横山通夫の名言

横山通夫のプロフィール

横山通夫、よこやま・みちお。中部電力社長・会長。慶応義塾大学卒業後、九州電灯鉄道(現:西日本鉄道)に入社。第二次世界大戦後、電力王と呼ばれた松永安左ヱ門のもとで日本の電力業界再編に取り組んだ。

横山通夫の名言 一覧

私は平社員の時も、社長、会長時代も常に「16番目の選手たれ」の気持ちを忘れずに過ごしてきたつもりだ。


横山通夫の経歴・略歴

横山通夫、よこやま・みちお。中部電力社長・会長。慶応義塾大学卒業後、九州電灯鉄道(現:西日本鉄道)に入社。第二次世界大戦後、電力王と呼ばれた松永安左ヱ門のもとで日本の電力業界再編に取り組んだ。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

どうしてもやる気が出ないときは、すぐにできることや得意で楽しい仕事を先にやってみるのもいいでしょう。日本人は、先に苦手な仕事を片付け、それから得意な仕事に手をつけなくてはいけないという禁欲的なところがありますが、これは順番が逆です。気分が乗らないままやったら8時間かかることも、ほかの気分的なラクな作業で弾みをつけたあとなら、4時間でできるかもしれません。


田川博己

トップ自身が現場で見聞きした情報と、下から上がってきた情報をする合わせて判断すれば、経営をあるべき方向に進めることができます。情報のズレや停滞が頻発すれば、組織のどこかでタガが緩んでいる兆候で、立て直しが必要です。


栗山年弘

逆風の厳しい環境の中で成果を上げていくのは簡単ではないですが、責任の重さの一方でやりがいを感じます。


枝川義邦

知識を得ようとするとき、海馬は刺激されます。これを繰り返すと、海馬の入り口付近では、神経細胞が新しく生まれる「神経新生」が生じることがわかってきました。つまり、覚えようとすることそのものが、記憶力に関わる細胞を増やすのです。覚えるのが得意な人は「覚え続けている」人であるということです。


小宮一慶

朝の時間や、午前中の頭がクリアな時間に、本をじっくり精読します。本質的な思考や教養を深めることで、仕事に対する新しい視点も得られる。私にとってはなくてはならない勉強なのです。


岩田松雄

クレームを受けたときは、まずは平身低頭、真摯に謝ること。そして相手の言い分を最後まで聞く。間違っても言い訳などしてはいけない。


伊藤信吾

味を改善するために、ネットもすごく利用しています。うちの豆腐の感想を毎日検索して調べているんです。絶賛の感想も批判の記事も、本音の情報だから、勉強になるんです。


澤田浩

我が社としては製粉事業だけに頼るわけにはいきませんので、それをコアに事業の多角化を進めてきました。その路線は変わりません。事業の種類を増やすだけでなく、質的な面でもドライブをかけていきます。


的場浩司

デビュー作『首都高速トライアル』の撮影中、芝居をしながら「あ、俺、天才だ」って思ったんですよ。だから、監督が「そこ、もっと笑って」と言っても、「俺、十分笑ってますよ」なんて偉そうに言い返してた。役者デビューの新人が。でも、できあがった作品を見たとき、唖然とした。そのシーンも監督の言うとおり、全然笑えてないし、全体的にロボットみたいな動きをしているし。もう、試写室で監督に土下座です。「申し訳ありませんでした」と。その瞬間に天才だと思っていた自分はどこにもいなくなって「最低だ、自分は」と痛感。本当に芝居は難しいものなんだと思い知ったんですよ。演じることの深さ、ゴールのなさ。それを初めての作品で学ばせてもらった。すごくラッキーでした。


志太勤

時代の変遷に対応して事業を変化、拡大させてきたことが、会社として生き残ることができた最大の要因。


高島宏平(髙島宏平)

私は交渉では、互いにウィン・ウィンの関係にすることがすごく大事だと思っています。会社と会社だけではなく、参加する人にとっても「いいこと」であるべきです。たとえば、そのときの合意内容が相手の立場を傷つけそうだと判断したら「社内で提案をあげていただくよりは、私の方から話をしましょうか」と持ち掛けます。その人自身が「評価されないリスク」を抱え込んでしまって、話が進まないという恐れがあるからです。


井上武(経営者)

会長になってから、会社のことはほとんどノータッチ。後継社長に任せています。中小企業では、社長も元気、会長も元気だと社員が困るのです。トップが二人いると、どちらを向いていいのかわかりません。


ピーター(池畑慎之介)

ストイックな生き方を自分に課すのは大嫌い。「健康のために」なんて、あんまり考えたことないですね。その代わり、これと決めたらとことん追求します。料理も同じ。何度も工夫を重ねて、自分なりのさじ加減を見つけるんです。


堀之内九一郎

私の今年のテーマは夢を喰らう。夢は見るものではなく、食べて実現するもの。


木村秋則

リンゴの無農薬栽培を始めたとき、生活はどん底だったね。1カ月の生活費はわずか3000円という時期もありましたし、食卓にはいつも畑でとれた雑草のようなものが並んでいました。家族には何ひとつ買ってあげられなくて。いま振り返るとバカだっただけじゃないかと思う。普通は家族のこととか考えて、途中で諦める。でも私はバカだから、自分が納得するまで、とことん追求しないと気が済まなかったんです。


ページの先頭へ