名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

横山邦男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

横山邦男のプロフィール

横山邦男、よこやま・くにお。日本の経営者。「日本郵便」「三井住友アセットマネジメント」社長。宮崎県出身。東京大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。統合戦略室長、大塚法人営業部長、日本郵政専務執行役員、三井住友銀行常務執行役員、三井住友アセットマネジメント社長などを経て日本郵便社長、日本郵政取締役に就任。

横山邦男の名言 一覧

どんな産業でも、国際的に活躍している企業はまず母国市場で圧倒的に強い。


利用者の目線に立てば、おのずと改善点も見えてくる。


社会人生活の最後に、最も社会的使命を持った会社で働きたいと考えた。
【覚え書き|日本郵便の社長を引き受けたことについて】


日本郵便は社会インフラとしての側面を持ちますが、だからといって赤字を垂れ流すのは許されない。郵便事業の採算性を高めつつ、それ以外で黒字化できるビジネスを育てる必要がある。


現場の人間はあまり本社の批判をしません。評価を下げられるのが怖いからです。だからこそ、少しでも多くの場所を自分で訪れ、現場の声を拾っていきます。


社長就任に際して、社内では「現場、現物、現実の三現主義を徹底する」と宣言しました。民間銀行で育ってきた人間として、それらの重要性を痛感しているからです。


横山邦男の経歴・略歴

横山邦男、よこやま・くにお。日本の経営者。「日本郵便」「三井住友アセットマネジメント」社長。宮崎県出身。東京大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。統合戦略室長、大塚法人営業部長、日本郵政専務執行役員、三井住友銀行常務執行役員、三井住友アセットマネジメント社長などを経て日本郵便社長、日本郵政取締役に就任。

他の記事も読んでみる

岩下秀麿

私がドラッカーに傾倒したのは「人の心」こそ、最大の経営資源だという考えからです。私はその考えに魅入られて、生涯、この普及に携わりたいと考えてきました。


渡辺元智

横浜高校にはプロ志望の生徒が集まってきます。そうした彼らには入学直後、「君たちの中でプロになれるのはせいぜい1人」と話します。4人がプロ入りした学年もありますが、ならすと1学年1人という実績なんです。だからといって諦めてはいけない。甲子園やプロを目指して努力を重ねる。その結果、最後までベンチに入れなくても、「あの横浜で3年間頑張った」という経験は必ず自信になる。その自信をもって人生の勝利者を目指しなさいと。


西野寿雄

私は20代前半に営業職と出会って以来、これまで20余年、営業一筋です。当時勤めていた会社では、入社間もなく全国350名の営業マンの中でトップの営業成績をマークしました。そして24歳で課長に抜擢され、部下8名を抱えながらも営業成績はトップを維持。その後、28歳で独立して起業してからは13期連続で黒字経営を継続しています。これらはたしかに華々しい経歴ではありますが、その裏では文字通り額に汗して努力を重ねてきました。営業スキル向上の参考にするために営業ノウハウ本をたくさん読んだり、飛び込み営業の「数」をこなしたり、時には深夜も週末も厭わず働いたりしました。


相川秀希

「絶対的な答えのない問題」を解く力を高めるには、想定外の状況に立たされ、そこでもがき苦しみながら戦うのが一番です。社会人の場合、新規店舗の開設に携わるなどの経験を数多く菫ねることがトレーニングになるでしょう。


天坊昭彦

提携という形が問題なのではありません。互いに信頼し、共に事業を成長させていこうと思える相手であることが大切なのです。


野中郁次郎

日本では強烈なトップダウンよりは自律分散型のリーダーシップが伝統的に機能してきました。例えば、明治維新という時代の節目に活躍したのは下級武士、すなわちミドルマネジャーでした。そう考えると、組織のトップはビジョンを語りながら、現場に権限を委譲する。ただしミドルが問題を解決できない場合には積極的に介入する。そうした柔軟で俊敏な決断力がトップには求められます。


前澤友作

「応援したくなる会社」になることが目標です。


大谷翔平

プロの世界で毎年戦っていく中で1年1年の勝負が厳しいことを実感しています。だからまず目の前のひとつひとつを確実に勝ち、前より良くしていく。その中で、自然と先にある目標やビジョンが見えてくるのかなと言う気がします。


廣瀬恭久

他人と違うことを恐れる必要はない。何か新しいことをやろうと思えば、必ず反発が生じます。


犬塚尚美(悠木そのま)

私はデスクワークの日には、午後2時頃に昼食をとります。正午過ぎが最も企画分析力が高まるから。考えごとはこの時間帯に限ります。


エリザベート・バダンテール

愛とは非常に不安定なもの。そして、それは日々築いていくもの。


孫崎享

30代になると、それなりの経験と力が身についてきて、「自分がこんなポジションにいるのはおかしい」「もっとふさわしい仕事があるはずだ」と考えたくなることもあるでしょう。でもそんなときこそ、好機と心得るべきです。世の中には、自分の望みどおりの仕事に就けないと、力を出し惜しみする人がとても多い。一方で、仕事を選り好みせずに期待以上の働きをする人は少ないですから、努力の何倍も評価されるのです。