名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

樫尾忠雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

樫尾忠雄のプロフィール

樫尾忠雄、かしお・ただお。カシオ計算機(CASIO)の創業者。早稲田工手学校を卒業後、カシオの前身である樫尾製作所を設立、9年後カシオ計算機を設立。兄弟たちとともに世界初の小型純電気計算機を開発。電卓で世界的メーカーとなる。以後、電子楽器、デジタル腕時計、携帯電話などの各分野で代表的な企業となる。ジャンボジェットの開発などにも技術参加している

樫尾忠雄の名言 一覧

よい種をまけば必ずよい実がなる。最善を尽くせば必ず報いられる。


電卓競争で得た最大の教訓は、「メーカーは業界トップになること」であった。そうしないと、技術競争をリードできる立場になれないのである。


私たちは需要があるから開発するというのではなく、新しい技術があれば市場が作り出せると考える。俊夫(忠雄氏の弟、カシオの社長・会長)は「必要は発明の母」ならぬ「発明は必要の母」とよく言っていた。【覚書き|電卓・時計の次に楽器市場に乗り込んだ時の発言。この後、電子楽器が大きく発展することとなる】


メーカーは、業界トップになること。そうしないと、技術競争をリードできる立場になれないのである。


樫尾忠雄の経歴・略歴

樫尾忠雄、かしお・ただお。カシオ計算機(CASIO)の創業者。早稲田工手学校を卒業後、カシオの前身である樫尾製作所を設立、9年後カシオ計算機を設立。兄弟たちとともに世界初の小型純電気計算機を開発。電卓で世界的メーカーとなる。以後、電子楽器、デジタル腕時計、携帯電話などの各分野で代表的な企業となる。ジャンボジェットの開発などにも技術参加している

他の記事も読んでみる

安冨歩

LGBTの人たちには、差別になどあったこともない人とは違った社会の一面が見える。彼らの鋭敏な感性に基づく知恵や知識が、イノベーションを起こす資源となる。


真壁昭夫

成功体験から離れるコツのひとつは行動経済学を学ぶこと。行動経済学を学べば、人がいかに合理的な判断ができないかがわかり、成功体験に固執する度合いを少なくすることができる。


坂根正弘

とくに難しい仕事を任せられたときはチャンスです。難しい仕事を与えられるということは、期待されている証拠です。重要な仕事を、期待していない部下には任せません。


中桐啓貴

資産運用について、私がいつもお伝えしているのは、「価値より安い価格で買う」ということです。これも基本的なことですが、案外見過ごされています。例えば、あなたが乳牛を一頭買うことを想像してみてください。いくらで買いますか。なかなか見当がつかないはずです。では、乳牛から取れるミルクの卸値が1年間でおよそどれくらいの金額になるか、そのほか飼育費や平均的な寿命がわかればどうでしょう。計算によって、おおよその乳牛の価値がわかります。そうすれば、価格の妥当性もある程度判断できます。不動産投資だとイメージしやすいですが、株式などの金融商品も考え方は同じ。その資産が生み出す価値を見極めて投資対象とすべきかどうかを判断しなければいけません。単にほかと比べて価格が安い、高いという情報だけで売買の判断をするのは、長期的な資産運用においてリスクが大きいといえます。よく知られているとおり、「乳牛はこれからも値上がりしそうだ」と皆が単に価格だけに焦点を当てて売買を始めると、バブルになってしまうわけです。


伊藤彰(コンサルタント)

指示を出す際には、必ずリスクポイントを提示する。どこでどういう情報を報告・連絡・相談しておかないと失敗するのか、失敗したときにどういう結果が待っているのか理解させるのだ。具体的な指示を出さずに、ただ「ホウ・レン・ソウが大事である」と伝えても、新人には理解できない。


ロマン・アブラモヴィッチ

ああ、私が世間で何と言われているかは知ってるよ。でもロシアには、私も含めて若くて金持ちな人間がたくさんいる。そして長生きできないだろうから、稼いだら使ってしまうんだ。私の場合、一流のサッカークラブを持ちたいという夢を実現させているところ。動機を疑う人や、私のことを頭がおかしいと思っている人もいるけどね。短い人生だから、稼いだカネは使うよ。【覚書き|上記発言はチェルシーを買収した時の言葉】


中山讓治(中山譲治)

我々日本人はすごくホモジニアス(均質)です。世界市場に打って出るには、もっと社内のあちこちで違う思想がぶつかり合う会社になることが必要です。


アルバート・アインシュタイン

驚異に触れて足を止め畏敬の思いで洸惚(こうこつ)と立ち尽くすことができなくなった人は死んでいるも同然である。その目は閉じられている。


ゲーテ

自分からはできるだけ環境を支配し、環境からはできるだけ支配されない。人間の価値はおそらくそこにある。


臼井健一郎

からあげ専門店「からやま」は、「かつや」よりも月商が約450万円高いのですが、別に顧客単価が高いわけではないのです。「客層の広さ」が売上に寄与している部分があると思っています。というのは、私もからやまを展開して気付いたことなのですが、からあげというのは子どもの大好物です。ですから子どもがからあげを食べたいと言えば親やおじいちゃん・おばあちゃんまで連れてきてくれるのです。イメージ的にはかつやと同様、働く男性のパワーフードを想定していたため、あわててお子様用のイスや食器を用意したほどです。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

「機械化が進んでも人間の仕事は常に残る」という人もいる。だが、私は楽観主義者ではない。人間が機械の進化に追いつくのは困難で、両者が逆転する「転換点」はいずれ来る。


中野貴志(経営者)

クレドには、先代社長から教わったことを中心に、「年をとっても勉強はし続けよう」や「人のいいところは積極的に真似しよう」といった倫理的な指標を記載しています。社員に求めるのは、つまるところ倫理的な人間像なのです。このクレドは普段、全員に持ち歩いてもらっていますし、必要に応じて読み合わせも行っています。