名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

横川竟の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

横川竟のプロフィール

横川竟、よこかわ・きわむ。日本の経営者。「すかいらーく」創業者の一人。長野県出身。諏訪中学校(のちの諏訪清陵高等学校)卒業後、兄弟とともに「ことぶき食品」を設立。ジョナス(のちのジョナサン)社長・会長、すかいらーく会長CEO、高倉町珈琲会長、きわむ元気塾塾長を務めた。

横川竟の名言 一覧

お客さんは常に新しい価値を求めています。


商売の基本は、10年前も、30年前も、50年前も同じです。


人が生きる上での思想は、若い時につくられるものです。私は、築地で4年の間に教わったことを60年間愚直にやってきました。


「安全でおいしいものが食べ物である」というのが、築地で学んだ一番大事なことでした。


勘違いしてはいけません。物があふれていることが豊かだというのは間違っているんです。健康を害する食品のような悪い物は、むしろ存在していないことが豊かさなんです。


きれいごとに聞こえるかもしれませんが、商売は儲けるためだけにやるなと言い続けてきました。売上高の規模や収益力で日本一になることは永遠にないでしょう。でも、そんなものにこだわる必要はまったくありません。


企業の価値は拡大だけにあるのではありません。体に良い商品を提供する。という志を失ったなら、自分が育ててきた子供のようなジョナサンでも、病死したと思ってあきらめるようにしています。もちろん、そんなことはあり得ないと信じているからこそ、潔く後進に後を譲ったのです。


品質で一番になれるなら、ほかは捨てても構わない。せめて質だけはファミリーレストランで日本一になる。こう願い続けて努力を重ねた結果、まだやるべきことはたくさん残っているものの、いまではジョナサンが食の安全という品質でリーダーシップをとっていると自負しています。


本当に安全な野菜を使うとなると、並大抵の努力では良い商品を安定して提供することはできません。ある瞬間だけ、一部だけ有機の野菜を使うなら誰でもできるんです。ところが、年間を通じて安全な野菜を提供するとなると、それこそ沖縄から北海道まで、安心してお願いできる農家と契約を結ばなければなりません。


なぜここまで食の安全にこだわったのか、忘れもしません、いまから十数年前の話です。ジョナサンに野菜を出荷している農家を訪れたら、防護メガネをかけて手ぬぐい巻いて、皮膚をまったく露出していない完全防備姿で農薬を撒いている。ところが、自分の家で口にする野菜は畑を別に決めていて、そちらには農薬を撒いていないんですね。「これはどこに行く野菜?」と尋ねると、「それはお宅に回る商品」という答えが返ってくる。「じゃ、なぜあちらの畑には農薬を撒かないの?」と聞くと「危ないから」って言うんです。「やめてよ、農薬撒かない方をうちに回してよ」とお願いするのは当たり前の話でしょう。


正直言って、値段を上げるなら別ですが、それ以外に我々ができる範囲のことは、この10年間でほとんどやり尽くしました。だとすると、私の後を引き継いだ経営者はもうやることがないかといえば、課題はいくらでも残っているんです。これでいいと安心した瞬間に、質は崩壊していくものです。10年かけて築き上げた信頼も、崩れるときはあっという間です。


不思議なものでライバルがみんなジョナサンの真似をして「有機」を売り物にし始めた途端、お客様が目移りしてジョナサンの来店が減るという苦労も味わいました。食の安全は大変な割に実入りが少なくて、いまの品質を守り続ける限り、これ以上の利益は絶対に出せないと思います。


ジョナサンはハンバーグの牛肉や、豚肉にも抗生物質やホルモン剤を使っていないんです。当然、食材の仕入れ値は高くならざるを得ない。野菜なら他より10%は値が張る材料を使っています。株主から見れば、短期的にはあまりいい会社ではなかったんでしょう。


平成に入ってからの外食のデフレの原因を、デフレ経済の影響だとする言い方を何度も耳にしましたが、それは違うと思います。デフレ経済の下で、外食産業は商売の基本をおろそかにしたから「外食デフレ」になったのでしょう。経済のデフレとは違うところで起こったデフレです。経済のデフレに便乗して、消費者の期待に応える努力を怠ったことが原因です。新しい価値を創ることができないから、価格でしか勝負できなかったのです。


どこのチェーンもコーヒーや軽食、店舗づくりなど、何か強みや個性を出そうと頑張っているので、全部で勝つことは難しいんですよ。だから、これとこれだけは大事にしようというものが3つあります。1つは「清潔で綺麗な店」。2つ目は「家庭でできない味を作る」こと。最後は「親切な接客、優しい接客」。


交通費を支給せずに、その分を時給に上乗せしようと思っています。今までやってきたものを一度削いで、その代わり時給は地域で一番にする。これでサービスの質は上がりますし、それによってお客様の満足度も上がるというわけです。


人は育った家庭環境や学校、仲間、教育などによって100人いれば100人、性格も何も違うわけですから、そもそも統一しようとすること自体に無理があるんです。だったらマニュアル一辺倒よりも、基本的な部分をきちんと押さえた上で、できることは何でもしてあげた方が、よりお客様のためになるだろうと考えたわけです。


自宅やコンビニ、スーパーよりも美味しく、なおかつリーズナブルというのを目指しています。つまり手軽で美味しいものを提供したいんです。これは昔の「すかいらーく」の商品の基本でもあり、「家庭の味を超える料理」という言い方をしていました。コーヒーもフードも家庭料理の上を目指していて、そうでないと売るなと言っています。


