名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

橋本和良の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

橋本和良のプロフィール

橋本和良、はしもと・かずよし。日本の経営者。平安時代から続く特殊装飾金物、エクステリア、住宅建築メーカー「傳來(でんらい)工房」社長。京都出身。玉川大学工学部経営工学科卒業。大塚製薬を経て傳來工房に入社。同社社長に就任し、エクステリア・住宅建築の分野に進出。同社を大きく成長させた。著書に『これからのいい家づくり真剣勝負!建ててからでは遅い!建てる前に必ず読まなければならない本』。

橋本和良の名言 一覧

夢があるから人生。夢のあるビジネス、夢を追い続ける人生は楽しくて美しい。


掃除や整理整頓といった環境整備は仕事の原点であり、会社を変えていくものです。


整理整頓ができない人に、品質のいいものはつくれません。また、見えないところまできれいにするという気持ちがあって初めて、本当に優れた製品をつくれるようになるのです。


環境整備に取り組もうと考えたとき、環境整備で実績をあげていた会社の社長を訪ねて相談しました。「社長がやらずして誰がやるというんだ。本気で環境整備をしようと思うのなら、まずきみ自身が毎朝トイレの掃除をしなさい」と彼は言いました。私はその言葉にハンマーで頭を殴られたような衝撃を受けました。


私は28歳で傳來工房に入社したその日に、ショックなことを経験しました。隣の席の若い社員を飲みに誘ったら、「経営者側の人間とは行けない」と、にべもなく断られてしまったのです。当時は多くの社員が労働組合の活動に熱心で、労使関係は決してよくありませんでした。私はそんなギスギスした人間関係ではなく、皆に「いい会社に勤めた」と思ってもらえるようにしたかった。考えてみれば、これが私の経営者としての原点だったように思います。


環境整備について、私たちは定義を設けました。すなわち「礼儀、規律、清潔、整頓、安全、衛生」という6つの面に着目し、すべてを維持向上させていくことを目標に定めているのです。


掃除や環境整備をやればすぐに会社が儲かるというわけではありません。それは薄い紙を一枚一枚重ねていくようなものです。


環境整備を社内に定着させるために私自らトイレ掃除を始めました。トイレがきれいになってくると、「もっときれいにしたい」という欲がわいてきます。長い柄を握ってこすろうとしても力が入らないので、タワシの部分を直接持つようになりました。そうすると柄が邪魔になる。そこで、柄のないタワシに変えました。また、手袋を用いると滑るので、素手でやるようにしたのです。これで少なくとも見たところ、便器の表面はピカピカになった。すると今度は、見えないところ、手が届かないところまできれいにしたいと思うようになり、自分で道具も工夫して、便器をとことん磨き上げていきました。きれいなものをさらにきれいにしているのですから、マスクも要らなくなりました。そして私は「自分はたんにトイレを磨いているのではなく、自分の心を磨いている」ということに気づきました。


橋本和良の経歴・略歴

橋本和良、はしもと・かずよし。日本の経営者。平安時代から続く特殊装飾金物、エクステリア、住宅建築メーカー「傳來(でんらい)工房」社長。京都出身。玉川大学工学部経営工学科卒業。大塚製薬を経て傳來工房に入社。同社社長に就任し、エクステリア・住宅建築の分野に進出。同社を大きく成長させた。著書に『これからのいい家づくり真剣勝負!建ててからでは遅い!建てる前に必ず読まなければならない本』。

他の記事も読んでみる

朝倉千恵子

部下を好き嫌いで見るのではなく仕事で見ることが重要です。好き嫌いで見ると、「たぶん、彼(彼女)なら大丈夫だろう」「彼(彼女)にかぎって」という甘さが生じます。でも、この「たぶん」「かぎって」が命取りになるのです。


瀬戸健

類似品の出現で顧客がすぐに離れるのは、本当に顧客が求める価値を提供できていないからだ。


岸田一郎

自分が会いたいと思う人ほど、自分に価値がないとまず会ってもらえません。いまはそんなに余裕のある時代ではありません。昼の仕事でたまたま出会った人と、「もっと親しくなりたい」と夜にいくらお酒を飲ませても、それで人脈ができるわけではありません。みんな忙しいし、シビアな数字が要求されている世の中ですから。だから、人脈を築こうと思うなら、相手にとって自分の価値が何なのか考え抜くことです。


松本侑子

読むべき本を効率的に探すために、「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」「ファスト・カンパニー」といったビジネス誌のウェブサイトにアップされた書評記事をチェックします。信頼できる友人からお薦め本を教えてもらうこともありますが、普段読んでいる雑誌がその役割を十分務めてくれています。洋書は構成がしっかりしているので、英語でも意外に読みやすい。電子書籍なら思い立った時すぐにでも買えるし、私もiPadで洋書を月2、3冊は読んでいます。


西秀訓

個々のボリュームは小さいけれど、まとまればそれなりの規模になるし、成長リズムが違うから、ある商品が疲れてきても別のが伸びてカバーできる。いま儲かるかどうかより、ポートフォリオを工夫して、変化にしなやかに対応するのが、経営者的にいうと一番面白いところ。


齋藤孝(教育学者)

「もっと強くなりたい」とか「逆境に立ち向かう勇気が欲しい」と思う時、最も即効性のある「カンフル剤」は本だろう。それも自己啓発書やビジネス書より、古今東西の偉人たちの自伝や評伝の方が刺激的だ。何しろ世に名を残すくらいだから、とてつもない困難を乗り越えて何かを成し遂げたことは間違いない。中でもおすすめの1冊を挙げるなら、福澤諭吉の『福翁自伝』だ。力強い生き方に刺激を受けるという意味でも、話し言葉としての日本語を学ぶうえでも、私は「すべての日本人必読の書」だと思っている。


大竹美喜

一人でも社員がやる気を失って創造力が落ちると、企業の成長は行き詰まります。


施崇棠(ジョニー・シー)

美しさの象徴であるモナリザと、発明家のダ・ヴィンチを融合したような斬新な考え方が大事。


木村信司

演出家というのは、役者の中にあるものしか掘り出せないんです。役者自身が気づいていない鉱脈が顔を覗かせたときに「見えてきたぞ!」と嬉しくなるわけです。


玉塚元一

経営判断は瞬時にしなくては現場が迷う。


千葉智之

仕事の引き出しは、仕事の時間以外に動いてインプットした量に比例する。せっかくお金を使うなら、そうしたことにかけると、もっと大きくなって返ってくるのではないでしょうか。


鈴木修

机の上で評論していちゃ駄目。やってみなさい、試してみなさい。