名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

橋本和仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

橋本和仁のプロフィール

橋本和仁、はしもと・かずひと。日本の化学者、理学博士。東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻教授。北海道出身。東京大学理学部化学科卒業、同大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了。東京大学工学部合成化学科講師・助教授、東京大学先端科学技術研究センター教授、東京大学大学院工学系研究科教授、国立研究開発法人物質・材料研究機構理事長などを務めた。

橋本和仁の名言 一覧

現代において産業競争力がある技術とは、アナログ的な手間をかけて大規模かつ複雑に組み上げられた、まねしにくいもの。


21世紀は技術単体を評価したり、技術だけで稼げたりする時代ではない。基礎研究であろうとも、いかに稼ぐのかを意識して研究に臨むべきだ。


インテルのCPUビジネスは、中身をブラックボックス化すると同時に、活用方法を積極的に開示する。競合する企業にCPU本体で競争するより、周辺で稼いだ方が効率が良いと思わせることで中身を守っている。


日本が技術で産業競争力を維持するために研究・技術開発はどうあるべきか。先端を走り続けるのは大前提だが、それだけでは駄目だ。追い付かれるまでの時間をいかに稼ぐかが鍵になる。


どんなに優れた技術でも、世に出れば模倣され陳腐化するのが運命だ。特許で守るにしても、ゴールが分かっていれば特許を迂回する方法は見つかるものだし、特許なんて関係ないという国や会社は世界中にいくらだってある。


販売後のサービス・サポート領域も技術とセットで考える必要がある。米アップルの付加価値の源泉は、iPhoneの製造販売でも中身のチップやOSでもなく、100円のアプリを販売する仕組みだ。CPUやチップやOSだけで同社の産業競争力は議論できない。


技術を組み合わせて複雑化・アナログ化することが重要。海水を淡水化する半透膜があるが、画期的な技術で半透膜フィルターを作っても早晩陳腐化する。ならば真似しにくいように水処理プラントまで組み上げる。場合によってはコンソーシアムのような企業の枠を超えた協業が必要になってくるかもしれない。さらに稼げるのは水メジャーが手掛けるような施設運営を含めた水ビジネスだろう。


橋本和仁の経歴・略歴

橋本和仁、はしもと・かずひと。日本の化学者、理学博士。東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻教授。北海道出身。東京大学理学部化学科卒業、同大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了。東京大学工学部合成化学科講師・助教授、東京大学先端科学技術研究センター教授、東京大学大学院工学系研究科教授、国立研究開発法人物質・材料研究機構理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

田川博己

仕事を部下に任せる勇気があれば、時間はいくらでも生まれます。それが私の実践する時間管理術の基本です。専務時代、営業企画本部長を務めたときもそうでした。もう一人の担当役員だった副本部長の取締役に相当部分を任せました。私があまり働くと、副本部長の仕事が浮いてしまうのです。「副」の役割が形式化している組織はたいてい上が働きすぎているはずです。


松井忠三

報連相の重大な弊害は、バイアスがかかりやすいということ。部下はどうしても、上司が喜ぶような報告をしたがります。反面、ミスやトラブルはできるだけ報告したくないものです。だからそうした情報はニュアンスを歪めて報告したり、報告を遅らせたり、ときには隠したりします。これでは情報のやりとりが正確・迅速に行われません。とくに事故やクレーム、重大トラブルが起こった際は、対応の速さが何より重要です。そこで情報伝達がスムーズに行われないと、会社を揺るがす大損害をも招きかねず、赤字の原因の1つでした。


市橋和彦

消費者の7割が女性だというのに、肝心の企業の発想自体がいまだに男性的なのです。とくに景気が悪化してコストダウンや効率化などが叫ばれると、ただでさえ左脳優位の男性的思考がさらに強まって、分析や理論、データに頼った商品開発をしがち。結局消費者のニーズから離れた、独りよがりな商品やサービスをつくってしまうのです。


出口治明

読書法について言えば、私が一番嫌いなのは速読です。速く読めて時間の有効活用だと思っている人がいるかもしれませんが、速読は時間のムダでしかありません。思考を追体験するというのは、より具体的に言えば「どうしてこう考えたのか?」という思考のプロセスを追っていくことです。丁寧に読むからこそ、思考のプロセスを理解することができるのです。


池谷裕二

すぐに学習の成果が出ないからといって、次のステップに進むのも厳禁です。記憶の半分は、覚えてから4時間以内に消えてしまいます。そこに追加して新しいことを覚えようとすると、記憶の干渉という現象が起こり、前の記憶はさらに忘れやすくなり、新しいことも記憶しづらくなります。焦って次に進むより、まずは復習です。


小林栄三

自社にない情報や考え方を持つ相手と上手に付き合うにはどうしたらいいか。それには自らも真摯に勉強し、相手に提供できるものを用意しておくことが大事になります。例えば気になる相手に「会いたい」と伝えれば、一度は会ってくれるかもしれません。ただし、二度会うには相応の理由が必要となる。お互いが価値を認め、高め合える関係性をつくれなければ付き合いは続かないでしょう。


高島徹治

私のように「数多くの資格を取ること」が目的である人は少ないと思いますが、どなたも考えてみれば、自分の仕事に活かせそうな資格が一つや二つは見つかるはずです。たとえば、「野菜ソムリエ」という資格がありますが、これを食品メーカーや飲食業の営業マンが取得し、名刺に入れておけば「この人は食のプロなんだ」「仕事に対する意識が高い」などの好印象を与えることができ、お客さんとの会話の糸口にもなります。あるいはライターやブロガーとして食についての発信をしたいという人なら、資格が記事の信憑性を担保してくれるでしょう。


ラドヤード・キップリング

もし周りの人々が理性を失って君に責任をなすりつけたとしても、君さえ理性を失わなければ
もし周りの人々が君を疑っても、君さえ自分を信じ、人々の疑いを許せるなら
もし許しがたい気持ちに駆られても、しばらくそれを冷静に見つめさえすれば
君は大地と同じようにすべてを抱擁することができるだろう。
そして、君はさらに偉大なものになれるのだ、我が息子よ。


福本伸行

デビュー前、新聞配達をしながら漫画を描いた。給料4万円くらいだったからね。家賃の他は、米と味噌を買ってしのいだなぁ。新聞配達の他に喫茶店でもバイトすれば、暮らしもラクになったはず。けれど早くマンガで食える生活がしたかったから、そういう発想はなかったよね。時間と力はすべてマンガにつぎ込みたかった。そもそもマンガって、すごい地味な作業なんです。新人の頃は背景から何から自分で描く。こんなこと、金持ちのボンボンに耐えられるわけないよ。


高原豪久

人事は我々幹部の専管事項ではありますが、自分なりのキャリアデザインをする権利は社員にもあると僕は思っているので、自分なりに10年先のキャリアビジョン、それを達成するためのキャリアプランを作って提出しなさいと言っています。これは社員全員が書いて持っているはずです。


長島徹

帝人のDNAは「みんなが平気でモノを言える会社」です。モノを言ってチャレンジし、少しずつ変えるのです。


大塚陸毅

民になるということはすべてが自己責任になるということです。旧国鉄時代のように親方日の丸は許されないわけで、完全民営化と引き換えに重い責任が課せられたわけです。当然、一つ一つのビジネスにしろプロジェクトにしろオウン・リスク(自分のリスク)で進めなければいけない。リスクをどうとるか、失敗を恐れないでチャレンジする意識をどう身につけるか、それとともに収益を上げられる仕組みをつくらなければいけないわけです。