名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

橘木俊詔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

橘木俊詔のプロフィール

橘木俊詔、たちばなき・としあき。日本の経済学者、京都大学名誉教授。兵庫県出身。小樽商科大学商学部卒、大阪大学大学院修士課程修了、ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了。大阪大学教養部助教授を経て、京都大学大学院経済学研究科助教授・教授。そのほか同志社大学経済学部教授として教鞭をとった。専攻は労働経済学。主な著書に『日本の経済格差 所得と資産から考える』『セーフティ・ネットの経済学』『企業福祉の終焉 格差の時代にどう対応すべきか』『日本のお金持ちの研究』など。

橘木俊詔の名言 一覧

統計や経済理論を使い分析すると、直感とは違った現実社会の別の顔が見える。


大金持ちになりたければ、起業して地道に事業を続けてオーナー経営者になるか、あるいは、医学部に入り、比較的収入が高い診療科の開業医を目指すのが正解だということになる。


億万長者のオーナー経営者に関して見ると、学歴は多様。大卒が一番多いものの、高卒や中卒もかなりいる。他人が思いつかないようなビジネスを始めた人というよりは、事業を立ち上げ、数十年間コツコツと継続してきたというタイプが多い。


億万長者の医師について見ると、意外にも医学生時代はそれほど優秀でなかったという人が多い。それは、成績優秀な医学生が目指す内科や外科よりも、比較的マイナーな眼科や美容外科、皮膚科などのほうが、収入が高いからだ。また、同じ医師でも、大学病院の勤務医や教授の報酬は、開業医に比べるとはるかに低い。


技術者への報酬ももっと上げるべきだろう。私の経験でも、灘高校時代に優秀だった理系の同窓生から、文系に進んだ友人たちの出世ぶりと報酬の高さをうらやむ声を聞いた。しかし戦後、日本の経済発展を支えてきたのは彼ら優秀な技術者たちであり、今後もそうだろう。もっと技術者や研究職に夢を持てるような処遇にしないと日本経済を支える人がいなくなってしまうのではないかという気がしてならない。


飛びぬけた才能の持ち主や、親から大財産を相続した幸せ者。大金持ちというと、そんな特殊な人物像を思い浮かべるかもしれない。しかし、現実はそうではない。日本の億万長者の職業として多いのは、オーナー企業経営者と医師。年収1億円以上の大金持ちの約半分がこの二つの職業で占められている。


オーナー経営者や開業医が高い収入を得るのは不公平だとお考えになるだろうか?私は決して不公平ではないと思っている。自分で企業・開業するには大きなリスクを伴うし、成功を収めるには大変な勉強と努力と、ときには運も必要だからだ。


医師よりも難関といわれる弁護士は、収入では一般のサラリーマンと大きくは変わらない。


英語がダメなうえに勉強も大変厳しく、「クレージージャパニーズ」と言われるぐらい勉強しました。英語は米国人と3人で暮らしたら、飛躍的に身に付きました。すべてが山の麓からの挑戦でした。
【覚え書き|米国留学当時を振り返っての発言】


お金持ち全員が大卒というわけではありません。「日本の超富裕層トップテン」を見てもわかるように、日本のお金持ちは、自分で事業を興した創業経営者が多いのが特徴。そういった意味では、一発逆転のチャンスのある国だとも言えます。


当たり前のことですが、60歳になった途端、急に下流に転じるケースはほぼありません。現役時代からの差が積み重なり、格差が生じるのです。


橘木俊詔の経歴・略歴

橘木俊詔、たちばなき・としあき。日本の経済学者、京都大学名誉教授。兵庫県出身。小樽商科大学商学部卒、大阪大学大学院修士課程修了、ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了。大阪大学教養部助教授を経て、京都大学大学院経済学研究科助教授・教授。そのほか同志社大学経済学部教授として教鞭をとった。専攻は労働経済学。主な著書に『日本の経済格差 所得と資産から考える』『セーフティ・ネットの経済学』『企業福祉の終焉 格差の時代にどう対応すべきか』『日本のお金持ちの研究』など。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

