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。大手企業の商品、書籍の広告宣伝活動や、水泳の北島康介、サッカー選手の中田英寿、陸上の為末大、ゴルフの上田桃子などプロスポーツ選手のマネジメントも手掛け同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

新井直之(執事)

脳科学では脳の働きのゴールデンタイムは朝、目覚めた後の3時間だとされています。実際、大富豪の皆様のほとんどは目覚めてすぐに次々と重要な案件の意思決定を済ませてしまいます。以来、執事である私もここ一番の繁忙期は徹夜などせず、あえて早く寝ます。目覚めはスッキリし、集中力が違います。大富豪となられる方は、経験的に良き眠りが良き日常を作り出すことを理解されているのでしょう。


谷原誠

誘導質問をされると、相手の都合のよい展開にどんどんなっていく。それを不快に感じる人も多い。誘導質問とは知らずに使っている人は、それを自覚した方がいい。例えば、モノが売れても、売った人や商品、企業の評判が落ちてしまう危険性がある。相手が後で「騙された」と苦情を寄せてトラブルに発展するケースもあります。


片山幹雄

絶対に手を緩めず「お客様の不満ゼロ」を目指します。これは国内だけでなく、全世界に展開すべきことですから、アフターサービス業務の進め方やシステムは世界各地で統一しています。


安藤忠雄

私の場合は建築が専門ですが、それぞれの専門分野において、自分の腑に落ちるまでものごとを突き詰めて考えてきたかということが大事です。


米山久

外部の人と会うことは、自分自身の感性を磨くためにも重要です。私はなるべく同業者ではなく、ジャンルの違う経営者の方と会食する機会を設けるようにしていますし、時には仕事をまったく離れた人との交流も大事にしています。


宮戸直輝

(支社長クラス約半分を入れ替えた)年度初めに、その支社長全員と本社の幹部が集まった席は、非常に衝撃的で面白かったですよ。ベテラン連中にすると、「あいつ誰だ?」と知らない新人支社長がいっぱいいるわけです。いままで長期間支社長をしていた連中も、「これはヤバい、社長は本気だ」と一種の危機感を持つようになります。新人同士も励みになり、リーダーが活気づくと支社の職員も元気になります。しかし、すべてが上手くいくわけではなく、1年以内に元の副支社長などに再度異動させたものが10人くらいいました。組織として人を育てるにはそれぐらいしなければダメです。
【覚書き|大同生命社長時代に、100人ほどいた支社長クラスの約半分を入れ替える大胆人事をした効果について語った言葉】


柴田励司

皆さんにお勧めしたいのが、会社に行く前の1時間半の捻出。この1時間半を自分のために確保することです。まず1時間は、情報を体系化するスループットの作業など、目の前の業務とは直接関係のないことに使います。残りの30分は、まさに今、目の前の業務のために使います。昨日やり残した雑務やメールの処理があるはずなので。この1時間半は会社以外の場所で過ごすのがいいかもしれません。自宅でもカフェでも構いません。出社していると誰かにつかまって、自分の時間を奪われてしまいがちだからです。


野尻哲史

資産形成を考える時に大切なのが、いくらの金額で資産形成をするかです。言い換えれば、毎月2万円を資産形成に充てるのか、それとも3万円なのか、ということです。別の言い回しをすれば、「給料の何%を資産形成に回すか」ということでもあります。米国ではこの目標を15%にすべきだとの考え方も提示されています。比率で考えるのは所得が上がればその分、資産形成に回す資金も増やすことができるという考え方が背景にあります。若い人にはかえって分かりやすいのではないでしょうか。


但木敬一

国内企業の株式保有率を見ても30%は外国のファンドが持っています。そうなると、日本企業はグローバルな視点で行動しなければならないのは当たり前です。ただ、ここで工夫しなければならない。大昔、日本は中国から律令制度を取り入れました。しかし、同じく古代中国の代表的な制度である科挙制度、宦官制度は取り入れませんでした。それは日本の風土に合わないからです。ガバナンスには取り組まなければなりませんが、一方で日本的な特性をなくさずにどうやって生き残っていくかが大事なんです。


玉塚元一

トップダウンだけでは組織は強くなれない。チーム力を発揮できてこそ高い壁も乗り越えられる。


デービッド・アーカー

企業は売上や利益ばかりを追求するのではなく、社員を鼓舞し、顧客との信頼関係を高めるために、高い目的意識を構築する必要がある。


柳澤大輔

基本的には一人の思いつきが発端で、その後にチームを集めてブレスト(ブレインストーミング)します。消化というか掛け算するような感じですね。何かの着眼点を踏み台に、また違うアイデアをかぶせるというか。いくら周りがあれこれ言っても本人が採用しなければ、それでもOKですし。なので、誰かが持ち込んだんだけど、最終的なアウトプットはまったく違うものになったりして。そういう組み合わせの面白さは、一人よりチームの方が勝るというのが、カヤックの考えですね。