橋本聖子の名言

橋本聖子のプロフィール

橋本聖子、はしもと・せいこ。日本のアスリート、政治家。計7回オリンピックに出場。主な競技はスピードスケートと自転車。アルベールビル冬季五輪スピードスケート1500mで銅メダル。95年より参議院議員を務める。衆議院議員の義兄を持つ

橋本聖子の名言 一覧

誰かが最初にやるから前例となるし、道もできる。非難されるからといって何もやらなかったら自分は向上しない。
【覚書き:政治家になった時の発言】


橋本聖子の経歴・略歴

橋本聖子、はしもと・せいこ。日本のアスリート、政治家。計7回オリンピックに出場。主な競技はスピードスケートと自転車。アルベールビル冬季五輪スピードスケート1500mで銅メダル。95年より参議院議員を務める。衆議院議員の義兄を持つ

他の記事も読んでみる

川端克宜

当社独自の「EMAL(エマール)」という営業組織を10年がかりで創り上げました。これは、地域に住む生活者、多くは主婦を中心にした営業組織で、当社が直接雇用し、エリア内の小売店を回っています。生活者の目線で、お客さまに分かりやすいPOPなどを制作し、地域特性や季節感あふれる装飾で、店頭にきめ細かく商品を並べて、売り場に反映させています。


渡辺雅隆

読者の「知りたい」にこたえることが、私たちの新聞社としての責務です。そのためには質の高い記事をつくり続けなければいけない。社員には、「萎縮している場合ではありません」と声をかけ続けました。


牧野正幸

うちでは仕事で関わる同僚たちが、成果に基づいて一人一人を評価します。報酬もそれで決まる。上司1人の判断ではなく、互いに評価するので公平性があります。自分の評価に文句を言う社員は1人もいないと思いますよ。


北条司

設定をある程度描いていくうちにキャラが勝手に動くようになって、収拾がつかなくて困るくらいでした。それも年がら年中、考えているからでしょうね。連載中はずっと頭から離れないですよね。


税所篤快

まだ自分の人生に投資をしているつもりなんです。そのうちに経験値がたまってプロになっていくのかもしれませんが、少なくても今はそういう段階じゃない。現地の人からお金を取って利益を上げるより、自分が思ったことをのびのびとやってみたいです。


加藤秀一(不動産コンサルタント)

当たり前ですが、ハガキや手紙を出すことではなく、相手との関係を築くことが目的です。書く枚数を目標にしたり、義務感や惰性で書いたりすると、その点を履き違えてしまう。そうではなく、受け取った相手に何を感じてもらえるかを考えて書くことが大事でしょうね。


デイル・ドーテン

完璧とは、ダメになる一歩手前の状況である。


河合利樹

お客さまからの絶対的な信頼と技術力が、当社の最大の強み。


塚越寛

私は、この会社を社員と地域にとって理想郷にしたい。そのためにも、これまで通り「末広がり」の経営を推し進めていきたいと考えています。「末広がり」とは、閉塞感がない状態のことで、これによって社員にゆとりが生まれます。ゆとりをもって生きることができれば、未来に対して希望を持ち、ボランティア活動をしたり、環境問題などにも積極的に取り組むようになる。


船ヶ山哲

まずは「ライバル」に対して存在を示してください。ライバルに存在を認められない人が、お客に見つけてもらうことは不可能だからです。


渡邊陽一

私も昔はお金持ちになりたいと本気で思っていました。だから、志よりも、時流に乗ることを最優先しました。結果、かなりの紆余曲折を経てしまいましたが(笑)、自分の使命ともいえる、この事業にめぐり合うことができました。もちろん今でも、常に売り上げを伸ばすことが、起業家の役目と信じています。そのうえで、どんな社会貢献ができるのか、その順番で考えていいのです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

当事者意識が欠如したままでは、本当の意味での仕事の楽しさなど感じることはできない。


鈴木茂晴

年齢を重ねれば個体差もでてくるし、価値観もそれだけ多様になってくる。定年をはじめとする企業が定めた人事制度は、高度成長期時代に確かに機能してきた。だが、もはや多様な社員の人生を一律の考え方に当てはめる時代ではなくなりつつあるのではないか。


江副茂

社長就任から半年間はここに挨拶に行けなど、言われるがままでした。ですが、半年たった時に、秘書に私の行動をすべてメモしなさいと言ったのです。会議で何を言ったのか、どういうお客様に会ったのか、振り返って自分の行動を反省してみようと思ったのです。自分で考える時間、考えたことをやる時間、自由時間を作ろうとしているんです。そうでないと、皆に動かされているだけで、それで社長は何でも知っているものだと思われてしまうんです。


白洲次郎

英国では会社の社長に給仕がお茶を持ってきたら、必ず「ありがとう」という。当り前のことだが気持が好い。日本でも子供に親がもっとこういうことを教えなければいけない。これがほんとうの民主教育というものだと、僕は思う。


ページの先頭へ