橋谷能理子の名言

橋谷能理子のプロフィール

橋谷能理子、はしたに・のりこ。日本のアナウンサー。香川県出身。東京女子大学文理学部英米文学科卒業後、テレビ静岡に入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオなどで活躍。キャスター&アナウンサー養成スクール「Sankei Media Academy」校長を務めた。

橋谷能理子の名言 一覧

読書も大切。ジャンルや著者が違う本に数多く触れることで、様々な表現方法を学べる。


自分の見方、聞き方が正しいと思い込み、周囲の人々も自分と同じように見て、聞いていると考え物事を伝えようとする。結果として誤解が生まれる。


人は情報を自分の中に取り込むとき、自分というフィルターを通して物事を理解しています。だから、Aという情報をAのまま伝えるのはとても難しい。


その場にいなかった人にも伝わるように話すには、ボキャブラリー(語彙)の豊富さも必要。


ある言葉をうまく説明するコツは、大きなカテゴリーの情報を最初に伝えること。ざっくりと事象をとらえる。続いて、その言葉を象徴する特徴を加える。それでも伝わらなかったら、ディテールを補足する。


ビジネスシーンにおいては、相手がどの程度の情報を求めているかを把握し、それに合わせて説明することが求められますよね。「話が長い」「結局何が言いたいのかわからない」などと言われたことがある人は、要約の技術を磨く必要があります。


私の場合、実況中継で臨場感を伝え、場面に即した言い回しをするのにボキャブラリーを増やすことは必須でした。若い頃は先輩キャスターの番組を見て、「この言い回しもらった!」と、言葉を見つけ出しては真似て自分のものにしていました。


大事なことを誤解なく伝えたいなら、客観性を意識すること。主観や、取りようによってはどのようにでも取れる曖昧な表現は避け、10人いたら10人全員に誤解が生じない表現、数字など文句のつけようがない事実を積み重ねて伝えることが、信頼を勝ち取る話し方になります。


「結論から話し始める」ことを意識するだけでも伝わり方は大きく変わります。上司への報告や顧客への提案など、数分間で相手を説得したいときは、結論はバキッと最初に出す。その後、「なぜなら」「具体的には」とつなげる。理由と事例を挙げ最後にもう1回結論を言うと、聞き手側は「このことが言いたかったのだな」と理解しやすくなります。


「サンデーモーニング」では、話の要点を図表で表したフリップを使って説明することがあります。説明文はディレクターが作ってくれるのですが、原稿をそのまま読んだら自分の言葉になりません。一度自分の中に取り込んで、咀嚼してから話すようにしています。このとき私は、「フリップの内容を5秒で伝えるなら、何と言えばいいだろう」と考えます。図表から読み取れる多くの情報をそぎ落とし、まず、5秒で言ってみる。そこから、わかりやすく伝えるために必要な情報を肉付けする。そうすると内容が理解できて、自分の言葉で説明できるようになります。


橋谷能理子の経歴・略歴

橋谷能理子、はしたに・のりこ。日本のアナウンサー。香川県出身。東京女子大学文理学部英米文学科卒業後、テレビ静岡に入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオなどで活躍。キャスター&アナウンサー養成スクール「Sankei Media Academy」校長を務めた。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

私たち日本人は、何かを判断する際、「論理的に正しいかどうか」よりも「感情的に納得できるかどうか」を優先させがちだ。理性よりも情動で動きやすい。しかし感情は揺れる。ブレる。その時々の主観に支配される。リーダーとして、自分を、あるいは自分の率いる集団をよりよい状態へと高めていくためには、みずからの理性の力に信頼を置き、確固たる基軸を自分の裡(うち)に持つことが重要だ。


村田昭治

自分を中心に据えて他をすべて利用しようとするか、絶えず自分を磨いて何か役に立って他に愛される存在になろうとするか、それだけで生きる世界は様変わりする。


田中辰巳

危機管理の4つのフェーズがある。

  1. 知覚…まず何が起きたか事実を正確に掌握して、そのうえでそれが危機であることを感じ取る。
  2. 解析…どういう罪なのか、どのくらい重い罪なのかを分析して判断する。今後の展開の予測もする。
  3. 解毒…謝罪の言葉、厳しい処分、再発防止策を行う。
  4. 再生…傷ついた人間関係や失った信頼を回復するための活動をする。

水谷佑毅

医療と新卒紹介に関しては、現在メーンとして取り組んでいるものから派生する枝葉を事業化し育てていくフェーズになると考えています。たとえば紹介であれば、既にスタートしている第二新卒・中途人材紹介をより大きな事業としていく。また、医療であればクラウドサービスを事業化していくなど、既に様々な枝葉の検討に入っています。


依田宣夫

退職金をもらってしまえば、その後の定期収入は年金だけ。多くの人は、それで自分の老後の消費生活がひどく限定されてしまったと感じる。しかし、家庭の経済活動の主体は消費活動だ。その消費をいかにマネジメントするかによって、老後の生活はいかようにも豊かにしていくことが可能だ。


藤原智美

人間の思考は無秩序で、文章を書く順序と必ずしも一致しているわけではありません。ものごとを考えるとき、たとえば起承転結の「起」がないのに「結」が思い浮かんだり、なぜか「転」だけがぼんやりと見えたりすることがあります。その混沌とした状態は、文章という形でアウトプットしてはじめて整理されます。つまり文章とは、完成された思考を表現するために書くのではなく、思考を完成させるために書くのです。


小山昇

即断、即決、即実行。それでも業績が上がらない会社があるのはなぜか。それは、「我が社の都合」でものごとを決めているからです。世の中は変わる。お客様も変わる。ライバル会社も変わる。これが現実です。自社の都合ではなく、世の中の都合、お客様の都合、ライバル会社の都合に合わせないといけない。


小宮一哲

1円も残さずに遊んでしまいますね。自分の努力で得たお金でないなら、そのお金にあまり価値を感じません。

【覚え書き|100億円あったらどうすると問われて】


モンテスキュー

我々が幸福になりたいと望むだけなら簡単だ。しかし、人は他人になりたがるので、そうなるには困難だ。我々は、他人はみんな実際以上に幸福だと思っているからだ。


出井伸之

人は歳を取るにつれて、クリエイティブマインドが下がっていく一方、経験値は上がっていきます。その二つのバランスが取れているのが、45歳なのです。自分の力を遺憾なく発揮できるこの時期に何をするかで人生が決まると言っても過言ではないでしょう。目の前の仕事をしっかりやりつつも、長期的な視点に立って、自分を成長させていく必要があります。


鳥居勝幸

営業で自己と顧客、双方にベネフィット(利益)をもたらす仕組みを提案して顧客に喜んでもらうことができれば、その仕事は成功といえるでしょう。


藤岡頼光

最初は必要な知識を手に入れようと、経営学の本や有名な経営者が書いた本をたくさん読みました。ただ、本を読み漁ったあと、「読書だけでは良い経営者になれない、限界がある」という結論にいたりました。


高島郁夫

平常のときは誰だって頑張れます。ところが、崖っぷちに立たされたとき、気力・体力が続かず、負けてしまう人が意外と多いと思います。瀬戸際で持ちこたえるには踏んばる力がいります。自分の場合、その力は、体を鍛えることによって培われた気がします。


桐谷広人

株は忍耐。上がっていく株を見て自分も欲しいなと思っても、忍耐なしに飛び付いたら必ずやられちゃう。いくら欲しくても割高なら下がるまで待つ。それも忍耐だと思いますね。


久世由美子

勝って驕らず、負けて腐らず。


ページの先頭へ