名言DB

9490 人 / 112001 名言

樫尾忠雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

樫尾忠雄のプロフィール

樫尾忠雄、かしお・ただお。カシオ計算機(CASIO)の創業者。早稲田工手学校を卒業後、カシオの前身である樫尾製作所を設立、9年後カシオ計算機を設立。兄弟たちとともに世界初の小型純電気計算機を開発。電卓で世界的メーカーとなる。以後、電子楽器、デジタル腕時計、携帯電話などの各分野で代表的な企業となる。ジャンボジェットの開発などにも技術参加している

樫尾忠雄の名言 一覧

よい種をまけば必ずよい実がなる。最善を尽くせば必ず報いられる。


電卓競争で得た最大の教訓は、「メーカーは業界トップになること」であった。そうしないと、技術競争をリードできる立場になれないのである。


私たちは需要があるから開発するというのではなく、新しい技術があれば市場が作り出せると考える。俊夫(忠雄氏の弟、カシオの社長・会長)は「必要は発明の母」ならぬ「発明は必要の母」とよく言っていた。【覚書き|電卓・時計の次に楽器市場に乗り込んだ時の発言。この後、電子楽器が大きく発展することとなる】


メーカーは、業界トップになること。そうしないと、技術競争をリードできる立場になれないのである。


樫尾忠雄の経歴・略歴

樫尾忠雄、かしお・ただお。カシオ計算機(CASIO)の創業者。早稲田工手学校を卒業後、カシオの前身である樫尾製作所を設立、9年後カシオ計算機を設立。兄弟たちとともに世界初の小型純電気計算機を開発。電卓で世界的メーカーとなる。以後、電子楽器、デジタル腕時計、携帯電話などの各分野で代表的な企業となる。ジャンボジェットの開発などにも技術参加している

他の記事も読んでみる

鈴木あや(IBM)

クロージングに必要なのは、フォローになる面談後のメールです。上手な文章より、まずマメに書き、コミュニケーションを取り合うことが、より強い関係を築くための一番の秘訣だと思います。


数土文夫(數土文夫)

私は長く経営に携わるなかで、優秀な上司には、どうも2種類あるということに気づきました。ひとつは、頭がよくて部下の欠点を的確に見抜き指導できる人。もうひとつは、あまり頭がよくなくても、部下の長所を見つけて評価できる人です。たとえば、部下にいつも変わったことを言う人がいるとします。それが長所に見える上司は「あいつの考え方を実現する方法はないかな」と自分でもつぶやくし、周りにも言います。将来経営者になるのは、断然こちらのタイプです。逆に、部下の欠点ばかり見ている人は、だいたい途中でダメになってしまいますね。


ヴォルテール

立派にやり遂げたことに対する最大の報酬は、それをやり遂げたことそのものにある。


渡瀬謙

人は自分の話題は好きなもの。その人や会社のことを事前に調べ、その話を最初に1つ質問すれは相手は話してくれます。


古出眞敏

市場の先頭に立って顧客の要望に応える商品を打ち出し、シェアだけでなく、革新性でもリーディングカンパニーを目指しています。そのために、顧客と直接接する保険代理店と情報交換を密にし、新しいニーズを常に探っています。


川口順子

人生で経験することに無駄なものはありません。「塞翁が馬」という言葉の通りです。


原晋

小さな成功体験を積み重ねることで自信がつき、それがゆくゆくは大きな成功につながる。


原田マハ

ずっと歩き続けていれば、誰だっていつかは息切れしますよね。ですから、ときには立ち止まって考えることも大切だと思うんです。私自身、そんな迷える女性たちの背中を押したいと常に思っていて。


ナセル大統領

人民が自覚し、その命を捧げる覚悟があるとき、攻めてくる敵がいかに数の上で勝っていようとも、人民は必ず勝つものだ。


渡部卓

「人間関係」に疲労を覚えるビジネスマンは、年々増えているように思えます。ひと昔前までは、ビジネスマンの悩みと言えば「仕事の量や適性」など業務にまつわることでしたが、現在は「コミュニケーションの悩み」がそれを上回っています。この背景には、IT化による「生のやり取り」の減少があります。近くのデスクにいる相手とも、直接話す機会が減っているのです。


阿南惟正

一度も母の愚痴や不満を聞いたことはありません。その母のふるまいは、私たちにとって「無言の教育」になっていたと思います。


仲暁子

数値目標を設定する際には少々注意が必要です。「資料請求の申し込み数で月500人を達成する」など、ゴールとする数字を決めると、進むべき方向性がチーム内で共有されて、仕事はやりやすくなります。ただし、ここで陥りがちなのが「その数字だけを追うようになる」というトラップ。数値目標の先に企業理念や、自分たちが成し遂げたいことがあるはずなのに、いつの間にか数字を追うこと自体が目的になる。数は達成したけどその質が悪い、長期的に負債になるものを飲み込んで数値目標を達成してしまっている――といった状況、ありがちではないでしょうか。