檜谷芳彦の名言

檜谷芳彦のプロフィール

檜谷芳彦、ひのたに・よしひこ。日本の国際ビジネスコンサルタント、税理士。東京都出身。早稲田大学第一商学部卒業、スイスIMDでMBAを取得。日本軽金属、ユニ・チャームなどを経て国際ビジネスコンサルタントとして独立。

檜谷芳彦の名言 一覧

1 / 11

とくにやっかいなのは、部長・役員クラスの「なんにでも難癖をつけるジジ連中」。しかし多くの場合、彼らこそが様々な案件の決定権を持つ決裁者であることも事実。反発ばかりしていては何も始まりません。むしろ、そういう煙たい人にこそ、真っ先に根回しするべきなのです。


飲み会の席で有効なのが、ゴルフなり釣りなりの趣味の話を興味深く聞くこと。趣味人は、話を面白がって聞いてくれる人には心を開くものです。興味深く関心を示せば、気持ち良く話をしてくれます。


膨大な時間を割いた渾身の分厚い企画書なんて、決裁者は「暑苦しい」と思うだけ。そんな時間があったら、キーマンと親密になるための努力に回しましょうよ。根回しさえできていれば、企画書は、たったの2行でも通るんですから。


日本には、欧米のようにディベートする習慣がありません。むしろ「対立は悪」だという共通意識のもと、いかに対立を避けるかが優先されます。だから論が立つ者ほど嫌われたりもします。結局、日本の会議の多くは、議論する場ではなく「議題の再確認の場」にすぎません。裏を返せば、日本の会議で議題を通すには、根回しが必要となってくるのです。


社内の各部署には役職や肩書きに関係なく「○○業務なら、あの人」というような真の実力者が存在します。彼らこそが、提案を通す際の重要なキーマンとなる。たとえ決裁するのが部長や役員だろうが、そのキーマンがYESと言わない限り決裁はなされません。なぜなら、部長や役員は、そのキーマンに全幅の信頼を置いているのですから。


檜谷芳彦の経歴・略歴

檜谷芳彦、ひのたに・よしひこ。日本の国際ビジネスコンサルタント、税理士。東京都出身。早稲田大学第一商学部卒業、スイスIMDでMBAを取得。日本軽金属、ユニ・チャームなどを経て国際ビジネスコンサルタントとして独立。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