名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

橋谷能理子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

橋谷能理子のプロフィール

橋谷能理子、はしたに・のりこ。日本のアナウンサー。香川県出身。東京女子大学文理学部英米文学科卒業後、テレビ静岡に入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオなどで活躍。キャスター&アナウンサー養成スクール「Sankei Media Academy」校長を務めた。

橋谷能理子の名言 一覧

読書も大切。ジャンルや著者が違う本に数多く触れることで、様々な表現方法を学べる。


自分の見方、聞き方が正しいと思い込み、周囲の人々も自分と同じように見て、聞いていると考え物事を伝えようとする。結果として誤解が生まれる。


人は情報を自分の中に取り込むとき、自分というフィルターを通して物事を理解しています。だから、Aという情報をAのまま伝えるのはとても難しい。


その場にいなかった人にも伝わるように話すには、ボキャブラリー(語彙)の豊富さも必要。


ある言葉をうまく説明するコツは、大きなカテゴリーの情報を最初に伝えること。ざっくりと事象をとらえる。続いて、その言葉を象徴する特徴を加える。それでも伝わらなかったら、ディテールを補足する。


大事なことを誤解なく伝えたいなら、客観性を意識すること。主観や、取りようによってはどのようにでも取れる曖昧な表現は避け、10人いたら10人全員に誤解が生じない表現、数字など文句のつけようがない事実を積み重ねて伝えることが、信頼を勝ち取る話し方になります。


ビジネスシーンにおいては、相手がどの程度の情報を求めているかを把握し、それに合わせて説明することが求められますよね。「話が長い」「結局何が言いたいのかわからない」などと言われたことがある人は、要約の技術を磨く必要があります。


私の場合、実況中継で臨場感を伝え、場面に即した言い回しをするのにボキャブラリーを増やすことは必須でした。若い頃は先輩キャスターの番組を見て、「この言い回しもらった!」と、言葉を見つけ出しては真似て自分のものにしていました。


「結論から話し始める」ことを意識するだけでも伝わり方は大きく変わります。上司への報告や顧客への提案など、数分間で相手を説得したいときは、結論はバキッと最初に出す。その後、「なぜなら」「具体的には」とつなげる。理由と事例を挙げ最後にもう1回結論を言うと、聞き手側は「このことが言いたかったのだな」と理解しやすくなります。


「サンデーモーニング」では、話の要点を図表で表したフリップを使って説明することがあります。説明文はディレクターが作ってくれるのですが、原稿をそのまま読んだら自分の言葉になりません。一度自分の中に取り込んで、咀嚼してから話すようにしています。このとき私は、「フリップの内容を5秒で伝えるなら、何と言えばいいだろう」と考えます。図表から読み取れる多くの情報をそぎ落とし、まず、5秒で言ってみる。そこから、わかりやすく伝えるために必要な情報を肉付けする。そうすると内容が理解できて、自分の言葉で説明できるようになります。


橋谷能理子の経歴・略歴

橋谷能理子、はしたに・のりこ。日本のアナウンサー。香川県出身。東京女子大学文理学部英米文学科卒業後、テレビ静岡に入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオなどで活躍。キャスター&アナウンサー養成スクール「Sankei Media Academy」校長を務めた。

他の記事も読んでみる

内藤加奈子

お客様をひとつの個性として扱って初めて、またここで買おうという気持ちになっていただけるのです。


高橋淳(経営者)

ファミリー向けの焼き肉レストランは名古屋が先進地でした。名古屋近郊に出かけては、1日に5件も6件も回りました。そうやって研究したうえで郊外店を出しました。


ジェームズ・アレン(コンサルタント)

ソニーがアップルに負けた理由は顧客のニーズよりもそれぞれの事業部門の成長に焦点を合わせてしまったからだ。そして顧客の求めていることは何かではなく、複雑な組織をどう動かすかということにエネルギーをとられすぎてしまったのだ。


藤沢武夫

流通の管が細ければ、問屋の方は儲かります。品不足という状況ならば、販売の方は努力しなくても金が入ってくる。ところが、それではメーカーは飛躍できません。売る努力をさせなければいけない。そのためには、ルートをたくさんつくって、競争原理を導入しなければならない。そうしない限り、どんな大きな夢を持ち、それが実現しかけても、流通の管がネックになってしまう。


羽田圭介

芥川賞の受賞直後に、本の紹介とは関係ないバラエティ番組の依頼がきて、ためしに1個受けてみたら、オンエアの後に他のバラエティ番組からも依頼が来て。最初の頃はテレビに出るとものすごく疲弊していたし、街で顔がバレるのもイヤだったんですよ。ただ、これって得るものが多いなと思ったんですよね。普通、なかなか経験できないことじゃないですか。何本かバラエティに出た頃には、この経験を基にした小説を書こうという気持ちになっていました。


GACKT

もし自分が一日でも妥協していいと思ってしまったら、それは自分を見に来ている人に対して失礼だし、そういう姿を見せることで、自分を否定することになってしまう。僕は変なところに美学を持って生きてるから、そういう部分で妥協はできない。僕のこのスタイルは決して楽しくはないかもしれない。でも僕は、誰よりも自分がそれが面白いと思って生きているし、それを自分できっちり感じられることが、僕にとってはすごく大切なことだと思ってる。


樺沢紫苑

脳科学で注目されている概念の一つに、デフォルトモード・ネットワークというものがあります。簡単に言えば、ぼーっとしている時間にこそ、ひらめきは生まれるというもの。実は、人間は何も活動していないときのほうがエネルギー消費が高いということが研究の結果で出ています。あえてそういった時間を持つことで、直感でのひらめき力が養われるのです。


足利政春

お客様や社員など、当社を支えてくださる方々のお役に立って「喜び」をお届けし、本業を大切にして身の丈に合った成長を目指すことが「あじかん」の思想です。この思想がきちんと継承され、形骸化しなければ、あじかんはこれから先も、50年、100年と確実な歩みを続けることができると。


栗山英樹

野球の技術的なものは勉強できるけれど、人として持っているものはなかなか変えづらい。指導者には人への愛情、情熱が絶対になければいけない。選手たちをまず動かすものは、彼らをどれだけ思っているか。そういう思いを持っている人たちに来てもらった。
【覚書き|コーチの選定基準について語った言葉】


野田一夫

僕は若いころから、思ったことは腹蔵なくぶちまけるたちだ。だから、若いころはさんざん陰口をいわれたし、いろいろ損をしたこともある。しかし、その場で発散してしまうから余計なストレスは感じなかった。いまとなっては、つくづく得な性分だと思っている。


安藤哲也

「ワークライフバランス」という言葉に縛られて、「仕事もプライベートも全力投球しないといけない」と悩んでいる人に講演会でお会いしますが、どちらも完璧にこなすのは不可能に近い。「7~8割でもいい」という心構えの方がスムーズに回るし、結果的にパフォーマンスは上がる。1人で無理なら、周囲に手伝ってもらえばいいのです。


熊野英介

滋賀県高島市で環境共生型のお米作りをプロデュースしています。化学肥料、化学農薬を使わず、ビオトープや魚道といった共生策を実施するなどの取り組みにより、多くの生きものが育つ田んぼになりました。その「物語」と「品質」に共感、支持くださる消費者が増え、毎年、あっという間に完売します。