名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

橋本昌三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

橋本昌三のプロフィール

橋本昌三、はしもと・しょうぞう。日本の経営者。野村総合研究所社長・会長。慶應義塾大学卒業後、野村證券に入社。取締役、常務、専務、副社長を務めたのち、野村総研に移籍し社長に就任。大東京火災海上保険監査役、あいおい損保監査役、味の素取締役なども務めた経営者。

橋本昌三の名言 一覧

実績・実力に比べて背伸びをした仕事に社員が挑戦していく体質を育むことは、企業の成長に欠かせません。


システム開発では、思わぬ赤字案件が出てきます。そのときに必要なのは、たとえば想定される赤字額が10億円だとしたら、それをできるだけ早く確定し、その10億円を出発点にいかに赤字額を圧縮できたかで実績を評価することです。いつまでも赤字になったことだけをあげつらっていては、担当者の士気は上がりません。損失がはっきりしないまま、時間の経過とともにその額が膨らんでいくリスクほど、怖いものはありません。


難しい案件をやり遂げれば、人材の育成や社員の自信にもつながります。中長期の視点で正しいと判断できれば、目先の損失やリスクにとらわれるべきではないはずです。


必要であれば前倒しで損失を計上し、新たな課題に挑戦するという「損切り文化」なしに、企業は成長を実現できません。これは野村グループの創始者、野村徳七翁以来の「先取の精神」による伝統でもあります。


新たな課題に挑戦する案件には細心の配慮が必要です。責任の所在を明確にしておかなければなりません。私は「これは社長の責任でやる」と言い切りました。それに現場に仕事を任せっぱなしにしてもいけません。技術面から一番その仕事をわかっている人を責任者に据え、進捗状況やリスクの度合いを毎日のように報告させました。


橋本昌三の経歴・略歴

橋本昌三、はしもと・しょうぞう。日本の経営者。野村総合研究所社長・会長。慶應義塾大学卒業後、野村證券に入社。取締役、常務、専務、副社長を務めたのち、野村総研に移籍し社長に就任。大東京火災海上保険監査役、あいおい損保監査役、味の素取締役なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

松井勝史

中小企業の強みでもある個別の対応も必要です。キャリア形成や働き方に選択の幅を設け、社員一人一人にどれだけ寄り添えるか、ワークライフバランスを含めた個々人の成長と幸せにどういった形で貢献できるか、現在取り組み中の課題もあります。いつどこでどの社員が対応をしても、共通のCI(コーポレートアイデンティティー)を胸に地域の安心・安全な暮らしを支える愛情と志のある社員集団であるよう、これからも努力し続けます。


大島武(学者)

根回しをするときには、事前に影響力のある上司に「今度の会議で発表するプランについて、事前に内容を見ていただけないでしょうか」と添削を依頼するのも効果的です。この時点で内容は完璧でなくていい。むしろ、上司に手を加えてもらうことを目的にしてください。上司が「ここがわかりづらいな」と指摘したら、「ありがとうございます! すぐに直します!」。自分が手を加えたそのプランに対して、思い入れも深くなっているはず。もし、会議で劣勢になったとしても、援護射撃などその提案の後押しをしてくれるでしょう。


永野毅

よく社是とかが社内に架けてあり、たいがい立派なことが書いてありますが、それが本当に社員にどこまで浸透しているか。別にそれを暗記しろということではなくて、社是のバックにある思い、創業者の思いが、どこまで社員の腹に落ちてその行動につながっているかは難しい。浸透させるには対話以外にない。


マイケル・ゲルブ

私たちの多くは、左脳を集中的に使うやり方で、毎日一生懸命に仕事に精を出している。ときには仕事に夢中になりすぎて、物事を正しく見ることを忘れてしまったりする。仕事中、または勉強中に、一時間に一回程度の休憩を取ることで、楽しみや効率を最も増すことができる。忙しスケジュールの合間に、10分程度の脳の休憩時間を挟むようにしよう。


羽物俊樹

我が社で、「起業チャレンジ」という若手起業家を輩出するプログラムを毎年開催しています。新しいアイデアが育まれ、新しい起業家が誕生する「起業チャレンジの場」はワクワクするものです。


包行均

中小企業はちょっと頑張ったら、海外の売り上げはすぐ2倍になる。遊び心を持って、どんどん出ていけばいいんじゃないかな。キャニコムは今、46か国に進出しているけど、新しく出ていく国を決める時、最初から代理店頼みとか、何が売れそうかとか、考えて行ってない。あーこの国に行きたいな、ってまず思って、そこから考える。


佐藤綾子(心理学者)

最初の発言がどうであれ、実績を人は信じる。人は後の実績を見て、最初の自分のイメージ修正をするのです。「あの時ああ見えたのは、実はこのせいだ」という理由を、後から考えるわけです。「あの彼が弱そうに見えたのは、内心の自信を隠していたからで、本当は強いリーダーだったのだ」と自分の最初の間違った判断に論理的言い訳を加えるのです。


平井伯昌

変化を恐れないことが日本人の強さのひとつです。


安田隆夫

買い物をしてくれる人たちに顧客満足を提供する。小売業の存在意義はそこにある。


三枝富博

ヨーカ堂が創業以来大事にしてきた経営理念とか、お客様に支持してもらうためにどうするかを愚直に考える。そのほうが会社を強くする。私自身ずっとそうやって働いてきた。


澤村諭

近未来のシステムを構想するうえで、シーズといわれる先進技術の存在は重要ではないでしょうか。シーズが登場したことをキッカケに生まれるアイデアや、新しい技術によって初めて実現できることがあるからです。私たちは、優れた特性や機能を備えた半導体デバイスを、いち早く提供することで、自動車の進化に貢献できればと思っています。


東原敏昭

日立には100年に及ぶモノ作りの歴史がある。その中で、私が体得したのは「SQDC」だ。Sはsafetyで、Qはquality、次はdelivery time、最後にcost。この4つの優先順位をこれからも守っていく。スピード感を高めるためにいろいろ変えていくがSQDCの4つを重視する姿勢は、グローバル事業を展開するうえでも変わらない。