名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

橋本雅博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

橋本雅博のプロフィール

橋本雅博、はしもと・まさひろ。日本の経営者。「住友生命保険」社長。兵庫県出身。東京大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。武蔵野支社長、調査広報部長、勤労部長、執行役員、常務、専務などを経て社長に就任。

橋本雅博の名言 一覧

大きなプレッシャーを感じつつ、じっくり考えて、できるだけいいものにしようと努力する。その結果、いい仕事ができる。


転機かどうかは、その時にはなかなかわからないものですが、長期的な視野に立てば、見えてくることがある。


何か新しいことをやりたいと言い出した人を、押さえつけるようなことはしません。そこから、アグレッシブな社内風土が根づいているのだと思います。


売上競争やシェア争いで勝つことは、お客様とマーケットに向き合うこととは違います。そんな、全く関係のないことに力を注ぐから足を踏み外すのです。


私は「とにかく、すぐやってくれ」といった指示は出しません。「時間がかかってもいいから、しっかりやってくれ」と言います。期間を区切られた人は、期間内に仕上げることに重きを置き、熟考し切らずに、手っ取り早くできることを優先してしまいます。これでは何事もうまくいきません。


時代の大きな流れが見えた時、その流れを変えることはできませんし、それに逆らっては何事もうまくいきません。大きな流れに合わせること、うまくその流れに乗るためのビジョンを立てることが大事。


人口構成や社会の変化、価値観の変化をとらえ、それに合わせて商品を開発する。これはどんな商品開発でも同じだと思いますが、保険も例外ではない。


経営方針というと、社会の変化や、トップの交代などによって比較的頻繁に新しいものが打ち出されるイメージがあります。しかし、「変えない」「変えてはいけない」経営方針というものもあるのです。


業界の動向といった小さな流れではなく、もっと大きな流れを見て、お客様とマーケットに向き合い、適応していく。お客様とマーケットのために、自分たちはどのように行動するのかを合理的に考えて判断する。このことを忘れなければ、大きな失敗をすることはありません。


自分たちのキャパシティをきちんと把握しておくことも重要。人材、資金、経験、情報などから、自分たちにできることと、できないことを冷静に判断することも大切。この判断を誤ると、数字合わせや、つじつま合わせをすることに繋がり、無理に無理を重ねてしまうことにもなる。そうして滅びてしまった企業があることを、忘れてはならない。


新商品を告知するCMでは、とにかく「何だろう」と興味を持ってもらうことが大切。これまでにない新しいタイプの保険なので、短い時間では説明が中途半端になってしまいます。それならいっそのこと、商品の説明をあきらめてしまったほうがいいのではないかと考えました。そこで、「おもしろいね、何だろうね」と、見ている人に強く印象に残るものをつくってほしいとCM制作会社にお願いしました。


当社の4万人を超える従業員全員にブランドビジョンを浸透させるのは、並大抵のことではありません。私が全員に直接語りかけられればいいのですが、残念ながら、そうした機会は限られています。社内のイントラネットにメッセージを載せるなど、手段を工夫するとともに、同じ内容でも、手を変え、品を変えて、伝え方にも工夫を凝らしてきました。聞く人に「また同じ話だ」と思われ、飽きられてしまっては逆効果ですから、その点には注意を払っています。


今から109年前、「理想の会社を創ろう」とスタートしたのが住友生命です。100年以上にわたって、常に「理想の会社」を追い求めてきた歴史があるのですが、私たちも現代における「理想の会社」とはどういった会社なのかを突き詰めて考え、「あなたの未来を強くする」というメッセージのもとでブランド戦略に取り組んでいます。


橋本雅博の経歴・略歴

橋本雅博、はしもと・まさひろ。日本の経営者。「住友生命保険」社長。兵庫県出身。東京大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。武蔵野支社長、調査広報部長、勤労部長、執行役員、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

福嶋康博

企業を見回すと、既存事業を単に継続しているだけの経営者が多いように思います。これは、経営者の考え方や力量が、その会社の現在の姿として反映されていると言えます。しかし、事業成長に向けて強い思いを持てば、そこまで会社は成長します。


和田秀樹

曖昧さがあれば、心の健康にも役立つ。じつは、白か黒かの二分割思考をする人は、うつ病になりやすい。日常で少しイヤなことがあっただけで、もうすべてがイヤだと感じやすい。また、うつ病になって少し回復したのに、完治するまでプラスに考えられないので、自分はまだまだだと悲観してしまう。


小川浩(経営者)

「やればできる」と「簡単にできる」ではまるで世界が違う。


ジェームス・ホーグ

現代のリーダーには静かな時間が不足している。選択肢をじっくり吟味し、個人的なかかわりを通じて合意を取りまとめ、大衆の理解を形作るのに必要な余裕のことだ。


鍵山秀三郎

幕末・明治時代の臨済宗の禅僧に今北洪川(いまきたこうぜん)という人がいました。この人の言葉に「百萬経典(ひゃくまんきょうてん)日下(にっか)の灯(とう)」という言葉があります。百万本の経典を読んで勉強しても、ただ頭の中に知識として持っているだけで活動しなければ、太陽の下のろうそくの火にすぎない。つまり、役に立たないことです。


松下幸之助

あなたは血の小便をしたことがあるか。それぐらい熱心にやらないと、そう簡単に成功するものではない。


大隅良典

サイエンスは効率で測れないものです。効率性を追求し、簡単に答えが出ることを続けていても、大きな答えにたどり着けるとは限りません。むしろ、簡単に結果が出るような問題設定しかできなくなってしまう。科学研究においては一見、無駄に思われることを社会がどれだけ許すかというのがとても大事だと思っています。


大西洋

消費者には「モノ」と「コト」、双方に対するニーズがあるが、百貨店の課題はこれまでモノの提供に偏りすぎていたことだ。コトへのニーズが高まっているのに、それに対応できていない。インターネット通販の存在感が強まる中、なおさらリアル店舗だからこそできる演出が重要になる。店舗内装のデザインからショーウインドー、イベント、プロモーション、品ぞろえまでを再考し、訪れるとワクワクするような店をつくる努力が求められる。


加藤廣

人は学び続けることでその能力を活かすことができる。30代のうちに学び続ける姿勢を身につけることを、強く勧めたいと思います。


芝本裕子

「自分は何が得意か」「自分は何が苦手か」ということを見極め、「何を人に任せられるか」「何を任せた方がいいか」ということを、常に考えながら仕事をすることが重要です。


矢野博丈

海外展開で得た最大の教訓は、「小売業の海外展開は、自分の身内が海外でフランチャイズ展開するほどの覚悟で始めなければできない。つまり失敗しても自分がすべて責任をとるつもりで臨まなければ決して成功できない」ということでした。


木村尚敬

社内の人材の多様性、社の内外を問わない人材のネットワーク、上下の立場にかかわらず、自由にものが言える環境、リスクを恐れず、失敗を許容する気風。そういった下地づくりが、組織の改革には大切。