名言DB

9419 人 / 110788 名言

橋本真由美の名言

twitter Facebook はてブ

橋本真由美のプロフィール

橋本真由美、はしもと・まゆみ。日本の女性経営者。ブックオフコーポレーション社長・会長。福井県出身。一宮女子短期大学家政科栄養コース卒業後、栄養士として工場や病院で栄養指導に従事。その後、結婚して主婦となる。2児の母として子育てをしたのち、ブックオフ直営1号店(神奈川県相模原市)のパートタイムのオープニングスタッフとなる。その後、直営2号店の店長、取締役、東京八王子堀之内店店長、常務などを経て社長に就任した。

橋本真由美の名言 一覧

スタッフのモチベーションを高めるには目の前の課題を順番に片付けること。そのとき必ず、創意工夫をすること。うれしいときはみんなで喜び、失敗したときは、みんなで考える。


人材育成こそが社長の私に課せられた最大の使命です。


私がこれまでやってきたのは、強い現場をつくることです。その中身は何かというと、人の育成なんです。これからも、いかに人材を育てていくか、いかに短期間で店長を生み出していくか。それができれば、たとえ競合企業が現れようとも万全だと思っています。


パート、アルバイトから正社員になる人が少なくなったらブックオフはむしろ危険だと思っています。


スタッフも成長し、モチベーションを高めなければお店は成り立たないと思ったときに実感しました。「これは子育てと一緒かな」と。悪い点があれば怒ったり、たまにはおだててみたり、主婦だからこそできる育て方があるのではないかと気づいたんです。


どんな工夫をすれば、中古本を売りに来やすくなるか。その集めた本を、いかにきれいに加工するか。そして、商品を売り場にきちんと出すため、スタッフ力(やる気)をいかに高めるか。これが繁盛店をつくる原動力なんだと、現場に立ちながら身体で感じていったんです。


元気のない社員、辞めようか考えている店長に「つらいのはわかってるよ。私がわかってるだけじゃ、ダメ?」って、よく言うんです。するとわかってくれて、また職場を活気づけたり、新店を立ち上げてくれる。そんなときは格別の喜びがあります。子供の偏差値があがったり、主人が出世すれば嬉しいけれど、それは私の見栄にすぎません。でも、会社を辞めようと思った人が元気になり、また結果を出してくれるというのは、私の見栄でも何でもなく、その人が幸せになること。ともに働く仲間が幸せになることは、何ものにも代えがたい喜びです。そういう瞬間があるからこそ、私もやっていけるんです。


当社は現場の従業員が生きがいを持って働くことを大事にしています。いわば「現場が主役」の会社です。パートだった私がここまで来られたのも、そのことの現れのひとつでしょう。社長になったからといって、その信念に変わりはありません。これからも現場の目線を常に忘れず、経営に活かしていきたいと思います。


若い人たちには、大いに夢を抱いて前向きに生きていってもらいたいし、その芽を摘むことのないような明るい職場作りを続けていきたいと思います。


若い人が当社に来てバリバリ働きだす例はたくさんあります。それは信頼して仕事を任せ、店舗の売上が上がったら、周囲が「あなたのおかげよ」と感謝する職場風土があるからだと思います。


ブックオフの店舗では、店長をのぞけば大半が学生さんや主婦のパート・アルバイトさんです。若い人もたくさんいますけど、みんなものすごく真面目で、やる気にあふれています。あるアルバイトさんは「以前のアルバイトは暇だと嬉しかったのに、いまは忙しい方が嬉しいです」「働くことが楽しくなりました」と言っていました。


18年ぶりに外で働いてみて思ったのは、自分のために時間を使ってもいいんだということでした。それまでは、妻として母として時間を使うのが当たり前でした。家庭が嫌でキャリアウーマンになりたいなどという気持ちは毛頭なかったのですが、働きだすとのめり込んでしまいました。
【覚書き|ブックオフ1号店にパートとして入社した当時を振り返っての発言】


ブックオフ1号店のオープニングスタッフ募集に応募したのが、私とブックオフとの最初の出会いです。「誰でもできる」「働ける時間帯だけでいい」という条件が主婦の私には魅力的でした。当時15歳と17歳の子供がいて、子供の大学進学を考えると家計を助けるためにも、少しは働いた方がいいかなと思ったことがきっかけでした。


いま、企業の中にはリストラに積極的なところも多いようですが、それでは永続的な組織にはなりません。人材育成やモチベーションの向上は一朝一夕には進みません。ですから、私は社員、スタッフに育ってもらうための取り組みを地道に続けなければならないのです。


店長に対して、その後のキャリアパスを明確に描いてもらえる仕組みをつくりました。これをキャリアパスのセカンドステージと呼んでいます。これまでは、店長から次に何を目指すべきか、はっきりと示していなかったからです。従来の人材育成の方針が、先の見えない「けもの道」を歩ませるものだとすれば、いまは「カーナビ型」、つまりどこに向かうべきかハッキリと示す育成法に変えました。こうして社員、スタッフのモチベーションを維持してもらえれば、と思っています。


