横山大観の名言

横山大観のプロフィール

横山大観、よこやま・たいかん。日本画家。常陸国水戸(のちの茨城県水戸市)出身。東京美術学校(のちの東京芸術大学)1期生として卒業。京都市立美術工芸学校予備科教員、東京美術学校助教授などを経て日本美術院創設に参画。近代日本画壇の巨匠となった。

横山大観の名言 一覧

あれは散るのではありません。新しい芽が押し出すのですよ。

【覚え書き|紅葉が散っているのを観ながら言った言葉】

金儲けも結構だが、この辺でひとつ世の中のためになるようなことをやっておいたらどうですか。
【覚え書き|山種証券創業者・山崎種二への言葉】

横山大観の経歴・略歴

横山大観、よこやま・たいかん。日本画家。常陸国水戸(のちの茨城県水戸市)出身。東京美術学校(のちの東京芸術大学)1期生として卒業。京都市立美術工芸学校予備科教員、東京美術学校助教授などを経て日本美術院創設に参画。近代日本画壇の巨匠となった。

ページの先頭へ