名言DB

9490 人 / 112001 名言

横山進一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

横山進一(経営者)のプロフィール

横山進一、よこやま・しんいち。日本の経営者。「住友生命保険」社長・会長。静岡県出身。一橋大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。松山支社長、財務企画部長、金融関連事業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、生命保険協会会長などを務めた。

横山進一(経営者)の名言 一覧

道元は「自分を習うことは、自分を忘れることだ」と言っています。なかなか自分を捨てることができないのが人間です。しかし、自分を捨てる覚悟がなければ社長は務まりません。住友生命には5万人の職員がいるわけですから、軽微なことまで含めれば、社内には常に何か問題が起こっているのです。禅の精神はそういう時に役に立ちます。


私が修羅場を生き抜いてこられた秘訣をひとつだけ挙げるとするなら、「自分を捨てる」ことです。修羅場では生命の危機だってあるかもしれない。そういう腹をくくって取りかからなければいけない場面に直面した時に、怖がって逃げずに立ち向かっていけるかどうか。北九州で苦情処理をしているときは私は生きて帰れるとは思っていませんでした。


禅に「随所に主となる」と言う言葉があります。あらゆるところで自分が主人公になって主体的に行動すれば、必ず道は開けるのだということです。ただし、禅の意味はもっと深いところにあって、自分の目に見えるものは自分が目で見て認識しているわけですから「すべて自分」なんです。要するにどこにいても自分が主人公であることを自覚することが大事だという風にとらえています。


お客様にじかに接しているのは営業職員ですから、彼らが感じたことはお客様の声でもあるわけです。その要望の中にマネジメントのヒントがあるのです。たとえば、この間(お客様に過去の病歴などを告知していただく書類)告知書を変えました。職員からの要望もあって文字を大きくし、内容も簡素にしたんです。


現場も頻繁にまわります。地方の小さい支社の営業職員の大会や懇親会にもよく出席します。第一線の営業職員とじかに話ができますから。トップは現場に近くないとだめです。現場の営業職員から聞いたことが、私のエネルギーになっている。だから私は彼らの要望を聞くんです。要望を聞くからには実行しなくてはいけません。現在も、何十という宿題を抱えています。


経営に対する私の信念は「衆知を活かす」ということです。役員ばかりと話をするのではなく、部長はもちろん、課長や一般の職員の中に入り込んでいって意見を聞く。私の部屋には毎日ひっきりなしに職員がやってきます。私が八時半に会社に着きますと、もう部屋の前で待っているんです。


ローマ帝国があれだけ長い間繁栄したのは、環境に応じて根本的なインフラから変革させているからだと思うのです。塩野七生さんにいわせると「平家物語」にある「盛者必衰の理」の理とは、環境の変化のことだというのです。つまり、繁栄したものが必ず衰えるのは、環境は変化していくものなのに、過去に成功したシステムをそのまま使い続けているからなのです。右肩下がりになったとき、本来ブレーキをかけなければいけないにもかかわらず、アクセルを踏み続けていたら転落してしまいます。


組織の継続は環境が変わった時にシステムを変えられるかどうかにかかっているんです。日本が苦しんできた「失われた十年」は結局、「変えられなかった十年」だと思います。組織を変えるのが難しいのは既存のシステムの中で恩恵を受けている人が多くいるからです。その分だけ抵抗がある。


現状維持を望む人がいるんです。でも、明らかに日本の環境は変わったんです。保険会社を巡る環境も大きく変わりました。少子高齢化や規制緩和、外資の参入など競争が激化しました。まさに、思い切った変革を行わなければ生き残れない時代になったのです。


私が若い人たちに言いたいのは、「ノーから入るのではなく、イエスから入れ」ということです。これはイエスマンになれという意味ではない。物事を変えなければいけない時に、若い人たちは「変えるには、これだけの問題点があります」と言ってきます。問題点を発見するのは上手なんです。でも、問題点を挙げるということは、要するに「私はやらない」ということなんですね。


問題点を明確にできるのならば、それをできない理由とせずに解決策を一緒に考えるべきだと思います。つまり「どうやったらできるのか」という「イエス」の方向から入るべきだということです。実践するより、批判する方が楽です。それに、問題点は指摘しやすい。問題点は必ずあるものですから。


