名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

横山通夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

横山通夫のプロフィール

横山通夫、よこやま・みちお。中部電力社長・会長。慶応義塾大学卒業後、九州電灯鉄道(現:西日本鉄道)に入社。第二次世界大戦後、電力王と呼ばれた松永安左ヱ門のもとで日本の電力業界再編に取り組んだ。

横山通夫の名言 一覧

私は平社員の時も、社長、会長時代も常に「16番目の選手たれ」の気持ちを忘れずに過ごしてきたつもりだ。


横山通夫の経歴・略歴

横山通夫、よこやま・みちお。中部電力社長・会長。慶応義塾大学卒業後、九州電灯鉄道(現:西日本鉄道)に入社。第二次世界大戦後、電力王と呼ばれた松永安左ヱ門のもとで日本の電力業界再編に取り組んだ。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

人間は自分をつくるという気持ちが大切で、それが自分の容量をいずれつくっていくのだ。


西澤敬二

最小単位の組織が一定の権限委譲を受けて機能しないと会社は強くならない。


今井敬

本来、個人、企業が自由に活力を発揮するのが経済で、そこには政治が介入しないほうがいい。


田嶋英雄

説得よりも納得。納得した上での行動が企業の活力。企業の中で和というと、とかく仲良し主義の和になりがちだ。しかし、なれ合いの和では良い仕事は望めない。必要なのは切磋琢磨し、それにまい進する和です。


桑原豊(経営者)

私はこれまで何百人もの店長を見てきました。その経験から気づいたのが、業績が好調な店の店長と振るわない店の店長では、話し方に違いがみられます。その違いとは、好調な店ほど「ワンフレーズ」を大事にしているということです。営業中の店舗では、店長とスタッフがじっくり話し合う余裕はありません。でも好調な店の店長は、フロアや厨房でスタッフとすれ違う際に、必ずひと言声をかけます。仕事の話なのに、まるで自分の大好きな趣味についての話をしているかのように、楽しそうに話すんです。もちろん注意することもありますが、多くは褒め言葉です。その店長がいいなと思ったことを自然に口に出しているんです。


岩崎裕美子

商品のピッキング・梱包・発送だけでなく、経理や受注業務など、あらゆるものをアウトソーシングしています。経費が高くつくのでは、と心配されることもありますが、自分たちが梱包作業などの専門外の慣れない仕事をすれば、多くの時間と労力がかかりますし、ミスも増えます。だったら、精度の高いプロの方にお任せしたほうが費用対効果がいいのは明白です。社員の残業も減るのですから一石二鳥です。


田中耕一郎

YOUTUBEに流すユニクロの映像の中身には苦心しました。押しつけがましい宣伝ではなく、ユーザーに面白がってもらう必要がありました。ダンスの映像としたのは、動画サイトを何度も見るうち、人気の高いコンテンツはダンスや歌など言葉を介さない直接的な身体表現であることに気が付いたからです。これはユニクロの商品である服とも相性がよかったのです。


酒巻久

若いころ、会議の場で社長や副社長と怒鳴り合いの議論になることもしばしばありました(笑)。まだ私が平社員だったころ、ある提案を会議に持っていったときに、常務から何度もダメ出しされるといったことがありました。おそらく常務も、私がどれだけ本気なのかを試そうとしていたのだと思います。でも3回目も4回目も否定されるんで、こっちも頭に来て、「若い人間の意見を全否定するような会社では働けません。家に帰ります」といって、本当に翌日から会社に来なくなったんですね。そうしたら、一週間くらいして常務から電話があって、「あの案件、やらしてやるから会社に出てこい」と。


三木卓

劣等感とは、十全に生きたいと強く願う人ほど味わわねばならぬ可能性が多くなる感覚なのであって、いちがいに委縮した退嬰的なものと思うわけにはいかないのである。我々はほとんど誰も、完璧な形で宇宙の意志を実現しているものではないはずであるから、そのことを強く意識したものほど劣等感を味わうであろう。 【覚書き|退嬰=たいえい=しりごみすること】


匠英一

セブン-イレブンが採り入れているのは「大量陳列」。たとえば新商品のドリンクを10本置いても、半分しか売れません。ところが100本ぐらい大量に並べると、お客に「これほど置くというのは、いい商品なんだ」と思い込ませることができ、完売してしまう。これは、人間の同調意識を刺激する手法。


前田東一

計画の実現には、何よりも経営者の強い意志が不可欠です。私も「やり抜く」という強い意志を持って、当社グループの成長を牽引していきます。


山本一力

昔から「金に汚い」「お金に執着しない」という言い方があるように、日本人はお金に対して妙に気取ってしまう部分があります。ところが、それこそがとんでもない誤りなんだ。「お金の話をしてはいけない」という悪しき風潮を変えるには、親が子供に「真正面からお金に向き合いなさい」と教えて、使い方をきちんと叩き込むしかないんじゃないか。