名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

次原悦子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

次原悦子のプロフィール

次原悦子、つぎはら・えつこ。日本の経営者。PR会社のサニーサイドアップ社長。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。大手企業の商品、書籍の広告宣伝活動や、水泳の北島康介、サッカー選手の中田英寿、陸上の為末大、ゴルフの上田桃子などプロスポーツ選手のマネジメントも手掛け同社を大きく成長させた。

次原悦子の名言 一覧

商品が出来上がってから広告宣伝を考えるのは遅いのです。商品の企画段階から手を打っておくともっと効果的です。たとえば、当社が商品開発からお手伝いした、東ハトの「暴君ハバネロ」は、PRを念頭に置いて「とにかく世界一辛いお菓子をつくろう」というアイデアから始めました。世界一ですからギネスにも認定され、マスコミがどんどん取り上げてくれて、広告宣伝費もほとんど使わずに済みました。


当社の仕事で、「吹きこぼれない鍋の蓋」のPRの仕事がありました。鍋の蓋を持ってメディアを回っても、誰も相手にしてくれません。そこで思いついたのが、他社のキッチン便利グッズを買いそろえて回るというやり方です。鍋の蓋だけでは記事になりませんが、たとえば「イチゴのへた取り器」などの便利グッズを揃えれば記事になります。それを買い込んで「これで料理便利グッズ特集はどうですか」と、女性誌の編集部に企画を持ち込み、特集記事にしてもらいました。


PRの切り口は様々です。「そんな宣伝はうちのイメージに合わない!」と硬く考えず、商品やサービスのイメージを膨らませると、効率のいいPRにつながります。


まったく新しいサービスで、日本にまだ市場がなく、認知度が低いものを売り出すときは、先行して話題の種をまいておくことも大切です。


PRは常識にとらわれなくていいんです。街を歩いたりネットを見たりしながら、「PRで使えないかな」という意識を持つことが大事です。面白いと思ったら、それはPRのアイデアにつながります。


広告宣伝というと、スポットCMを打ったり、大規模なイベントを開かないと効果が出ないと思っていませんか。実はそうとは限らないんです。私は高校生のときから母の手伝いでこの仕事をやってきましたが、当初は無名のPR会社でお金もなかったので、いかにお金をかけずに商品をPRするかに腐心しました。


次原悦子の経歴・略歴

次原悦子、つぎはら・えつこ。日本の経営者。PR会社のサニーサイドアップ社長。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。大手企業の商品、書籍の広告宣伝活動や、水泳の北島康介、サッカー選手の中田英寿、陸上の為末大、ゴルフの上田桃子などプロスポーツ選手のマネジメントも手掛け同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

杉本博司

30数年も写真で作品を制作してきているから、頭の中にはいつも数百個のアイデアが出番を待っています。まだ技術的に実現できないアイデアなら、適している方法を思いつくまで待てばいいわけですね。


間川清

本を読んだだけで満足するのではなく、本に書かれていることを自分の血肉にするためには、行動することが肝要です。とくにビジネス書は、行動に移してはじめて価値があるものです。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

仕事仕事と大騒ぎするが、我々は大事な仕事など何ひとつしていない。みんな舞踏病にかかって、頭を静かにしておくことができないのだ。その証拠に、もし私が教会の鐘のひもを2、3度引っ張って火事だと知らせれば、あれほど仕事が忙しいと言い訳していた男もコンコードの外れから飛んでくるし、女も子供も一人残らず何もかも投げ出してやってくる。それも、火の中から家財道具を運び出すためではなく、正直なところ、ただ燃え盛る家を見たいがためである。


石川康晴

アパレル業界の異端児と言われ続け、新しい分野に挑戦していますが、「成長が見込めない分野には進出しない」のが僕の経営哲学で、その手法は「地道」かつ「理詰め」だと思っています。


小倉広

アドラー心理学では、人を育てるには「上から評価して褒める」のではなく、「横から勇気づける」ことが有効だと考える。褒めることの正体は依存心を育て自律性を奪うという意味で「勇気くじき」にほかならないわけだが、では、人はどんなときに最も勇気が湧くかといえば、組織や共同体への貢献を「横から感謝された」ときである。


松井忠三

人間万事塞翁が馬。将来どうなるかなんて誰にもわからないが、たったひとつ、言えることがあるとすれば、人生に無駄な経験などひとつもないということだ。会社が危機的状況に陥ることもあれば、自身も病気やケガに見舞われることもある。上司と折り合いが悪くなって左遷させられることも、珍しいことではない。そういう修羅場のときこそ、どのようにして乗り切ろうかと一生懸命に考えるものだ。そうして人は成長する。


蛭子能収

上司が偉そうでも、部下が生意気でも、大した問題ではありません。そんなことよりも、仕事がきちんと進むことのほうが大事だと思っていたら、ラクになりますよ。


岩田喜美枝

女性がもっと活躍した方が、企業が活性化することは間違いありません。例えば、見逃されていた女性消費者のニーズを汲み取ること。私はキリンホールディングスの社外監査役を務めていますが、同社のヒット商品であるノンアルコールビール「キリンフリー」は妊娠・授乳中の女性がアルコールを摂取できないという不満を感じ取った女性社員が企画、開発したものでした。


鈴木章

面白いと思うことがあったら、報酬はあまり関係がありません。仕事のしがいがあると判断したら、外国だろうと、どんどん出ていくべきです。若い人にはそのことを伝えたいと思います。


澤田秀雄

当たり前のことを正々堂々とやる。そして間違いは間違い、失敗は失敗だと正々堂々と認める。隠したりごまかしたりしない。これはいつの時代も変わらない。


茂木友三郎

日本人は切羽詰まらないと本格的に議論しないが、すでにそのタイミングが来ているように感じる。


岡野雅行(岡野工業)

他ができないことを次々に実現させると、「あそこは何でもできるから」と仕事が集まり始める。その結果、大企業からもどんどん仕事が入るようになる。