橋本雅博の名言

橋本雅博のプロフィール

橋本雅博、はしもと・まさひろ。日本の経営者。「住友生命保険」社長。兵庫県出身。東京大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。武蔵野支社長、調査広報部長、勤労部長、執行役員、常務、専務などを経て社長に就任。

橋本雅博の名言 一覧

大きなプレッシャーを感じつつ、じっくり考えて、できるだけいいものにしようと努力する。その結果、いい仕事ができる。


転機かどうかは、その時にはなかなかわからないものですが、長期的な視野に立てば、見えてくることがある。


何か新しいことをやりたいと言い出した人を、押さえつけるようなことはしません。そこから、アグレッシブな社内風土が根づいているのだと思います。


売上競争やシェア争いで勝つことは、お客様とマーケットに向き合うこととは違います。そんな、全く関係のないことに力を注ぐから足を踏み外すのです。


時代の大きな流れが見えた時、その流れを変えることはできませんし、それに逆らっては何事もうまくいきません。大きな流れに合わせること、うまくその流れに乗るためのビジョンを立てることが大事。


私は「とにかく、すぐやってくれ」といった指示は出しません。「時間がかかってもいいから、しっかりやってくれ」と言います。期間を区切られた人は、期間内に仕上げることに重きを置き、熟考し切らずに、手っ取り早くできることを優先してしまいます。これでは何事もうまくいきません。


人口構成や社会の変化、価値観の変化をとらえ、それに合わせて商品を開発する。これはどんな商品開発でも同じだと思いますが、保険も例外ではない。


経営方針というと、社会の変化や、トップの交代などによって比較的頻繁に新しいものが打ち出されるイメージがあります。しかし、「変えない」「変えてはいけない」経営方針というものもあるのです。


業界の動向といった小さな流れではなく、もっと大きな流れを見て、お客様とマーケットに向き合い、適応していく。お客様とマーケットのために、自分たちはどのように行動するのかを合理的に考えて判断する。このことを忘れなければ、大きな失敗をすることはありません。


自分たちのキャパシティをきちんと把握しておくことも重要。人材、資金、経験、情報などから、自分たちにできることと、できないことを冷静に判断することも大切。この判断を誤ると、数字合わせや、つじつま合わせをすることに繋がり、無理に無理を重ねてしまうことにもなる。そうして滅びてしまった企業があることを、忘れてはならない。


新商品を告知するCMでは、とにかく「何だろう」と興味を持ってもらうことが大切。これまでにない新しいタイプの保険なので、短い時間では説明が中途半端になってしまいます。それならいっそのこと、商品の説明をあきらめてしまったほうがいいのではないかと考えました。そこで、「おもしろいね、何だろうね」と、見ている人に強く印象に残るものをつくってほしいとCM制作会社にお願いしました。


当社の4万人を超える従業員全員にブランドビジョンを浸透させるのは、並大抵のことではありません。私が全員に直接語りかけられればいいのですが、残念ながら、そうした機会は限られています。社内のイントラネットにメッセージを載せるなど、手段を工夫するとともに、同じ内容でも、手を変え、品を変えて、伝え方にも工夫を凝らしてきました。聞く人に「また同じ話だ」と思われ、飽きられてしまっては逆効果ですから、その点には注意を払っています。


今から109年前、「理想の会社を創ろう」とスタートしたのが住友生命です。100年以上にわたって、常に「理想の会社」を追い求めてきた歴史があるのですが、私たちも現代における「理想の会社」とはどういった会社なのかを突き詰めて考え、「あなたの未来を強くする」というメッセージのもとでブランド戦略に取り組んでいます。


橋本雅博の経歴・略歴

橋本雅博、はしもと・まさひろ。日本の経営者。「住友生命保険」社長。兵庫県出身。東京大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。武蔵野支社長、調査広報部長、勤労部長、執行役員、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

根本郁芳

会社をつぶしちゃダメだという思いだけで、何とか続けてきただけですよ。最近は、経営というのは信念がなければできないなとは痛感しています。そういう信念って自分で見つけるものであって、人からやれと言われてできるようなものではない。失敗したり成功したり、という実体験の中で、やっぱりこんなもんか、ああ自分はこういうふうにやってきたんだなぁと思えるようなことがだんだん固まってくる。それではじめて理念ができるものではないでしょうか。


