名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

櫻田武(桜田武)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

櫻田武(桜田武)のプロフィール

櫻田武、桜田武、さくらだ・たけし。日本の経営者。「日清紡績(のちの日清紡)」社長・会長。東京大学卒。日本経営者団体連盟設立者の一人。

櫻田武(桜田武)の名言 一覧

偉い人は死ぬまで夢に向かって挑戦し続けたようだ。私もそうしたい。


感情や感動や感謝といった人間価値を大事にしなければいけない。人の恩を忘れないかぎり、必ず人は成功する。


マニュアルは個性を失わせる一面をもっているから注意が肝要だ。


自分がこの会社を繁栄させた、などと考える社長は、思い上がりの最たるものだ。預かりの精神のない社長は失格だ。


先人の踏を求めず、求めしものを求む。
【覚書き|先人が踏みしめた道・方法・先例などに答えを求めず、自分の信念に解決策を求めろという趣旨の発言】


企業の盛衰は商品の持つライフサイクルに影響を受けるものであって、いかに優秀な経営者でも、商品のライフサイクルが悪い状態のときにはいかんともしがたい。


自由競争と自己責任主義こそ今の日本の経済力の源泉だ。ルールと節度を守って自由競争し、勝ち負けの結果には経営者としての責任をとる。ところが、その自己責任と競争原理が忘れられかけている。【覚書き:上記発言は日経連名誉会長のときの発言】


社会にはびこっている「甘えの構造」を叩き直さない限り、21世紀の日本はない。国民が安逸に慣れ、活力を失えば、資源も乏しく、国土も狭い我が国は世界に立ち行かなくなる。【覚書き:日経連名誉会長時の発言】


自分がこの会社を繁栄させたなどと考える社長は思い上がりの最たるもの。預かりの精神のない社長は失格。会社というのは所詮預かりものなんだよ。もし自分以外の人間が社長になっていたらもっと会社は繁栄していたかもしれないとは考えないものだろうか。自分が社長になったのは会社を取り仕切るためじゃない。4年なり6年の間、会社をお預かりして業績を上げ、次の社長にバトンタッチするためなんだ。


櫻田武(桜田武)の経歴・略歴

櫻田武、桜田武、さくらだ・たけし。日本の経営者。「日清紡績(のちの日清紡)」社長・会長。東京大学卒。日本経営者団体連盟設立者の一人。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

農地を残したいと願う地主や、環境破壊になるのではないかと心配する地元住民を説得し、地域と協力していかないと事業は上手くいかないと気づかされました。同条件なら地元企業と取引し、労働力も現地の人を使う。日本人だけで固まらないように、駐在員は分散して住まわせ、お祭りなどにも積極的に参加させるなど、できる限りの現地化を進めました。
【覚書き|初めて海外に醤油工場を建設したときを振り返っての発言】


奥野宣之

「ノートの中にすべての情報を一元化する」というやり方に行き着いたのも、やはり活用することが大事と考えたからです。毎朝、新聞を読んでいても、受け身のままでは内容を活用することができません。大事なのはいろんな情報を有機的につなげながら、「なるほど」とか「いや、俺はこう思う」という自分の反応だと思うのです。


倉益幸弘

会議の目的・内容もいろいろな違いはあると思いますが、大切なのは時間の長短ではなく、その進め方や内容です。


梁瀬行雄

会社側も退職者を再雇用するにあたっては、本人の専門性が発揮できる人事を行うなどの配慮が必要でしょう。当社では主に60歳以上の人材を、営業推進役、または業務推進役として採用しています。たとえば、営業推進役ならば、それまでに培ってきた豊富な知識と人脈を大いに活用していただき、優良顧客の開拓に尽力していただいています。


近藤淳也

相手が言うことを単に肯定するだけでなく、それに対して違う意見を表明することで、初めて議論の拡がりが出て、次の次元に議論が進めるということだと思う。


的場文男

1年、1年が勝負だと思ってやってきた。頑張ってきたんです。ただがむしゃらに、精一杯。


成瀬まゆみ

一番モチベーションが上がるのは、達成確率が五分五分のときだとポジティブ心理学の研究でも判明しています。


オリソン・スウェット・マーデン

自分の仕事をけなしている限り、自分の仕事を誇りに思っている相手に、勝つことはできない。


若尾裕之

恋愛の場面で失敗しがちなのは、やたらと早口で話をすること。緊張しているせいなのか、いろんなことを短時間で話したいと思う気持ちが強いのか、マシンガントークをしてしまう人がいます。でも、これはほとんどの場合、悪い印象を与えてしまいます。「自己主張が強そう」「落ち着きがない」「気が短そう」「感情的」「頭が良いことを自慢している」など、マイナスイメージを持たれてしまう可能性があるのです。


落合信彦

悩むということは、ある意味では自分を見つめ直すチャンスであると同時に、次に飛躍するチャンス。一度苦しみ抜いた人は、次に立ち上がるときはより強くなっている。


白井一幸

全力とは「身体を動かすことに対する全力」のほかに、次の3つがある。まず、「準備の全力」。ウォーミングアップなど、万全の状態で試合に臨めているか。次に「頭の全力」。状況判断も全力ですべきで、それには練習で常に実戦を想定することが欠かせません。そして「心の全力」。「失敗したらどうしよう」と思いながら試合に臨むのも全力ではなく、「絶対に打つ!」という意気込みを持って臨んではじめて全力を尽くしているといえます。4つすべての全力を出した時にこそ全力と言える。


ムーター・ケント

消費財ビジネスは急速にマス・マーケティングから、マス・パーソナライゼーションへと移行しています。コカ・コーラとしても、地球上の何十億人もの人たちに対して、個人の嗜好に合うようにパーソナライズされた飲料や爽やかさを提供する企業として、持続的な成長を続けているでしょう。