「現場が大切」と多くの経営者が異口同音に語りますが、本当にそう思って現場を回っている方がどれほどいるでしょうか。わざわざ私が全国各地のスタッフ研修に出ていかなくてもいいという意見もあるかもしれませんが、そうすることで現場のモチベーションは上がると考えています。会社は社員、スタッフのモチベーションがすべてです。


私は当社の加盟店や、現場で働く店長をはじめとした社員、そしてパートやアルバイトの方など、とにかく現場を支えてくれる人たちを重視しています。ですから、少なくとも月2回程度は実際に全国各地の現場を回って、彼らの研修にあたっています。私が培ってきた店舗運営のノウハウを直接、伝えているのです。


橋本真由美の経歴・略歴

橋本真由美、はしもと・まゆみ。日本の女性経営者。ブックオフコーポレーション社長・会長。福井県出身。一宮女子短期大学家政科栄養コース卒業後、栄養士として工場や病院で栄養指導に従事。その後、結婚して主婦となる。2児の母として子育てをしたのち、ブックオフ直営1号店(神奈川県相模原市)のパートタイムのオープニングスタッフとなる。その後、直営2号店の店長、取締役、東京八王子堀之内店店長、常務などを経て社長に就任した。

他の記事も読んでみる

江上治

売れない営業マンほど、「いい商品だから買ってください」という商品説明ばかり。いい商品かどうかは営業マンではなく客が決めるもの。なのに、売れないトラウマがあるせいか、その日のうちに売ろう、売ろうとする。ベクトルが自分のほうばかり向いていて、自分を捨て切れていない。これでは共感は生まれません。


村口和孝

起業家の生き方は、一般的なサラリーマンや組織人の生き方とは異なり、自由で自立しており、自分らしさが必要だ。


遠藤拓郎

極端に短い睡眠はよくないが、平日に睡眠が少し足りなくても、週末に不足分を補うことで、月曜の朝にはリセットできる。


吉野真由美

相手の話を促したり、相づちを打ったりする際に効果的なフレーズがあります。「すごい」「教えてください」「さすがですね!」の3つです。これらのフレーズは相手の「自分を尊敬してほしい」という力の欲求を満たすことができるので、相手が目上の人や有力者の場合はとくに有効です。これで相手は気持ちがよくなって、いろいろなことを喜んで話してくれるでしょう。


小堀宗実

伝統というのは革新の連続があって伝統になっていく。


坂本春之

やる気が出ないときは、瞬時にやる気のスイッチを入れられるよう体を動かすことがおすすめです。体を動かすことで心の状態をコントロールすることが出来るようになります。


理央周

気分を乗せてできる仕事と、あまり気分が乗らない仕事を日頃から把握しておくことが大事です。仕事中に、「モチベーションが下がってきたな」と思ったら、元気が出てくる仕事に切り替えるのです。


淀川長治

チャップリンは幼少時代ひどい苦労をなめた。貧しさのあまり頭が変になった母とチャップリンは二人暮らしになった。父を5歳で失った時に母は発狂した。腹違いの9歳の兄はこの家から逃れて船のボーイになった。5歳のチャップリンは食べるものがなくなってマーケット裏に捨てられた残飯を拾ったこともあったという。その苦労がのちのチャップリン喜劇の中でいかに生きて描かれているかがわかるのである。それにこの母が実は偉かったのである。気が鎮まって生気を戻すと、小さな我が子を枕辺に呼び「イエス様はお前が運命をまっとうすることをお望みなのだよ」と何度も諭した。つまり自殺をするなということである。それは小さな我が子に言うよりも苦しい自分に言って聞かせたのであろう。そのチャップリンの苦労がのちに幸せの花を咲かせたのである。思えば神様は人間を豊かに幸せにするためにいつも苦労させるのだ。


津川雅彦(マキノ雅彦)

今の自分がこうしてあるのは、なんといっても40代に、伊丹十三監督にいじめられたというか、一から鍛え直されたからだよね。それまでは、役者としての姿勢がまったくチャランポランでさ。20代のころは、遅刻の常習犯で、パジャマのままスタジオに飛び込んだり(笑)。傍若無人の怠け者。台詞も覚えず、本番直前まで台本読みながら芝居していたんだよ。でも伊丹演出はそれではまったくクリアできない。「台詞を臓腑(ぞうふ)まで叩き込む」ことをしないと、あのしつこくて細かい演出にはついていけないわけさ。台詞の途中で、「そこではブレス(息継ぎ)をしないでください」とか、芝居の最中に「そこで相手役のネクタイを直してあげてください」とか、「そこの空き缶を蹴ってここまで転がして」「いや、右足じゃなく左足で蹴って」とか、次から次へと超細かい注文が飛んでくる。どんな場面でも、台詞がテンポよく出てくるようでないと、監督は納得がいかないわけだ。正直「しつこい男だな」とはじめは腹も立ったが、役者を輝かせ、観客を喜ばすために努力しているのはよくわかった。


酒巻久

コミュニケーションは直接対面して話し合うのが一番早い。メールや電話にばかり時間をかけている人はたいてい、残業が多いのはそのためです。だから私は「同じフロア内でのメール禁止」というルールも掲げています。