よく、「会社は誰のものか」という議論がありますよね。僕は少なくともそれは株主ではなく、本当に尊重すべきは会社の価値を表現して、お客様から対価としてお金をもらっている社員であるべきだと考えています。お金ですべてを解決する経済は、金融資本主義と言えると思います。悪いとは言いませんが、行き過ぎると株主が偉いということになってしまう。だったら上場しなければいいと意見もあるでしょうが、残念ながら今の日本では、中小企業が何かやろうとしても資金を調達できる仕組みが他にあまりないんです。だからこの会社で、従業員を株主にして、将来的に上場できるならして、こういうやり方でもちゃんと世の中に出ることができるんだと証明したいんです。


もともと「すかいらーく」でやっていたのは「料理を売ること」ではなく、「楽しさを売る」ことでした。ところが組織が大きくなって上場したら、それができなくなった。上場して株主ばかり見て仕事をする会社になってしまうと、消費者や従業員のことがそっちのけになってしまうんですね。だから「ジョナサン」でと思ったんですが、できたのは300店くらいまで。「優遇するのは株主よりも従業員の方が先、株価と配当と上がれば文句を言われる筋合いはない」と言って頑張ったんですが、最後にはそれが通らなくなってしまいました。


「高倉町珈琲」では、総じて滞在時が長く、普通でも1時間、長いと2時間、3時間は平気で居ます。でも、私は「回転率を上げろ」とは言わないんです。数字ばかり追うとサービスの質が低下してしまうんでね。ただ、正直なところそれでは儲からないから、別のところでうまく帳尻を合わせています。要は無駄な人件費をカットしているんですが、それをそのまま利益にしているわけではありません。そんなことをしたら、カットされたスタッフは収入が減り、やる気をなくしてしまいますからね。だから削った時間の分、時給を上げるという考え方です。30分短くなっても収入が減らないのであればモチベーションは下がるどころか上がります。そうすると段々と少数精鋭になっていきます。


お店に対する愛着やモチベーションを上げてあげればいいんです。例えば「儲かったら自分にも戻ってくる」となれば、もっと頑張ろうと思いますよね。だからうちは、従業員に持ち株を渡しているんです。今後は1年以上勤務したパートの方も、株を持てるようにしようと思っています。儲かれば儲かっただけたくさん配当を出してあげる、そうすれば気持ちも変わるし、仕事の質も上がるというわけです。


僕が「すかいらーく」を作った1970年当時は、日本の接客はとにかく無茶苦茶だったんです。それでもう少し良いサービスをしようと、清掃や接客、料理に至るまで、分厚いマニュアルを作ったんです。これで接客のレベルはものすごく上がりました。そのマニュアルは一時、ある銀行の新人教育にも使われていましたよ。お辞儀の角度や言葉遣い、食器の持ち方など、ありとあらゆるものをマニュアル化したわけです。ただ、みんながそれをするようになると、かえって質は落ちてしまいました。やるべきことはやるんですけれど、いつの間にか「マニュアルだけ守っていればいいんだ」、「マニュアルを守ることが良い接客だ」という風潮になってしまったんですね。マニュアルは確かに大事ですが、それに縛られ過ぎるのも良くない。お客様は時に、マニュアル以上のことを求めてくることもあるので、できることは何でもしてあけようという気持ちが大切なんです。我々は今、そこに挑戦しているんですが、難しいことだと思っています。


コーヒーは、我々のお店では地域の水に合わせた味づくりをしています。水は地域によって味が違います。だから水質に合わせて豆の種類や量、焙煎の仕方などを調整しているんです。甲府のお店は水が良いもんだから、非常に美味しいんです。新店を出す度に現地に責任者を派遣して、何日もかけてその場所にあったコーヒーの作り方を研究させているんですよ。大変ですけど、より良いものを提供するためには不可欠です。


お年寄りや赤ちゃんが来ても「気持ちいい」と感じてもらえるように、手が空いたらカウンターを拭く、テーブルを拭く、テーブルの下にゴミが落ちていないか確認する、トイレが汚れていないかチェックするなど、基本的なことを徹底しています。ただ、今はまだ完全にできているとは言い切れません。忙しい時なんかは、トイレ掃除はどうしても後回しになっていまいますしね。それでも気にはしてくれていますね。最近は飲食店で食中毒が発生することも珍しくありません。人が自由に出入りできる以上、汚れや菌を完全にシャットアウトすることはできませんが、保健所の指導はもちろん、細目な清掃を心掛けることも重要な対策です。


高倉町珈琲を作った一番の理由は、消費者が喜ぶお店を作りたいと思ったから。ファミレスに限ったことではありませんが、今のお店はどれも食べることばかりでちっとも楽しくない。もっとゆっくり休んだり、楽しんだり、仕事をしたりできるお店があってもいいんじゃないかと思ったんです。カフェチェーンは色々あるけれども、ほとんどは休憩所代わりにしかならない。言ってみれば席貸し業ですよね。便利ではあるし、それを否定もしないけれども、出しているコーヒーやフードはファミレスでやっていることと大差ありません。それならはこの業態で心の休まるような場所を作ってみようと。


横川竟の経歴・略歴

横川竟、よこかわ・きわむ。日本の経営者。「すかいらーく」創業者の一人。長野県出身。諏訪中学校(のちの諏訪清陵高等学校)卒業後、兄弟とともに「ことぶき食品」を設立。ジョナス(のちのジョナサン)社長・会長、すかいらーく会長CEO、高倉町珈琲会長、きわむ元気塾塾長を務めた。