名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

橋本真由美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

橋本真由美のプロフィール

橋本真由美、はしもと・まゆみ。日本の女性経営者。ブックオフコーポレーション社長・会長。福井県出身。一宮女子短期大学家政科栄養コース卒業後、栄養士として工場や病院で栄養指導に従事。その後、結婚して主婦となる。2児の母として子育てをしたのち、ブックオフ直営1号店(神奈川県相模原市)のパートタイムのオープニングスタッフとなる。その後、直営2号店の店長、取締役、東京八王子堀之内店店長、常務などを経て社長に就任した。

橋本真由美の名言 一覧

スタッフのモチベーションを高めるには目の前の課題を順番に片付けること。そのとき必ず、創意工夫をすること。うれしいときはみんなで喜び、失敗したときは、みんなで考える。


人材育成こそが社長の私に課せられた最大の使命です。


私がこれまでやってきたのは、強い現場をつくることです。その中身は何かというと、人の育成なんです。これからも、いかに人材を育てていくか、いかに短期間で店長を生み出していくか。それができれば、たとえ競合企業が現れようとも万全だと思っています。


パート、アルバイトから正社員になる人が少なくなったらブックオフはむしろ危険だと思っています。


スタッフも成長し、モチベーションを高めなければお店は成り立たないと思ったときに実感しました。「これは子育てと一緒かな」と。悪い点があれば怒ったり、たまにはおだててみたり、主婦だからこそできる育て方があるのではないかと気づいたんです。


どんな工夫をすれば、中古本を売りに来やすくなるか。その集めた本を、いかにきれいに加工するか。そして、商品を売り場にきちんと出すため、スタッフ力(やる気)をいかに高めるか。これが繁盛店をつくる原動力なんだと、現場に立ちながら身体で感じていったんです。


元気のない社員、辞めようか考えている店長に「つらいのはわかってるよ。私がわかってるだけじゃ、ダメ?」って、よく言うんです。するとわかってくれて、また職場を活気づけたり、新店を立ち上げてくれる。そんなときは格別の喜びがあります。子供の偏差値があがったり、主人が出世すれば嬉しいけれど、それは私の見栄にすぎません。でも、会社を辞めようと思った人が元気になり、また結果を出してくれるというのは、私の見栄でも何でもなく、その人が幸せになること。ともに働く仲間が幸せになることは、何ものにも代えがたい喜びです。そういう瞬間があるからこそ、私もやっていけるんです。


当社は現場の従業員が生きがいを持って働くことを大事にしています。いわば「現場が主役」の会社です。パートだった私がここまで来られたのも、そのことの現れのひとつでしょう。社長になったからといって、その信念に変わりはありません。これからも現場の目線を常に忘れず、経営に活かしていきたいと思います。


若い人たちには、大いに夢を抱いて前向きに生きていってもらいたいし、その芽を摘むことのないような明るい職場作りを続けていきたいと思います。


若い人が当社に来てバリバリ働きだす例はたくさんあります。それは信頼して仕事を任せ、店舗の売上が上がったら、周囲が「あなたのおかげよ」と感謝する職場風土があるからだと思います。


ブックオフの店舗では、店長をのぞけば大半が学生さんや主婦のパート・アルバイトさんです。若い人もたくさんいますけど、みんなものすごく真面目で、やる気にあふれています。あるアルバイトさんは「以前のアルバイトは暇だと嬉しかったのに、いまは忙しい方が嬉しいです」「働くことが楽しくなりました」と言っていました。


18年ぶりに外で働いてみて思ったのは、自分のために時間を使ってもいいんだということでした。それまでは、妻として母として時間を使うのが当たり前でした。家庭が嫌でキャリアウーマンになりたいなどという気持ちは毛頭なかったのですが、働きだすとのめり込んでしまいました。
【覚書き|ブックオフ1号店にパートとして入社した当時を振り返っての発言】


ブックオフ1号店のオープニングスタッフ募集に応募したのが、私とブックオフとの最初の出会いです。「誰でもできる」「働ける時間帯だけでいい」という条件が主婦の私には魅力的でした。当時15歳と17歳の子供がいて、子供の大学進学を考えると家計を助けるためにも、少しは働いた方がいいかなと思ったことがきっかけでした。


いま、企業の中にはリストラに積極的なところも多いようですが、それでは永続的な組織にはなりません。人材育成やモチベーションの向上は一朝一夕には進みません。ですから、私は社員、スタッフに育ってもらうための取り組みを地道に続けなければならないのです。


