名言DB

9412 人 / 110637 名言

橋本昌三の名言

twitter Facebook はてブ

橋本昌三のプロフィール

橋本昌三、はしもと・しょうぞう。日本の経営者。野村総合研究所社長・会長。慶應義塾大学卒業後、野村證券に入社。取締役、常務、専務、副社長を務めたのち、野村総研に移籍し社長に就任。大東京火災海上保険監査役、あいおい損保監査役、味の素取締役なども務めた経営者。

橋本昌三の名言 一覧

実績・実力に比べて背伸びをした仕事に社員が挑戦していく体質を育むことは、企業の成長に欠かせません。


システム開発では、思わぬ赤字案件が出てきます。そのときに必要なのは、たとえば想定される赤字額が10億円だとしたら、それをできるだけ早く確定し、その10億円を出発点にいかに赤字額を圧縮できたかで実績を評価することです。いつまでも赤字になったことだけをあげつらっていては、担当者の士気は上がりません。損失がはっきりしないまま、時間の経過とともにその額が膨らんでいくリスクほど、怖いものはありません。


難しい案件をやり遂げれば、人材の育成や社員の自信にもつながります。中長期の視点で正しいと判断できれば、目先の損失やリスクにとらわれるべきではないはずです。


必要であれば前倒しで損失を計上し、新たな課題に挑戦するという「損切り文化」なしに、企業は成長を実現できません。これは野村グループの創始者、野村徳七翁以来の「先取の精神」による伝統でもあります。


新たな課題に挑戦する案件には細心の配慮が必要です。責任の所在を明確にしておかなければなりません。私は「これは社長の責任でやる」と言い切りました。それに現場に仕事を任せっぱなしにしてもいけません。技術面から一番その仕事をわかっている人を責任者に据え、進捗状況やリスクの度合いを毎日のように報告させました。


橋本昌三の経歴・略歴

橋本昌三、はしもと・しょうぞう。日本の経営者。野村総合研究所社長・会長。慶應義塾大学卒業後、野村證券に入社。取締役、常務、専務、副社長を務めたのち、野村総研に移籍し社長に就任。大東京火災海上保険監査役、あいおい損保監査役、味の素取締役なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

中村天風

フランスで風邪をひいたとき、私は医者にかかった。そして、いかにフランスの医者が肉体よりも心を大事にしているかということを知った。熱が高くて苦しんでいると、医者が来て診察した。「それじゃ、また、二、三日たって来るから」「明日もまた来ていただけませんか」と言うと「そんな、風邪ひきくらいに、毎日来る必要はないでしょう」「では、薬は何をのんだらいいでしょう」「薬? こんな病にのむ薬があるかね」と言う。「薬なんかいらない。温かいコーヒーなり紅茶なりを飲んで、寝ていれば心配ない。治るときが来れば治る。それが何よりの養生だ」と言う。たいていの病はまず、心を強く、第一番に病を気にしないようにすることなんだ。


坂本孝

より多くのケーススタディに遭遇できるのは、大企業よりも中小企業です。一方で、ケーススタディの質は、大企業のほうが圧倒的に高いでしょう。規模の大きな案件や重大な案件は、資金力のある大きな組織に属してこそ、携わることができる可能性があるのは間違いありません。ケーススタディの質と量。どちらがより大事だということではありませんが、どちらかしか選べないのであれば、中小企業で場数を踏むほうが成長につながると思います。仕事は、量をこなすことで質へと転換されていきます。それに大企業に就職したからといって、皆が質の高い経験をできるわけでもありません。事業の中核を担うような仕事に恵まれる人は、ごく一部です。


吉田松陰

得ることが難しく、失いやすいのは時間である。


藤岡頼光

人間の脳が一番活性化するのは想定外のことが起きたとき。色んなことに挑戦し続け、想定外のことに直面し、失敗も重ねる。そうすると、徐々に勘が働くようになる。


佐藤可士和

相手がトップであれ、担当者であれ、私が実行しているのは次の3つです。

  1. 仕事の駆け引きをしないこと。
  2. 突っ込んだことを言わなきゃいけない仕事なので、相手のことをリスペクトすること。
  3. オープンマインドで接すること。

高橋秀明

当社のディレクター(自ら手を上げ、社内で人材を集め、新商品・サービスのプロジェクトを立ち上げた社員)たちが発案したプロジェクトの中には、間もなく新しいビジネスとして結実するものもあります。100億円程度の売上が見込めそうな新規事業もある。社員の潜在能力を引き出せば、ビジネスが生まれることを実証していきたい。


堀内利之

世界に愛が足りなくなったときに戦争が起きる。敵は外ではなく、自己の内に現れる。利己的主張や誤解や、悪感情が相手に映って敵として現れるのです。


出口治明

物事を理解してもらうには、絵を描くのが一番早い。できるだけわかりやすく図解する。たとえば、自分の子供に説明するとき、「こういうことだよ」と絵を描いて説明するでしょう。


西村英俊

突然予期せざる不慮の災厄。社長であるあなたは不慮と言ってはいけません。慮外、考えなかった、考えていなかったこと、想定しなかったそのことが、社長の罪と認識すべきです。本来こんな事象が起こることを予知する情報収集を怠っていたということにすぎません。百歩譲ってまったく予知することができないと客観的に証明されたとしても、リスク分散をせずに偏重しすぎて致命的な傷を負ったという責任は残ります。不断の努力の不足ということです。


阿部寛

お金って、欲しいなって思うと逃げていっちゃうと思うんだよね。追ってはいけないものですよ。


吉田直人(経営者)

当社は今、データベースを元にしたアドテクを使った広告代理店になりつつあります。去年、凸版印刷と資本業務提携をしました。凸版印刷が持っているデータと当社が所有しているデータを連携させて、より効果の高いターゲティング広告を打てるデータベース連合をつくったということです。今後も提携先の拡大により、さらにリッチなデータベースを構築していきたいです。


佐々木常夫

仕事しかない人生を送ってきた人は、定年を迎えた瞬間に何もかも失います。その後に待っているのは、寂しい老後です。私はそれが嫌だったから、管理職時代から毎日夕方6時に退社し、病気の妻の看病と3人の子供の世話をしながら、家族ときちんと向き合ってきた。家族だけでなく、会社以外の友人や地域社会とのつながりも大事にしてきました。70代になった今、そうした人たちとの横の結びつきが、私にとって非常に大きな財産になっています。


鎌田和彦

周りから評価されないと嘆くよりも、失敗やストレスやプレッシャーの耐性の強い自分になるということを、絶対的な評価軸として自分の中に設定しておくのはいい方法かもしれません。


篠原菊紀

人がひらめく際には、脳内活動ネットワークの組み換えが瞬間的に起こっているものと推測される。この組み換えは、異なる複数の情報をつなぎ合わせる俯瞰的な視点が不可欠になる。ひとつだけの視点にこだわるのではなく、複数に絡まり合う問題を客観的にとらえ、自分自身を含めた全体像を得ることが必要となる。


ロバート・ウォルターズ

バイリンガル・スペシャリストとは、2カ国語以上を話し、かつプロフェッショナルな能力を有する人たちを指す。彼らを、正社員あるいは派遣・契約という雇用系態でクライアントに斡旋してきた。こうした人材は日本に限らず、世界のどの国、地域においても恒常的に不足している。