名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

横山進一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

横山進一(経営者)のプロフィール

横山進一、よこやま・しんいち。日本の経営者。「住友生命保険」社長・会長。静岡県出身。一橋大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。松山支社長、財務企画部長、金融関連事業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、生命保険協会会長などを務めた。

横山進一(経営者)の名言 一覧

道元は「自分を習うことは、自分を忘れることだ」と言っています。なかなか自分を捨てることができないのが人間です。しかし、自分を捨てる覚悟がなければ社長は務まりません。住友生命には5万人の職員がいるわけですから、軽微なことまで含めれば、社内には常に何か問題が起こっているのです。禅の精神はそういう時に役に立ちます。


私が修羅場を生き抜いてこられた秘訣をひとつだけ挙げるとするなら、「自分を捨てる」ことです。修羅場では生命の危機だってあるかもしれない。そういう腹をくくって取りかからなければいけない場面に直面した時に、怖がって逃げずに立ち向かっていけるかどうか。北九州で苦情処理をしているときは私は生きて帰れるとは思っていませんでした。


禅に「随所に主となる」と言う言葉があります。あらゆるところで自分が主人公になって主体的に行動すれば、必ず道は開けるのだということです。ただし、禅の意味はもっと深いところにあって、自分の目に見えるものは自分が目で見て認識しているわけですから「すべて自分」なんです。要するにどこにいても自分が主人公であることを自覚することが大事だという風にとらえています。


お客様にじかに接しているのは営業職員ですから、彼らが感じたことはお客様の声でもあるわけです。その要望の中にマネジメントのヒントがあるのです。たとえば、この間(お客様に過去の病歴などを告知していただく書類)告知書を変えました。職員からの要望もあって文字を大きくし、内容も簡素にしたんです。


現場も頻繁にまわります。地方の小さい支社の営業職員の大会や懇親会にもよく出席します。第一線の営業職員とじかに話ができますから。トップは現場に近くないとだめです。現場の営業職員から聞いたことが、私のエネルギーになっている。だから私は彼らの要望を聞くんです。要望を聞くからには実行しなくてはいけません。現在も、何十という宿題を抱えています。


経営に対する私の信念は「衆知を活かす」ということです。役員ばかりと話をするのではなく、部長はもちろん、課長や一般の職員の中に入り込んでいって意見を聞く。私の部屋には毎日ひっきりなしに職員がやってきます。私が八時半に会社に着きますと、もう部屋の前で待っているんです。


ローマ帝国があれだけ長い間繁栄したのは、環境に応じて根本的なインフラから変革させているからだと思うのです。塩野七生さんにいわせると「平家物語」にある「盛者必衰の理」の理とは、環境の変化のことだというのです。つまり、繁栄したものが必ず衰えるのは、環境は変化していくものなのに、過去に成功したシステムをそのまま使い続けているからなのです。右肩下がりになったとき、本来ブレーキをかけなければいけないにもかかわらず、アクセルを踏み続けていたら転落してしまいます。


組織の継続は環境が変わった時にシステムを変えられるかどうかにかかっているんです。日本が苦しんできた「失われた十年」は結局、「変えられなかった十年」だと思います。組織を変えるのが難しいのは既存のシステムの中で恩恵を受けている人が多くいるからです。その分だけ抵抗がある。


現状維持を望む人がいるんです。でも、明らかに日本の環境は変わったんです。保険会社を巡る環境も大きく変わりました。少子高齢化や規制緩和、外資の参入など競争が激化しました。まさに、思い切った変革を行わなければ生き残れない時代になったのです。


私が若い人たちに言いたいのは、「ノーから入るのではなく、イエスから入れ」ということです。これはイエスマンになれという意味ではない。物事を変えなければいけない時に、若い人たちは「変えるには、これだけの問題点があります」と言ってきます。問題点を発見するのは上手なんです。でも、問題点を挙げるということは、要するに「私はやらない」ということなんですね。


問題点を明確にできるのならば、それをできない理由とせずに解決策を一緒に考えるべきだと思います。つまり「どうやったらできるのか」という「イエス」の方向から入るべきだということです。実践するより、批判する方が楽です。それに、問題点は指摘しやすい。問題点は必ずあるものですから。


横山進一(経営者)の経歴・略歴

横山進一、よこやま・しんいち。日本の経営者。「住友生命保険」社長・会長。静岡県出身。一橋大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。松山支社長、財務企画部長、金融関連事業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、生命保険協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ひろゆき(西村博之)