店長に対して、その後のキャリアパスを明確に描いてもらえる仕組みをつくりました。これをキャリアパスのセカンドステージと呼んでいます。これまでは、店長から次に何を目指すべきか、はっきりと示していなかったからです。従来の人材育成の方針が、先の見えない「けもの道」を歩ませるものだとすれば、いまは「カーナビ型」、つまりどこに向かうべきかハッキリと示す育成法に変えました。こうして社員、スタッフのモチベーションを維持してもらえれば、と思っています。


「現場が大切」と多くの経営者が異口同音に語りますが、本当にそう思って現場を回っている方がどれほどいるでしょうか。わざわざ私が全国各地のスタッフ研修に出ていかなくてもいいという意見もあるかもしれませんが、そうすることで現場のモチベーションは上がると考えています。会社は社員、スタッフのモチベーションがすべてです。


私は当社の加盟店や、現場で働く店長をはじめとした社員、そしてパートやアルバイトの方など、とにかく現場を支えてくれる人たちを重視しています。ですから、少なくとも月2回程度は実際に全国各地の現場を回って、彼らの研修にあたっています。私が培ってきた店舗運営のノウハウを直接、伝えているのです。


橋本真由美の経歴・略歴

橋本真由美、はしもと・まゆみ。日本の女性経営者。ブックオフコーポレーション社長・会長。福井県出身。一宮女子短期大学家政科栄養コース卒業後、栄養士として工場や病院で栄養指導に従事。その後、結婚して主婦となる。2児の母として子育てをしたのち、ブックオフ直営1号店(神奈川県相模原市)のパートタイムのオープニングスタッフとなる。その後、直営2号店の店長、取締役、東京八王子堀之内店店長、常務などを経て社長に就任した。

他の記事も読んでみる

川辺友之

ビジネスは失敗を通じて学べることが本当に多い。少しでも早く独立すれば、それだけ多くの経験を積んで成長できるでしょう。


大久保真一

私どもは世の中にないようなものは行っていません。米国で成功した事例を、いち早く日本に持ってくるので、失敗がないのです。


木暮太一

大事なのはこの判断が正しいかどうかではなく、ロジックを理解して、自分の頭で正誤を判断したかどうか。結果的に間違っていても、「自分の判断のここがおかしかった」「あそこの考え方を修正しないといけない」と1人でフィードバックできるから、トライアンドエラーができる。この思考習慣を持ち続け、少しずつ判断のレベルを上げていくことが大事。


三村起一

義母の由は維新の鉄砲弾の中で、15で三村家に嫁いだだけあって元来気丈、一種の女丈夫であった。自分のことを自ら鬼ばばあと称していた。「士(サムライ)の子は金のことなど言うものではない。三村の家は貧乏を宝とする」と義母に清貧主義を吹き込まれた。
【覚書き|生後間もなく養子に出された先の三村家の生活を振り返っての発言】


塚本能交

商品をより多くの人の手に届けるためには、売り場の態勢も盤石でなければなりません。販売店のスタッフのモチベーションを上げることも、リーダーである私の仕事です。


矢崎精二

社員と接するときに大切にしていることは、「ありのままの自分を出す」ということ。これに尽きますね。弱みや苦手なところ、悪いところ、強みもいいところも、すべて出す。私はそれしかできないんです。社員も私のことを、社長というより「面白い人ね」くらいにしか思っていないかもしれません(笑)。


工藤将太郎

自分が本当にやりたいことを、会社を理由に実現できないなんておかしい。


永守重信

僕らは売りたくない客には売りません。客も仕入先も選ぶ。選んで、自分たちのひとつのベクトルに合ったところに会社を持っていく。それが私企業のあり方だと思うんです。こういう業者とはもう取引しないとか、そういう経営方針は明確に持っています。


出水麻衣

いつもは読めていた漢字が読めなくなってしまったり、言葉に詰まってしまったり、緊張してしまったり。こういうときは、軽く息を吐いたり、少しだけ間をあけるようにします。そして心の中で大丈夫と唱えて、立て直します。


田中栄

今後は従来のビジネスモデルが成り立たなくなり、変化に対応できない人はピンチに陥るでしょう。


野村克也

勝つときにはいろんな勝ち方があって、相手が勝手にずっこけたり、勝手にミスしてくれたりして「ああラッキー」という勝ち方もあります。しかし、負けるときというのは、負けるべくして負けるものです。勝負の世界にいると、勝って反省というのはできないが、負けたときには反省する。敗戦の中にいい教訓があると思います。


吉川稲美(吉川稻)

人間は自分の器に合った仕事しかできない。仕事を通じて人間の器を広げれば、その分だけ物事を広く見たり感じたりできるのではないでしょうか。