名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

樫尾俊雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

樫尾俊雄のプロフィール

樫尾俊雄、かしお・としお。カシオ計算機の創業者の一人。電機学校(現:東京電機大学)卒業後、電気通信省(現:NTT)に入省。その後、兄忠雄が立ち上げたカシオの前身である樫尾製作所に入社。以後、開発担当として同社の成長に大きな役割を果たした。世界初の小型純電気計算機「カシオ14-A」の開発者として知られている。東京発名協賛会会長賞、米国家電協会生涯業績賞などを受賞した。

樫尾俊雄の名言 一覧

「必要は発明の母」とよく言われます。それに対して私は、「発明は必要の母」を持論としています。世の中の多くの人が必要性を認識するようになった段階で開発を始めても、もう遅いんです。我々が発明した製品を見た人が「ああ、これは自分にとって必要な製品だ」と感じて、受け入れてくれる。それが理想です。


かつてエジソンは「天才は99%の汗と1%のひらめき」と言いましたが、私の場合はさしずめ「発明は1%のひらめきと、49%の努力、50%の天運」となるでしょう。その天運の最たるものが、兄と二人の弟の存在です。3人に支えてもらったおかげで、私は文字通り、研究開発に生涯をかけることができました。


時代が早すぎた発明品も売れないという苦い経験があります。約30年前に開発した「コースガイド」(のちのカーナビ)がそうです。その時代はいまのように宇宙衛星を使って自分の位置を知るという技術はなかったので、一度走行したコースが完全な形でメモリーに記憶され、次に同じ所へ行くときは、いまのカーナビと同様にコースガイドするという製品でした。ところが、当時の人々の感覚では、自動車ドライブのコースは自分が記憶していることに価値があり、コースを自動車から教えられたのでは面白くないという人が多く、製品は売れませんでした。


兄が設立した樫尾製作所(現:カシオ)に入社したのは終戦の翌年でした。そこで最初に開発したのが、電気とはまったく無関係の「指輪パイプ」。当時、タバコは値段が高く、フィルターもついていませんでした。そこで、指輪にパイプ状の筒をつければ、仕事をしながらでも根元まで吸うことができると考えたのです。これが結構売れて、計算機の開発費用の一部を稼ぐことができました。


発明に魅力を感じるようになったのは、小学生の頃です。実験を重ねた末に蓄音機から初めて音が出た瞬間、エジソンはどんなに感動したでしょうか。それを想像しただけで、胸が熱くなったものです。電機学校(現:東京電機大学)を卒業し、NTTの前身にあたる電気通信省で働くようになってからも、そうした思いは高まる一方でした。


樫尾俊雄の経歴・略歴

樫尾俊雄、かしお・としお。カシオ計算機の創業者の一人。電機学校(現:東京電機大学)卒業後、電気通信省(現:NTT)に入省。その後、兄忠雄が立ち上げたカシオの前身である樫尾製作所に入社。以後、開発担当として同社の成長に大きな役割を果たした。世界初の小型純電気計算機「カシオ14-A」の開発者として知られている。東京発名協賛会会長賞、米国家電協会生涯業績賞などを受賞した。

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

低迷している事業のほとんどは、現金の流入ではなく、流出するのを防ぐのに苦労している。ポケットに穴が開いているかのように、すべての儲けが気付かぬうちになくなっている。給与、設備、インフラといった間接費が、乾ききったスポンジのように利益を吸い取ってしまうのだ。そうだとしたら、おそらくマーケティングの投資利益率を測定していないことが大きな穴のひとつだろう。


泉谷直木

上司に話をするときの重要なキーワードは、「打・開・策」という三つの言葉に集約できる。「打」とは打診のこと。つまり、自分が今から話をしようとしていることについて、上司がどういう関心を示すのかを探ることだ。そのためには上司の力量や度量をまず見極める必要がある。打診し探りを入れ、これなら話せる上司だなと得心したら、自分が言いたいことを「開」示していく。その結果、たとえば自分がやりたいことを上司と共有化することができたら、今度はそれを具体的計画に落とし込んでいく。つまり「策」定する。上司とのコミュニケーションとは、打診し、開示し、策定することなのだ。


中村修二

世界には沢山の人がいて、インターネットでつながっているんですから、発信すれば誰かが見つけてくれる。


真田茂人

リーダーはメンバーを支えるだけでよいという誤解があるが、それは違う。リーダーは「こうしたい」という強い方向性を示す必要がある。


江見朗

人はみな平等であり、人生の目的は幸せになることで、そのために仕事をする。


平川昌紀

新入社員の育成については、2012年4月から12月までの期間限定でオープンした「新卒ダイニングRookies(ルーキーズ)」が注目され、マスコミにもたびたび取り上げていただきました。文字どおり、昨年関西で採用した新卒者9人に、入社後すぐに一軒の店の運営を任せたのです。「新卒ダイニングRookies」では、思い切って失敗できる環境をあえてつくることによって、新入社員の成長を促しました。助言役を任じた社員は、新卒者たちに一切指示を出さず、質問があれば答えるだけにとどめていたようです。すると面白いことに、リーダーを決めていなかったにもかかわらず、9人の中から実力でリーダーになる者が現れ、その社員は入社後わずか3カ月という最短記録で店長に昇格しました。結局昨年末までに、9人の新卒者のうち3名が店長になったのですが、これは当社としては驚異的な成果であるといえます。


堀内伸浩

個性的な名刺を渡せば、初対面の相手とも名刺の話題で話が弾むと思いませんか。ですから口下手な営業マンには、会社支給の名刺とは別にもう一枚、自分オリジナルの名刺を持つことをお勧めします。


足立正

中小企業は企業数からいっても全体の8割5分以上を占めている。そのなかには企業として非常に優れたものがあるが、だいたい古い経営組織でやっていて、仕事の内容にも強い特色を持たせるようにすべきなのに、その割に目立たない。結局、このへんに中小企業の問題の鍵が潜んでいるのだろうと考えている。


青野慶久

現在は、優秀な経営者が一人ですべてを差配することで勝てる時代ではない。私はそう見ています。


坂本幸雄

部下の弱い部分については、褒めた後に、ここはちょっとこう変えた方がいいんじゃないかと言うと、弱点の部分は徹底して勉強しようという気になります。僕は日本にいたころは、部下に対してキツイ言葉を吐いたり、手を上げたりしました。でも人間褒めないと伸びません。


田代隼朗

すべての責任を現場に与え、自分のお店として運営させることが売り上げをアップする一番の方法。


山本高史

「ひらめく」というのは、「思い出す」と本質を異にしない。知らないことは思い出せない。知っていること、つまり脳内データベースの充実が「ひらめく」の前提となる。