佐久間俊行

業績を上げることはもちろん、新規事業や組織改革、サービスの質を上げるための スタッフ育成、そして、従業員の生活と幸せを守ることが私の役割です。


内田恒二

毎朝8時から役員が集まり、特にテーマは設けず一時間ほど話を交わす朝会と呼ばれる独特のミーティングがキヤノンにはある。一見非合理に見えるが、むしろ逆で無駄をなくすという大きな意味を持っている。瞬間に行う決断、思考、行動などがもし行われないと、そのあとに続く時間が止まり、あるいは遅れ、その連鎖によって大きなロスに結びついてしまうような無駄。朝会はトップの経営意思が共有されこれらの無駄をなくす。会いたい他の役員に会い、伝えたいことを伝え、確認したいことを確認できる。


和田秀樹

「仕事ができる」といわれている人の中には、自分が得意なことしかやっていない、という人が実は多いのです。普段から自分の得意なことを周囲にアピールして、やりたい仕事を買って出るようにするのです。そうやって忙しくしていれば、まわりは苦手な仕事を振りづらくなりますし、得意な仕事で実績をあげたり、チームに貢献していたりすれば、マイナス評価にはならないはずです。


樋口武男

たとえば介護施設などは、そこまで儲かりはしないが損をするということもない。経営効率としてはよくないですけれど、ないと困る人がいるからやる。そこが企業の存在価値だと思っています。企業ですから利益を上げない事業は許されない。


川西修

社歴を踏まなければできないことを通じて、会社を活性化しようとしても無理なんです。今日入社しても参加できる活性化の方法で実践しなければいけない。


了徳寺健二

イマジネーションは、多くの人々を豊かにしたり、幸せにすることを強く念じ続ける人に湧き出る。念じ続け、人々があきれるほどの、ひたむきで、地道な努力を積み重ねることによって可能になる。


柴田励司

私はこれまでの経験から、勉強などの頭を使う作業をするには朝が最適だと思っています。ですからいまでも私は、朝5時に起きて、大事なことほど朝食前に片づけてしまうことにしているのです。


藤井孝一

週末起業で理想的なのは、自分の趣味や特技を生かすやり方。人に誇れる特技はないという人もご心配なく。あなたにも、これまでのサラリーマン生活で磨いてきた「本業」があります。そこから「片足」を出してみるのです。印刷会社の営業マンが、本を書きたい人と出版社の間をとりもつ出版コンサルタントとして活躍しています。営業で培った出版社とのネットワークを生かし、まったく別の事業を起こしたのです。このように、「片足を出す」ことが重要で、本業と同じ仕事では競業避止義務に違反し、会社から訴えられる可能性があります。


藤由達藏

効率重視の中で、スピードの価値は高まるでしょう。仕事のスピードは、決断のスピードと言い換えることができる。決断力こそ、これからの時代に必要な能力。


岩崎裕美子

もともと起業したのは、前職で夜遅くまで働き詰めで肌がボロボロになってしまい、自分の肌を改善したいというのが始まりです。自分の肌さえも改善できなければ、人の肌を綺麗に出来ません。


大山健太郎

現場からは開発が間に合わない、原材料費で元が取れないという意見があがるかもしれません。ただ、これはメーカー側の論理であり、顧客には関係のない話です。常に顧客の視点に立って開発者に意見する。私が言う「顧客の代表」とはこういうことです。このように、アイリスは製品の価格決定プロセスが他社と決定的に違います。


デービッド・アトキンソン

幻想を抱いて間違った施策を取るのではなく、客観的事実を見据えて正しい戦略を立てよ。


冨安徳久

長く続いている企業を調べると、たとえ過去に革新的なイノベーションを起こしていても、その成功体験に安住することなく、未来を見据えて次の手を打っている気がします。これからの社会を担う若者たちには特に、好奇心を持ってチャレンジしてほしい。


落合信彦

死を選ぶことは、勇気あることでもなんでもない。むしろその逆。生に執着している人からすると、自ら死を選択することは、ある種の畏れなのかもしれないが、とんでもない。


ページの先頭へ