リーダーはやれることをすべてやるべきです。コスト削減だけして嵐が過ぎるのを待つとか、逆に成長を目指すからにはコストは温存しておいてもいいとか、甘いことを言っているとすぐ手遅れになります。会社を改善したければ、コストも成長も考えられることはすべてやる。それがリーダーに課せられた使命です。


菅野智之

試合前は常にプレッシャーを感じますよ。シーズン中に好成績を残しても、大事な舞台で試合を壊してしまえば、悪い印象が残る怖さもありますから。


野中正人

買い物が楽しいと思っていただけるお店になる。それがしまむらの目指すブランド化です。


佐々木正

アルカリとアルカリを混ぜてもアルカリのまま。性質の異なるものを混ぜると初めて沈殿物ができ、これが次の産物になる。各々価値観の違うものが、お互いを信頼して取り組むことが大切です。


チャップリン

運命の女神たちが人間の運命を決定するとき、そこには憐憫もなければ公平感もない。


伊藤雅俊(味の素)

消費者の低価格志向に応じるようにコモディティ商品(普及品)がPB(プライベートブランド)化され、多くの食品、飲料メーカーが苦戦しています。これも消費者の気持ちになって、対抗策を考えていくつもりです。まずは、科学技術を生かす方法があります。「ピュアセレクト・ローカロリーコクうま」は、従来のマヨネーズに比べてカロリーが55%カットされています。先進国に特有な健康志向を考えての開発です。技術を開発し、味わいをそのままにカロリーを半分にしました。このような技術力によって、PB商品にはない特徴的な商品をつくるのです。


田中仁(経営者)

私はもともと物事を先延ばしするタイプではありませんでしたが、決断がより速くなったのは、2009年ごろからです。それ以前は業績が思うように伸びず、苦しい時期もありました。ちょうどそのころ、柳井正さん(ファーストリティリング会長兼社長)にお目にかかる機会があったのです。「あなたの志は何ですか」と問われて、すぐに答えられない自分に愕然としました。このひと言をきっかけに、自分の仕事を振り返り、改めて志を定めました。「私たちがめざすのは、メガネを通して新しい価値を提供し、お客様に喜んでもらうこと」だと。こうして改めて会社の進むべき方向が明確になると、判断基準がよりシンプルになり、それまで以上に物事を先延ばししなくなりました。


藤井義彦

人は成長するにつれ、社会の規範に合わせ鎧をまとうようになります。自分を守るために内面を隠すわけです。その鎧を取り外し、自分を突き動かしているものは何かをつかむために、徹底的に自身と対峙する。リーダー自身がよい状態のとき、悪い状態のとき、それぞれどのような性格が出てくるかを知り、自身を受容し、人の多様性を認めてはじめてチームを活かし動かすことができます。


三浦善司

国によって潜在ニーズもお客さまの質も全く違ってくる。現在、グローバルで約3万人の販売・サービス人員を配置し、お客さまとの接点、いわば「ラストワンマイル」の部分を重視した体制を築いています。


石原進

ビジネスは成長している場所でやるのが原則です。そこで人が絶えず流入して成長を続けている東京で事業をやりたいと思ったわけです。九州にとどまっていては、今後、業績を伸ばしていくのは難しくなります。域外にも事業を展開していかざるを得ないのです。
【覚書き|東京にJR九州の子会社が和食レストランを出店した理由について語った言葉】


奥田務

経営スピードを上げるためにプロジェクトチームを作らないことにしました。日本企業の意思決定の遅さのひとつの原因が、プロジェクトを作ることにあります。何かというとプロジェクトを立ち上げて話し合う。ですが、これでは現場が無責任になります。そこで一切プロジェクトを作らず、すべて通常の業務ラインで話をするように要請しました。財務は財務担当、営業は営業担当が議論を重ねる。そこで出た結論に対して、私が直ちに可否を決める。これだと話が一気に進みますし、何より現場が当事者意識を持ちます。


臼井由妃

質問をする側に否定的な気持ちがあると、否定的な質問をしてしまうものです。先日もある企画の提案をするのに、「たぶん企画会議で通らないと思いますが、どうでしょうか」と言った人がいました。その時点で相手には「ダメなんだな」ということがインプットされてしまいます。仮にダメだと思っても、「きっとお役に立つと思うので、どうでしょうか」と言っていれば、相手も前向きに答えやすくなります。