名言DB

9412 人 / 110637 名言

櫻田武(桜田武)の名言

twitter Facebook はてブ

櫻田武(桜田武)のプロフィール

櫻田武、桜田武、さくらだ・たけし。日本の経営者。「日清紡績(のちの日清紡)」社長・会長。東京大学卒。日本経営者団体連盟設立者の一人。

櫻田武(桜田武)の名言 一覧

偉い人は死ぬまで夢に向かって挑戦し続けたようだ。私もそうしたい。


感情や感動や感謝といった人間価値を大事にしなければいけない。人の恩を忘れないかぎり、必ず人は成功する。


マニュアルは個性を失わせる一面をもっているから注意が肝要だ。


自分がこの会社を繁栄させた、などと考える社長は、思い上がりの最たるものだ。預かりの精神のない社長は失格だ。


先人の踏を求めず、求めしものを求む。
【覚書き|先人が踏みしめた道・方法・先例などに答えを求めず、自分の信念に解決策を求めろという趣旨の発言】


企業の盛衰は商品の持つライフサイクルに影響を受けるものであって、いかに優秀な経営者でも、商品のライフサイクルが悪い状態のときにはいかんともしがたい。


自由競争と自己責任主義こそ今の日本の経済力の源泉だ。ルールと節度を守って自由競争し、勝ち負けの結果には経営者としての責任をとる。ところが、その自己責任と競争原理が忘れられかけている。【覚書き:上記発言は日経連名誉会長のときの発言】


社会にはびこっている「甘えの構造」を叩き直さない限り、21世紀の日本はない。国民が安逸に慣れ、活力を失えば、資源も乏しく、国土も狭い我が国は世界に立ち行かなくなる。【覚書き:日経連名誉会長時の発言】


自分がこの会社を繁栄させたなどと考える社長は思い上がりの最たるもの。預かりの精神のない社長は失格。会社というのは所詮預かりものなんだよ。もし自分以外の人間が社長になっていたらもっと会社は繁栄していたかもしれないとは考えないものだろうか。自分が社長になったのは会社を取り仕切るためじゃない。4年なり6年の間、会社をお預かりして業績を上げ、次の社長にバトンタッチするためなんだ。


櫻田武(桜田武)の経歴・略歴

櫻田武、桜田武、さくらだ・たけし。日本の経営者。「日清紡績(のちの日清紡)」社長・会長。東京大学卒。日本経営者団体連盟設立者の一人。

他の記事も読んでみる

ジェレミー・アシン

DataRobotはあらゆる分野で採用されており、企業規模も大手からベンチャーまで様々です。実はその中で、上手に活用している企業には共通する点があると感じています。トップをはじめ経営陣の理解度が高い企業ほど、導入がスムーズなんです。


赤塚保正

お店の名前以上に、何がおいしかったかが重要。


上山眞文

不動産投資の最大のリスクは「空室」ですが、当社では基本的に、人口が増え続けている都心部の優良物件だけを厳選しています。それも、スタッフが毎日のように地域に強い不動産会社に電話をして、優良物件情報を得ています。本当にいい物件は市場に出る前に業者間で取引されてしまうものだからです。


望月晴文

投資機会がないという経営者の方もおられますが、それを見つけるのが経営者の仕事のはず。中小企業のオーナー経営者は、四六時中新たな投資機会を探しています。


小林栄三

時代や社会は大きく変化を続けています。変化の振れ幅も大きくなり、情報伝達手段の発展によってそれが世界中のあらゆる業種にスピーディーに伝わってきます。そこで大切になるのは異業種を含めたネットワークです。自分と違った価値観を持つ異業種の考え方を総動員し、いろいろな知恵を授かって企業の発展を目指して欲しいと思います。技術や商品、ビジネスモデルなどイノベーションは人から生まれるのです。


魚谷雅彦

マーケティングは企業経営そのもの。


二宮清純

これだけは誰にも負けない。そう言い切れる技術を持つ選手は、そう簡単には淘汰されることはない。


中島孝志

第一印象や商談に力を入れる人は多く、ここで差をつけるのは大変です。でも、別れ際を気にする人は少ない。いわばコミュニケーションのブルーオーシャンなんです。ちよと意識を変えるだけで、他の人と大きく差別化ができるはずですよ。


高木芳紀(髙木芳紀)

名刺の肩書きでその分野の専門家であることを示すと、相手の関心を引けます。その際、ニッチな分野の肩書の方がいい。例えば、名刺アドバイザーよりも、「社長の名刺アドバイザー」とした方が、同じ肩書を使うライバルが少ないので、ネット検索ですぐに見つかる。ただ、あまりにもニッチすぎて、中途半端な造語は逆効果。あくまでも分かりやすさが前提です。


久保利英明

間違えたDNAを引き継いだ人は何度でも同じ間違いをします。これは会社も同じ。つぶれる会社は何遍もつぶれるのと一緒です。


橋下徹

  1. 議論が平行線になってきたら、議論当事者の価値観を整理する。
  2. 価値観が決定的に異なるのであれば、それは価値観の違いとしてこれ以上の議論が無意味であることを相互に納得する。
  3. それでもあえて議論をして解を得ようとするなら、どちらの価値観(土俵)で議論するかを決める。その際どちらの価値観が正しいかを議論しても無意味。どちらの価値観に拠って立つかをエイヤーで決めるだけ。

この3か条が、議論が平行線になったときに、意味のない議論の時間を避け、問題解決への糸口を見つける黄金の問題解決法だ。


廣田正

48年間の菱食での人生のうち前半の30年くらいは苦労の連続でした。たやすく前が開けてきたわけではありません。ある意味で最も伝統的な産業、卸売業の従来の常識からは抵抗を受ける場面もありました。


藤田晋

私はこれまで、謙虚さを失って消えていった起業家をたくさん見てきました。最初は会社を経営するということが、どれだけ難しく、どれだけ怖いかを身をもって実感しながら慎重に事を進めていきますが、ある時、大きな成功を収めた途端、おかしくなる人が本当に多いのです。安全運転の方法を忘れてしまったかのように暴走し始めます。「自分は勝てる」と思い込んでいるのでしょうか。人が変わったように、無謀なことに手を出していきます。


田中稔一

経営立て直しのためには、一人一人が果敢に行動するとともに、全員が同じ方向を向いていることが重要でした。とくに組織が大きくなればなるほど、経営陣の考える時間軸と、社員の考える時間軸の間にズレが生じてしまうからです。


コシノジュンコ

仕事を負担だと思ったことはありません。負担と感じてやると逃げ腰になり、いい仕事などできないのではないでしょうか。