名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

横須賀てるひさ(横須賀輝尚)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

横須賀てるひさ(横須賀輝尚)のプロフィール

横須賀てるひさ、よこすか・てるひさ。日本の行政書士、資格コンサルタント。23歳で行政書士事務所を開設。著書に『資格起業家になる! 成功できる「超高収益ビジネスモデル」のつくり方』『ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本』。

横須賀てるひさ(横須賀輝尚)の名言 一覧

資格は認知度よりも稼げるかどうかが重要。まったく聞いたことのない資格でも、じつは稼げるということは珍しくない。


マイナーな資格は取得者が限られているため、競争相手も少なく、お客さんを獲得しやすい。


自分のサイトをつくって宣伝するのは当然ですが、実績のない人には頼みにくいもの。なので、最初は無料キャンペーンでもいいので、いくつかの実績をつくること。それだけで信頼感は格段にアップします。


成功した経営者に共通することは「社会のために何かしたい」という思いを持っていること。資格で稼ぐときも同じ。私利私欲ではなく「仕事を通じて人の役に立ちたい」という気持ちを持つことが大切。


コンセプトが曖昧だと、顧客はどんな仕事をしている人なのか理解できないので、名刺やWebサイトにはわかりやすい言葉で表現することが大事です。カタカナ語や造語は避け、シンプルな言葉で20字以内で言い切れるものにしましょう。


僕の場合、「行政書士」に「資格全般の知識」を組み合わせ、「資格による起業のサポート」をコンセプトにしたことで、他の行政書士と差別化が図れ、行政書士だけでは獲得できない顧客を獲得できました。


大切なことは、稼げる資格かどうかを見極めること。そのための一番簡単で確実な方法は、実際にその資格で仕事をしている人や会社に聞いてみること。そうした人たちが見つからないような資格は、ニッチな市場すらほとんど存在しないということなので、やめた方がいいでしょう。


私が行政書士を開業したときは、支部長と呼ばれる人に会いまくり、営業の仕方や仕事の取り方を教えてもらいました。研修などで会った際に「今度開業したのでご挨拶にうかがってもよろしいでしょうか?」と聞けば、だいたい会ってくれます。また、東京なら競合しない大阪など、他の地域の先輩に聞くのも手です。


メジャーな資格というのは、それだけ競争相手も多いもの。そのなかで差別化を図るのが大変。一方、マイナーな資格は、ニッチなぶん、ライバルが少ないのがメリット。つまり「メジャーだから稼げる、マイナーだから稼げない」という発想自体が大きな間違い。


資格はなるべくお金や時間をかけずに取って、それを活かしていくことが大事。取得した資格を活かして、週末に副業をしてもいいし、一生もの資格として使っていくこともできます。


マイナーでニッチな分野だからこそ儲かる。誰も狙わない隙間の資格は、まだ取得者が少ないため、競合相手が少なく、先に始めた人が圧倒的に有利。


いまだに「資格取得しましたが、これからどうしたら良いでしょう?」と聞きに来る人がたくさんいる。みんな稼ぎ方を知らないんです。逆に言えば、やり方さえ知っていれば資格で稼ぐことは難しくありません。


資格をビジネスにするなら、例えば、営業するにも講師になるにも、「話す力」「聞く力」は必須なので、コミュニケーションに関する資格は取っておくといい。


資格を取得するときは、まず自分が興味のある分野であること。勉強や起業後のモチベーションが違ってきます。今後ニーズが期待できる業界から探すのも手です。また、新しくできた資格はライバルが少ない点で狙い目です。


やはりライバルの多い資格は苦労します。その点マイナーでニッチな資格なら、稼げるチャンスは十分にあります。分厚い資格本からどれがいいかと探す人も多いのですが、それよりも、今後どんな業界のニーズが高まるのか、自分にあった資格はどんなものか、という情報を得ることが大切です。


副業やいまの仕事に活かすための資格であれば、時間もお金もかかる難関資格を取る必要はありません。仕事をしながら必死に勉強し、もし取れなかったらダメージが大きすぎます。稼ぐための資格であれば、簡単に取得できるもので十分。


簡単に取れる資格は、それだけでは価値は低く差別化ができないのです。ところが2~3の資格を組み合わせると、とたんに自分だけのサービスを提供できる資格になる。


ある人が「サッカーに関わる資格を取りたい!」と考え、直接Jリーグのチームに電話して、「審判でもマッサージでもいいから何か仕事はないですか?」と聞いたそうです。その結果、マッサージ師なら外注しているから資格を取ればチャンスがあることがわかりました。このように、資格を取る前にどの程度ニーズがあるか狙った先に直接聞いてみるのも大切です。


同業他社と差別化するときは、もう一つの分野の資格を組み合わせるのが得策。組み合わせ方のポイントは、2つの資格の顧客が同じであること。たとえば行政書士とコーピングであれば、どちらも会社経営者をターゲットにできます。もしこれが片方の資格が経営者、もう片方が主婦しかターゲットにできない資格であれば、相乗効果が発揮できません。


あえて仕事とはまったく関係のない、珍しい資格を取ることもいい。営業マンが顧客に覚えてもらうには、個性やキャラクターが必要ですが、変わった資格を取るとそれだけで覚えてもらえます。「夜景鑑賞士」や「整理収納アドバイザー」のような資格を持っていると、仕事と関係のないところで、話が盛り上がったりアドバイスできたりします。こうした話のネタは、ビジネスマンにとって大きな武器となります。


個人的なアドバイザーのような資格であればあるほど、自分と共通点や接点のある人に親和性を感じるという心理法則を利用しましょう。フェイスブックなどを使って、自分のプロフィールや趣味など個人的な情報を積極的に公開するのです。「出身校が一緒だし、趣味も似ている」というだけで、仕事の依頼が舞い込みやすくなります。地道なクチコミも大切ですが、いまの時代はネットの使い方が集客の成否を分けますから、そこに力を入れましょう。


お客さんの不安を払拭するために、サイトにはサービスの内容と料金をきちんと表示し、「こういうサービスをしたらいくら」というのをハッキリさせます。そして「少し不安だけど、この値段だったら試してみようかな」と思ってもらえるような低価格のお試しコースや初回半額クーポンなどを設けると、トライアルのお客さんが得られます。


マイナーな資格は、お客さんにとっては依頼することでどれだけのメリットがあるのかイメージしにくいのが難点。いくら資格を持っていても、ちゃんとした実力があるのか、お客さんは不安なのです。そこで重要なのが、プロとしての実績。仕事を始めたばかりの人であれば、知人を相手に無料でもいいから仕事をして、まずは実績を作るのが先決。実績は自分のサイトを立ち上げてアピールしましょう。結果が視覚的にわかりやすいものであれば、ビフォー&アフターの写真を掲載したり、体験者の感想を載せるのも効果的。


挑戦する資格を決める前に、まずは、資格をどんな形で使うのかを考えることが重要です。一口に資格で収入を上げると言っても、「資格を副業に使う形」「資格を会社の仕事に活かして年収アップにつなげる形」、そして「資格を転職に活かしてキャリアアップを狙う形」があります。漠然と資格を選んでしまうと収入アップにつながらない可能性も高いので、しっかり意図を持って選びましょう。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)の経歴・略歴

横須賀てるひさ、よこすか・てるひさ。日本の行政書士、資格コンサルタント。23歳で行政書士事務所を開設。著書に『資格起業家になる! 成功できる「超高収益ビジネスモデル」のつくり方』『ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本』。