横山進一(経営者)の経歴・略歴

横山進一、よこやま・しんいち。日本の経営者。「住友生命保険」社長・会長。静岡県出身。一橋大学経済学部卒業後、住友生命保険に入社。松山支社長、財務企画部長、金融関連事業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、生命保険協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

渡部陽一

極限状態の国の情勢のなか、そこに暮らす「家族の姿」を取材していくのも僕にとっての戦争報道の一つです。ともに土間で眠り、同じ釜の飯を食べ、爆撃を避け、肩寄せ合って難民キャンプへ逃れていく……。そういった日常のなかの家族の喜怒哀楽にこそ、逆に戦争の悲惨さを伝える力があると、僕は思っています。


ドナルド・トランプ

週に数時間、古典文学でも歴史でも、普段はあなたの関心の外にあるようなものをおさらいしてみよう。自分の幅を狭めてしまうのは得策ではない。仕事上の議論や面接の場にはたくさんの話題が出る。すべては無理でも、できるだけ多く知っておきたい。


魚谷雅彦

このブランドが好き、このブランドと絆が強いということは、お客様がそのサービスや商品を使い続けたいと思う価値があるから。


金森重樹

昔、スタンフォード大で「4歳児にマシュマロを見せ、20分食べず我慢できたら2個目を与える」という実験が行われました。この時欲求に打ち勝ったこどもを追跡調査すると、成績が良く、ストレスにうまく対処できる大人に成長していたのです。将来の成果のために現在の衝動を制御する能力は、人生を左右します。


新将命

日本には「三人寄れば文殊(もんじゅ)の知恵」ということわざがあるが、英語にも「Two heads are better than one.(二つの頭はひとつの頭に勝る)」という言葉がある。二と三の違いはあるが、洋の東西を問わず、同じことをいっている。大企業であっても、中堅、中小企業であっても、基本的には全員経営が望ましい姿である。


家入一真

僕は引きこもりをしていた十代のころと比べてメンタルが強くなったという訳ではなくて、じつはいまでも、急に「今日は人と会いたくない」と思って打ち合わせをキャンセルさせてもらうこともあります。そんなわがままを許さない相手も当然いて、いまでもしょっちゅう怒られています(笑)。でも一方で、「家入さんだから仕方ないね」と受け入れてくれる人もいるのです。僕の場合は極端かもしれませんが、自分のわがままを受け入れてくれる場所が、どこかに必ずあるはずだ、というのが僕の持論です。


田中優子(江戸文化研究者)

親は子供との関わりの中で、どこまで保護すべきかをよく考える必要があります。保護してはいけないことの一つは、自分で物事を決めるということです。たとえば、食べるものから着るもの、学校の選択まで親が全部決めて押し付けることを繰り返していると、子供は自分で決められなくなります。それが一番の問題です。


魚谷雅彦

世の中の表面的な変化の裏側で、いったいどんな価値観の変化が起きているかを、僕らは常に気にしています。変化をキャッチすることがなぜ大切かといえば、人間の主観は外部からの情報によって非常に大きな影響を受けているからです。メディアによるインプットとか、クチコミの情報であるとか様々な外部情報によって主観は形成されていきます。ブランド価値というものは、こうした主観によって形づくられているのです。


富田純正

当社は全員が正社員です。安心して永く働いてもらいたいし、責任ある仕事につながると考えているからです。給料は業界水準より厚くしています。


福沢諭吉

人間はみな衣食のぜいたくを好みます。けれども、美しい衣服やうまい食べ物は、自然には生じません。それを得るためには働かなければなりません。ですから、人間の働きは、ほとんど情欲に促されてのことなのです。情欲がなければ人間は働きません。働かなければ安楽な幸福はあり得ません。


赤塚保正

現場にきちんと動いてもらうのがトップの仕事なのに、トップが浮き足立ってしまうと組織が動かなくなります。迷うことはあるけれども、それを外に出してはいけない。


日野江都子

まず、「かっこよくしよう」ではなく、「悪くないものにしよう」「相手に失礼がないようにしよう」というところから始めること。「おしゃれに」ではなく、「ちゃんとする」「清潔にする」というのが、何よりも重要であり、すべての基本です。