横河正三の名言

横河正三のプロフィール

横河正三、よこがわ・しょうぞう。横河ヒューレット・パッカード(現:日本ヒューレット・パッカード)創設者。慶応義塾大学経済学部卒業後、父民輔の創業した横河電気に入社。徴兵を挟み、米国HP社との合弁会社横河ヒューレットパッカードを設立。初代社長に就任。11年間経営トップを務める。その後、横河電機に戻り社長を務めた経営者。米国ゼネラルエレクトリックとの合弁会社横川メディカルシステム(現:GEヘルスケア・ジャパン)の創立にもかかわった

横河正三の名言 一覧

私は一人の従業員も解雇しない。誰も犠牲者にしない。
【覚書き:オイルショック後の賃上げ交渉の場での発言】


なんであれ目的をきちんと認識して、目的に合った行動をとる。これが、まさに「はかる」ということ。「目的に合ったように動いているか」と常に自問することが必要だ。【覚書き:計量器メーカーの社長としての独自の経営観を披露した言葉。経営にも、目的と言う基準、ものさしや測りが必要だという趣旨の言葉】


そんなに今の仕事に力を入れたいのなら、君が社長になったときにやればいい。でも、私が社長のうちは今のままでいく。


横河正三の経歴・略歴

横河正三、よこがわ・しょうぞう。横河ヒューレット・パッカード(現:日本ヒューレット・パッカード)創設者。慶応義塾大学経済学部卒業後、父民輔の創業した横河電気に入社。徴兵を挟み、米国HP社との合弁会社横河ヒューレットパッカードを設立。初代社長に就任。11年間経営トップを務める。その後、横河電機に戻り社長を務めた経営者。米国ゼネラルエレクトリックとの合弁会社横川メディカルシステム(現:GEヘルスケア・ジャパン)の創立にもかかわった

他の記事も読んでみる

高塚苑美

手帳で1か月の予定のバランスを見て、偏りがないように調整します。営業をしていた時代は、月の前半でノルマ達成のメドが立つように調整し、不足していた分を後半で補うように予定を組んでいました。


大川祐介

私どもの仕事は「実績」が何よりの営業ツール。幅広い業界や業種を手掛けてきた積み重ねが強みで、お客様の多様なご要望にお応えできる引き出しを多く持つことがお客様目線に近い対応につながります。


三村起一

住友伸銅所(のちの住友金属)での最初の仕事は庶務課だった。私はまず最下級の仕事からやらせてくれるよう希望して出入口の受付に座った。
【覚書き|東大法学部卒業後、住友本社に入社した当時を振り返っての発言】


上田準二

社長就任以来、私は「元気、勇気、夢」という言葉を掲げてきました。仕事とは厳しくて大変なものです。しかし、だからこそ楽しくやりたい。元気を出して自分から動けば楽しくなります。問題には勇気をもって正面から当たる。そうすれば夢につながります。


ジム・ロジャーズ

欧州の歴史をひもといてみると、非常に小さなことが、大きな戦争につながることがある。それは今、アジアで起こりつつあることによく似ている。小さな国同士のいさかいが、第1次世界大戦に発展した。1914年に「セルビアで戦争が起きるか?」という質問をしたら、多くの人は「セルビアってどこだ?」と聞いただろう。誰も、そんな小さな国に関心を払ってはいなかった。ところがすぐに、欧州中が戦火に包まれてしまった。6カ月後「なぜ、こんな戦争が起きたのか?」と考えたときにはもう遅かった。戦争は4年も続いた。


伊藤慎介

日本の中小企業の多くは大企業からの仕事さえあれば会社が経営できていましたが、徐々にそれでは成り立たなくなってきています。そのため新しいことに挑戦しなければならないという問題意識はあるのですが、何をやればよいのかと悩んでいるケースが多いように感じます。そこで、我々の方からやってほしいことをお願いできないかと考えています。多くの中小企業には優れた技術やノウハウがありますので、「こういうことをやりたい」「こういうものを作りたい」「あなたの会社の技術をこういう風に使いたい」と言えば、我々が想定していた以上のアウトプットを出してくれると思います。


李健煕(イ・ゴンヒ)

人をおろそかに扱う企業は長く続かない。技術の発展が自動化を実現し、最先端PCがシステム化を促しても、仕事の中心はいつも人だ。


酒巻久

一流のビジネスマンは即断即決です。素早く判断し、それが間違っていれば反省し、次の行動に活かす。だから一流の上司は部下がまだ入社3~4年のうちに、自分で判断する機会を与えて訓練させます。そのくらいの年次で犯すミスは規模が小さいから、会社が潰れるほどの影響がない。


佐俣奈緒子

決済の事業は結果が出るまで10年はかかると思っています。初期は100メートル走のように走っても、そういう生活は2~3年しか持たないので、マラソンに切り替えました。モチベーションと健康を崩さないことが何より重要。燃え尽きるのが一番怖いんです。


亀田啓一郎

成果を出している人は、「目指すゴール」の途中に「小さなゴール」を設定し、それをクリアしていくシナリオを持っていた。このやり方は他のメンバーも真似がしやすく、どんなお客様にも適用できる再現性の高いやり方だ。成果を出している人の行動を構造的に整理することで、活動の「勝ちパターン」が見えてくる。


原田泳幸

たとえば、新商品としてコーヒーを出すにあたってマーケティングリサーチをかけるとします。「このコーヒーはおいしいですか?」「販売が始まったらお買い上げいただけますか?」こんな調査をして何%の顧客に高い評価を得た。だからこの商品は売れますなんてことをやる。でも僕に言わせれば、こんな調査じゃ本当の顧客心理は何もわかりません。とくに日本人は礼を重んじますから、こちらが嫌がるようなことは言いません。


ピーター・ドラッカー

集中するための第一の原則は、もはや生産的でなくなった過去のものを捨てることである。そのためには、自らの仕事と部下の仕事を定期的に見直し、「まだ行っていなかったとして、いまこれに手を付けるか」と問わなければならない。


米濱和英(米浜和英)

新たに生まれ変わらなければ、後がない。


ヴォルテール

立派にやり遂げたことに対する最大の報酬は、それをやり遂げたことそのものにある。


出原洋三

当社のような小さな会社が2倍の売上高の欧米企業を買うのは異常事態でしょう。社内からは驚きはもちろん、反対意見も出てきます。ここでトップの信念が問われます。
【覚書き|英国のピルキントンを買収した当時を振り返っての発言】


ページの先頭へ