Web2.0という難解なキーワードは、マイナスイオンの本質を知らないのに、マイナスイオンが流行してしまったのとそんなに変わりません。Web2.0という意味の分からない言葉が流行したことをきっかけに、大量の関連書籍が発行されました。ここまで大量の書籍が発行される理由は、Web2.0という言葉をわかっていない人が多いからでしょう。そもそも、答えがないので、わかるわけがないのです。たとえ書籍を10冊読んだとしてもWeb2.0が明確に書かれた書籍は見つからないでしょう。


盛田昌夫

部下に「やってみろ」と言うだけでは無責任です。挑戦にはリスクが伴います。最近の人たちは頭がいいので、やる前にいろいろ考えて失敗しそうだと思うと何もやりません。トップが責任をとる姿勢をみせることも大切です。


永野健二

バブルを明確に定義することは難しいですが、一つには株や不動産を代表とする資産価格が、合理的に説明できにくい価格に上昇する状態でしょう。私は株価水準を見る上で、時価総額を重視しています。ITバブルの最中の2000年に、ソフトバンク株の時価総額がトヨタ自動車株を超えることがありました。株価は未来を映し出します。だからといって過大な負債を抱えて格付けが投資不適格のソフトバンクが、日本を代表する超優良企業のトヨタを超えるのは、どうみても納得できるものではありませんでした。そんな状態が長く続くはずもなく、これがバブルのピークと、トヨタ株の時価総額を超えた後にソフトバンク株は急落します。


亀山敬司

やってみて、分析して、うまく行けば続けるし、ダメなら撤退する。今やってる事業の10倍くらい失敗したものもありますよ。でもやってみないと分からないことも多い。


高田明(ジャパネットたかた)

良くなればそこに驕りや慢心が出てくるのでそれを正していくことも大切。


城谷直彦

私が新入社員に言うのは、まずは「人に好かれなさい」ということ。若いうちは人に好かれていて、一生懸命にやっていれば、少々の失敗は許してくれます。でも、どんなに良いシステムを構築しても人から好かれなければ、ビジネスにはつながりません。


午堂登紀雄

ローンを借りて不動産投資ができるのは、サラリーマンの特権です。借金は怖いという方もいますが、レバレッジをきかさないと、少ない資産を増やすことはできません。それに家賃収入が入れば、その一部でローンは支払えます。私に限らず、短期にキャッシュフローを増やした人は、ほぼこのようなやり方をしています。


宮内義彦

私はよく「身体を張って仕事しろ、しかし命は懸けるな」と社員に言っています。「身体を張って仕事する」ということは「一生懸命やる」ということです。それで「これ以上やったら体を壊す」と思ったら休めばいいのです。生活の糧を得るための仕事は、せいぜい体調を崩すところまでがいいところだと思います。本来が生活の糧を得るためなのに「命を懸ける」というのは本末転倒です。


川田尚吾

そもそもエンジェル投資家になろうと考えた背景には、大学時代に学生ベンチャーに関わっていたという体験があります。80年代の終わりから90年代初頭の頃であり、バブル全盛期でお金は余っていたはずなのですが、銀行は学生にお金を貸してくれません。ベンチャーキャピタル(VC)にしても、出資の前提条件は担保となる土地の保有というケースもありました。そのため学生ベンチャー起業家たちは資金繰りに困ると、何枚もクレジットカードを作ってカードローンに頼っていたのです。しかし、当時から米国は違っていました。将来有望な技術があると資本家やVCが着目し、「テクノロジー×資本主義」という形でマネーが付き、ベンチャーが続々と創出されるというダイナミズムが生まれていました。一方で、日本にはそうした「真の資本家」「プロの投資家」が存在していませんでした。そして、20歳のときに学生ベンチャーで挫折した私は、「それなら自分がプロの投資家になろう」と心に誓ったのです。


西野精治

睡眠の質は、眠り始めの90分で決まる。夜の、時から深夜2時までが睡眠のゴールデンタイムといわれますが、むしろ寝入りばなの90分、最初の「ノンレム睡眠」をどれだけしっかりとれるかで、睡眠全体の質が決まると考えてください。


古森重隆

「製品が悪い」「工場が悪い」と不満を言うのではなく、大事なのは自分で何をやったか。問題があってもそれを他人のせいにするのではなく、自分で他へ働きかけながら解決すること、何でも自分の責任と考えて動くことが大切です。


曽山哲人

年次や経験に関係なく、将来性のある人材をタイムリーに抜擢し、トップマネジメントを体験してもらうのがリーダー育成の一番の近道。