櫻井秀勲の名言

櫻井秀勲のプロフィール

櫻井秀勲、さくらい・ひでのり。日本の雑誌編集長、評論家、作家。女性自身編集長。東京出身。東京外国語大学ロシア語科卒業。文芸誌の編集者を経て、女性自身編集長に就任し、同雑誌を発行部数147万部へと成長させた人物。祥伝社の設立にもかかわった。独立後は、運命学、女性学、性科学、結婚論などの書籍を執筆した。主な著書に『人にかわいがられる男になれ!』『女がわからないでメシが食えるか』『運命は35歳で決まる』『男の運命は女で決まる』など。

櫻井秀勲の名言 一覧

「ホウレンソウ」は失敗を未然に防ぐための守りのシステムですが、一方でビジネスには自主性や攻めの気持ちが不可欠です。暴走のリスクにおびえるばかりでは部下を育てることができない、ということを忘れてはいけないと思います。


部下の暴走を止めてばかりでは部内の士気が下がってしまうという問題が起きてきます。そこで私は、「一回だけは暴走させる」という自分なりのルールを心に刻んでいました。当人には「君の言う通りやりなさい。ただし、結果として評判が悪かったり明らかに失敗だったりしたら、君の意見は次からは通らないよ」と釘を刺し、同時に、信頼できる部下たちにフォローアップの準備をさせておくのです。


部下の自主性に任せるマネジメントで気をつけなければいけないのは、「君はどう思う?」と問いかけたときに、とんちんかんな意見を述べ、しかもその計画に固執して「暴走」しようとする部下がいることです。明らかに大失敗が見えているようなときは止めればいい。


新入社員や、いまひとつ信頼のおけない部下に対しては、手取り足取り相談に応じる必要があります。しかし、真剣に部下を育てようとするなら、相談に応じるにしても短時間に抑え、なるべく自主性に任せるよう配慮すべきです。


ビジネスマンは「ホウレンソウ」、上司への報告・連絡・相談を欠かしてはならないといわれます。たしかに、現在手掛けている仕事について「報告」や「連絡」は毎日でもすべきです。しかし、「相談」だけは事情が異なります。いちいち相談をさせるということは、何をするにも上司の命令や確認が必要だということです。指示を徹底させれば、上司の思い通りに事を運ぶことはできるでしょうが。反面、部下は言われたことしかやらなくなります。結果、自分で考えるという一番大切な習慣を放棄することにつながり、指示待ち人間を量産することになります。


櫻井秀勲の経歴・略歴

櫻井秀勲、さくらい・ひでのり。日本の雑誌編集長、評論家、作家。女性自身編集長。東京出身。東京外国語大学ロシア語科卒業。文芸誌の編集者を経て、女性自身編集長に就任し、同雑誌を発行部数147万部へと成長させた人物。祥伝社の設立にもかかわった。独立後は、運命学、女性学、性科学、結婚論などの書籍を執筆した。主な著書に『人にかわいがられる男になれ!』『女がわからないでメシが食えるか』『運命は35歳で決まる』『男の運命は女で決まる』など。

他の記事も読んでみる

篠塚恭一

高齢者が「温泉に行きたい」「思い出の地を訪れたい」と思っていても、その受け皿がなかったんですよ。事業を始めた20年ほど前は。業界がシニア市場の拡大、生涯顧客の獲得を謳う一方で、そういった現実があり、ものすごく矛盾を感じたわけです。「当たり前のことを当たり前にする」、私としては普通のことをやってきたつもりなんです。


吉田羊

私は人生で起こることは、すべて自分の身の丈に合ったものだと思っています。仕事でそのときの私に必要な道がいくつも提示されたとして、どの道を選ぶかは私次第なんです。仮にその選択がひどい道だったとしても、あの時自分で決めて進んだんじゃないかと思えるから、苦しいことがあっても、受け入れる強さを持てるようになりました。


早河洋

報道部に所属していた30代前半は、海外特派員を希望していた。直属の上司は応援してくれたものの、重役の許可が下りず、特派員になることはできなかった。だが「それならば」と、番組制作にこだわろうと心を決めた。


橘玲

外国人に「あなたの仕事は?」と聞くと「会計をしている」と専門分野を述べ、「どこでその仕事をしているのか?」と聞いて初めて会社名を答える。自分のフロフェッション(専門分野)がまずあって、会社はプロフェッションを活かす場所なのだ。日本のサラリーマンはプロフェッショナル(専門家)ではなく、それぞれの会社に最適化されたジェネラリスト(総合職)で、その技能や経験は会社を離れるとなんの価値もなくなる。そんな働き方が成立していたのは、年功序列と終身雇用が前提にあったからだ。


山田義仁

よその会社ができることであればそれはよその会社に任せよう。自分たちにしかできないことをやろう。


三浦善司

「この人は信頼できる」とわかれば、任せた以上黙っています。少々失敗しそうでも大事に至らなければ口出ししません。明らかに悪い方向に進んでいるとわかったときだけ、必要な人員やお金をつぎ込むようにしています。


大久保恒夫

現場ではいろいろなことが起こります。急な仕事が入ってくるとか、従業員がその場その場で判断をくだす必要に迫られるとか、日常茶飯事です。だからこそ、そうした判断のよりどころとなる経営理念を現場に浸透させることには、とても力を入れています。


五十嵐一弘

思い出深いのは民営化後、初の新幹線として1990年代前半に投入された「300系」です。当時の高速化技術の粋を集めた車両ですが、様々な初期故障が続出しました。メンテナンスの立場としては悩まされましたが、一つひとつ事実を把握、分析、改良を重ねた結果、安定運行できるようになりました。


高橋俊介

すべてのジャンルを網羅するのは難しいので、自分の守備範囲でいい。複数の切り口で世の中の原理原則を知っておくと、即興力が高まる。


植村直己

必ず壁はあるんです。それを乗り越えたとき、パッとまた新しい世界がある。だから厳しく自分を鞭打ってやってきたときは、振り返ってみたとき実にさわやかです


塚本幸一

私の思想の根幹は、「人間は生かされている」ということ。戦争に行くまでは、自分は生きていると考えていた。でも、あの地獄(インパール作戦)の中で再び生きては帰れないと諦めていたのに、ある日、気がつくと日本へ帰る復員船に自分が乗っている。どうして俺は生きているのか、という素直な疑問を突き詰めて考えた結果、生かされていると信じるようになった。


玉生弘昌

儲け主義に走らないように、社会性のある会社にすることが長期的な経営の安定をもたらします。そうすれば利益はついてきます。


小池淳義

いまは製品開発にものすごく速いスピードが要求される。自社の持つ技術のみを総合して何かをつくろうという発想は危険。


家本賢太郎

読みたい本があるのに、それを犠牲にして仕事ばかりしていると、逆に仕事のアイデアを逃してしまう可能性すらあります。


ウド鈴木

最近、僕は年をとるのか楽しみなんですよ。「キャイ~ン」ってポーズをした時に、関節がポキーンと鳴るようになって「天野くん、最近、キャイ~ンの時に膝が伸びないんだよね」って。それでも「やろうよ、ウドちゃん」「そうだね。やることに意義があるんだよね」という感じのコンビになりたい。ケセラセラかなと思います……どういう意味でしたっけ? ケセラセラ。とにかく軟骨が擦り切れてもキャイ~ンでいたいですね。


ページの先頭へ