横山貴子(経営者)の名言

横山貴子(経営者)のプロフィール

横山貴子、よこやま・たかこ。日本の経営者。「イイコ」社長。静岡県出身。大学卒業後、ジュエリー会社に入社。その後、9回の転職を経て独立。

横山貴子(経営者)の名言 一覧

いわゆる味噌、醤油、ぬか漬け、麹漬け、甘酒など、昔からある食、いわゆる原点はすたれないと思う。


意識的に人脈をつくろうとしていたわけではありません。転職を繰り返すうちに、自分と異なる環境に身を置く人と話す機会が多くなり、自然に人脈が広がっていきました。


下北沢と沖縄にお店を出した頃は、半年ぐらいでジンギスカンブームが去り、売上は坂を転げ落ちるように急降下、初めて辞めようかと思ったこともありましたが、それ以降は何があってもプラス思考になりました。


若いときに逃げ続けたことで大勢の人に出会いました。いい人ばかりではありませんでしたが、人を見る目は養われた。いまは少し話しただけで、相手が信用できるかどうかわかります。これも一か所でガマンせず、いろいろなところを渡り歩いたおかげです。


私は能動という言葉が好きなんです。看板をみていらしていただくのは、お客様にとってやはり受動なんです。せっかくいらしていただくんですから、受動ではなく、能動的においでいただきたいじゃないですか。

【覚え書き|店に看板をつけない理由について】


横山貴子(経営者)の経歴・略歴

横山貴子、よこやま・たかこ。日本の経営者。「イイコ」社長。静岡県出身。大学卒業後、ジュエリー会社に入社。その後、9回の転職を経て独立。

他の記事も読んでみる

大西賢

いまJALの社内では「トレードオフ(同時に成立しない二律背反の関係)」という言葉は禁句になっています。「AとBはトレードオフだから」と言った瞬間に、思考停止になってしまいますから。


安齋肇(安斎肇)

20代は失敗の連続で思うようにならなかった。30代は、その失敗をバネにして自分のやりたいことが少しずつ見えてきた時期。そして40代、やっと自分の思っていたことが、具体的に形になっていったような気がする。


藤田田

昭和24年、東京大学法学部に籍を置いていた私は、GHQで通訳のアルバイトをしていた。その時、私はGI(米軍兵士)の中に奇妙な連中がいることに気付いた。彼らは一兵卒なのに、高級車を乗り回し、将校以上にぜいたくな生活をしているのである。さらによく観察すると、不思議なことに同じ白人でありながら、彼らは仲間に軽蔑され、嫌われているのだ。「Jew」彼らは陰でそう呼ばれていた。ユダヤ人である。


吉川良三

従来の狭いものづくり観では、製造業の生産現場にしか目が向けられてこなかった。競争もメーカー同士で技術力を競いあう「メーカー価値競争」に陥っていたのだ。しかし本当に必要なのは、お客様が何を求めているかを大切にする「顧客価値競争」ではないのか。


ジャン=ジャック・ルソー

人間は自らの努力によっていわば虚無から抜け出し、その理性の光によって自然が人間を包んでいた暗黒を消失させ、自己を越えて向上し、精神によって天上界まで飛翔し、太陽のごとき巨人の歩みによって宇宙の広大な領域を駆け回り、一層偉大かつ困難な自己の内部へ立ち戻り、人間を学び、その本性、義務、目的を知ろうとしている。このことはまさしく偉大にして高貴な光景である。


仙石通泰

集団知が個人に戻って来た時、新しいパフォーマンスや判断力、行動力が生まれる。


北条氏綱

能を一番興行するにも、太夫(舞い手)に笛を吹かせ、鼓打ちに舞を舞わせたのでは、見物することはできない。大夫に舞わせ、笛や鼓もそれぞれの人にいいつけたならば、その人を替えることもなく、同じ役者で能一番が成就するのである。一国を領しているほどの大将は、侍を召使うのにも、これと同じようなものである。


ビル・トッテン

昔、大きな間違いをしました。かつてはトップダウンでノルマを決めていました。当然、社員はノルマを見るし、それを達成できなかったときの上司の顔色を気にします。お客様よりもノルマ、上司を気にするようになるんです。結果、売るために商品の欠点をお客様に言わなくなる。つまり、誠実ではなくなります。だからノルマの考え方を根本的に改めました。


シュガー・レイ・レナード

世の中には自分と同じように才能のある奴がいっぱいいて、自分より上手な奴さえいるんだということが理解できた。だから、アマチュア時代の5回の敗北は本当に、本当に重要な敗北だった。


川北英貴

銀行に、自社のことをどこまで言ってよいか。まず、自社の業績が悪くなった場合。それは、試算表や決算書に現れることでしょう。それを粉飾して良い業績のように見せるわけにはいきません。この場合、実際に悪くなった試算表や決算書は包み隠さずに見せるべきです。銀行は、この悪くなった業績を、経営者はどのように立て直すか、経営者としての手腕を見ています。経営改善計画書を作成して提出し、どのように会社を良くしていくかを銀行に伝えるべきです。


南場智子

私はコンサルタント出身ということもあり、ロジカルに物事を考えることを長く教育されてきたので、すべての意思決定はロジカルです。だから、コンサルタントを長くすればするほど経営者に向かないでしょうね。社長に求められる資質は胆力ですから。コンサルタントは胆力が磨かれる仕事ではありません。パッションにロジックが勝ってしまう。


平尾喜昭

仮説を言われても自分はそうは思わない、ということは多いはず。でも数字で明らかにすれば、結果に納得感が生まれる。


田中仁(経営者)

今までメガネは視力矯正のための道具でした。メガネをかけ換えてファッションを楽しむ文化を提供したい。それ以外にも新しい付加価値があるのではないかと考えながら、事業を進めています。


浅田剛治

名前と顔を覚えるときは、とにかく相手の顔の輪郭や特徴を見つけてよく見ます。「顔と名前が一致しない」という人は、相手の顔をあまり見ていなかったり、名前を「うろ覚え」のままで接しているのだと思います。


カーリー・フィオリーナ

あるとき取材で「一番好きなビジネス書は」と聞かれ、ヘーゲルと答えて驚かせたことがある。弁証法は、完璧に理論的であると同時に実用的だ。これはビジネスでも応用している。テーゼ、アンチテーゼ、ジンテーゼは、ルーセント・テクノロジーでも、ヒューレット・パッカードでも有効だった。


ページの先頭へ